Search Bloguru posts

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://en.bloguru.com/falcon

第62回ブルーリボン賞の各部門候補が発表

thread
第62回ブルーリボン賞の各部門...
第62回ブルーリボン賞の各部門候補が発表されています。1月中旬までに受賞結果が決定され、2月18日(火)に授賞式が開催されます。

東京のスポーツ紙7紙の映画担当記者で構成される「東京映画記者会」が選ぶブルーリボン賞。作品賞の候補には、「第32回日刊スポーツ映画大賞」 の作品賞を受賞した 『新聞記者』 や、「第44回報知映画賞」 の作品賞に輝いた 『蜜蜂と遠雷』 がノミネートされています。さらに<白石和彌>の監督作 『凪待ち』 ・ 『ひとよ』 の2本が候補となっています。

主演男優賞の候補には『凪待ち』の<香取慎吾>(42)、『アルキメデスの大戦』 の<菅田将暉>、『記憶にございません!』 の<中井貴一>(58)が、そして主演女優賞の候補には 『宮本から君へ』 の<蒼井優>(34)、『翔んで埼玉』 ・『生理ちゃん』の<二階堂ふみ>(25)、『見えない目撃者』 の<吉岡里帆>(26)、『最高の人生の見つけ方』 の<吉永小百合>(74)らが名を連ねています。

『新聞記者』・『蜜蜂と遠雷』などの<松坂桃李>(31)、『カツベン!』 ・ 『さよならくちびる』 ・ 『愛がなんだ』 などの<成田凌>(26)、『コンフィデンスマンJP』 ・ 『マスカレード・ホテル』 ・ 『キングダム』 の<長澤まさみ>(32)、『蜜蜂と遠雷』・『ひとよ』の<松岡茉優>(24)はそれぞれ主演賞と助演賞のダブルノミネートを果たしています。

監督賞では、昨年度も 『孤狼の血』 などで同賞に輝いた<白石和彌>や、『キングダム』の<佐藤信介>、『天気の子』 の<新海誠>、『翔んで埼玉』の<武内英樹>、『宮本から君へ』の<真利子哲也>が候補となっています。
#ブログ #映画

People Who Wowed This Post

<ケネス・トゥーラン>2019年のベスト映画10本

thread
<ケネス・トゥーラン>2019...
昨日は、米ハリウッド・レポーターのチーフ評論家 <ドット・マッカーシー>の2019年のベスト映画10本 を紹介していますが、今回は、米ロサンゼルス・タイムズ紙の批評家<ケネス・トゥーラン>が選ぶ、2019年のベスト映画10本です。

映画作家を支援したり、映画ファンにお勧め作品を挙げるためだけでなく、存続の危機にあるジャンルに光を当てる目的も含めて選んだといいます。

トップは、<トゥーラン>が今年見て最も興奮したという、<ジェームズ・マンゴールド>監督の『フォードvsフェラーリ』です。同作は、<マット・デイモン>、<クリスチャン・ベール>が共演し、1966年のル・マン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちを描いています。

その他のラインナップは、厳密には10作品ではなくイスラエル/パレスチナ映画やアニメ映画という括りで複数選出したものもあります。イスラエル/パレスチナ映画では、職場でセクハラを受けた女性が雇用主と戦う『ワーキング・ウーマン』(ミハル・アビアド監督)や、複雑なパレスチナ情勢を皮肉とユーモアに包んで描いたコメディドラマ『テルアビブ・オン・ファイア』(サメフ・ゾアビ監督)。アニメ映画では、大人気シリーズ第4弾『トイ・ストーリー4』(ジョシュ・クーリー監督)や、パリを舞台に体を探す切断された手と青年の恋心を描く『失くした体』」(ジェレミー・クラパン監督)などが選ばれています。

ほかに、世界一周ヨットレースに挑んだ女性チームのドキュメンタリー「Maiden」(アレックス・ホルムズ監督)、少年たちのタイ洞窟遭難事件をもとにした「The Cave」(トム・ウォラー監督)なども選ばれています。

▼ 「フォードvsフェラーリ」
▼ 「アイリッシュマン」
▼ イスラエル/パレスチナ映画(「ワーキング・ウーマン」「テルアビブ・オン・ファイア」等)
▼ 「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」
▼ 「Maiden」 ・ 「The Cave」
▼ 「マリッジ・ストーリー」
▼ 「1917 命をかけた伝令」
▼ 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
▼ 「Pain & Glory」
▼ 「トイ・ストーリー4」 ・ 「失くした体」


#ブログ #映画

People Who Wowed This Post

にぎり寿司@【かっぱ寿司】

thread
にぎり寿司@【かっぱ寿司】
おせち料理や鍋物が続きがちになる正月の食事ですが、本日のお昼ご飯は【かっぱ寿司】の「にぎり寿司」の盛り合わせをいただきました。

<上穴子直炙り(ハーフ)・いくら・ほたて・大ぶりえび・赤えび・ノルウェイサーモン・マグロ・はまち>等11貫の盛り合わせでした。

小さめのシャリで食べやすかったのですが、全品「わさび抜き」というのが、醤油と合わせてわさびの準備しなければならず、少し手間がかかりました。
#ブログ #グルメ #にぎり寿司

