Search Bloguru posts

三菱1号館美術館・2020年1月9日 (2)

thread
アルフレッド・シスレー(183... アルフレッド・シスレー(1839ー1899)「ロワン川沿いの小屋、夕べ」(1896)油彩/65x81cm。シスレー・・大好きです!「普通」を感じる。しかしこの普通がなんとも心地よい。 オディロン・ルドン(1840ー... オディロン・ルドン(1840ー1916)「大きな花束」(1901)パステル/世界最大級のパステル画(だってサ。サイズ今、不明)ルドンの描く植物画は、その前に立つと不思議な気分になって来る。この絵は吉野石膏コレクションではなく、三菱1号館美術館が所蔵する。これを「今日の1点」にしようかな、とも思った。 アンリ・ルソー(1844ー19... アンリ・ルソー(1844ー1910)「工場のある町」(1905)油彩/46x55cm。ルソーの絵、なんだかホワッとした気分にさせてくれる。ルソー、好きだな。 パブロ・ピカソ(1881-19... パブロ・ピカソ(1881-1973)「フォンテーヌブローの風景」(1921)パステル/50x65cm。 ワシリー・カンディンスキー(1... ワシリー・カンディンスキー(1866ー1944)「結びつける綠」(1926年)油彩/84x58cm。観ていて、色と形に心が踊る。 モイーズ・キスリング(1891... モイーズ・キスリング(1891ー1953)「背中を向けた裸婦」(1949)油彩/74x55cm。背中の量感がいいね。 マルク・シャガール(1887ー... マルク・シャガール(1887ー1985)「天使と恋人たち」油彩/150x120cm)。う~ん、シャガールね。生意気を言う訳じゃないけど、南仏ニースのシャガール美術館でシャガールを観て以来、他の美術館でシャガールを観ても感動が薄い。それと旧約聖書を知らぬ事には、その絵画の意味が理解出来ない。 「吉野石膏コレクション展」・・... 「吉野石膏コレクション展」・・予想外に良かった!  
昔の実業家って、いいね。文化的意識が高いね。近年の実業家にそんな人、現れないかね。以下2019年長者番付1位から10位・・柳井氏(2兆7670億円)、孫氏、滝崎氏、佐治氏、三木谷氏、重田氏、高原氏、森氏、永森氏、毒島氏(4950億円)。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account