Search Bloguru posts

古言 金言 名言 #2

thread
古言 金言 名言 #2
ゴルフの世界において只一人「球聖」と呼ばれたのはボビージョーンズのみ。余り知られていないが、本名をロバート・タイアー・ジョーンズ・ジュニアという。

彼の言葉に

「今日の当たりは、明日は消えて、誰もが、これをとらえておくことはできない。」

と言うのがある。「球聖」をして、こういう話なのだから、我々レベルでは押して知るべし。
「昨日は良かったんだけどなぁ」という台詞そのものが、既にゴルフの本質を外しているわけだ。類例に「練習場では良いんだけれど」がある。

#スポーツ

People Who Wowed This Post

古言 金言 名言 #1

thread
古言 金言 名言 #1
毎年、日本経済新聞社が主催して「ゴルフ金言名言」みたいな川柳を募集している。もちろん、出版物も色々出ている。
かくのごとく、ゴルフとは「あじゃない、こじゃない」が付き纏うスポーツだし、教条的ですらある。だが、それがまた、楽しいのも事実。
エスプリ、ブラックジョーク、狂言狂句に事欠かない。

元気が一番好きなゴルフの古言は、

ゴルフにおいて....
いつも100を切る者は友人を無くす
いつも90を切る者は仕事を無くす
いつも80を切る者は家族を無くす
されど、いつも70を切る者は全てを手に入れる

と、いうもの。お陰で元気は、良い友人、よい仕事、良い家族に恵まれている。

もちろん、いつも100を切れないからだが。

#スポーツ

People Who Wowed This Post

リシャフトブーム

thread
リシャフトブーム
仲間内で一気にリシャフトがブームになってしまった。元気は貧乏なのでリシャフトまでは手が回らず、相変わらず貰い物をセコセコ自作する日々。(笑)

昨日、行きつけの練習場にて「仲間内リシャフト試打会」が行われた。(皆好きだねぇ)

まずは、H口氏の540XDに入れたSpeeder555のSR。このシャフトは凄くて、な、何と24金!金色に輝く555本限定生産モデル。先中調子の56gで、兎に角かっこいいし、目立つ!

※555感想※
素直なシャフト。しなり戻りは結構早い。軽量かつSRという事だがトルク2.8しかないのでプレーンから暴れる感じは無い。タイミング掴めれば飛ばせるがアバウトに打てるタイプでも無し。しかし1本5万円かい。

続いてNVGヘッドにSpeeder553のR。

※553感想※
流石はSpeeder最速。ぱっぴゅーんという感じでヘッドが降りてくる。元気のスィングでは手で合せに行ってしまう感じになり左右へのばらけが出るタイプ。

次はNV3に583HKのR。

※583HK感想※
Speeder50g台唯一の元調子シャフト。これは正直ヘッドとの相性が良く無い感じ。NV3のような超弾き系ヘッドには先調子が合う。そのアンバランスさでホゲホゲ、という感じ。どんなんだ。

そして、本日2本目の目玉。IGNITE460DFIのヘッドに最近話題のDIAMANA S63のS。

※S63感想※
このドライバーは馬鹿っ飛び。過去、元気の最長不倒はProtitanum975LFEにYS-6だが、恐らくそれを越える。中弾道での棒球がグオーンと飛んでく。現在のエース983Kに757と比べてもボールが強く重い感じ。DIAMANAは変な例えだが「バックスィングとフォワードスィングが違うシャフト」みたいな感じ。583HKや757と同じ切り替えしタイミングだが、ハーフウェイダウンからが非常に速い。と言っても553の様にヘッドが走る感覚ではなくてシャフト全部が走ってく感覚。試しに、ダウンで右ひじを絞って寝かせ気味に思いっきり引っ叩いてみたら真っ直ぐ帰ってきて一番飛んだ。なるほど、プロ好みと言われるわけだと実感。これ相当良いです。

と、まぁ、人のシャフトを色々打たせてもらったが、元気のDrはまだまだ983Kがエースです。買い替え予定は2007。(ホントかよ)

