Search Bloguru posts

“艶・・色合い”《襍感・/・点描‘18-35》

thread
ムラサキクンシラン(紫君子蘭)... ムラサキクンシラン(紫君子蘭) ヒガンバナ科(Amaryllidaceae)
学名:Agapanthus africanus (L.) Hoffmanns.
別名:アガパンサス

《時節感慨・・呟記・・》
ムラサキクンシラン(紫君子蘭);
高貴な風合を漂わせる花だが、和名は余り出てこない。アガパンサスが、一般的か。
ムラサキクンシランは、ギリシア語のアガベ(愛)とアンサス(花)「愛の花」という意味。
明治時代に観賞用として渡来したと言われ、多くの園芸品種がある。
畑の横や、道端にも生えられているものが見られ、大きいため初夏に目立つ。
根茎はサトイモのように肥大する。葉は長さ10~35㎝、幅1~2㎝。
花茎の先の散形花序に20~30個の花をつける。花冠は直径2.5~5㎝の漏斗形、先が6深裂する。
花色は青、紫、白。果実は3室のある蒴果、秋に熟し、種子には翼がある。
多くの資料では、以上のように解説されている。
画像のように蕾みの方がより妖艶に映るって感じるは、個人の感性か。
今の時代では、生活地のあちこちで普通に見られるようになった。
あまりにも普通過ぎて道端で1~2茎あっても止まって迄みないだろう。
だが近寄って覗くと・・・ゾクゾクって感じる程に艶っぽい。

*    *    *    *    *

大阪北部地震、地震エリアにお住まいのブログルの皆さん、お見舞い申し上げます。

扨、さて、、、
先般、米朝首脳会談が実現した。報道機関は、こぞってトランプ大統領言動に批判的だ。
そこで思うのだが、我々日本人は、ことさら冷静に・・冷淡に眺め対応しないといけない。
小泉訪朝の轍を踏んではいけないって、一歩さがってより慎重に受け止めるべきだろう。
国会を眺めると、未だに「モリカケ問題」に終始しているではないか。
安倍晋三首相と全閣僚が出席して開かれた18日の参院決算委員会、
国民民主党を始めとする一部野党は相変わらず「モリカケ問題」に質問時間を費やした。
一体野党の面々は、国際情勢を如何にかんがえておられるのだろう??
そんな中で、立憲民主党の風間直樹氏が、日本人拉致問題や日朝首脳会談、北朝鮮問題を質問した。
新潟選挙区選出議員が、ここに至って「モリカケ問題」だとしたら顰蹙ものである。
日朝首脳会談が在るかもしれない!!今こそ国民総意で拉致被害者全員帰国を。。。。
否、拉致の全容を日本人によって検証できる体制を構築できるようにすべき時だ。
メディアは、何故におとなしくしているのか??世論を喚起すべきではないか!?!
NHK取材陣が、米朝首脳会談プレスセンターに多数派遣され、経費も贅沢に使ったようだ。
それなのに報道されたものは、おざなりのものでしかなかった。
NHKの存在も民営化したらどうか、国営的に対処するなら国民に多くを真摯に報告すべきだ。
時間は止まってくれない。野党・マスメディアが、拉致問題に大声を挙げないのは何故??
とどの詰まり、憲法問題に及ぶのがいやなだけなのか。
法治国家、人権尊重等々を語っておられる国会議員諸氏が、拉致を許すのか、と問いたい。


#植物 #ブログ

People Who Wowed This Post

“水滴の艶”《襍感・/・点描‘18-34》

thread
アジサイ(紫陽花)   アジサ... アジサイ(紫陽花)   アジサイ科(Hydrangeaceae)
英名; Hydrangea(ヒドランゲア)
学名; Hydrangea macrophylla (Thunberg) Seringe
Hydrangea macrophylla (Thunberg) Seringe form. macrophylla 
別名;ホンアジサイ
上画像「手鞠蝦夷紫陽花」

