Search Bloguru posts

「遡上」について

thread
「遡上」について



激しい流れをひたすら遡っていく
そんなにまでしなくても
ただ流れ墜ちてしまえば
あらぶるものには
ただ身をまかせてしまえば
楽なのにいっそ楽になれるのに
本能、といってしまえば
ただそれまでのことなのだけど


http://jp.bloguru.com/oirase/270531/meido160



People Who Wowed This Post

「黄泉路」について

thread
「黄泉路」について



くねくねと曲がりうねって流れくる、ゆるやかな泥の川を遡り
わたしたちはひとりずつ、源の昏い森へと向かっていくのです。


http://jp.bloguru.com/oirase/270530/meido159






People Who Wowed This Post

「湖面」について

thread
「湖面」について


蒼ざめた湖面からは
いまにも龍が顔をのぞかせるようでした。
岸辺の流木までもが龍の頭ようにも見えました。


http://jp.bloguru.com/oirase/270130/meido158





People Who Wowed This Post

「島嶼」について

thread
「島嶼」について



その風景は、かつてわたしのなかに確かにあった
鬼ケ島、なるものを想い出させてくれたのでした。


http://jp.bloguru.com/oirase/270129/meido157






People Who Wowed This Post

「雲海」について

thread
「雲海」について



神さまですとか、仏さまですとか
ひとびとがずっと崇めているものは
こういうものではないのでしょうか


http://jp.bloguru.com/oirase/270128/meido156







People Who Wowed This Post

「向側」について

thread
「向側」について




あの蒼く輝く湖のほとりまで歩いていくのだろうと思いました。



http://jp.bloguru.com/oirase/270127/meido155






People Who Wowed This Post

「沼地」について

thread
「沼地」について




ここにはまだ河童が棲んでいるのです



http://jp.bloguru.com/oirase/270126/meido154




People Who Wowed This Post

「浮島」について

thread
「浮島」について



あの、漂う小さな島に乗って
黄泉の川を渡るのでしょうか



http://jp.bloguru.com/oirase/270123/meido153









People Who Wowed This Post

「骨と花」について

thread
「骨と花」について



骨に花が手向けられていました。





http://jp.bloguru.com/oirase/270119/meido152



People Who Wowed This Post

「水紋」について

thread
「水紋」について




ただよう気配だけではなく
ちゃんと、ここに棲んでいる
その確かな合図なのでした



http://jp.bloguru.com/oirase/270118/meido151





People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
    Page 5/40
  1. <<
  2. <
  3. 1
  4. 2
  5. 3
  6. 4
  7. 5
  8. 6
  9. 7
  10. 8
  11. 9
  12. 10
  13. 11
  14. >
  15. >>