#スポーツ

People Who Wowed This Post

2005年企業対抗決勝

thread
2005年企業対抗決勝
8月の関東予選会で「1打差落ち」と思っていた企業対抗の団体戦は、他会場でのエントリーに欠員が出た関係で繰り上げ通過となった。

そして迎えた10/9栃木県ホウライCC。師匠以下4名で挑戦。結果、27チーム中23位と目標の10位以内に届かず。残念。

スコアは師匠もエースも元気とどっこいどっこいの不調で納得のいかないものだったが、皆で良い夏の思い出を作れた事には感謝。次年度の雪辱戦を誓う。

あーあ、それにしても1打目から池かよー。あははは。

※写真左より元気、師匠、H田氏、H口氏18番をバックに写す。

#スポーツ

People Who Wowed This Post

ゴルフ一期一会

thread
ゴルフ一期一会
一期一会という言葉がある。

元来は茶道の言葉。その方とは二度と会えないと思っておもてなしをする、受ける心、といった塩梅。

ゴルフというスポーツを趣味とすると、この言葉の重みが良くわかる。クラブのメンバーなら再会もある、会社の同僚やご近所の皆さん、友人通しなら「次はXXで勝負」が普通の話。だが、競技ゴルフや「渉猟のゴルフ」を始めると、こうは行かない。

先日のHカントリー倶楽部でも今週のダブルス戦に出場される若手二人とラウンド、恐らくは一期一会の出会い。オレゴンのMIKEも然り。いつの日かスコットランドのリンクス渉猟に旅すれば、全ては一期一会となる。

この楽しみはゴルフという趣味を持った者の特権かもしれない。一期一会の出会いに恥じないプレーをいつも心がけたい。

#スポーツ

People Who Wowed This Post

開場記念杯

thread
開場記念杯
敬老の日はIゴルフ倶楽部の開場記念杯。まだ12回目の若い倶楽部だがメンバ構成は年配の方が多いので落ち着いた雰囲気。

元気は3月からメンバにしていただいたので今回が初参加。ご一緒させていただいた72歳のグランドシニアさんから「今日はお祭りだからね」という話を戴く。実際、秋のハイシーズンだが本日はビジターの入場は無し。昼も倶楽部奢りのバイキング形式の食べ放題飲み放題で寿司や天麩羅を摘みながら皆でワイワイガヤガヤと過ごす。

競技方法はペリア、Wで無いのは+ハンデ続出になるから、と言うのは建前で実際にはギャンブル性を高めてお祭りモードにしている仕掛け。

更に競技会だが「オール6インチ」、さらにさらに「ワンクラブOK」(長尺パターが欲しい)という、全くのお祭り。これはこれで楽しい話だが、無粋にも元気はOK放棄でやらせてもらいました。

なーんか、のんびりした、でも倶楽部メンバ皆のお祭り。あー楽しかったです。

ちなみにペリアは最悪の星回りでHDCP8.9。ネット順位は着外に沈みましたが、そんなことはドーデも良い満足感がありました。

※写真はお昼の「パットコンテスト」。3ホールとも入らず、支配人に「泣きの1回」お願いして、やっと「高級Tee」ゲットしました。

#スポーツ

People Who Wowed This Post

NIKE新作 こいつは本気だぁ

thread
NIKE新作 こいつは本気だぁ
NIKEが新作のドライバーを発表した。その名も「SasQuatch460」。これって「雪男460」だよねぇ。

元気は、このブログのGearシリーズを見ていただいても判るとおりTiteist派なのですが、この新作ドライバーには「NIKEの本気」がプンプン臭って、かなり気になる存在。

テクノロジー的には「低重心、深重心深度、高慣性モーメント」という最新のクラブテクノロジーの塊なのだが、それによる形状の違和感=トゥ、ヒール距離とフェイス、テール距離の限りなき同一化、要は「四角っぽくなる」を塗装のグラデーションのような人間の心理的錯覚を使って解消しているなど『こいつぁ、NIKE本気』という感じなのです。