People Who Wowed This Post

大坂で初雪観測

thread
大坂で初雪観測
昨夜の東京に続き、今朝は大阪で初雪を観測しました。1月5日の観測は平年より14日、昨シーズンより8日遅い観測です。

今日5日(日)は一時的に冬型の気圧配置が強まり、日本海側で発生した雪雲の一部が大阪府内まで流れ込んでいます。10時10分の大阪の気温は6.7℃と高めだったものの、湿度が64%と比較的乾燥していたため、雪が融けることなく、地上まで到達したと見られます。

大阪は昼過ぎにかけて雨や雪の降りやすい状況が続く見込みです。強く降ることはなく、積もる心配はありません。近畿地方では、北部で夕方までは雪や雨の降る所があるようです。夜にかけて冷たい北風がやや強く吹く見込みです。
#ブログ #気象

People Who Wowed This Post

神戸ご当地(1249)「地下鉄6000形」鉄道コレクションを販売

thread
「鉄道コレクション(6000形... 「鉄道コレクション(6000形)」パッケージのイメージ(画像:神戸市交通局)
神戸市交通局は、「地下鉄6000形」 の鉄道コレクションを販売します。3両のセットで、販売額は5,500円です。

2020年3月1日(日)12:00~17:00開催の販売会にて販売されます。開催場所は、イオンモール神戸南。当日は、整理券を配布される予定です。

この製品は、神戸市営地下鉄西神・山手線の新型車両導入を記念して、「鉄道コレクション(6000形3両セット)」をふるさと納税の返礼品として、2019年12月2日(月)から寄付申込が開始され2万円以上の返礼品として限定500セットが提供されたものの一般販売になります。
#ブログ #鉄道 #模型

People Who Wowed This Post

クロマグロ初競り「1億9320万円」@豊洲市場

thread
クロマグロ初競り「1億9320...
東京中央卸売市場の豊洲市場(東京・江東区)で5日、元号が令和となって最初の初競りが行われました。

注目の「クロマグロ」は、青森・大間漁港から届いた重さ276キロのクロマグロ。1キロ当たり70万円の値で落とされ、1体での総価格では1億9320万円でした。史上2番目の「ご祝儀価格」となっています。

競り落としたのは、マグロ大王の異名を持つ<木村清>社長(67)の率いる寿しチェーン「すしざんまい」(全国57店舗)を展開する「つきじ喜代村」でした。豊洲市場での最初の初競りとなった昨年も、クロマグロ1体での史上最高額となる3億3360万円 (278キロ、1キロ当たり120万円)で競り落としています。

ちなみに市場における「一番マグロ」とは、1キロ当たりの落札最高値のマグロを差し、マグロ1体での総価格を示すものではありません。
#ブログ #初競り #クロマグロ

People Who Wowed This Post

<藤田菜七子>(48)2019年度フェアプレー賞@JRA

thread
<藤田菜七子>(48)2019...
2019年度のJRA厩舎関係者表彰の受賞者が4日、発表されています。勝利度数、勝率、獲得賞金、騎乗回数の4部門における総合点で決定するMVJは、2部門でトップの<クリストフ・パトリス・ルメール>(40)が合計44ポイントを獲得して3年連続受賞を達成しています。

最優秀障害騎手は栗東トレーニングセンターの騎手<森 一馬>(26)、最多勝利新人騎手は42勝を挙げた栗東トレーニングセンターの騎手<斎藤 新>(18)が受賞。

また、30勝以上かつ制裁点10点以下の騎手に与えられるフェアプレー賞は6人が選ばれ、<藤田菜七子>(22)が女性騎手としては初受賞としています。なお、表彰式は11日に中山、京都競馬場で行われます。

JRA賞の競走馬部門は7日の選考委員会後に発表され、27日に都内ホテルで授賞式が行われます。
#ブログ #競馬

People Who Wowed This Post

『嘘八百 京町ロワイヤル』@<武正晴>監督

thread
『嘘八百 京町ロワイヤル』@<...
幻のお宝をめぐり、<中井貴一>(58)と<佐々木蔵之介>(51)が演じる古物商と陶芸家がだまし合いの大騒動を繰り広げるコメディ映画 『嘘八百』 のシリーズ第2作『嘘八百 京町ロワイヤル』」の予告編が公開されています。

<中井貴一>扮する空振りばかりの古物商「小池則夫」と、<佐々木蔵之介>演じる落ちぶれた陶芸家「野田佐輔」が、一攫千金を狙うさまを描いた『嘘八百』の続編となる『嘘八百 京町ロワイヤル』では、武将茶人<古田織部>の幻の茶器をきっかけに起こる大騒動が描かれています。

大阪・堺で幻の利休の茶器をめぐって大勝負を仕掛けた古物商の「則夫」と陶芸家の「佐輔」が、ひょんなことから京都で再会を果たします。そこで出会った着物美人の「志野」にほだされた2人は、利休の茶の湯を継承し、天下一と称された武将茶人古田織部の幻の茶器にまつわる人助けに乗り出します。

