Search Bloguru posts
Hashtag "#読書" returned 1219 results.

今年の読書(16)『まひるまの星』吉永南央(文春文庫)

thread
今年の読書(16)『まひるまの...
<紅雲町珈琲屋こよみ>シリーズとして、第1作の 『萩を揺らす雨』 に始まり、第4作の 『糸切り』 に次いで第5作目が本書です。

生まれ故郷の紅雲町にて、両親の家を改造して珈琲店「小蔵屋」を営んでいる76歳の<杉浦草>ですが、夏祭りに使う山車の保管場所を巡り、20年前の出来事が絡みひと騒動が起こります。

以前からの約束で、いずれ「小蔵屋」を年齢的にも閉鎖するときには山車の保管場所として「小蔵屋」のチュウシャスペースを使うことに同意していた<草>ですが、急に今の保管場所を移転せざる状況になり、<草>は代替えの敷地を考えますが、そこは、<草>の母<端>が、20年前になからがいした鰻屋の<小川清子>のむかえになります。

そこでは20年前に一人の男が失踪した事件があり、持ち前の好奇心で<草>は、亡き母の思いを抱きながら町内の昔の出来事を探り出すことになります。
#ブログ #読書 #文庫本

People Who Wowed This Post

今年の読書(15)『闇の叫び』堂場瞬一(文春文庫)

thread
今年の読書(15)『闇の叫び』...
2010年7月に刊行された 『アナザフェイス』 を一巻目とする「アナザフェイス」シリーズも、前作の 『潜る女』 に次ぎ本書の『闇の叫び』でもって完結となります。

主人公<大友鉄>は、妻を交通事故で亡くし、一人息子<優斗>のために捜査一課から残業のない総務課に自ら転属、彼を一課に復帰させようとする上司の後ろ盾で、難事件の担当に引きずり込まれていきます。

<優斗>の小学生時代の同級生の母親から、娘が通う茗荷中学校の親が何者かに襲われる事件が発生しているとの連絡を受けた<大友>は、軽い気持ちで事実関係を調べますが、第2の犯行が起こり亡くなり殺人事件の捜査となります。<大友>は、事件の発生した文京中央署に派遣されます。

捜査の過程で10年前にも似た襲撃事件が発生しており、その時の容疑者が茗荷中学校の教師として転勤している事実を掴みます。生徒の面倒見の良い教師<安田>の身辺調査を進めるなか、彼の複雑な家庭環境が浮き彫りにされていきます。

<優斗>も高校受験を迎える年齢になり、独り立ちの気配の中。<大友>はかっての一課の同僚<柴克志>や<高畑敦美>と犯人を追いつめていきます。

「アナザーフェイス」シリーズは本書で完結ですが、捜査一課に復帰した<大友鉄>の活躍が、今後読めるかなと期待しています。
#ブログ #読書 #文庫本

People Who Wowed This Post

今年の読書(14)『スカラムーシュ・ムーン』海堂尊(新潮文庫)

thread
今年の読書(14)『スカラムー...
解説文を含めて665ページの長編ですが、<海堂尊>ファンであり、既刊の 『ナニワ・モンスター』 を詠んだことのある人だけに、本書をお勧めします。

冒頭は、金沢市を連想させる加賀市にある養鶏所「ナナミエッグ」を舞台として、一人娘の<名波まどか>を主人公として、現在の養鶏所の状況から、インフルエンザワクチンの問題点につなげ、『ナニワ・モンスたー』のワクチン騒動に絡めて話が進んでいきます。

奔走するのは、霞が関の陰謀を未然に防ぐべき異端の医師である「スカラムーシュ」(大ぼら吹き)こと<彦根新吾>です。

<彦根>は、ナニワ府知事<村雨弘毅>の提唱する日本からの独立を後押しすべく資金調達にヨーロッパ各地を駆けずり回ります。

対政府側は検察庁を窓口として、彼らの独立を阻止すべく対抗策を繰り出していきますが、さて結末は。読み切ったものだけの楽しみです。
#ブログ #読書 #文庫本

People Who Wowed This Post

今年の読書(12)『筋読み』田村和大(宝島社文庫)

thread
今年の読書(12)『筋読み』田...
元女性タレントの<宮原千寿>が白骨死体で発見され、<山下貴一>が自首してきます。殺害現場で発見されたDNA型が<山下>と一致、捜査本部は基礎間違いなしとみていましたが、捜査一課の<飯綱和也>警部補は、状況から疑問に感じ異を唱えますが、神田署に飛ばされてしまいます。

神田署に赴任草々、車から飛び出した少年が後続の車に跳ねられる事故が起こり、少年は飛び出した車に乗っていた人物たちに連れ去られてしまいます。
不審に感じた<飯綱>は、サクラ・ウェルネスという遺伝子組み換えを主とする企業にたどり着き、行方不明だった少年を発見、病院に入院させますが、拉致されてしまいます。

