赤い彼岸花

今年の彼岸花はちょっぴり早いかな。
そろそろ枯れてきています。

たまたま通りかかった田んぼの畔には若い彼岸花。
青空に映えています。
#彼岸花

People Who Wowed This Post

今朝の収穫

青パパイヤ 3個
ミョウガ

青パパイヤはお友だちにおすそ分けです。

ミョウガはまだまだ小さいのもあるのでしばらくは楽しめそうです。

People Who Wowed This Post

今日の常備菜

ニラがいっぱいあったのでしょうゆ漬けにしました。

ニラ
青パパイヤ
生姜
モリンガ
タカノツメ
にんにくしょうゆ
日本酒

People Who Wowed This Post

彼岸花

赤い彼岸花の花言葉は
情熱
独立
再会
あきらめ
悲しい思い出

白色の彼岸花の花言葉は
また会う日を楽しみに
想うはあなた一人

黄色の彼岸花の花言葉は
追想
深い思いやり
陽気
元気な心

別名は
曼珠沙華(まんじゅしゃげ)
曼珠沙華はサンスクリット語で「天界の花」という意味。
うっかり死後をイメージしてしまいそうになりますが、天界に咲く花は良いことの前兆。
おめでたいことが起こるときに、天から花が降ってくるという話が仏教の経典に書かれている。
また、曼珠沙華には「見る人の心を柔軟にする」 という意味もあるようです。

People Who Wowed This Post

葛の花



葛は秋の七草の1つである。
肥大した根からは葛粉がとれる。
葛粉は葛切りや葛餅などの原料となる。

根を干したものを生薬で葛根(かっこん)といい、発汗・解熱剤とされる。

俳句の季語は秋である。
属名の Pueraria はスイスの植物学者「プエラリ(Marc.N.Puerari)さん」の名からきている。

種小名の lobata は「浅く裂けた」という意味である。

葛の花は葉の脇から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、紅紫色をした蝶形の花をたくさんつける。
花には甘い香りがある。
#葛の花 #葛

People Who Wowed This Post

菊芋の花





菊芋(きくいも)はキク科ヒマワリ属の多年草で、食用とされるのはその肥大した根の部分です。

北アメリカが原産とされ、日本には江戸時代末期に家畜の飼料用として導入され、「豚いも」とも呼ばれていたようです。

菊芋は9月から10月にかけて黄色い菊に似た花を咲かせ、その後秋には地上部が枯れ、地中に塊茎を作ります。

収穫はそのあとからとなり、11月以降〜3月に掘り出されます。

People Who Wowed This Post

太秋

大きな柿です。
しかし我が家の柿は何もしていないので小さいです。
見た目も悪いです。
でも甘くて柔らかくて美味しいです。

近所のお家では猿がきて食べてしまったとのこと。
有害鳥獣対策が必要です。

People Who Wowed This Post

入道雲と太陽

16時頃から大雨。
約30分ほど大粒の雨でした。
大きな雷鳴も響き外での作業は休止。
こんなときは部屋の中に避難すべきです。

そのあと1時間後にはご覧の空です。
目まぐるしく変化する空です。

People Who Wowed This Post

9月10日の夕陽

今日も真っ赤に沈む夕陽でした。
車の中から見とれてしまいました。

People Who Wowed This Post

新生姜

新生姜の時期になりました。

道の駅で1kg850円〜1000円です。
なぜか見た目で変わってしまう値段です。
使用するときは割って使うのに不思議ですね。

今の生姜は繊維が柔らかいので漬物、酢漬けにむいています。
これから11月まで続きます。

People Who Wowed This Post

×
  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account