Search Bloguru posts

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://en.bloguru.com/falcon

準絶滅危惧種のチョウ「ゴマシジミ」@竜飛岬

thread
準絶滅危惧種のチョウ「ゴマシジ...
日本鱗翅(りんし)学会東北地区自然保護委員長の<工藤忠>さん(弘前市)は、14日に弘前大で行われた日本昆虫学会のシンポジウムで、準絶滅危惧種のチョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科の「ゴマシジミ」が竜飛岬(青森県外ケ浜町)の尾根筋から姿を消したのは、風力発電施設整備と関係があるのではないかと疑問を投げかけています。

<工藤>さんは「1992年に竜飛岬に風車が設置されて以降、風の強さや風向きが変わり、「ゴマシジミ」が卵を産む食草「ナガボノシロワレモコウ」が消滅した」と背景を分析。「今後、生物と自然エネルギーが共存できる環境づくりを考えていく必要がある」と訴えました。

「ゴマシジミ」は面白い生態を持ち、三齢幼虫までは「ナガボノシロワレモコウ」の花を食べますが、大きくなるとクシケアリによって巣に運ばれます。巣に入った幼虫は、体から出る甘い液体をアリに与える一方で、アリの幼虫や蛹を食べて育ちます。

成長した幼虫はアリの巣の中で越冬し、翌年の7月中旬頃に成虫となります。アリは成虫になると同時に襲いかかってくるため、巣の出口や外で蛹になり、成虫となった途端に巣から逃げるように飛び出します。
#ブログ #鱗翅目 #環境

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
birdy
Commented by birdy
Posted at 2019-09-14 18:39

人間の勝手で自然が滅んでいくのは、いつの時代も同じですね
人間って、学習できないんだなぁ~

People Who Wowed This Post

ファルコン
Commented by ファルコン
Posted at 2019-09-14 18:44

残念なことですが、
人間ファーストの発想はなくならないでしょうねぇ。
原発汚水を海に流せばいいという発想、
魚介類の今後の影響を考えると恐ろしい発言です、

People Who Wowed This Post