驚くべきことに、殺人事件の<山下>と少年のDNA型が一致するということがわかります。

操作の要であるDNA鑑定にクローン人間・デザイナーベイビー問題をからめ、ヨミヅナこと<飯綱>の「筋読み」が冴える一冊でした。
#ブログ #読書 #文庫本

People Who Wowed This Post

今年の読書(11)『感染領域』くろきすがや(宝島社文庫)

thread
今年の読書(11)『感染領域』...
九州でトマトの葉や茎が赤く変色して枯れる病気が発生、帝都大学の植物病理学者<安藤仁>の元へ元恋人であった農林水産省の植物防疫課長の<里中しほり>が原因調査の依頼があり、現地調査に出向きます。

<安藤>は、研究室と関係のある日本最大の種苗ッメーカーの「クワバ」に勤める友人の<倉内>を訪ねますが、<倉内>は研究室で変死で発見され、彼は熟さず鎖もしないトマトの研究を行っていて、その分析を<安藤>は任されてしまいます。

植物の遺伝子レベルの操作を主軸に、種苗業界における産業スパイや学会の裏事情などを横糸ととして、<安藤>の植物学者と素人探偵役が小気味よいタッチで進行していきます。

バイオハっカー<モモちゃん>など、脇役の登場人物も楽しめ、「このミステリーがすごい」大賞の有収賞受賞作として納得できる一冊でした。

#ブログ #読書 #文庫本

People Who Wowed This Post

今年の読書(10)『夏の雷音』堂場瞬一(小学館文庫)

thread
今年の読書(10)『夏の雷音』...
著者<堂場進一>の作品としては、警視庁の刑事<鳴沢了>や<高城賢吾>・<一之瀬拓真>などを主人公に据えた警察シリーズや、新聞社勤務を生かした『虚報』 ・ 『異境』 ・ 『警察周りの夏』 などがお気に入りですが、今回の『夏の雷音』の構成は、今までの作品と一線を引く意外な内容でした。

古書の町として有名な神田神保町は、アウトドアや楽器の町としての側面を持ち、主人公は明王大学法学部准教授<吾妻幹>は、後輩のギター楽器店店長の<安田>から、アメリカのオークションでヴィンテージギター「ギブソン『58』」を1億2千万円で競り落としたのだが、盗まれたという相談を持ちかけられますが、その<安田>が殺されてしまい、先輩刑事<敦賀>に疎まれながらも事件の真相に乗り出します。

生まれ育った神田神保町の細かい街並み描写や、実在店舗と思われるカレー店・喫茶店・鰻屋などや、火事にあった神田「やぶそば」までも登場してきます。そういえば1959(昭和34)年創業の天丼「いもや」さん、この3月で閉店とか。

読み進むにつれ、殺人事件の背景となるヴィンテージギター業界やオークションの裏側、ギターにまつわる世界が浮き彫りにされていきます。
#読書 #文庫本

People Who Wowed This Post

今年の読書(9)『十三階の女』吉川英梨(双葉社)

thread
今年の読書(9)『十三階の女』...
著者の<吉川英梨>は、「女性秘匿捜査官・原麻希」 シリーズなどがあり、本書も女性の視点でなければ書けないような記述が随所に楽しめました。

本書『十三階の女』のヒロイン<黒江律子>は、警視庁公安部公安一課に所属する公安刑事ですが、実際は「十三階」の符丁で呼ばれる警察庁直轄の諜報組織のために活動しています。新左翼組織に潜入させた二重スパイと接触する中で、レイプされかねない状況に陥いります。上司の<古池>は「黒江。耐えろ」とつぶやくのですが。

その後、北陸新幹線開業日の金沢駅で爆発が起こり、死傷者が多数発生します。二重スパイの情報を入手していれば新幹線テロは防げていたのではないか、と<律子>は悩みます。やがて格差、貧困、劣悪な労働環境の解消などを叫ぶ「名もなき戦士団 スノウ・ホワイト」と名乗る若い女性の犯行声明動画がネットに登場します。

NGO団体の活動家や日本赤軍を連想させる組織の関係者などが捜査対象に浮かぶ中で、イスラム系組織によるトルコ航空機のハイジャック事件が起こり、羽田空港に着陸するという。<律子>たちは惨劇を防ぐことが出来るのか、迫真の攻防が続く。

日本の新左翼運動の歴史と「サクラ」「チヨダ」「ゼロ」などと呼ばれた警察庁直轄の諜報組織の系譜を交錯させた意欲作だ。任務と愛に揺れる律子の造形も新鮮で、続編があり、シリーズ化の予感を感じさせるヒロインの登場です。
#読書 #単行本