《時節感慨・・呟記・・》
アジサイ(紫陽花);ラテン語読みヒドランゲア・マクロフィラ。
ホンアジサイとも呼ばれるあじさいは、日本暖帯に広く自生分布する日本固有種である。
日本原産のものが西欧に渡り、園芸作出され里帰りした手鞠咲き種が、一般的に多く見られていた。
以前は、ユキノシタ科とされていたが、今はアジサイ科と独立している。
アジサイ属は、世界に四十数種あると云われ広い地域に分布している。
花形が特徴的で装飾花を有する品種がほとんどである。
装飾花の花弁のように見えるの部分は、萼片が変化したものである。
一般にアジサイと呼ばれているものは、画像の様に丸い形の花形で花序全体が装飾花のもの。
野生種は、減少の一途だが、園芸品種は増え続けており多彩な色や形のアジサイがある。
日本に自生するガクアジサイ Hydrangea macrophylla form. normalis が原種。
そして古くより日本で栽培されている装飾花だけの花のもの(テマリ咲き)を指す。
(学名;Hydrangea macrophylla form. macrophylla)
これに対しヨーロッパでの改良品種をセイヨウアジサイ form. hortensia と分類する。
Hydrangea macrophyllaは広義にはガクアジサイやセイヨウアジサイや園芸品種を含む栽培種の総称。
中国、ニュージーランド、南アメリカ等で野生化しているものも含めてアジサイと一般的に呼んでいる。
アジサイは広義にはアジサイ属の園芸品種の総称でもある。
ヤマアジサイやアメリカノリノキの園芸品種なども含められ、2000種以上の園芸品種がある。
特にヤマアジサイは、エゾアジサイ、アマチャ、ベニガク、シチダンカなどの変種が多い。
アジサイやコガクウツギなどとの自然交雑種も多い。
最近、ジョウザンアジサイやカラコテンギ等を交配した全く新しいニューアジサイと称する品種もある。
仔細に表記すると;
アジサイ Hydrangea macrophylla は日本に自生するガクアジサイ Hydrangea macrophylla form. normalis
とホンアジサイ Hydrangea macrophylla form. macrophyllaを原種とする栽培種であり、
狭義には古くから日本で栽培されている装飾花だけのホンアジサイを指す。
また、アジサイのヨーロッパでの改良品種をセイヨウアジサイ form. hortensia に分けることもあるが、
セイヨウアジサイの日本での改良種も多く、区分は難しい。
広義にはアジサイ以外のヤマアジサイ、ノリウツギ、アメリカノリノキなども含むアジサイ属の種の総称。
アジサイ分類資料を以前のブログルに書いたことがあった。参照されたいm(._.)m(^з^)。





#植物

People Who Wowed This Post

“植物園の花2018/05/26”《襍感・/・点描‘18-33》

thread
ハナショウブ(花菖蒲) アヤメ... ハナショウブ(花菖蒲) アヤメ科(Iridaceae)
学名:Iris ensata Thunb. var. ensata
Iris ensata Thunb. var. hortensis Makino et Nemoto
「種名; 心の色」

《時節感慨・・呟記・・》
花菖蒲は、ノハナショウブを原種とする栽培種。
江戸時代から生け花や園芸は、庶民まで浸透した日本独特の文化。
日本各地や海外から珍しい花が江戸に集まり、江戸は、園芸都市でもあった。
日本最初の園芸書である『花壇綱目』(水野元勝著)が1681年に発刊されている。
花菖蒲は、江戸を中心に多くの園芸品種が作られてきた。
園芸品種は、地域別に系統分類され、江戸系(東京都)、伊勢系(三重県)、
肥後系(熊本県)、長井古種・長井系(山形県長井市)、外国系に大別される。
他にカキツバタ、キショウブ等の近縁種との雑種(雑種系)と呼ばれるのもある。
観賞用として品種改良が加えられ花種類も豊富で2000種以上あると言われている。
花弁は6枚に見えるが、外側の3枚は萼片、内側に立っている3枚が花弁。八重種もある。
外国系とは、明治期からの米国への輸出で江戸系、肥後系を元に米国で品種改良されたもの。
雑種系は、近縁種との交配種。 愛知の輝(キショウブとハナショウブ)が知られている。
花菖蒲の中に「大船系」と呼ばれているものがある。

*ノハナショウブ《Iris ensata Thunb. var. spontanea (Makino) Nakai》は、湿地に生える。
根茎は古い葉の繊維に覆われ、太く、よく分枝する。
葉は剣状で花は直径約10cm位、赤紫色。外花弁は惰円形、中央部に黄色の斑紋がある。
内花弁は長楕円形で直立する。花柱の上部は3分岐して花弁状、分岐の先は2裂し全縁。
*カキツバタは外花弁片の斑紋が白く、葉の主脈が不明瞭。
*アヤメは外花弁片の斑紋が黄色の網目状。花柱の分岐の先の裂片が鋸歯縁。


