Search Bloguru posts

森林美学 1

thread
森林美学 1


© Daisuke Kawai






People Who Wowed This Post

「森の塔」について

thread
「森の塔」について


たどりつけず
行き斃れたわたしを
おごそかな面もちをした樹が
睥睨しておりました。



http://jp.bloguru.com/oirase/266069/meido106


People Who Wowed This Post

「午睡の森」について

thread
「午睡の森」について




森がまどろんでいました。
わたしも眠くなりました。



http://jp.bloguru.com/oirase/266068/meido105




People Who Wowed This Post

「藪の光」について

thread
「藪の光」について



そこへいけば
なにかがわかる。
なにかがかわる。

そんな気がしていました。


http://jp.bloguru.com/oirase/266066/meido104




People Who Wowed This Post

「白毛」について

thread
「白毛」について



ほら見てごらん。

びっしりと毛が生えている。

やはり生きものというのは、こういうものなのだと思いますよ。

造花には、毛は生えていないでしょう?



http://jp.bloguru.com/oirase/266065/meido103




People Who Wowed This Post

「落蜻蛉」について

thread
「落蜻蛉」について



成仏とか。
お迎えとか。
極楽とか。

それはとても幸せな死であるように思えました。


http://jp.bloguru.com/oirase/266064/meido102





People Who Wowed This Post

「匿穴 kuke-ana」について

thread
「匿穴 kuke-ana」につ...


やあ、これはいったいなんてすてきな穴だろう。
と、そう思ったのです。

どこかへこっそり逃げ出すための抜け穴。
だれかがどこかからやってくるための通路。

子供の頃ににつくった、ひみつのぬけみち。

こういう穴を、匿穴というのです。

確か「となりのトトロ」にも、幼子がこういう竹藪の穴を通って
異界につながってしまうようなシーンがあったような気がします。
あれ、ちがったかな?

ここを通り抜けると、どんなところへいくのだろう。
ここを通り抜けて、どんなものがやってくるだろう。

冥途?
天国?地獄?

妖精?
怪物?あやしいもの?

じっと見ていると、あの穴に潜り込んで、
どこかへいってみたくなってきます。

じっと見ていると、あの穴の向こうから、
いまにも何かがやってきそうな気配がします。




http://jp.bloguru.com/oirase/265667/meido101-kukeana





People Who Wowed This Post

「黙考」について

thread
「黙考」について



わたしが人生に失敗したのは
ひとえに「集中力」がないからです。
子供の頃からずっと
ものごとに集中する力が著しく欠けていました。
だから沈思黙考という言葉にずっと憧れてきました。
わたしには絶対に手の届かないスタンスだからです。
哲学や思想に憧れるのも、同じです。
でもすべて恰好だけなのです。
うわべに憧れているだけなのです。

集中力のない人間は、ただだらだらだらだらとものごとをつづけ、
通常の人間の何倍もの時間―それも無駄だらけの時間をかけて
ようやくことを為すのです。
当然、出来は半端です。
半端者、とはよくいったものです。

考え込んでいるようでいて、頭の中ではすでに他のことを考えています。
悩んでいるようでいて、その悩みをとことん追求できたためしはありません。

森で出会った、微動だにしない、
哲学的な顔つきをした鳥に憧れを感じました。
沈思黙考しているかのような風情に魅かれたのです。
しかし木洩陽の下で急にごそごそと羽づくろいをはじめたしぐさを目にして
なんだかふと気持ちが楽になったような気がしました。
そんなことだからだめなのだろうとは思いますが
そんなふうだからこそ生きてこられたのかもしれません。


http://jp.bloguru.com/oirase/265666/meido1001


People Who Wowed This Post

「夏葉」について

thread
「夏葉」について



頑張ってきましたが、もうだいぶ疲れが見えてきました。


http://jp.bloguru.com/oirase/265665/meido99





People Who Wowed This Post

「濡光」について

thread
「濡光」について




木洩陽に照らされた木の葉が濡れたように光っていました。
そのまま溶け落ちて、闇に沈んでいくような気がしました。


http://jp.bloguru.com/oirase/265664/meido98




People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
    Page 1/31
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>