Search Bloguru posts

freespace

AviUtl-019(備忘録として)

thread
これが完成形 これが完成形 今回はLayerは一つ、四角形... 今回はLayerは一つ、四角形の図形Objectを作成 続いて右上の赤丸部分をクリック 続いて右上の赤丸部分をクリック 拡張描画を選択 拡張描画を選択 次に右上の赤丸「+」をクリック... 次に右上の赤丸「+」をクリック
アニメーション効果をクリック アニメーション効果をクリック 初期値は「震える」となっている... 初期値は「震える」となっているので、これを立方体(カメラ制御)に変更 クリックすると、画面の四角形が... クリックすると、画面の四角形が拡大する、この段階で立方体となっている これでは立方体には見えないので... これでは立方体には見えないので、もう一度右上の「+」をクリックして「縁取り」を選択 これでやっと立方体であることが... これでやっと立方体であることがわかる 次に移動するために、X軸回転を... 次に移動するために、X軸回転をクリックして「直線移動」を選択。
Y軸、Z軸も同様に変更
これで完成、色を適宜に変更、「... これで完成、色を適宜に変更、「透明度」を変えて、透視が出来るように、X Y Z 軸回転の数値を変更すると図形が動く
これも難解と言われる立方体の描画です。
元来、AviUtlは動画編集APLであるため、本来なら他のAPLで作成し、編集を
行うのですが、この程度なら出来ます。
全部で11枚の写真で手順を解説します。
これによる動画
http://jp.bloguru.com/files/7369bbe2cf9f6ca0f8a0ac7d945de12c

People Who Wowed This Post

AviUtl-018(備忘録として)

thread
これが完成形 これが完成形 拡張編集でカメラ制御をクリック 拡張編集でカメラ制御をクリック Layer1にカメラ制御のOb... Layer1にカメラ制御のObjectが出来るので適当な長さにセット 次はLayer2に図形をクリッ... 次はLayer2に図形をクリック circle(これはPaint... circle(これはPaint.netで自作、円でも良い)、色を赤に Layer2の図形Object... Layer2の図形ObjectをコピーしてLayer3に貼り付け、
Xを-100、色を青に
Layer2の図形Object... Layer2の図形ObjectをコピーしてLayer4に貼り付け、
Xを100、色を黄に
ここからが重要、三色のObje... ここからが重要、三色のObjectの設定画面の左上のカメラマーク
をクリックする。赤丸に実線のガイドが出る
三色ともカメラマークをクリック 三色ともカメラマークをクリック Layer1のカメラ制御をクリ... Layer1のカメラ制御をクリックし、X Y Z の値を適宜変えると、
カメラ制御の画面となる
最後にXをクリックし、直線移動... 最後にXをクリックし、直線移動を選択、Y Z は連動して変わる。
これで左右の座標の値を変化させることで、動画が可能となる。
難解と言われるカメラ制御を理解する為の設定の全手順の詳細。
画像9枚で詳細な設定を解説。

People Who Wowed This Post

AviUtl-017(備忘録として)

thread
AviUtl-017(備忘録と...
カメラ制御のTEST
カメラの位置を自在に変更する感覚でオブジェクトの見せ方を変える手法
カメラ制御の座標とオブジェクトの座標の両方を設定することで様々な変化
が可能。
http://jp.bloguru.com/files/c1d632248267c1eca445cf3f433aad04

People Who Wowed This Post

2018年カレンダー(Excel)

thread
2018年カレンダー(Exce...
少し早い気もしますが、恒例のExcel版のカレンダーをアップします。
DLはご自由に・・・
http://jp.bloguru.com/files/9db73ef417801a593af1a9604f9dd4eb
ただし、中国カレンダーは予想です、正式には12月に中国政府が
決定するので。今年から、旧暦の1日と15日を追加しました。

People Who Wowed This Post

使って見ましたGoogleHome

thread
使って見ましたGoogleHo...
発売後にすぐに注文、香港から届きました・・・・

ベガシステムズ? ちゃんと答えてくれます。
日本語から英語の変換もOKです、英語の音声はネイティブと思われる声になります。

People Who Wowed This Post

AviUtl-016(備忘録として)

thread
+をクリック +をクリック 拡張MENUで縁取りを選択... 拡張MENUで縁取りを選択
オブジェクト設定画面が拡張され... オブジェクト設定画面が拡張される
オブジェクトの設定画面には「+」マークがあり、拡張処理が可能です。
テキストなどに使う縁取りも、ここで設定します

People Who Wowed This Post

AviUtl-015(備忘録として)

thread
写真を拡大するとよく判るが、緑... 写真を拡大するとよく判るが、緑の正方形が開始位置、赤の正方形が終了位置、細い白線が移動するであろう予測軌跡
動画の特定のオブジェクトを赤丸などで追いかける手法。
カメラが固定され、直線移動であれば比較的簡単。

まず図形のサークルを用意、開始から終了までの座標をチェック、その数値を
サークルのオブジェクトにしてすればOK

People Who Wowed This Post

サポートの新しい試み

thread
サポートの新しい試み
最近のサポート依頼は電話からだんだんメールに移行する傾向があり、
それに伴った変化が要求されている。

今回の試みは、動作説明、正常時と異常時の状態を動画で説明するもので、
短時間で完結する様に作られている。

ITの周辺機器、特に通信系は基礎知識がないと思わぬ部分で躓くケース
が多い。動画がそれらを完結に説明し、接続間違いなどの点検を促す仕組み。

PDFでも良さそうに思えるがやはり「動く」と短時間に説明が可能となる。

このファイルを添付でお返しする形でのサポートとなる・・・・・
#pc #network #poe

People Who Wowed This Post

AviUtl-014(備忘録として)

thread
AviUtl-014(備忘録と...
AviUtlに限らず、動画編集は複数の素材、特に静止画が沢山有る場合には
管理をしっかりしないと編集時にロスが発生します。
AviUtlは編集用のプロファイルが作成されます。
このファイルも含め、全ての素材を同じフォルダーで管理するべきで、これに
より管理や作業依頼等が簡単になります。
音楽ファイルなどもコピーして同じ管理にするとオリジナルが守られて自由に
変更等が出来ます。

People Who Wowed This Post

Audacity-002(備忘録として)

thread
対象の音楽ファイルを読み込みま... 対象の音楽ファイルを読み込みます 必要部分の複製を作ります 必要部分の複製を作ります 不要な部分を削除します 不要な部分を削除します 削除後に再生して確認 削除後に再生して確認 対象部分をアライブにして書き出... 対象部分をアライブにして書き出します。
素材のイントロなど、動画に貼り付けるには不要な部分を削除します。
写真のトリミングに該当します。

作成したMP3。
http://jp.bloguru.com/files/7b735840201f047cb0838679dc4bf515

フェードイン・アウトはAviUtlでも行えるし、そのほうが画像に合わすことが
出来るので、この段階では切り取りのみとする。

※音声編集は初期段階では時間軸のと音量の調整程度で十分であるので、
早い段階で操作を習得することが賢明。
BGMとして使う場合でも著作権は意識しなければならないので要注意。
FREE素材は用法に従えばOK、有名な音楽でもYouTubeなどでカバーを
探すと意外にある、この場合はWebクリップAPL(前述)でDLし、このAPLで
編集すると良い。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
    Page 1/718
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>