Search Bloguru posts

Forest Aesthetics 森林美学 モアイは語る

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai



イースター島のモアイは
文化人類史学的に
いろいろなことを語っていると思う

こちら岩崖で見いだしたモアイは
人類が築いたオブジェではないものの
やはり実にいろいろなことを物語っている

そもそも岩の造形に美を感じるという
ヒトの視点こそが芸術であり

蒼然とした岩肌に無機の美を感じ
そこに生きる地衣類や蘚苔類
そして樹木に有機の美を観取する

この渾然一体の美の世界観こそ
自然史を読むことの醍醐味であろう








People Who Wowed This Post

Forest Aesthetics 森林美学 岩肌の美

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai





岩肌の美に目を向ける人は少ない
冷たい感じのする無機物だからだろうか
森の底の,そのさらに底には
土や岩の世界がある

地熱,という言葉がある
無機的な気がしない
むしろ鉱物やミネラルと共に
生命の源をささえる恵みの言葉だと思う

そういうことを忘れて
森の美を讃えてもつまらない

森の底でこんこんと湧く滋養の水は
はたして森の土壌がつくるものだが
その下に広がる岩盤というベースがなければ成立しない

鉱石からの恵み
それが泉や水源への信仰へとつながる
そしてそれはそのまま
一見冷徹な岩肌への
篤い敬いとなる






People Who Wowed This Post

Forest Aesthetics 森林美学 樹の時間

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai




ブナの巨木に魅せられて
そればかりを撮り歩いていた頃があった

ながいながい歳月
風雪に耐えぬいてきたのであろう
威風堂々とした立姿と
美しいフォルム
そんなものにあこがれていた

あきてしまったなどというわけでもないが
いつのまにかそういうことをしなくなった

そのかわりというわけでもないが
いつの頃からか
みっしりと苔むした樹ばかりを撮るようになった
そこにもまた歳月という時間がある

それは樹の時間だ
樹が過ごしてきた時間である
苔むした緑の幹から感じる時間である
そういう意味では
威風堂々とした立姿や美しいフォルムにだって
それはじゅうぶんに感ぜられることではあるが

苔をみっしりと身にまとった樹の時間
なにか格別のものという気がするのだ









People Who Wowed This Post

Forest Aesthetics 森林美学 頭上の蟻

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai



蟻という蟲を視るおのれの立ち位置は
いつも眼下であると
そんなふうに思い込んでいたのである

実は,頭の上でも蟲は蠢いていたのである
ふむ,これはちょっとした発見であるなと
そんなふうにやけに感心してしまったのだ









People Who Wowed This Post

Forest Aesthetics 森林美学 蜉蝣

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai



瞑想というほどのことでもないのだけれど
ただ森の底に坐ってぼんやりしていただけのことのなのだけど
フト気づいたら目の前の笹の葉裏に
水生昆虫の成虫がひとつぶらさがっていた
端正で,美しいフォルムだ
地味な色あいだけれども,そこがまたいい
ピンと張った触覚や
翅の網目模様や
しなやかに反らせたからだにすらりと長い尾
ニンフというよりは
女王の風格すらある
ちょっとした宝物を見つけた気分だ

はかないもの
かそけきもの
めぐりあいであるとか
運のよしあしであるとか
そんなあいまいとしたことを思った









People Who Wowed This Post

Forest Aesthetics 森林美学 森の径

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai




こういう感じの森の径が好きだ

ほてほてと
どこまでも歩きたくなってしまう

道なき道を果敢に進む,というのは気が重い
人をいざなう感じのする,おだやかな森の径が好きだ











People Who Wowed This Post

Forest Aesthetics 森林美学 南国の鳥

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai




鳥の図鑑が好きで
よく眺めている

こんな綺麗な鳥が本当にいるのかと
感心するほど美しいものもいる

そういうものが
不意に目の前に現れることがある
たいていは
森の底でじっとしている時である

緑陰にまぎれて,全貌はよく見えないが
それだけに秘密めいて魅惑的である

目のまわりが青い鳥である
顔が真黒なので,よほど目立つ

背の微細な羽毛は
濃いパープルに輝いている

どう見ても南国を想わせる色彩の鳥である
どこか幻想的である

鳥の図鑑でいつも眺めていた紙上の存在が
ついと現実の存在となる

どきどきする
妖しく美しいものには
いろいろな秘密があるような気がする

南国の森の鳥がいるこの北国の森は
南国をも包括している世界なのかとか

いや南国の森の鳥が棲むこの北国の森は
南国のさいはてに位置しているのかとか

堪能すべき美を前にして
どうしてこんなどうでもよいことばかり
頭をぐるぐるめぐるのだろう






People Who Wowed This Post

Forest Aesthetics 森林美学 毀れた卵

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai



森の底に
毀れた卵殻が
ぽつんとひとつきり
落ちていた

このひとつの小さな卵が産まれるまでに
どれほどのドラマがあったのだろう

このひとつの小さな卵が毀れるまでに
どれほどのドラマがあったのか

森とは,無限の生と死の坩堝である
あえなく毀れた卵の殻が
それを静かに物語っている







People Who Wowed This Post

Forest Aesthetics 森林美学 落ちた鷹

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai



森の底にうずくまっていた
この白い鷹の姿を目にした時には
本当におどろいた

ミサゴというこの鷹は
水際に棲む鳥である
魚を食べる猛禽類である

ふだんは海岸,大きな川にいる
森に姿を見せる場合は
川幅のある渓流や
大きな湖などのそばである

それがなにゆえに
高木の連立する森の底で
こんなふうに雌伏しているのか

ああ,近くには川が流れている
その川の源は巨きな湖である

そこに棲んでいるものが
なにかのアクシデントで森の底に落ちたのだろう

眼の光が死んでいない
羽衣も美しくつやめいている
近づいても,さほどおそれるふうもなく
素知らぬ顔である

きっとまだ若い鳥なのだろう
それにしてはなかなかの肝ッ玉である









People Who Wowed This Post

Forest Aesthetics 森林美学 鷹

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai




森をぬけたところで
頭上からの視線を感じた

見上げると鷹が舞っている
空に浮かび,こちらを睥睨している

オオタカと呼ばれる
実にスタイリッシュな猛禽類である

なんという美しいフォルムだろう
鷹狩の際,殿様が最も愛した鷹である

この姿に孤高の美を感じるのは
なにも武将だけでもあるまい

深山幽谷の森に棲む珍しい鳥かと思われがちだが
むしろ耕地の防風林や雑木林など
人の生活圏に近い「森のかけら」で出逢える機会が多い

されど木々のあいまを潜行するように飛び動くから
そうそう目につくわけでもない

森の鷹の美を堪能するには
近隣のちょっとした森や林の
その梢あたりをただじっと見つめながら
ひたすらに待つのがよかろう

むかし,そんな仕事をしていたことがある
鷹を待つ仕事である

そんな仕事があるものかと思う人もいるだろうが
そういう仕事があるのである

世の中にはいろいろな仕事があるものだ

いたって呑気な仕事のようだが
わたしには長くつとまらなかった

あくまで個人的嗜好としてだが
待って見る喜びよりも
偶然の出逢いの喜びの方に重きを置いてしまう

待ってまで見るほどの
待ちわびるほどの
そこまでの情熱を対象に持てないのだろう

待つという行為を伴っても対峙したいと思う
そんな相手が自分にはあるかと問うてみる

こころもとない
待てない
待つほどのことはない,とすぐに思ってしまう

そのくせに
正体のよくわからないなにかを
もうずっと待っているような気もする




















People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
    Page 1/29
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>