English日本語

Hashtag Search

Search results for "#詩"
  • 秋の香り

    みんな、向かっている コーヒーを啜り 数分後には私もそちらへ ふと、何のために働いているのだろう 乾いた空気に香りだけが流れている チラッと視線が合う見知らぬひとに 無言の催促を感じて ドアを押せば 疑問は香ばしき哲学の風 根源を覗かされても乗り切れない 乗ってしまったら踵を返してしまう 上手くいく...
  • 青く

    感じたい もっともっと青い空を 重たくなったこころ 持ち上げて散らして欲しい 何処にいるのかさえ分からないくらい 青く 青く 青く 初めて空になりたいと思った 知らぬことばかりのまま いつまでも吹き続ける青のように...
  • 虹の作業員 10(全10編)

    ≡ 10 ≡ 「あっ、虹だよママ。パパがつくった約束の虹!」 「そうね。とってもきれいね!」 おしまい。。。...
  • 虹の作業員 9(全10編)

    ≡9≡ 水蒸気をバケツで集め、休む暇もない 虹の作業員は近頃忙しい 雲の上ですってんころりん 笑って楽しい雨を降らせている たまに威張って指示する班長に叱られながらも あっち行って、そっち行って、水蒸気を追いかける 「班長様、あなたも水蒸気集めを手伝ってください」 「バカを言うな、俺は班長だぞ!」 ...
  • 虹の作業員 8 (全10編)

    ≡ 8 ≡ 旅から帰って一年が経つ 作業員はバケツをもって走り回っている そして昨日、百二十色の虹をつくることができた しかもその虹は三重 大きな虹の中にまた虹があって その虹の中に小さな虹 見たことのない虹に誰もが喜んでいた 作業員も大満足 そんな作業員のもとに本社の人間が再び現れた 「君は未来を...
  • 虹の作業員 7 (全10編)

    ≡ 7 ≡ わからない約束のことを考えながら作業員は歩いた 私の約束って何? それは本当に虹をつくることなのだろうか? 雲の上にくる前の約束? そんな大事な約束を忘れてしまったのだろうか? オゾン層の修復作業員にとって約束の内容はないようだった 作業することがその答えのように言っていた 何がそうさせ...
  • 虹の作業員 6 (全10編)

    ≡ 6 ≡ 作業員はオーロラの作業員と出会って 思いついたことがあった それは旅に出ること 目的があるわけではないが オーロラの作業員のように旅をしたくなった 作業員は旅の間は虹をつくらないと決め バケツは事務所の金庫 虹のことは考えたくなかった 流線型の雲はないけれど 雲の上を歩いて行こうと思った...
  • 浪曲子守唄

    「逃げた女房にゃ未練はないが お乳欲しがるこの子が可愛い」 夜中に食器を洗いながら 浪曲子守唄を歌っている自分 家事で辛いなんて思った時に つい歌ってしまう 「子守唄など苦手な俺だが 馬鹿な男の浪花節 一ツ聞かそかねんころり」...
  • 虹の作業員 5 (全10編)

    ≡ 5 ≡ 「あなたは虹の作業員?」 どこからか作業員を呼ぶ声が聞こえた 「誰だい、こんな朝早く私を呼んでいるのは?」 作業員がパッと目を覚まし、辺りを見回すと流線型の雲にのる女性がいた 「おはよう、私はオーロラの作業員よ。今、北極から南極へ移動中なの、 そこで少し休ませてもらっていい?」 「私は虹...
  • 虹の作業員 4 (全10編)

    ≡ 4 ≡ 星が輝きを下界に降らす頃、作業員は雲の上に帰ってきた 記者会見で疲れた作業員だったが、班長に報告するため高台へ向かった 「班長様、どこにいるのですか?」 歩くこともできない班長が、いつもの高台にはいなかった 「班長様! どこに……」 あっち行って、そっち行って、こっち来て もう足が動かな...
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

Page 1/249