Search Bloguru posts

電子投票の話題集

https://en.bloguru.com/e-tohyo

freespace

電子投票時代の意識調査のあり方

thread
電子投票時代の意識調査のあり方
電子投票を活用する事により、自治体は選挙の周期を待たなくとも、リアルタイムに住民の意見を確認できるようになります。
意識調査の場合、必ずしも選挙や住民投票のように、選択肢をひとつに絞る必要はありませんし、段階評価での意見収集も可能となります。
例えば、最終的にAかBかの選択をしようと考える場合でも、Aのメリット及びデメリット、Bを選択した場合のメリット及びデメリットを羅列し、それらに例えば5段階評価を実施する事も可能です。
その場合、行政側は住民が本当に望む方向を知る上でのビッグデータを手に入れる事ができます。
市民はAでもBでもないものを望んでいるのに、市民に対して二者択一の回答を要求しようとしていたケースも、発見できるかもしれません。
データ分析によって、思わぬ解決策を発見する事は、データ分析の仕事の中では珍しい事ではありません。
これらのデータは、政策指針の重要な参考値となり得ますので、設問の設定は公平を期する必要があります。
場合によっては、裁判所のような独立した機関が監視する必要があるでしょう。
電子投票システムを活用して、低コストで住民の複雑な意見を分析し、リアルタイムでキメの細かい行政の動きが実現する日は、そう遠くはありません。

紙による住民投票は二者択一の回答を求めるものがほとんどですので、実際の住民投票でも、笑い話のような実例も存在します。
こちらは、ある県での県民投票の内容です。

①呼びかけのチラシ
「何に投票するのか?」では、
ある飛行場の代替施設建設のための埋め立てについて 賛成か反対かを問うています。

②投票用紙の説明
投票用紙の方には、飛行場の代替施設建設であることを記載せずに、基地建設のための埋め立てについて賛成か反対かを問うています。

①と②は関連する問題ではありますが、同一の問題とは言い切れません。
①に記載されている飛行場の移設には賛成で、②の埋め立てには反対の方も存在するでしょう。
あるいは、①の飛行場移設に賛成である為に、②の埋め立てはやむをえないと判断する方も存在するでしょう。
しかし、②の設問は、「基地建設のための埋め立て」に賛成か反対かを問うていますので、①「飛行場代替施設建設のための埋め立て」に賛成か反対かとは違う回答を要求しています。
具体的には、①ではメリットが強調され、②ではデメリットが強調されています。
また、この呼びかけチラシが「何に投票するのか?」を表記していますので、②の投票結果をもって①が決定されたという評価になりかねません。


前出のように、電子投票では多くの設問を回答しやすい形で提示できるため、このような二者択一での曖昧な質問ではなく、項目を分けて「何に賛成で何に反対なのか」住民の意思を細かく分析する事が可能になります。



#電子投票 #電子投票による住民意識調査 #県民投票 #意識調査のあり方

People Who Wowed This Post

電子投票システムの受付機能 

thread
電子投票システムの受付機能 
電子投票は、選挙に用いられるだけではなく、株主総会、学術学会の総会、労働組合の大会、分譲マンションの総会など、様々な会合の出欠連絡や事前の投票である議決権行使に用いられています。
さらに、総会用に高度な機能をもつ「投票」では、マンションシリーズに総会受付機能を搭載しています。
この機能は、QRコード付き投票用紙を印刷する際に、受付用のQRコードも同一用紙内に印刷するもので、印刷は各総会を運営する事務局内のプリンターで行う事ができます。
この受付機能を厳密に運用する事により、例えば試験会場の入場確認や有料セミナーの入場など、厳正な入用管理機能として運用する事も可能です。
この機能は、「e投票」のクラウド版マンションシリーズにのみ搭載されていますが、カスタマイズ版では同様の機能を全ての用途に組み込むことができます。
#ネット投票 #電子投票 #e投票 #投票システム #いいとうひょう #個人認証

