Search Bloguru posts

茶屋川の山桜

thread
茶屋川の山桜 茶屋川の山桜 茶屋川の山桜 茶屋川の山桜
2018.04.12 茶屋川

鈴鹿の山中にある茶屋川の山桜も見事なものである。
先日、吉野山の奥千本を経て西行庵まで歩き、有名どころの桜の名所を見てきたが、茶屋川の山桜は人知れずひっそりとではあるが負けず劣らずの美しさであった。
吉野山の桜は、芝人の昔からの植林によるものだろうから、それはそれで味わい深い。
しかし、現在において、観光事業で杉の植林を伐採して桜を植えているのを見るとすこし興ざめる。
茶屋川の山桜の方が、人工的な臭いを排している分、その良さがある。
人の手の入らない野性味に溢れていて、好きである。

4/12。
今年最初の山釣りは毎年同じの茶屋川である。
暖かい日であった。
アマゴの活性も良く、5〜6尾のチビアマゴが毛鉤にアタックしてきた。
途中、河川工事があり、嫌な気分もあったが、シーズン最初の釣りを堪能した。
気になっている土砂に埋もれた又川の回復は、残念ながら未だほど遠い有様だった。
懐かしの渓流の無残な姿は見るに忍びない。
北陸のマザーリバーがあるとすれば、この又川はいわばホームリバーであったので、残念無念である。

People Who Wowed This Post

吉野の桜④ 西行庵

thread
西行庵 西行庵 草庵 草庵 吉野の桜④ 西行庵 吉野の桜④ 西行庵


2018.04.08 吉野の桜

西行庵は、桜に囲まれた山中にひっそりとたたずんでいた。

吉野山去年の枝折の道かへて まだ見ぬ方の花をたずねむ 西行詠

吉野山花のさかりは限りなし 青葉の奥もなほさかりにて 西行詠

案内板に西行の歌が記されていた。
ここを訪れた芭蕉は、

露とくとく試に浮世すすがばや 芭蕉詠

と詠んだ。

今もとくとくとわいて流れ落ちる、西行(さいぎよう)法師ゆかりの苔(こけ)の間を流れる清水で、ためしにこの身に積もった俗世間の塵(ちり)を洗いすすいでみようか。

という意である。
芭蕉は野ざらし紀行に、

西上人の草の庵の跡は、奥の院より右の方二町計わけ入ほど、柴人のかよふ道のみわづかに有て、さがしき谷をへだてたる、いとたふとし。彼とくとくの清水は昔にかはらずとみえて、今もとくとくと雫落ける。

と記している。
その岩清水は、今もとくとくと露が落ちていた。
西行法師が棲み、芭蕉が訪れた同じ場所に立ちて、昔と変わらぬ岩清水に触れ、感慨深い。

西行庵を見下ろせる高台に登り、この日の旅を終わりにする。
と言っても、これから駅まで約7キロの道を歩かなければならない。
帰り道はのんびりと、茶屋で葛きりを食べたり、ベンチで柿の葉寿司を食べたりの気分は観光客であった。

葛きりや明日は吉野の峠道 拙句

やはり、下りが膝にこたえるらしく、ヨシエさんが痛がる。
往復15キロ、高低差600mは、ハイキングでも、ちょっと無理があったみたいだ。

People Who Wowed This Post

吉野の桜③ 奥千本

thread
金峯神社入口 金峯神社入口 西行庵へ下る 西行庵へ下る


2018.04.08 吉野の桜

奥千本の金峯神社で、ようやくの花見となる。
ここの標高は750m。吉野駅が200m。
吉野の桜は、下から奥へ次々と咲き散っていくのが妙である。
下界はすっかり散ってしまっているが、奥千本は今が盛りであった。

金峯神社の急な参道を登り、ここから目指す西行庵へ歩く。
奥千本までの道はアスファルトの舗装道路であり、観光客の車も通り、群がる歩行者には狭い道幅の中の車が迷惑であった。
西行庵へは登山道となり、さすがに観光客も減り、ハイカーが主役となった。
一旦登ってから急斜面の狭い道をトラバースしながら下ると西行庵に至る。

People Who Wowed This Post

吉野の桜② 上千本

thread
黒門 黒門 街道の賑わい 街道の賑わい 金峯山寺附近より 金峯山寺附近より 高城山 高城山 高城山より奥千本を望む 高城山より奥千本を望む

2018.04.08 吉野の桜

黒門から金峯山寺、さらに上千本へ狭い道幅にぎっしりと店が並び、大勢の観光客がごった返していた。
ハイキングのグループもそこかしこにいる。
ここから最奥の西行庵を目指すが、結構な上り坂が延々と続く。
雑踏も延々と続き、肝心の桜はほぼ散ってしまい、時折名残惜しむような花ふぶきが舞う。

上千本の吉野水分神社を過ぎ、高城山に登ると、奥千本の桜木が杉の植林に囲まれて咲いているのが見えた。
稜線の道は、風が冷たく強い。
ここ数日、冬に逆戻りした気候で、ダウンジャケットを着込む。

