Search Bloguru posts

グリップは緩めに握らないといけないのか

thread
長年の経験を基にゴルフ理論を整理するシリーズを始めてみよう。
どこまで続くかわからんけど(^^)
で、これまた長年ゴルフの様々なコンテンツに触れて感じてきた事は
「何故、そうしないといけないのか」が書かれず、ああせい、こうせいが多い気がする。これじゃ、説得力が無いだけでは無く、理論の蓋然性が裏付けられない、と感じてきた。だから、この連載では、逆引き的な話も含めてゴルフ理論を展開する事を意識してみる。

第1回のテーマはグリップだ。
「小鳥を包むように握れ」とか言う。これも昔どの家でも手乗り文鳥を飼っていた時代ならいざ知らず、今時小鳥を手で抱いた経験のある若者ってどんだけ〜だ。
まぁ、良い。グリップの話だ。グリッププレッシャーが強いと手首、上腕筋、僧帽筋、果ては広背筋迄が硬直して本来の働きを出来なくなる。つまり、グリッププレッシャーは緩い方がいいのだ。
さて、問題は、ここから。ここまでの話はどこにでも溢れている。

ゴルフ理論 グリッププレッシャー
筋硬直が起きないように緩く握る。ただし、
左の小指のみは渾身の力で強く握る。
譲って右中指薬指は、やや強くなっても許す。
ただし、こっちは「やや」までだ。
やってみると判るが、左の小指だけ、思いっきり強く握る為には掌を含めた他の部位は「緩く握らないと出来ない」のだ。

本日の結論
グリップは左手小指を強く握る為に緩くしなければならない。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
This user only allows bloguru members to make comments.
If you are a bloguru member, please login.
Login
If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
Request Account