People Who Wowed This Post

地方自治体の意識調査にこそ電子投票の活用を③

thread
地方自治体の意識調査にこそ電子...
地方自治体の意識調査に電子投票を活用するための、具体的なツールは存在するでしょうか?
現実問題として、電子投票システムを設計開発するためには、莫大な費用が必要となります。
安全面や費用面も考慮した場合、実績のあるツールを使用するのが近道です。
前出の「e投票」では、地方自治体向けエディションが用意されています。
地方自治体での要件は、これまでの意識調査の方法の違いから必ず個別の内容がある為、定型的なクラウド版で運用する事には無理があります。
また、多数の「外字」を運用している為、その対応を追加する必要があります。
「e投票」では、投票エンジンをそのまま使いながら、特殊要件を盛り込み、プライベートクラウドとして安全な環境を低価格で提供する手法を持っています。
カスタマイズされた投票環境は、既に多くの労働組合やマンション管理会社にも納品されています。
#電子投票 #e投票 #ネット投票 #ウェブ投票 #Web投票 #インターネット選挙

People Who Wowed This Post

地方自治体の意識調査にこそ電子投票の活用を②

thread
ポイントをまとめます。
【自治体意識調査を電子投票】何ができるのか?
 
ポイント1:庁舎内で投票用紙の印刷ができます
投票用紙にあわせて住所や氏名も印刷できるので業務効率が上がります。

ポイント2:庁舎内で全ての業務が完了できます
準備、回収、集計の煩雑な作業がルーチン化できます。

ポイント3:外部委託する必要がありません
情報漏洩のリスクもなく、外部委託費用も発生しません。

電子投票化後の事務局作業:
①投票情報の登録
住民基本台帳よりCSVで連携して一括登録。

②投票用紙の印刷
投票用紙は自治体内のプリンタで印刷。印刷後かつ送付前に「e投票」サーバー内の個人情報を削除。 サーバーへのアタックが発生しても、物理的に個人情報が存在しない状態を作る。
(削除プログラムはe投票システムに組み込む)

③郵送
印刷した投票用紙を、窓空封筒にて送付。

④代理入力
紙による回答の場合、事務局が代理入力を行う。 QRコードリーダーを利用して作業を省力化する。

⑤集計
投票締め切り後に、集計結果を出力する。

⑥統計分析
集計結果を基にあらゆる角度から分析を行う。
自治体の持つBIG DATAとの照合により、新たな予測や問題解決の可能性。

このように、安全性・利便性・外注費・郵送費、そして何よりもユーザーから見た回答のしやすさを含め、電子投票が紙による住民意識調査運用よりも有利であることが分かります。
さらに、住民意識調査の電子投票化により、大幅な回収率向上が見込めます。
#電子投票 #住民意識調査 #住民投票 #県民投票 #国民投票

People Who Wowed This Post

地方自治体の意識調査にこそ電子投票の活用を①

thread
地方自治体の意識調査にこそ電子... 地方自治体の意識調査にこそ電子... 地方自治体の意識調査にこそ電子...
地方自治体の住民意識調査は、その多くが紙によるアンケート方式が取られています。
その内容は様々ですが、一言で言うとどの自治体も質問の形式や選択肢がバラバラで、統一感がありません。
意識調査を行う担当部署は、それぞれの調査を必要としている部署で行っていることが多く、自治体内でもフォーマットが統一されていないのが現状のようです。
取材によると、回収率は極端に低い場合が多い事が分かっています。

電子投票による意識調査を実現できれば、何が変わるでしょうか?
労働組合や学術学会など、数々の大規模総会の実例によると、調査業務の定型化が行われ、担当部署の業務が低減されます。
また、返送の郵送コストが大幅に削減されます。
また、回収率も大幅に向上します。
ある大規模マンションでは、紙による住民アンケートが実施されていました。 回収率は約28%でした。 この、28%の意見で何かを決議するには勇気がいる状態でした。 このマンションで、電子投票の社会実験を行いました。 電子投票システムの中には、電子投票を行うルートと、従来通りの紙による投票のルートが併用できるものがあります。 当然ながら双方のルートを併用することで回収率は上昇します。 今回の社会実験では、電子投票のみでの運用でどこまで回収率を伸ばせるかについての調査を行いました。 結果は・・・ 41%以上の回収が得られました。 実に、1.5倍近い回収率です。
回収率が高い事で、正確な意見収集ができる事はもちろんですが、コストの削減効果により、これまではコストを心配して年に1度しかやれなかった調査を複数回行うことも可能になります。
市民の意見をリアルタイムに収集できるようになれば、政党間の争いで紛糾する議会に、市民の意見を役所が直接とどける事が可能です。
リアルタイムの市民の意見が届く議会で、何が起こるでしょうか?
今後の電子投票の浸透が楽しみです。

