English日本語

Hashtag Search

Search results for "#詩"
  • 自然に笑う

    初めて足が動かなくなった それなのにうつむき笑っていた どうしたのですか? ああ、ちょっと足が 大丈夫ですか、といわれ 私が笑っているのだから たいしたことでないと 思ってくれただろう 五分ほどして足を引きずり その場から離れた 近い将来、歩けなくなる日が 来るような気がしている MRI検査での結果...
  • #地図詩

    おいおい 地図の見方もわからねえのか あんた、地獄へ来るような面じゃねえ ここは地獄の入り口だ さあさあ、その地図を反対にして 天国へ行ってくださいな おいおい だからこっちは地獄だぞ 大丈夫か ああ、仕方ねえ 俺が天国まで案内してやるよ あんた、いい仏さんみたいだからな...
  • 木曜日の折り合い

    繰り返してしまう悪循環を受け入れながら、どうやって微笑んでいこうか。ひとそれぞれの葛藤や悩み、苦しい、痛みがあり、それは自分だけのものではないが、やはり当人にとって最大級の生きていくための試練であり、どうにかユーモアへ変換したいものだ。言うのは簡単だが、超越に近い次元と思えばほど遠く感じ、どちらかと...
  • 雨に包まれながら

    雨が降っています 身体にはきつく響きますが 心にはとっても やさしく響いてきます このまま、このまま ずっとこのまま 眺めていたいのです そんな気持ちの中にいても 進む準備をしています 電車が視界をさえぎり 目の前には能面をつけたひと 僕もそのひとりとなり 揺られているのでしょう 曇りガラスを手で拭...
  • #発明詩

    キラリン ひらめいて 僕は発明をしよう、と 戦争がなく 差別もない平和な世界を 創りだす機械 いろいろなパーツを使い 組み立てています 絵や音楽に小説、詩 演劇にミュージカル スポーツなどなど 完成はしていません とても難しいからです でも、あきらめません...
  • 赤い魂

    みんなの魂は青だった 今まで知らないで 僕は自分の色も知らず ひとに寄り添えば 消えてしまう赤だった 澄んだ青は赤を嫌った 負の奇跡は運命か それでも生きたかった 僕は燃えて燃えた やっと青に消えぬ赤に 無邪気を装いつつ 僕は燃えに燃えて今が 無邪気を装いつつ 歯を食いしばり燃えた...
  • #タイタニック詩

    焦燥の面舵一杯 叶わぬ先の 心は真っ二つ 名誉は割かれ 二時間四十分の 命の選択 譲れぬ命の者 譲る命の者 譲られる命の者 誰が悲劇を聴く 誰が地獄を見る 生き方が沈む...
  • 不死鳥

    詩が空を飛び、雲をかき分け 心地よさを知り 何処までも行ける気がして しかし、詩は詩を傷つけ始め 言葉の羽根に疑問符ばかり付着させ 落ちてしまえば重たく空を見つめるだけ 自由を奪われた詩は 悲しみの涙に流されてしまう 飛ぶことも、立っていることも 許されずに孤独の溝を それでも綴らずにはいられない ...
  • 自負

    みんなの魂は青だった 今まで知らないで 僕は自分の色も知らず ひとに寄り添えば 消えてしまう赤だった 澄んだ青は赤を嫌った 負の奇跡は運命か それでも生きたかった 僕は燃えて燃えた やっと青に消えぬ赤に 無邪気を装いつつ 僕は燃えに燃えて今が 無邪気を装いつつ 歯を食いしばり燃えた...
  • 仰臥

    雨が降ってきそうな 怪しい雲がもくもくと迫ってきています だけれども動けそうにありません 広場の芝生で横になり 平日の疲れはどんどん身体から 根っことして抜け出し芝生になりたいのです 僕はこのまま 人間として何もなかったように芝生となり ゆったりと移り気な空を見ていたいのです そんな気持ちわかります...
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

Page 1/267