*   *   *   *   *

大船フラワーセンターは、この4月にリニューアルされ、日比谷花壇大船フラワーセンターとなった。
管理者が日比谷花壇となったということなのか??神奈川県立フラワーセンター大船植物園名は消えた。
この地は、古く大正11(1922)年、神奈川県の『農事試験場』として開場した由緒ある場所。
大正時代、花菖蒲は海外へ多く輸出されており、新しい品種作出は必然的だったかもしれない。
その任に当たったのが、農業試験場の場長であった宮沢文吾博士であった。
大正4年から9年頃に作出された品種を昭和11年『農事試験場成績 花菖蒲の品種改良成績』と纏めている。
宮澤博士は、主に江戸系を基に改良し新品種を約300種、芍薬も約700種を新出し共に大船系と称される。
そんな由緒ある神奈川県農事試験場跡地を引き継ぎ、昭和37年に植物園として発足し現在に至った。
特に、農事試験場時代に育成された花菖蒲、芍薬、つつじ等を保存育成している。
花菖蒲は、江戸時代から育成されたわが国の伝統的園芸植物で、花の文化財といえるだろう。
花菖蒲を「歴史を感じながら鑑賞する花」と玉川大学農学部教授 田淵俊人農学博士は語っておられる。
「歴史的・文化的・学術的に価値があり、後世に末永く残すべきわが国の文化財的な価値のある品種」
江戸の町民文化を表すのに相応しい品種群-江戸系品種群がそれに当てはまると思う。
大船系品種群は、江戸系を育成交配して出来た貴重な遺伝資源、文化財としての価値があると言われている。
花の姿は、おだやかで、やさしい品種が多く独特の花容から、「大船系」と称し分類している(田淵博士談)。
日本花菖蒲協会の分析によれば現在のセンター菖蒲田で栽培されている品種と、昭和11年の記録と照合して、
同一種として今日まで保存されていると断定している。綿密な研究記録、当に文化財であろう。
5月の終わりに改装された日比谷花壇大船フラワーセンターを訪ねた。目的は、自生あじさい展だったが、、!
展示植物を拝していて思ったは、本当に自生種か??表現的には育成種の方が相応しい気がした。
そして、盆栽的に飾って展示されていた。野種好みからすると、ちょっと違和感があった。
外庭の菖蒲田は、すっきり瀟洒に魅せてくれていた。育成種、それを長いこと保存してきた努力には敬服する。
アジサイの季節、此処の近くの北鎌倉明月院の手鞠ホンアジサイも文化財だと思う。

「日比谷花壇大船フラワーセンター」




#植物 #ブログ

People Who Wowed This Post

“里山の今、2018/06/2”《襍感・/・点描‘18-32》

thread
ウマノスズクサ(馬の鈴草) ウ... ウマノスズクサ(馬の鈴草) ウマノスズクサ科(Aristolochiaceae)
学名:Aristolochia debilis Siebold et Zucc

《時節感慨・・呟記・・》
ウマノスズクサ(馬の鈴草);
変わった名前は、実が馬にかける鈴に似ることから名付けられたと資料にあるが、面白い名前だ。
ウマノスズクサ科は、ランヨウアオイ、タマノカンアオイ等、面白い花がある。
この花は、ジャコウアゲハの食草として知られている在来種である。
土手や畑、林のふちなどで普通にみられ、茎は細くて上部でよく分枝しほかの木や草にからみつく。
葉は、有柄で互生し三角状卵形。基部は心形で両側が耳状に張りだしている。
葉腋にサキソフォンに似た形の花が1個ずつつく。萼筒はゆるく湾曲し、先端は斜めにややそり返る。
昨年は、6月下旬に見れた。今年は、早くも咲いていた。

*   *   *   *   *

先日、「働き方改革法案」が衆院厚生労働委で可決された。
与党と一部野党の議論で修正が加えられての可決だ。
「結論ありきで無理やり法案を通した。」「強行採決」と大々的に一面に掲載した大手新聞社。
国会審議を調べてみると、法案は、維新の会と希望の党が加わって修正がなされていた。
適用は本人同意が必要との従来の内容に加え、新たに離脱規定も設けられていた。
一部(野党の半数以上か)野党が、「過労死促進法案」と叫んでいることに疑問をもった。
テレビもマスコミももっと正確に報道して欲しい。印象操作は、後にバレるのに。。。!


「泉の森2018・06・02」




#植物 #ブログ

People Who Wowed This Post

“温故知新・憲法問題”《凡声・/・囈‘18-05》

thread
赤みっぽい画像お許しをm(._... 赤みっぽい画像お許しをm(._.)m。
わかりにくいが、刺し身の盛り合わせ。
実に美味だった。お気に入りのホテルで。
暖かく美味しいパン。 西欧のパ... 暖かく美味しいパン。
西欧のパン屋さん早朝から開いてる。
古い話だが、国境を超えて早朝にパンを求めて隣国と往復したことがあった。
あの当時を思い出す、焼きたてのパン絶品だ。
       《時節感慨・・呟記・・》
関東でも梅雨入り間近か、等と思うと気が重い。日本も北朝鮮問題で正念場を迎えそうだ。
そんな中でも政争に明け暮れている国会議員、外交を政府に任せっきりで良いか???
与野党関係なく、今の日本にとって重要外交課題は、拉致被害者救出問題だろう。
日本人、国民として、拉致被害者全員帰国を一日も早く、と一丸となって望むべき時だ。
解決に向けて国民総意で表明すべき時なのに国会で繰り広げられてる事々は何だ!?!
1年以上も審議しながら「権力者」の不法行為は、見つからなかった「もりかけ問題」。
多大な経費・労力を費やしても重大な瑕疵は、出てこない。屁理屈ばかりの悍ましさ。
皐月晴れの空を見上げ、地の野草を見てると斯様な静かで心和む状態に早く成る事を、って願う。
愈々、米朝のトップ会談が、流動的で不安でいっぱいであるが、開催されそうだ。
国民の代理・代表として与野党関係なく、一丸となって外国と対峙してほしいょ、まったく?

