Search Bloguru posts

「冥途の蝶」について

thread
「冥途の蝶」について


風景を凝視するということ
景観の構成物を観るということ
濃密な気配を体感するということ

そこに「辺境」が現れます
そこに「異界」が立ち上がってきます

喚起力に満ちた
象徴的なイメージへの変貌

原野・森・海原……
「旅」のさなかですれちがう、大小さまざまな風景
そのひとつひとつが「観察者」の袖を引いてやみません

森羅万象、生々流転
その内側に確かに存在する巨いなる「他者」のまなざし

動物的直感と、精神や意識と呼ばれるもの
その確かなつながりにおいて
わたしたちは常にそのまなざしを感じとっています

瞠目し、見つめれば見つめるだけ
思いをめぐらせればめぐらせるだけ
記憶の底にたゆたう、朦朧とした部分が
静かに、しかししっかりと刺戟されていきます

神秘感と親近感
恐怖心と好奇心
悲哀と歓喜

異形の光景のもとに認めた「何か」を
目と耳と肉体をもって再構築せよ
かそけきものを、凝視せよ

それは根源的もしくは生理的欲求となって
身体の奥底から滲み出してきます

それがアニミズム
わたしたちは、もはやその要求に
決してあらがうことはできないのです



http://jp.bloguru.com/oirase/273880/meido200




People Who Wowed This Post

「凍原」について

thread
「凍原」について




茫漠たる虚無と底知れぬ幻滅をかかえながら
世の果てへの旅が、まだまだ続くのでしょうか




http://jp.bloguru.com/oirase/273878/meido199




People Who Wowed This Post

「天昇」について

thread
「天昇」について



森の底から湧き上がった水雲が
粛々と天界へ還っていくのでした



http://jp.bloguru.com/oirase/273876/meido198



People Who Wowed This Post

「湧雲」について

thread
「湧雲」について



太古の森の底から
水が雲になって湧き上がっていきます
ドラマチックな神事が行われているような
壮大にして厳粛な光景に息を呑みます



http://jp.bloguru.com/oirase/273875/meido197





People Who Wowed This Post

「愁花」について

thread
「愁花」について



枯れた花が愁いをただよわせているように見えるのは
おのが老いを愁いる、見る者の心の現れなのでしょう

枯れていても美しい花になれるのだということを
野辺の花におそわりました
おのれをささえる筋さえ、ちゃんと通っているならば



http://jp.bloguru.com/oirase/273874/meido196



People Who Wowed This Post

「薄原」について

thread
「薄原」について



不意に、秋の日の夕暮れに見た
枯尾花の広がる情景が目に浮かびました
枯野の美しさは
碧い季節の美しさとはまた別のものでした
やはりどこかものがなしさのようなものがただよう
夢のような美しさなのでした



http://jp.bloguru.com/oirase/273458/meido195



People Who Wowed This Post

「草の夢」について

thread
「草の夢」について


森の底を覆っていたトクサの群れが
とても幻想的な夢を見ておりました
うとうととまどろむ姿に
わたしもまた酔わされていったのです
夢を見るように逝けたらいい
そう思わざるをえない夢幻の宴でした




http://jp.bloguru.com/oirase/273457/meido194








People Who Wowed This Post

「森の苑ⅱ」について

thread
「森の苑ⅱ」について



そこはひっそりとした、一種独特の雰囲気に満ちた森でした。
森の向こうは、まだ明るい陽ざしに満ちているようであるのに
森のなかは明暗がはっきりとわかれ、
木洩陽を受けたトクサの群れが浮かび上がるようでした。
わたしのこれまでの来し方、行く末を
無言のまま問うてくるような、不思議な沈黙がありました。


http://jp.bloguru.com/oirase/273456/meido193


People Who Wowed This Post

「森の苑」について

thread
「森の苑」について



妖精の森に迷い込んだような気がしました。
魂の浄化、などということを想いました。
こんなところで静かに息を引き取ることができたなら
こんなところでゆっくりと朽ち果てていくことができたなら
どんなにか幸せなことだろうと思ったのでした。


http://jp.bloguru.com/oirase/273211/meido192



People Who Wowed This Post

「列部」について

thread
「列部」について


苔むしたその亀裂から、何かが生まれてくるような気がしました。




http://jp.bloguru.com/oirase/273208/meido191





People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
    Page 1/40
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>