うー、早く打ってみてー。

#スポーツ

People Who Wowed This Post

ゴルフお国柄

thread
ゴルフお国柄
日本のゴルフ場も最近はドレスコードが多様化してきている。昔ながらにジャケット必須、ハイソックス必須、襟付きシャツ必須というゴルフ場もあれば、「お客様のご自由に」というゴルフ場も増えた。

元気の意見としては「クラブなんだからメンバーの共有意識で決めればOK。お堅いのも、そういうのが好きなメンバーさんたちのクラブだし、逆も然り。駄目なのは何も決めずに混ざっているタイプのゴルフ場。それはゴルフ場であってクラブではないですね。」という考え。

と、言っても、まだまだ日本ではジーンズでのゴルフは抵抗があるだろうし、Tシャツに短パンというのもねぇ、という人も多いよう。

写真はSeattleのショップで見かけたサンダルスパイク。リゾートのゴルフ場やパブリックでは有りなんですね。冬には「長靴にスパイク」も出てくるそうです。

#スポーツ

People Who Wowed This Post

砂と土煙とチャンピオンツアー

thread
砂と土煙とチャンピオンツアー
わけあってオレゴン州のReserve GCにてラウンド。

地元体育教師のMIKEと同伴になるあたりは越沼善美氏の「ゴルフで地球を駆け抜けろ」の第一章のパクリのよう。事実は小説より奇なり。

Southコースは147個のバンカーに囲まれた難コース。もっともNothコースも全部池がらみと、どっちにしろタフ。

どこまでも青い空の向こうに煙が見えるので同伴のオレゴンに住んでいた人に「野焼き?」と聞いたら「土煙」との答え。日本の尺度じゃ語れませんなぁ。

476YのPAR4もグリーンの真ん中にあるバンカーも「オレゴン」と思えば笑って許せます。なはは。

極めつけは、前週に行われたUSPGAのチャンピオンツアーの名残を残す18番のギャラリースタンド。MIKE曰く「今日のブルーティは、その時と同じセッティング。スタドラーが2オーバーで優勝したよ。」

生まれて初めてギャラリースタンドのあるグリーンへショットを打ちながら「何打目だこりゃ」と思っておりました。

#スポーツ

People Who Wowed This Post

ドライバーの回転数

thread
ドライバーの回転数
「今時のドライバー」という言葉が使われて、もう随分になる。元気が最初に、この言葉に接したのはTM社が世界初のメタルドライバーを出して一世を風靡し、BS社のワールドステージが出た頃か?

その「今時のドライバー」現在で言えば、460CC 46inch 300gというところですか。さて、この手のドライバーでボールを打つと「飛ぶ」と言う。何でか、というと低重心だから。何で低重心だと飛ぶかというと「ボールの回転数が2300回転ぐらいに抑えられるから」だそう。

ここで言う回転数と言うのは、ボールが打ち出された際のバックスピン量のことで、こいつが900回転とかだと「ドロップボール」というサッカーのドライブシュートみたいな球になる。

逆に3500回転とかだと「フケ球」という上昇上昇上昇、あー疲れたポトン、みたいな運動エネルギーを高さに変えてしまう球筋になる。

で、2300回転12-13度位の打ち出し角度が弾道計算上最も飛ぶらしい。(論理的には理想打出角度は45度ですが実際には、この位らしい)「しゃぼん玉」のyumiさんが「プロの打球は思ったより低い」といっているのは、このせい。

らしい、らしいと言っているのは、元気は、こういう球を打てないから。ドライバーの回転数は平気で3800とか出る。

では、どうすれば打てるか?というと...。長くなったので、また次回。

※写真は「今時」の代表 NIKE IGNITE 460G

#スポーツ

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
    Page 10/15
  1. <<
  2. <
  3. 4
  4. 5
  5. 6
  6. 7
  7. 8
  8. 9
  9. 10
  10. 11
  11. 12
  12. 13
  13. 14
  14. >
  15. >>