日露のトップ会談、北方領土問題進展は??? 戦後70年も経過してしまった。
今回の日露会談で少しの動きは望めたか。注目したは、欧米制裁が厳しい中での国際経済フォーラム。
ロシア政府の主催に日本の総理とフランスの大統領が顔を合わせた事は意義深いことだった!!
だがこの国際経済フォーラムについて、日本のメディアは余り取り上げていないのは何故???
プーチン大統領・安倍総理大臣・マクロン大統領、どんなフォーラム内容だったのか気にかかる。

過去の歴史的経緯を踏まえての国際関係、日本経済の存在感、北朝鮮問題に直結しているではないか。
現在の国際情勢下で外交・安全保障問題で支障をきたしているのが、日本国憲法の内容である。
今年に入って俄に騒がしくなってきた「憲法改正議論」だが、議論自体を封じようとする勢力もいたり?
現実的に憲法9条改正が第一義と囁かれるが、根原的背景、而して憲法前文との関連を熟知すべきだ。
万が一にも、憲法改正が行われる方向に進むたとしたら・・・難しい表現・文言の是非も考えてほしい。
これ等を踏まえて国民は、納得の深度に関係なく、最後は、国民審判、是非投票が行われる。
そんな国民投票をする前に憲法の概要、中でも最も重要な「前文」を頭に入れておかなければ、って思う。
そもそも憲法改正を考える時、国民として根底に意識すべきことは、国外、異国との協調ではなかろうか。
伝統・歴史(日本独自の文化)これ等を尊び世界と対峙できる基本法的憲法を将来に改正、否、編纂すべき。
第二次大戦後、と言われ70年あまりの中でソ連との北方4島問題、韓国の慰安婦問題、沖縄問題、
更には、中国の天安門事件問題等々、日本国民は全体的歴史事象に無関心、と外国から見られているやに思う。
事実、マスコミも含め、国会人、言論人も外交問題・憲法問題、とりわけ安全保障問題を討論して来なかった。
その結果としての歪は、沖縄の基地問題に端的に現れている。今現在、日本にとって、米軍基地は不要か??
国際連合の監視下に置かれた敗戦国日本、そこから民主主義国家として漸くここまで来られた日本。
おかげか、否か?この70年余り異国との大きな揉め事や侵略は全くなかった。例外が、拉致問題だろう。
今の平和状態は「憲法第9条」のおかげである等と、まじめに主張される方々がいる。
果たしてそうだろうか?? 大いに疑問を持つ。「拉致問題」を思うとため息しか出ない。
拉致に関与した人々、更には、拉致した国を援助してる組織等々、不可思議にも黙視して今日がある。
野党国会人も報道機関も拉致問題を「もりかけ問題」の如く追求、報道発表し続けた事があっったか??
更には!!覇権的政策をとっている中国と対峙できているのは、日米の協力があってこそだろう。
結果論かも知れないが、日本国内にある米軍基地の存在意義は実に大きい、といえまいか。
国会中継を観ていて唖然とする。些細な事だが「もりかけ問題」を追求している野党の面々に聞きたい。
ご自分達の発言は、なんでも許されるのか、と??過日も酷い質問場面を観た。。。!!
総理にメモを手渡した秘書官を頭ごなしに怒鳴りつけた野党議員、高圧的な恫喝、と映った。
野党議員(代表質問者だ)は、大声で怒鳴るが与党議員がかような事をしたらどうなるのだろう!?!
国会中継は、全世界で観れる。今の国会の姿を異国人は、なんと感じているだろう??
重大局面の国際情勢下にあって、のんきな事を言ってる場合か、って一国民でも不可思議に思う。
国際社会にあって日本の立ち位置、国策・方向性等々、はっきり・真摯に表明する。
KYとか言う表現があったようだが、今の野党人、ホント「空気が読めない人たちだ」。

