Search Bloguru posts

Fukushima Daiichi Requiem

http://en.bloguru.com/fukushima-requiem

北朝鮮の非核化協調を世界に求めるなら

thread
18日(日本時間で19日)に、日米首脳会談が行われた。
記者会見で首相は拉致問題と北朝鮮の非核化で成果があったと話すが、
関税と通商問題では逆に日米のズレが鮮明になってしまった感すらある。

日本政府の米国一辺倒は今に始まった事ではないが、
日本への優遇を一切出さない今の米国にも、同じ対応しかできないのだろうか。

北朝鮮非核化については、米国だけでなく世界の国々との協調が必要である。
だが、その前に日本自身の襟を正す必要もある。
まず核禁止条約に参加し、どの国も核を持たない世界を目指す事を表明すべきだ。
そして核の傘の下にいるという世界の認識を返上せねばならない。
今の米国といくら蜜月関係を強調しても、
自らの核との関係を整理しなければ、日本に協調する所は無くなるだろう。

People Who Wowed This Post

政治の混乱で浮上する民意

thread
18日に新潟県の米山知事は県議会に辞表を提出し受理された。
だが、報道各社の報道は別の辞任を大きく取り上げている。
セクハラ発言に端を発した、財務省の福田事務次官の辞任についてである。
政権中枢人物がセクハラ問題で辞任した事で、政府の信頼はまたも傷ついた。

最近、行政と政府の不始末と情報隠匿、信憑性の無い発言、
事実が公になった後の責任を転嫁していく態度が度重なり報道されている。
国民の視線は厳しくなり、政権の身勝手は許されなくなってきた。

もうすぐ新潟県では知事選が始まる。
だが、原発を推進したい政府がこぞって新潟に乗り込む事は難しいだろう。
新知事は、過半を超える脱原発の民意に沿った人物であって欲しいと思う。

People Who Wowed This Post

新潟の米山知事が辞職を表明か

thread
2016年に脱原発を掲げて当選した新潟県の米山知事だが、
4月17日に記者会見し、辞職をするかもしれないと発表した。
理由は来週発売予定の週刊誌に、スキャンダル記事が掲載予定だからとの事。

細かい理由が不明で、本当に辞職するかも分からないが、
もし辞職となれば脱原発を標榜する知事が不在となり、原発推進派が動き出す。
選挙でまた柏崎刈羽原発の是非について争う事になるが、
知事の仕事は原発に関する事だけではなく、脱原発派が当選する保証は無い。

まだ色々不明な点が多いため、その後の動向を見ていく必要がありそうだ。

People Who Wowed This Post

川内原発1号機の核燃料棒に穴開く不具合

thread
九州電力は、定期検査で停止中の川内原発1号機で、
炉の中にあった核燃料棒の1本に穴が開いていた不具合を公表した。
→九州電力ニュースリリース:川内原発1号機の第23回定期検査状況
→九州電力:川内原子力発電所1号機 漏えい燃料集合体の詳細調査結果(概要)

不具合は昨年3月の運転中に、炉内を循環する1次冷却水の放射性ヨウ素濃度が
0.27ベクレル/cm3から0.45ベクレル/cm3に増加した時点から始まっていた。
保安規定での異常値(62,000ベクレル/cm3)ではない為、1年運転を継続し、
定期検査で停止したため核燃料を詳細に調べる事ができ、判明したという。

建屋外に放射能が出なかったので扱いは小さいが、
この不具合はいくつかの問題を教えてくれる。
厳重に管理されている核燃料でも不具合が発生するという事。
異常が検出されても、高放射線下の炉心内では検査もできないという事。
そして電力会社が小さい不具合と決めてしまえば、1年間もそのまま運転してしまう事。

安全は小さな不具合を潰していく事の繰り返しで維持される。
異常を検出して1年後に、やっばり小さな問題でしたと宣言されても、
それは安全を維持しているとは言えない。

People Who Wowed This Post

熊本地震から2年

thread
2016年4月14日から始まった最大震度7の熊本地震から2年が経過した。
立て続けに発生した巨大地震は、広範囲に大きな災害をもたらした。
交通機関は麻痺し、20万棟を超える住宅と住民が被害にあった。

あれから2年が経過した今も、まだ3万人以上が仮設住宅で暮らしていると言う。
bloguruでも熊本地震について語り続けてくれている方がいるが、
皆さん復興に向けて努力されているようで、健康に留意してがんばって欲しいと思う。

ここ数年で東北と九州で大きな被害を伴った巨大地震が発生し、
今後も南海トラフや北海道沖でも巨大地震が予測されている。
過去の地震は、その備えや支援などの法的整備が必要だとの教訓を残した。
もちろん、地震で甚大な被害を起こす施設も無くしていかねばならない事も。

People Who Wowed This Post

玄海原発3号機配管トラブルの経過

thread
3月30日に発覚した、玄海原発3号機の2次配管に1cmの穴が開いたトラブルで、
九州電力は4月10日までに同配管16本を新しい配管に交換し終えたと発表。
同様に、5月に再稼動を予定していた4号機も同配管を交換するという。