People Who Wowed This Post

今年の読書(8)『酒は人の上に人を造らず』吉田類(中公新書)

thread
今年の読書(8)『酒は人の上に...
酒好きとして、居酒屋探訪記事や酒にまつわる紀行文は大好きで、『居酒屋 おくのほそ道』 などの著書がある<太田和彦>氏と本書の著者 <吉田類> 氏の肩の凝らない文章は、楽しめます。

本書は「中央公論」に掲載されたエッセイの集大成版です。

東京の下町の酒場風景はもとより。北海道・福島・京都・愛媛・熊本と日本各地を巡りながら、酒場風情と密度の濃い人間模様が描かれています。

文章のあちらこちらに、<蕪村>の句が登場するのも、息抜きとして楽しめました。

#ブログ #読書 #新書

People Who Wowed This Post

今年の読書(7)『オーパーツ 死を招く至宝』蒼井碧(宝島社)

thread
今年の読書(7)『オーパーツ ...
本書『オーパーツ 死を招く至宝』は、第16回「このミステリーがすごい!」大賞の大賞受賞作です。タイトルの「オーパーツ」とは「Out Of Place ARTifactS」、つまり「場違いな工芸品」のことです。当時の技術や知識では制作不可能なはずの古代の工芸品などを意味し、ナスカの地上絵、イースター島の人面石像などがその例です。

貧乏大学生<鳳水月>の前に、瓜二つな男<古城深夜>が現れます。同級生の<古城>は「オーパーツ鑑定士」だと自称する。水晶の髑髏に囲まれた考古学者の遺体、夫婦の死体と密室から消えた黄金のシャトル......二人のコンビはさまざまな事件現場に立ち会う。さてうまく解決できるのか。

4つの事件から構成されていますが、いずれも物理トリックが用いられている。瓜二つな二人のやりとりは掛け合い漫才のようで、テンポよくストーリーは展開します。<古城>のオーパーツに関するうんちくが楽しめます。

4つの事件の舞台となるオーパーツに関連はなく、独立したお話かと思っていたら、最後に壮大なオチが待っています。二人の主人公が瓜二つと設定されたのは、必然性がありました。 シリーズ化が期待できそうな二人のコンビです。
#ブログ #読書 #単行本

People Who Wowed This Post

今年の読書(6)『クランⅥ』沢村鐡(中公文庫)

thread
今年の読書(6)『クランⅥ』沢...
第1作の 『クランⅠI 警視庁捜査一課・晴山旭の密命』 で始まった「クラン」シリーズも本書で完結です。

警視庁捜査一課の<晴山旭>警部補は、一課の上層部から密命を任せられます。警視庁鑑識課の大黒柱と呼ばれる検視官の<綾織美音>が、自殺を他殺と誤認するなど不審な素振りを見せているため、探りを入れてほしいという任務です。<綾織>に接近し、真実を確かめようとする<晴山>でしたがが、その背後に警察内部に潜む大きな闇の存在を知ります。やがて、ある意志のもとに集められた人々と共に、闇に立ち向かうことになる<晴山>でした。

警察全体を飲み込む巨大な陰謀へ広がっていく物語の迫力と、魅力的なキャラクターたちが織りなす群像劇のシリーズは、第2作  『クランII 警視庁渋谷南署・岩沢誠次郎の激昂』 でさらなる怒涛の展開を見せます。

警視庁内である警察官が拳銃自殺を図った。現場には公安部の面々が現れ、警察官の死を汚職と事件関係者との不適切な関係に悩んだ末の自殺と断定するが、<晴山>は釈然としない思いを抱きます。一方、渋谷では交番巡査が何者かに銃撃される事件が発生する。渋谷南署生活安全課の<岩沢>巡査部長は銃撃犯を追ううちに、渋谷の中に潜む得体の知れない「何か」の影に気付きはじめます。

クランⅢ 警視庁公安部・区界浩の陰謀』 以降、あれよあれよという間に物語は展開し、読者はいつの間にかスタート地点とは全く異なる展開に引き込まれます。前作では謎に包まれていた<晴山>たちが対峙する「闇」は、実は桁違いのスケールを持った<神>と呼ばれる「裏組織」であることが判明していきます。

<神>とはだれなのか?物語の展開だけでなく、数多く登場する刑事たちの個性も「クラン」シリーズの読みどころ。特に本作では<晴山>と対をなすもうひとりの主人公、<岩沢>巡査部長の活躍ぶりに目が離せません。現在の<岩沢>は生活安全課少年係として未成年たちと接し、若い後輩を見守る一見穏やかな警察官である。

しかし、かつては組対課(組織犯罪対策部)に所属し暴力団と密接な関係を築きながら、その人脈を活かした捜査で一目置かれていたような人物だったのだ。その<岩沢>の能力が遺憾なく発揮される場面がたのしめます。一人称が「俺」で綴られる<晴山>のパートと、「私」で統一される<岩沢>のパートが、最後まで2人のキャラクターが対比されて描かれているのも面白い構成でした。
#ブログ #読書 #文庫本

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
    Page 1/122
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>