#電子投票 #住民意識調査 #住民投票 #県民投票 #国民投票

People Who Wowed This Post

スポーツ会場を楽しくする電子投票

thread
スポーツ会場を楽しくする電子投... スポーツ会場を楽しくする電子投... スポーツ会場を楽しくする電子投... スポーツ会場を楽しくする電子投...
スポーツスタジアムやイベント会場で、電子投票とスマートフォンアプリを連動させ、選手や作品の人気投票だけでなく、懸賞応募や、その場で当選番号を受け取れるくじ引きなど、様々用途をアイディアしだいで実現することが可能になります。
投票用の「使い捨ての個別QRコード」 を商品に添付することにより、観客は商品購入毎に投票権利が得られるため、商品のプロモーションを同時に行う事ができます。
利用可能な場所も、スポーツスタジアム、コンサート会場、競馬場、パーティー会場など、無限に広がります。  

例えばプロ野球の月刊MVPは、来場した観客が飲み物を買う度に投票できるとしたら、観客の楽しみがさらに増えるだけでなく、球場の売り上げにも貢献できますね。
#電子投票 #e投票 #ネット投票 #意識調査 #Webアンケート

People Who Wowed This Post

電子投票の書籍

thread
電子投票の書籍
日本国内で電子投票に関する文献を探しても、内容的にチープなものばかりが見つかります。 電子投票には次のようなものがあります。
電子投票には、
第1世代:集計における電子投票(マークシート等)
第2世代:投票行為に関する電子投票(投票所に置かれたタッチパネル等) 第3世代:ネットワークを利用する電子投票(パソコンやスマートフォン、携帯電話等の利用)
があります。
現在ではインターネットが普及し、特にスマホの登場以降、電子投票というと第3世代にあたるインターネットを利用した電子投票のイメージが強くなりました。
しかし、書籍では各地の地方選挙での投票所内タッチパネルの問題点などが示されています。
スマートフォンがほぼすべての国民にいきわたっている現代において、環境準備に高コストがかかる上、利用者及び選挙管理者のメリットが少ない投票所内タッチパネル方式は、今後採用されることはないでしょう。 もちろん、インターネットを活用した電子投票では、従来の紙による運用を残す必要がある場合も発生します。
しかし、その拠点数及び人的集計に回す経費は大きく削減されます。

インターネットを活用した電子投票は、日本国内の公職選挙ではまだ見る事はありませんが、分譲マンション総会、労働組合大会・選挙、学術学会総会・選挙、各種団体決議・選挙など、実際の事例が多数存在します。
事実上のスタンダードとなるe投票(いいとうひょう)のでは、各種団体が申し込むと無料のテスト環境が提供されるサービスがあり、どのような文献よりも電子投票をいち早く理解する事ができるでしょう。
#電子投票 #いいとうひょう #e投票 #ネット投票 #意識調査

People Who Wowed This Post

マンションとAI顔認証

thread
マンションとAI顔認証
最新の分譲マンションの為に実証されている技術では、AI顔認証によるオートロックを自動で解錠が可能となっています。
また、このようなシステムを導入する場合、デジタルサイネージに対して、実際に問い合わせ可能なやバーチャル管理人を表示させたり、地域情報や天気の情報を表示させることも可能です。
同時に、不審者監視や通報も自動的に可能になる可能性が高くなります。
また、AI顔認証により、アンケートや総会出欠連絡が未回答な場合、デジタルサイネージ上から回答を促す事も可能となります。
デジタルサイネージのタッチパネルによる回答もできますが、回答内容が他の方に覗かれる可能性もありますので、ここでは電子投票を促すためのパスワード付きQRコードの表示にとどめ、実際の回答は区分所有者のスマホから行っていただく仕組みとするべきでしょう。
今後、新築マンションのエントランスの風景はこのように変化していくことでしょう。
分譲マンションのデジタルサイネージは、ほとんどの場合スマホの情報サイトと重複する情報を表示することになりますが、全戸アンケートや、総会参加を促す情報は、個人に直接訴求する情報となります。
電子投票による議決権行使の参加率はさらに向上し、管理会社の催促業務軽減にも大きく役立てる事ができます。
#電子投票 #マンション総会 #デジタルサイネージ #顔認証