敗戦国として70年余り過ぎた。戦争・戦闘はあってほしくない。当然のことだ。
過去の教訓、戦争はしてはならない、軍国主義反対も納得行くことである。
だがしかし、核保有し、しっかり軍備してる国々が、日本の軍備反対とは、これ如何に。
日本国内に居ると、世界の紛争地現場の人間模様など全く伝わって来ない。
地上波と云われるメディアが正確に伝えない、ある種、偏向報道がまかり通っている。
幸いネットの普及で様々な報道を見聞きできる。又、ネットの恩恵に預かってもいる日本。
「安全」と日本は映るのか!! 日本各地は、異国よりの訪問者が増え続けていると言う。
日本人が、関心を示さなかった過疎地にも外国人訪問者が増えている。
何ともおかしな現象だ。ある意味嬉しい事だが、我々自身、自国の歴史・文化を見直すべきだ。
鎖国時代の江戸期に出来上がった「武士道」精神や「和」の文化を羨望の眼で見ている外国人。
衣食住、いまある日本の姿が全世界の人々から注目されてることを我々日本人自身が心するべきだ。
平たく日常の食生活の変化を考えみるとなんとなく分る気がする。朝晩の食事スタイル等で。
個人的な体験でしかないが、旅先で頂く食事に接する時々、和洋折衷感が観える!?!
夕食に日本的料理を出すところでも、翌朝のスタイルは、西洋的なものが多い。
総てに徹底して和風・洋風を供するところもあるが、日常生活も含めて和洋折衷感あるのも事実。
日本独自の風習・文化を根底に置くも異国文化との協調を以って、日本の立ち位置を模索したいものだ。

はなしを戻して、現行「日本国憲法前文」って、読んだことある!?!
現、日本国憲法 前文;
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、
われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、
わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、
政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、
ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。
そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、
その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。
これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。
われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、
平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。
われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、
名誉ある地位を占めたいと思ふ。
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、
政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、
他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

   *      *      *

国民主権と代表民主制、平和的生存権、 国際協調主義、日本国憲法の崇高な理想を謳っているが、
歴史、日本固有の伝統文化をも、「前文」に表記すべき、と思って止まない。
敗戦によって出来た憲法である。そんな経緯をふまえて、独自性あるものに進化させる。
而して現代日本を取り巻く環境、現代人の生活文化等々、制定時とはかなり変化している。
「平和憲法」とは何か、を今こそ真摯に考える時期と思える。
古代から鎖国時代(江戸期)に至るまでに出来上がった日本的な「和の文化」。
全世界唯一の天皇制は、誇れるものである。ここから今こそ真摯に国民も考えるべき時と思う。
来年には、現天皇の譲位が行われる。考えるに良い時ではないだろうか。

大東亜戦争に敗れ、敗戦国として新たな出発をして70年余りをもった。
日本人的な敗戦前後の人間模様、そんな激動期を実際に知るものが少なくなってきた。
今、と云う時期に明治・大正・昭和・平成と流れた時代をつぶさに記録し将来を思考すべきだ。

#ブログ

People Who Wowed This Post

“小庭の今2018/05/24”《襍感・/・点描‘18-31》

thread
ムラサキカタバミ(紫片喰・紫酢... ムラサキカタバミ(紫片喰・紫酢漿草) カタバミ科(Oxalidaceae)
学名:Oxalis corymbosa DC.
Oxalis debilis Kunth var. corymbosa (DC.)Lourteig
Oxalis martiana Zucc.

《時節感慨・・呟記・・》
庭の片隅に綺麗な薄紫色の花が顔をのぞかしている。脇に白い花も!!
昨年は、見かけなかった。否、この季節留守していた。
ムラサキカタバミ(紫片喰・紫酢漿草);
道端、畑、林床等、ごく普通に群生し、普通に見られる草花。
元元は、観賞用に輸入され、野生化したらしい。帰化植物である。
葉は、ハート形で3小葉。葉の裏に淡黄赤色の小斑点があり、両面有毛。
花は、淡紅色、英名でピンクとかライラックと称されるように花色は薄い色あい。
花弁は5個、幅は狭く、基部に濃色の条線が見える。
雄しべは10個、5個が長く、5個が短い。葯の色は白色。雌しべの柱頭は5個、緑色。
日本では結実しないのが普通で、萼片の先端に橙黄色の2個の小点がある(資料より)。
よく似た仲間に、イモカタバミ、フヨウカタバミ、ハナカタバミ、オオキバナカタバミがある。
白花のムラサキカタバミもあるらしいが、希少種。個人的には見たことがない。
観賞用に渡来したといわれるが、今や害草あつかいである。
トキワツユクサとの共演^^)、僕には、癒やしの草花で楽しませてもらっている。

*   *   *   *   *

5月23日、恒例の「サラリーマン川柳コンクール」の結果が発表された。
1位は「スポーツジム 車で行って チャリをこぐ」。
2位は「『ちがうだろ!』妻が言うなら そうだろう」。
3位は「ノーメイク 会社入れぬ 顔認証」。
4位は「効率化 進めて気づく 俺が無駄」。
5位は「電子化に ついて行けずに 紙対応」。
毎年感ずる所あって楽しみにしてきた。
今年も言い得て妙^^)。やはり大人感覚か!?!
一方、流行語大賞というのもあるが、こちらは???
甚だ、独断的だが、、、日本は、ある面で安全な国って感じる。

「自宅2018・5・24」




#植物 #ブログ

People Who Wowed This Post

“里山の今”《襍感・/・点描‘18-30》

thread
ミズタマソウ(水玉草) アカバ... ミズタマソウ(水玉草) アカバナ科(Onagraceae)
学名:Circaea mollis Sieb. et Zucc.