だが原発トラブルは、問題箇所を交換すれば済むという代物ではない。
重大欠陥を抱えて送電開始した九州電力は、厳しく自己を見直す必要がある。

13日に佐賀県が九州電力を同席させての会合でも下記の意見が飛んだ。
錆を認識しての運転に対し、錆を放置しても良いという文化を見直すべきだ。
配管を同タイプの物に置き換えたが、錆に強いステンレス製にするべきだ。
問題となった脱気器を雨水がかからないように屋内に設置すべきだ、等々。
これに対し九州電力は、具体的な改善内容を打ち出さなかった。

九州電力は3号機をすぐに発電させようと考えているのだろう。
今も原子炉自体は臨界状態を保ったままである。
だが、トラブル箇所を交換してすぐ運転しようとする姿勢に県も不信を抱く。
会社側の意識が変わらなければ、送電停止はかなり長期に及ぶ事だろう。

People Who Wowed This Post

エネルギー情勢懇話会の纏まらない提言

thread
4月10日に、エネルギー情勢懇話会の提言が提出された。
昨年8月から9回に渡る会議の結論として提出。
この提言は、今年改訂のエネルギー基本計画の方向性に大きな影響力を持つ。
→エネルギー情勢懇話会提言 ~エネルギー転換へのイニシアティブ~

だが、この提言の中身を見ても、言いたい事は伝わってこない。
再生可能エネルギーが主流になると言いながら、その直後に欠点を並べる。
再エネと関連の少ない、投資や地政学的な点に問題があるとも述べる。
そして多種のエネルギーが不可欠と言う。
「今と変えたくない」という思いがあちこちに散りばめられているのだ。
現状を維持したいなら提言を出す必要は無い。

経産省の、原発比率を落としたくないという意向を無視できないのだろう。
結論らしい結論を書けない懇話会の苦悩が透けて見える。
残念な提言だと思う。

People Who Wowed This Post

なぜ東電は、東海第二原発支援を表明したか

thread
原発事故を起した東電が、東海第二原発再稼動に資金援助を表明した今月5日。
その支援表明に批判が相次ぎ、11日の国会でも野党から厳しい非難が飛んだ。
東電社長の小早川氏は、事業を通じて福島への責任を全うする資金を確保すると言うが、
資金支援をしても再稼動への壁は高く、利益が出るどころか紙屑となる恐れさえある。

こんな支援が、福島への資金確保とは言えない事は誰の目にも明らかだ。
ではなぜ東電は、数多の批判を受ける事が分かっていながら支援表明したのか。
そこには、日本の原発事業に後が無い事を感じ取っている東電の姿があるのだろう。

東海第二原発を所有する日本原子力発電(原電)の大株主は東電と関電と中電である。
だが、関電と中電は原電への支援を表明しない。
電力自由化で競争関係にある東電の思惑に乗る気は無いのだろう。
原電が破綻すれば、東電の孤立化は進む。
支え合う仲間がいなければ、莫大な資金を要する原発は立ち行かない。

東電が資金支援を表明しても、原電破綻への時計は進み続けている。
原電の破綻は、日本の原発産業への大きな打撃となる事だろう。

People Who Wowed This Post

東海第二原発の遅い対応に規制委からあきれる声も

thread
日本原子力発電(原電)が再稼動を目指す東海第二原発だが、審査は遅れている。
規制委も審査に必要な実証試験の遅れや資料提出の遅れに苦言を呈している。
11月末までに認可を得なければ廃炉になるが、その線が濃厚になってきた。
規制委は、夏までに資料が揃わなければ審査を打ち切ると原電に言い渡した。

原電に原発を運営する資格はあるのだろうか。
安全に関するデータを取っておらず、審査前に慌てて揃える安全性の欠如。
安全対策費も用意できず、東電や東北電の支援が必要という資金調達力の欠如。
審査期限が迫っているにも関わらず資料が作成できていない時間感覚の欠如。
これでは、もし原発に事故が発生しても安全意識の低さから対策は出てこず、
緊急時の費用も捻出できず、すばやい避難誘導対応も期待できない。

東海第二原発は首都圏に一番近い原発で、周辺には100万人が住む。
こんな原電の運営する東海第二原発は絶対に動かしてはならないと言える。

People Who Wowed This Post

2018年3月末までのスイッチング件数

thread
2018年3月末までのスイッチ...
電力広域的運営推進機関が毎月発表する電力自由化後のスイッチング件数。
今月も、件数の多い東電HDなど5社のスイッチング推移をグラフ化した。
→スイッチング支援システムの利用状況について(3月31日時点)

電力自由化後2年が経過し、大手電力各社も顧客の奪い合いに動いている。
スイッチング件数が増えても、それが別の大手電力会社に移動する分もあり、
そのまま新電力に移行しているとは言えなくなってきている。
だがそれは、大手電力会社同士が慣れ合えなくなってきたと言う事。
この事は、巨費がかかり大手同士の連携が必要な原発にはマイナスに働く。
私達市民にとって電力自由化と市場競争は、まさに良い事だったと言える。

今後のスイッチング件数は、どのように推移していくだろうか。
この動向に、まだ目が離せない。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account