Search Bloguru posts

Forest Aesthetics 森林美学 ピエロ

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai



森の底に坐っていたら
鼻の黄色いピエロにおどかされた
そういったら,あなたはなんと思うだろうか

林檎毒蛾―リンゴドクガの幼虫

いつみてもためいきの零れるデザインだ
しかも個体により,それぞれ微妙に配色や濃淡が異なるのだ

わたしはまだ,この個体を越える「作品」には出逢っていない

森の底に坐っていたら
鼻と手足の黄色い小さなピエロにおどかされちゃった
そういったら,あなたはなんと思うだろうか





People Who Wowed This Post

Forest Aesthetics 森林美学 痕跡

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai



これは大きなヤマナメクジの這った痕である

森の底にじっと坐っていると
だんだんこういうものにも目が向くようになってくる

そんなもの,ふつう人はじっくり見たりはしない
丁寧にものを観る,というのはだいじなことである
それが案外できていない 案外とできない

そうでなければヤマナメクジが一流のアーティストなのだということが
かくも世間で理解を得られない,などということはないはずであるから

もっとも,当のナメクジにしてみれば
自分の這った痕が美的であるなどとは
露ほどにも思わぬにちがいあるまいが




People Who Wowed This Post

Forest Aesthetics 森林美学 森の底の白い珊瑚

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai


森の底で白い珊瑚が蠢いている
粘菌だとか変形菌などと呼ばれている

菌類でもなく
植物でもない
不思議なもの

エダナシツノホコリという名称を持つ
枝の無い,角の埃 の意

わたしならば
モリノソコシロサンゴモドキと名付ける
森の底の白い珊瑚に模したもの、だ

森陰のあちこち
ふつうでは見えざるところで
無数の小さなものどもがひっそりと呼吸している

森は生命の坩堝であるということ
それは美しくもあり,おぞましくもある
崇高でもあり,荘重でもあり,不気味でもある

されどわたしはそのブキミさを愛する





People Who Wowed This Post

Forest Aesthetics 森林美学 森の底の紅い珊瑚

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai



森の底で紅い珊瑚のようなキノコを見つけた

樹間をぬって差し込んでくる
午後のかすかな斜光を浴びて
頬を紅く染める瞬間が素敵だ

いろいろなかたち,さまざまなありよう
それは途方もない歳月を噛み砕いてきた
進化というものの経過のひとつであるとは
シゼンカガクの説明するところではあるが

やはりこういうものを拵えるのがお好きな
造物主なるものの背中を想わないわけにはいかない

森の底は,奇天烈な美の宝庫である





People Who Wowed This Post

Forest Aesthetics 森林美学 ウスキブナノミタケ

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai


ひょろりと背たかのっぽのキノコ
ウスキブナノミタケ
薄くて黄色のブナの実の茸

地面に落ちたブナの実から出てくる
ブナの実が豊作の年の森の底には
このキノコがたくさんたくさん顔を出す

ブナの実は栄養価が高い
動物たちの糧となる

たくさんたくさんつくっても
たくさんたくさん食べられてしまう

毎年毎年,同じように実をつくっていては大変である
なので数年おきに実の「なり年」をつくることにした

あまり実をつけない年を何回かくりかえすことで
自分を食べることで生きているものを飢えさせる

そのかわり,いざ実をつけるというときには
今度は食べきれないほどの量を一気につくる

もちろん、落とした実のすべてが生長できるわけではない
昆虫に食べられたり,地上や地中の菌におかされたりする

ウスキブナノミタケは
そんな菌類のひとつである

森に降るブナの量を調整しているのだろうか
分解しづらそうな実を
土に還す役割に徹しているのであろうか

細く小さな一本のキノコからも
森のつながりあいが見えてくる




People Who Wowed This Post

Forest Aesthetics 森林美学 キノコの宇宙

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai




偶然のぞき込んだ
折れた朽木の内部
タヌキノチャブクロ(狸の茶袋)なる
まんまるのキノコがたくさん生えていた

ずいぶんおかしな名前の菌類である
まあるいかたちを
<ぽんぽこたぬき>になぞらえたものか

そう思っていたら
ホコリタケの別名である
キツネノチャブクロ(狐の茶袋)
なるものに対する名称らしい

即席ラーメンではあるまいし
たぬきでもきつねでも
どちらでもいいような気もするが
いずれも胞子を煙粉状に噴出させる
ホコリタケの仲間だ

成熟してぱんぱんにふくれた袋に
雨滴などがあたると
その刺戟で胞子が噴き上がる
そのさまが呪術的な印象を与えたのだろう
人を化かすものの代名詞である
狐狸のイメージへとつながったのだろう

しかし朽木の薄闇に浮かび上がっていたそれは
きつねでもたぬきでもなく,惑星だった

あんぐりと口をあけた
ほの暗い洞の中へ差し込んだやわらかな斜光
かそけきひかりに照らされたそれは
まさしく宇宙的な存在だった

呪術的な狐狸というのもなかなか面白い見方であるが
森の底の小さな宇宙に浮かぶ惑星というのも味がある

観る者の想像力次第で
自在にその印象を変化させる
自然界の造形物が秘めている
その喚起力には常に驚かされる

森散策の愉楽は
ときにこうして
宗教的でもある




People Who Wowed This Post

Forest Aesthetics 森林美学 秘密

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai




きのこの秘密を知りたいと思うのなら
その傘の裏側をのぞきこんでみたまえ







People Who Wowed This Post

Forest Aesthetics 森林美学 小人の群れ

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai



苔の褥から伸び上がった胞子体が
木洩陽に透き通った姿で
そよそよと森をぬける風に揺れている

それは三角帽子の小人たちが無数に集まり
ざわざわとなにごとか話し合っているような
そんなことを想わせる眺めだった





People Who Wowed This Post

Forest Aesthetics 森林美学 苔の褥

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai



苔が覆っている
樹木の根を
岩石の壁を
黒土の表を
みっしりと覆い尽くしている

それは原初的な
きわめて原初的な繁茂の姿だ








People Who Wowed This Post

Forest Aesthetics 森林美学 水が流れている

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai



水が流れている
しかし岩上にむした緑苔が剥がれることはない

この風景が意味することはなにか
わたしたちはそこからなにを読み取るべきか

ありふれたものから,気高いものを
かたちをなさないものから,美しいものを

森羅万象を認知し,意識し,展開させること
それが森を観るということの愉しみ,その真髄

乾ききった死の世界を豊饒の大地に変えたのは水の動き
その水に呼応し,世界を紡いでいった小さなものたちの在り方

冬の滝の岩壁にはりついた苔の群れのひとつひとつが
雲霧のごとき飛沫をとらえ,無数の冷たいオブジェを生みだす

やがてそれらが季節と共に流れの一端に加わり,
海へ向かって一体化し,
ふたたび雨霧として舞い戻るドラマには
科学と芸術の幸福な両立がある

諸行無常
できあがったものが硬化してしまわないよう
自然は常に永遠の活動を働かせている

森の底を水が流れているように
人のなかにも水が流れている






People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
    Page 3/26
  1. <<
  2. <
  3. 1
  4. 2
  5. 3
  6. 4
  7. 5
  8. 6
  9. 7
  10. 8
  11. 9
  12. 10
  13. 11
  14. >
  15. >>