《時節感慨・・呟記・・》
ミズタマソウ(水玉草);
花を見ただけでは、「水玉」と何故に名がついたのかわからない。
花が咲き終えた後、小さな丸い果実に白色の毛が纏い雨露が付いた姿は「水玉」そのもの。
花弁は、先端が2つに分かれるので4枚に見えるが、2枚花弁である。
地下に匐枝を伸ばし広がる。茎は直立し、短い屈毛があり、節が赤色を帯びることが多い。
葉の基部は、浅い心形。 葉は対生し縁に浅い鋸歯があり、長い葉柄がつく。
茎の先や上部の葉腋から花序をだし、白色または淡紅色の小さな花をつける。
萼片は緑色、無毛、2個つき、花弁より大きい。雄しべ2個。柱頭は2裂。
よく似たウシタキソウは全体に毛が多く、葉幅がやや広く、基部が心形。
萼に毛が密生し、蕾の毛が目立つ。果実の縦溝が不明瞭。
タニタデは茎が無毛で赤味を帯び、葉も無毛。水玉も赤味を帯びる。
花弁の切れ込みが浅い。果実が細長く果柄が長い。
花期は、8~9月と一般的に参考資料等では言われているが、早6月前に咲く姿を確認した。
散歩の後、自宅で画像整理していてこの花を見つけた(無意識で撮った花の脇に写っていた)。

*   *   *   *   *

日常生活の中で日々思うことは、現在・たった今の日本は平和で安全な国だって思うこと!?!
しかし庶民の生活自体は、程々安心・安全で居られているやに見えるが「ノーテンキ」なだけではないか。
国会を傍観してると、何やってるの!!とおもえてしょうがない。
「北朝鮮問題」は、日本国にとって最も重要な問題・課題の一つ。国会を観ると野党議員に怒りを持つ。
“55年体制”と良く云われるが、置かれた環境を思うと“55年体制”より悪いと野党に感じる。
拉致問題、国防・安全保障問題等、庶民レベルでも真摯に考えて然るべきことである。
拉致問題・慰安婦問題、これは隣国との外交問題だ。国内の些細な問題どころでは無い。
国として如何なる施策を持つか、真剣に議論しなくてはいけない。それが国会の場だ。
「加計問題」が、国存亡のことか!?! 政争・権力闘争をしてる時か??って苛立つ。
昨日も国会中継とやらを観ていて、こんな議員を我々は選出したんだ・・・と落胆する。
東京都都知事・都政にして然り。独りよがり駄々っ子以下だ。愛媛県知事も同様だ。
地元に則対応できる機関、大学は、学生もさることながら研究機関である。地元として歓迎すべきこと。
愛媛県知事は、何故に現政府を批判するか?? 何のメリットがあるのだろう?
それはさておき、直面する外交・近隣国との問題、国民・庶民はもっと声を出すべきだ。

「泉の森2018/05/21」

#植物 #ブログ

People Who Wowed This Post

“復活??した花!!”《襍感・/・点描‘18-29》

thread
クマガイソウ(熊谷草) ラン科... クマガイソウ(熊谷草) ラン科(Orchidaceae)
学名:Cypripedium japonicum Thunb. ex Murray
英名:Japanese lady's slipper
別名:ホロカケソウ(母衣掛け草)

《時節感慨・・呟記・・》
クマガイソウ(熊谷草)、別名:ホロカケソウ(母衣掛け草);
山地の林下やたけやぶなどに生える独特の存在感を示す多年草。
扇のような形で細かいひだ折のある2枚の葉の間から1本の花茎を出す。
その先端につく花は、大きな袋状の弁を持つ。
花弁は3枚で2枚は左右に平開。中央の1個の袋状の弁は唇弁と呼ばれる。
その表面は淡白色地で紅紫色の網状の脈が浮き出し、
中央部はまるで昆虫を招くかのように開口している。
園芸業者等の乱獲により今や絶滅危惧?類 (VU)に指定されるに至ってしまった。
英名:Japanese lady's slipperとは、楽しい花名だ。
この花には、思い入れがある。以下「」内は、ブログル2014-05-10に記したもの。
「ずいぶんと昔、宮ヶ瀬湖が建設開始された頃、
幸運にも自生の熊谷草を移植出来る機会を持った。
建設する人造湖の湖底になってしまう群落地。
関係官庁に許可をもらい、土壌と共に持ち帰った。
当時、僕は、異国と往復してたことから・・・親に託した。
数年後、狭い庭に沢山増えていき、友達に株分けしたと聞いていた。あれから数十年も立つ。
母が他界した時、親しい古い同好の士にさし上げて、今やわが家には残っていない。」