People Who Wowed This Post

吉野の桜① 下千本

thread
吉野の桜① 下千本 吉野の桜① 下千本 吉野の桜① 下千本


2018.04.08 吉野の桜

吉野は桜の名所で名高い。
4/7〜8、本当は八ヶ岳の天狗岳東壁の予定だった。
しかし、ヨシエさんの膝がむくみ痛がるので中止にした。
代わりに軽くリハビリかねたハイキングのつもりで吉野に桜見物に行くことにした。
今年は開花が早く、すでに下千本、中千本は散ってしまい、上千本から奥千本が見頃だそうだ。
例年なら、下から順に咲き、4月下旬まで楽しめるそうだが、今年の桜はどこも店仕舞が早い。

近鉄特急で大和八木乗り換えの橿原神宮前まで行き、そこから吉野行急行に乗る。
行楽客が殺到するこの時期、早くに吉野行の特急券は売り切れていた。
吉野駅前は混雑していた。
上千本行きのバスは長蛇の列であり、ロープウェイは故障運休中であった。
わたしとヨシエさんは、七曲りの坂をのんびりと歩き出す。
桜は散ってしまっている。
わずかに残った数本が色を添えていた。

People Who Wowed This Post

桜散る

thread
4/6 葉桜 4/6 葉桜 3/29 満開 3/29 満開

2018.04.06 葉桜

今年は桜の開花が早く、4月第2日曜日を待たず近所の桜は散ってしまった。
我が家の盆栽桜は、3月28日に、世間と少し遅れて咲いたので、まだ全部は散っていない。
名残惜しい花びらとみずみずしい新緑が綺麗な葉桜である。
あと数日、移りゆく季節を感じていよう。

People Who Wowed This Post

伊勢型紙

thread
伊勢型紙 わたし作の額 真ん中の千代紙の... わたし作の額 真ん中の千代紙の歪は隠れる部分なのでOK
一杯飲みながらブログアップ中
2018.04.06 伊勢型紙

伊勢型紙教室の勉強は、型紙を彫ることだけでは無い。
今回は、額作りを学んだ。
先生のツジさんの職人技を事細かく教えていただいた。
四辺の糊つけの仕方とか、アールの付いた辺の処理の仕方とか実に勉強になった。
大の大人が、段ボールと千代紙を切って貼ってゴソゴソと作業をし、子供の頃の図画工作の授業を思い出したような懐かしさであった。

この伊勢型紙教室は、退職者の会の文化サークルのひとつで、先生のツジさんも会員で生徒も会員であるので、毎回、和気あいあいと開催している。
偶数月毎に教室を開き、年に一度の会の総会の会場で生徒の作品展を開いている。
今年も9月までに作品を仕上げなければならないので、これから根気根気の型紙彫りになるだろう。

型紙や根気根気の夜長かな

People Who Wowed This Post

花見歩こう会

thread
花見歩こう会 花見歩こう会 花見歩こう会 花見歩こう会 花見歩こう会


2018.04.01 花見歩こう会

退職者の会では、春に花見、秋に紅葉の歩こう会を開催している。
歩こう会とは、年寄りの健康増進のために歩こうよという会で、普段からこまめに歩けば良いのだが、退職者の会の催しとしては年中できないので、春と秋に計画している次第である。
三岐鉄道阿下喜駅前に集合し、員弁川堤防の遊歩道を歩く。
満開の桜並木のトンネルである。
昨年は、春の訪れが遅く、一輪も咲いてない蕾だったが、今年は見事な咲きっぷりだった。
片道1.6キロメートルを往復し、元気な人は元気に、そうでない人は途中まで、とにかく年寄りは無理せず楽しみながらが一番である。
その後、北勢郵便局前まで歩き、特設のBBQ会場でBBQで一杯飲んで親睦会をした。
地元のオオタさんのご尽力で、机と椅子を設置し、炭をおこしてせっせとカルビを焼き焼きそばを作る。
総勢20名で、ビールを飲み酒を飲み、肉を食べ、おにぎりも焼きそばも食べ、みなさん元気である。
JP労組(郵便局の現役労組 わたしたちはそのOBOG)からのビールの差し入れもあり、会のレク予算からの補助もあって、一人300円の参加費であがった。
秋の歩こう会は、マイクロバスで紅葉見物の予定である。

雪しずく薄紅に染め員弁堤 拙句

People Who Wowed This Post

盆栽桜

thread
盆栽桜 盆栽桜


2018.03.28 桜

ようやく、家の盆栽桜が開花した。
思いのほか大きな花びらである。
ウッドデッキでベンチに座り、モーツァルトなぞ聴きながら、花見と洒落込んだ。
ここで拙句ふたつ。

盆栽桜てふてふとフィガロ聴く

龍天に登り魔笛流るる午後

People Who Wowed This Post

公園の桜

thread
公園の桜 公園の桜


2018.03.26 桜

家の近くの公園の桜が咲いた。
ヨシエさんと花見に行った。
東京とか名古屋とかは開花して、そろそろここいらもと思っていたら、一気に花が開いた。
家のウッドデッキの盆栽桜は、もう少しというところだ。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
    Page 1/53
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>