People Who Wowed This Post

双方向メディアになる新聞

thread
双方向メディアになる新聞
新聞が双方向メディアになる方法があります。
ただ一つ、現在の輪転機からデジタル印刷へ変更する必要はありますが、現在の技術でも広告の一部をデジタル印刷する事は可能です。
デジタル印刷のメリットは、それぞれ個別の内容を印刷できる事です。
アンケートのエントリーコードとして、個別QRコードを印刷すれば、読者はスマホから回答し、たちどころに正確な読者アンケートが完成します。

意識調査に新聞を活用するメリット
■読者のメリット
①いつも購読している新聞がエントリーシートとなる為、
  手軽に意見を届ける事ができる。
②ボールペン要らずで、その場で即座に回答ができる。
③集計結果も最短で翌日の紙面で確認する事ができる。
■新聞社のメリット
①新聞がエントリーシートになる為、エントリーを目的とした購読者増加が見込まれる。
②限りなくリアルタイムな、読者との双方向メディアに変革できる。
③データは自動集計されるため、運用の人件費は僅か。
④選挙に頼らずとも、低コストでいつでも民意を確認できる。

「e投票」などの個別QRコードを利用した電子投票は既に存在し、アプリケーションも不要であるため、多くの参加者が見込めます。
また、個別QRコードのコード体系などにより、どこで販売された新聞かを把握する事もできる為、地域や販売方法による結果の分析も可能となります。


#電子投票 #いいとうひょう #e投票 #ネット投票 #意識調査

People Who Wowed This Post

電子投票と個人認証

thread
電子投票と個人認証
電子投票の仕組みの中でも、選挙の仕組みに準ずる個人認証の仕組みや重複の排除が機能するものを、電子投票システムと呼べるものだと考えられます。
つまり、Web登録した会員が投票するような仕組みでは、会員登録時に本人確認ができているかどうかが重要です。
また、重複投票の排除や不正アクセスの対策が充分に考えられていれば、厳正なシステムとして成り立ちます。

例えばある政党のロゴは、いくつかの案の中から国民のクリック投票により決定されましたが、同一端末からでも何度でもクリックが可能であったため、厳正な審査とは程遠い投票でした。
これでは、一般的なインターネット上のアンケートよりも精度の低い情報しか得られず、特定の意思をの反映させるために、簡単に改ざんさせてしまいます。
このような仕組みと、選挙に対応しうる電子投票システムを同一のものと考える事には無理があります。

電子投票システムとは、選挙の仕組みに準ずる個人認証の仕組みや重複の排除が機能するシステムであり、個人特定がされていないインターネット上のアンケートなどとは異質なものです。

では、個人認証はどのように行われるべきでしょうか?
個人認証の方法として、マイナンバーカードの活用も良い方法だと考えられていますが、現在の普及率は12%程度で、まだ実用的な数値になっていません。
スマートフォンでは一般的に使用されている指紋認証、顔認証などは、かなりのレベルで信用に足る物ですが、公職選挙に使用するためには公的機関での事前登録が必要になるでしょう。
電子投票になったとたん、個人認証もハイテクな方向へ考えがちですが、本当にそれが必要でしょうか?
現在の公職選挙では、有権者に投票所入場券が郵送され、有権者はそれを持って投票所まで出向き、「厳密でない本人確認の後」投票用紙が渡されます。
このレベル以上の個人認証システムを導入すれば、少なくとも現在より厳正な選挙が行われます。

例えば、
①有権者に個別QRコード(パスワード)付きのハガキが届く
②有権者がスマートフォンからアクセスする
ほとんどのケースでは、これで充分な個人認証と言えるでしょう。
さらに、銀行アプリのような事前登録制のアプリで、ワンタイムパスワードを発行して同時認証を行えば、投票用紙の売り渡しなどの不正も防げます。。

もちろん、コンピュータシステムですから、あらゆる個人認証の仕組みを追加する事は可能ですが、それらはオプションであり、システムの中核ではありません。
厳正な電子投票は、ハイテクではなくローテクと厳正な運用で成り立つ事を知るべきです。
#電子投票 #インタネット選挙 #Web投票 #個人認証 #投票システム

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account