その折、株分けしたものが、両親の花仲間邸に健気に咲いている事を知った。
偶然にも我が知古の植物愛好家の仲間宅・屋敷の裏山に増え続けていた!!
その熊谷草、ルーツは丹沢山地・煤ヶ谷(すすがや)である。宮ヶ瀬湖の水没地。

源平合戦の勇者、熊谷次郎直実が背負った母衣(ほろ)が袋状の唇弁に似ているのが名の由来。
同属仲間のアツモリソウは、平家方の平敦盛にちなむ。大群落、整然とする姿は、圧巻である。
花は、何故か同じ方向を向いている、不思議だ??「らん」の中では最も大きな花を咲かせる。

*   *   *   *   *

我が家系は、鎌倉時代に遡ると!?!源氏系だ。
自生の熊谷草を役所の許可を得て採取に出かけられたのも縁だと思っていた。
相性が良かったのか、両親(現住所)家の庭にしっかりと根付き増えていった。
母他界で弔問にたずね来て下さった方が、関心を持たれ持ち帰られた。
数十株も咲いていただろうか、お仲間に順次、差し上げたら茎は無くなってしまった。
気楽に根は残っていると、思っていたが翌年以来、茎を見せなくなってしまった。
不思議な事にその脇の角地から数年前にサガミジョウロホトトギスが3年間茎を見せた。
が、其れも今や姿を見せない。そんな全く手入れをしていない場所に突然、熊谷草が!?!
茎を出した、気づいたのは5月5日。
数年前、我が家から10数キロ離れた里山やお寺の境内で見たことがあったが、
我が家に再び茎を見せてくれるとは、思いもしなかったことである。
元元は、水没する場所から引っ越して来訪した野草。生なく滅なしって思っていたのだが、
再度、顔を見せてくれた。今年は、何か良いことが起こりそうって、期待してる。




#植物 #ブログ

People Who Wowed This Post

“見誤った花??”《襍感・/・点描‘18-28》

thread
ヤマタツナミソウ(山立浪草)シ... ヤマタツナミソウ(山立浪草)シソ科(Lamiaceae)
学名:Scutellaria pekinensis var. transitra
より近寄って観ると小宇宙に引き... より近寄って観ると小宇宙に引き込まれる。

《時節感慨・・呟記・・》

ヤマタツナミソウは、山地の木陰などで見られる。
茎の高さは、20㎝位で四角ばっている。葉は対生、卵状三角形で縁に粗い鋸歯がある。
茎先の花序に青紫色の花を付け、花冠は筒状唇形で一方に偏って2個ずつ同じ方向に咲く。
筒部は基部で折れ曲り、上唇はかぶと状にふくらみ、下唇は3裂し、紫色の斑点がある。
萼は上下2唇に分かれ上唇にはまるいふくらみがある。雄蕊4本のうち2本が長い。
立浪草の仲間は、茎から出た花が根元で急に直角に曲がり、花は真上に向かって立つ。
対して、山立浪草は約60度位曲がるだけで、30度ほど傾いて咲く。
また、この花は上側の唇弁が濃い紫で下唇弁が白くコントラスト的である。
更には、下唇には、斑点がある。これ等が特徴的な所。

*   *   *   *   *

同属の花でも微妙に違いがあり、それぞれに特徴がある。
マイパートナーのブログを観ていて其れに気付いた。
夢中で連写した花々、花名は思い込みできめている。
どこか違うって思っても気に留めず見過ごしてしまう。よくあることだ。
思い込みは、恐ろしい。すぐに気づけば良いのだが、中々気付かない。
偶然、気付いて見比べて、資料等で検証してみると案の定、、、。
身近な者のブログ、何故か細部までしっかりと観る。己のものよりも気になる。
自分のことでもしっかり注意深く対処しないと、と反省しきりである。

一庶民・雑草だが、社会情勢が心配、不安に思っても如何ともし難い、、、!!
昨今の国会・予算委員会中継を観ていて、そして報道を見聞きすると唖然とする。
ただ単に「打倒・・現政権」!!でしかないように見える。
北朝鮮に拘束されてた米国人が、解放された。米朝首脳会談の場、シンガポールに決まった。
悠長に、「加計学園」の獣医学部新設に関する参考人招致などしてる場合か??
おまけに文科省前事務次官の前川喜平氏までもが、この件について批評を表明した。
己の不祥事を棚に上げて良くもシャァシャァと語れるものだ。
一連の報道の多くは、悪しき方向への印象操作ばかりで国益など全く考えていない。
政争の具に興じている場合か!!「拉致問題解決」拉致被害者の全員帰国を考えよ。
切に願うことだ。心配・不安を通り越して、今の野党に怒りを覚える。
人権だ・・・国益だ、政権批判、もっともらしき事を言うな、と申したい。
他国への批判の前に日本の国会人、北朝鮮・韓国ともに朝鮮民族指導者を注視すべきだ。
大いに声を大にして発信すべき、与野党其々が、である。報道機関も声を出せって・・・!