古物商の「小池則夫」役を<中井貴一>、陶芸家の「野田佐輔」役を<佐々木蔵之介>がそれぞれ演じ、「志野」役で新たに<広末涼子>(39)が参加。<友近>(46)、<森川葵>(24)ら前作『嘘八百』からのキャスト陣に加え、<加藤雅也>(56)、<竜雷太>(79)、<山田裕貴>(29)らも新キャストとして顔をそろえています。

前作に引き続き<武正晴>(52)が監督を務め、<今井雅子>と<足立紳>が脚本を手がけた『嘘八百 京町ロワイヤル』は、2020年1月31日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー公開されます。
#ブログ #映画

People Who Wowed This Post

劇場アニメ『ジョゼと虎と魚たち』@<タムラコータロー>監督

thread
劇場アニメ『ジョゼと虎と魚たち...
故<田辺聖子>の小説『ジョゼと虎と魚たち』(『月刊カドカワ』1984年6月号掲載)を原作とする劇場アニメの公開時期が、2020年夏に決定しています。あわせて、本作のキャラクター原案とコミカライズを手がける<絵本奈央>の描き下ろしイラストが発表されています

本作は足が不自由で、車椅子がないと歩けない。そのため、ほとんど外出したことがなく人形のようになっている「ジョゼ」と、大学を出たばかりの共棲みの管理人「恒夫」。二人はひょんなことから出会い、お互い惹かれ合っていく青春恋愛物語。

2003年12月13日には<犬童一心>がメガホンを取り、脚本を<渡辺あや>が務め、 <妻夫木聡>と<池脇千鶴>が共演した実写映画が公開されています。劇場アニメでは<タムラコータロー>が監督、<桑村さや香>が脚本を担当します。

イラストには、ヒマワリの花を持った「ジョゼ」の姿が描かれています。なおコミカライズ版が1月6日(月)発売の『ダ・ヴィンチ2月号』(KADOKAWA)より連載されます。
#ブログ #映画

People Who Wowed This Post

今年の読書(1)『社長室の冬』堂場瞬一(集英社文庫)

thread
今年の読書(1)『社長室の冬』...
日本新報記者「南康祐」を主人公とする 『警察(サツ)まわりの夏』 (2017年5月9日文庫刊) ・ 『蛮政の秋』 (2018年12月18日文庫刊)に続くメディア三部作の完結編が本書『社長室の冬』(2019年12月25日文庫刊)です。

日本新報記者である「南康祐」は、会社にとって不利益な情報を握る危険人物であるとみなされ、編集局から社長室へと異動させられました。

日本新報社は日本を代表する巨大新聞社のひとつですが、発行部数の減少により経営危機に陥っており、社長の「小寺政男」はこのままでは未来はないと判断し、外資系IT企業AMC社への身売り交渉を始めていましたが、突如急死してしまいます。九州に左遷されていた「新里明」が急遽後任社長に就任することとなり、売却交渉を引き継ぐことになります。

「南」は「新里」社長のもとでAMC社との売却交渉を担当することになります。交渉相手はAMCジャパン社長「青井聡太」、「青井」は20年前は日本新報の記者で、海外勤務の予定が反故にされて新設のメディア事業に異動させられたことから辞表を」提出した過去を持っています。 移動を命じたのは「新里」でした。

売却交渉は「新聞紙の廃刊」という条件で難航。「南」の同期の記者は会社に見切りをつけて続々とやめていき、また労働組合から会社OBであり個人筆頭株主である「長澤英昭」まで多方面から徹底的な反発を受けてしまいます。

日本新報社は「長澤」の嫌がらせや衆議院議員であり民自党政調会長である「南」にとって因縁のあるメディア規制に執念を燃やす「三池高志」が登場し、売却阻止が画策されますが、最後には「三池」も失脚する中、AMC社との売却交渉は破棄されてしまいます。このさきも 日本新報社の経営が不透明な状況なのですが、「南」は原点に返り再度記者としての道を歩み出そうとします。
#ブログ #読書 #文庫本

People Who Wowed This Post

オリジナルオーディオドラマ「半沢直樹」@TBSラジオ

thread
オリジナルオーディオドラマ「半...
<池井戸潤>の小説『半沢直樹シリーズ』を原作としたテレビドラマ『半沢直樹』のオリジナルオーディオドラマが、2月11日(火・祝)から2カ月間にわたってTBSラジオで放送されることが発表されています。

これは連続ドラマ『半沢直樹』の続編が4月よりTBS系「日曜劇場」で放送されることを記念した企画です。4月放映の続編ドラマ原作となるのは、<池井戸潤>の 『ロスジェネの逆襲』 と 『銀翼のイカロス』の2作品です。

オーディオドラマでは、「半沢直樹」に「倍返し」され敗れ去った人々のその後の人生が描かれます。番組は毎週火曜日に「ACTION」内で16時10分頃から約10分間オンエアされます。radikoに加え、音声コンテンツ・AudioMovieでの配信も行われるようです。

熱心な「半沢直樹」ファンでも、リアルタイムで聴ける人は、少ない時間帯のようですねぇ。
#ブログ #ラジオ番組

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account