僕は、植物を撮る時、より近づいて視てる。「神は細部に宿る」という言葉を思い出しながら。
何となく分る気がするのだ。その細部に宿る神を見つけるのが今だ。
天命を待つのではなく、そこまでしないと見つけられない神さまを探す時だと思う。
様々な施策でもって、拉致被害者を全員帰還させねばならない。
法治国家、国連に加盟してる国同士のことだ。思想信条の問題ではない。
身勝手に「さらっていった」、その事実はわかっている。耐え難く何とも忍びない。


#植物 #ブログ

People Who Wowed This Post

“小庭の今=2018/5/6”《襍感・/・点描‘18-27》

thread
トキワツユクサ(常磐露草) ツ... トキワツユクサ(常磐露草) ツユクサ科(Commelinaceae)
学名:Tradescantia fluminensis Vell. Tradescantia albiflora Kunth
別名: ノハカタカラクサ(野博多唐草)
ドクダミ(毒痛み、毒溜み、毒矯... ドクダミ(毒痛み、毒溜み、毒矯み) ドクダミ科(Saururaceae)
学名:Houttuynia cordata Thunb.
別名:ジュウヤク(十薬)

《時節感慨・・呟記・・》
トキワツユクサ(常磐露草);
観賞用として昭和初期に南米から入って来たらしいが、いまは野生化している。
個人的感覚としてトキワツユクサ(常磐露草)の方が、一般的呼び名だと思う。
ノハカタカラクサ(野博多唐草)と言われる由来は、知らないが、
ノハカタカラクサ(野博多唐草)、ミドリハカタカラクサ(緑博多唐草)と、
狭義に分けて解説してるので、単にトキワツユクサと総称するのは混乱する。
ノハカタカラクサ(トキワツユクサ)は、葉の下面や茎、花柄が紫色で結実する。
ミドリハカタカラクサは、葉身の縁に微細な毛があり葉の下面は緑色で結実しない。
この2種とは別にオオトキワツユクサと呼ばれてる種類もある。
全体に大きく茎も葉の表裏ともに緑色で萼背面に毛があり葉縁にも毛が見える。
これ等の草花、地表近くに咲き1センチにも満たない花姿等、一見では判別が難しい。
又、ミドリハカタカラクサは、園芸種のシロフハカタカラクサの斑が消えたものに由。
これらを総称してトキワツユクサ(常磐露草)としても良いかも(素人的に)しれない。

ドクダミ(毒痛み、毒溜み、毒矯み);
強い臭い、毒と付く名前故か、毛嫌いされてる植物。
本来は、毒草ではなく、解毒や痛み止めの薬という意味で民間薬として有名。
薬効が10種もあることから十薬ともいわれる。
特有の臭は、乾燥すると臭いは消え、ドクダミ茶になる事でしられる。
花びらのように見えるのは総苞片で雌しべ1個、雄しべ3個からなる。
花序が伸びると総苞片が開き、花序が1つの花のように見える。
花は、花被を欠き、葯は淡黄色の突起状。
地下茎は白く横に這い、茎は、20~50cm高になりほぼ無毛で茎は暗紫色を帯びる。
葉は、有柄で互生、無毛、葉身は広卵形で鋭尖頭。茎頂近い葉脇に穂状の花序をつける。
かつて、この花が咲くと梅雨に入る時期が来たと言われていたが、今は当てはまらない。
仲間には八重咲きのヤエドクダミ、赤黄色の腑が入るフイリドクダミがある。

*   *   *   *   *

巷、、、一般的には、雑草と呼ばれる草花だが結構、絵になり可愛い。
我が家の小庭は、こうした花々でいっぱい。とても賑わい趣さえ感じる。
連休も終わり日常に戻った。私的雑務からも解放されのんびりしたい。
っておもうたら!!又々、知人から日本のリベラルって何???
各野党の政党趣旨の質問が届き、、、! 返答に苦慮する。

安倍晋三首相は9日、日中首脳会談後の共同記者発表で、
日本人拉致問題の解決に向け「私から中韓両首脳に支援と協力を呼び掛け、
日本の立場に理解が得られた」と述べた(サンケイwebニュースより)。
しかしながら、日本の野党の中から「拉致問題」に関する提言が無い。
今の国会を傍観してると異国人からすれば、「拉致問題」???
日本人総意としての懸案事項、盛り上がっていないようにみえてしまう。
いつまで「モリカケ」ってさけんでいるの!?!野党の諸先生。
どくだみ茶でも飲んだら、って・・・!!
今が、正念場ではないのか「拉致問題」、心配・不安だらけである。



#植物 #ブログ

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
    Page 1/102
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>