Search Bloguru posts

Fukushima Daiichi Requiem

https://en.bloguru.com/fukushima-requiem

進まない実潮流計算による系統接続の拡大

thread
8月から東京電力が千葉方面向けの送電網で、
再エネ接続を増やす取り組みを開始している。

実際の送電網の電気を時間毎に細かく見て接続を決める、
「コネクト&マネージ」という方式だ。
実潮流計算方式とも呼ばれ、送電線の増強無しに再エネの接続を増やせる。

だが、この方式を採用しようとする他電力の話は聞かない。
実際に再エネを制限している九州などでこそ、
取り組みを進めるべき施策ではないのか。

送電網を細かく制御する方法は、災害時での停電回避技術にもなる。
旧態依然とした接続計算を、ただ続けるのではなく、
新しい技術を導入して柔軟で強固な送電網を構築すべきである。

People Who Wowed This Post

川内原発2号機が定期検査入り

thread
九電の川内原発2号機が、10月16日に23回目の定期検査に入り停止した。
これで現在九州で運転中の原発は川内原発1号機と玄海原発3号機の2基となった。

今月5日に川内原発1号機が定期検査終了前の調整運転で発電を開始した後、
九州は3基運転となり、週末に電気供給が過剰となった。
この九電の過剰供給のツケを払ったのが、九州のメガソーラーである。
原発を稼働させ過剰となった分の太陽光発電が切り捨てられた。

10月13日、14日と再エネの出力制御で太陽光を捨てる事になったが、
先週の川内2号機の定期検査入りで、先週末の太陽光は捨てられずに済んだ。

だが、そんな平和もつかの間に過ぎない。
24日には定期検査中だった玄海原発4号機が発電を再開し、3基運転に戻る。
11月からまた、九電の差配で再エネ電気が切り捨てられる事になるだろう。

再エネばかりが切り捨てられる、こんな現状のままで良い筈はない。

People Who Wowed This Post

進み始めた、日本の小規模団体の再エネ100%宣言

thread
10月9日に発足した、日本独自の再エネ宣言団体、
再エネ100宣言 RE Action」が進み始めている。

この活動には、環境省がアンバサダーとして参加する事を表明。(報道資料)
さまざまな分野の団体を巻き込み拡大している。

現在までに再エネ100宣言に参加している団体は28団体で、
宣言した団体の総消費電力量は約310GWh(=約31万kWh)。
90万kWhクラスの原発の1/3の規模となっている。

再エネへの活動はあらゆる分野で広がろうとしている。
地球温暖化防止に向けた、明るい希望が見えてきている。

People Who Wowed This Post

省エネへの気運を萎ませてはならない

thread
九州での再エネの出力制御などで、電気余りが続いているように見える。
が、それは真の姿では無い。
相変わらず日本は海外から大量の石油やガスを輸入し、燃やして発電している。

だが、出力制御のできない原発までが稼働すると、
不必要時にも発電が続くため、大手電力は多くの売り先を確保しようとする。
そのため、省エネという言葉は置いていかれる事になる。

でも地球温暖化は待ってはくれない。
日本は再度、省エネ機運を高めていかねばならない。
そういった意味でも、大量の電気を否応なく送電する原発は無くしていった方が良い。

People Who Wowed This Post

原発事故の後処理できない東電が、東海第二原発支援を増額か

thread
東京電力は、老朽化原発である東海第二原発支援を表明している。
その額2000億円。
だが、その東海第二原発の安全対策が見込みより増えたため、
また資金不足に陥る事が分かった。
そのため、東電は支援額を2200億円以上にする事を計画しているという。

なんと身勝手な判断なのか。
東電は先月末も、国に対して支援を求め、約3900億円を受け取った。
賠償のための資金援助額は、累計11兆1600億円を越えている。

事故処理のロードマップは次々遅れ、汚染水の増加も止まっていない。
避難者に対する賠償は次々打ち止めを図り、
原発事故原因と考えられる子供達の甲状腺がんには完全無視を決め込む。
その東電が、なぜ他社の原発の支援増額なのか。
憤懣遣る方無いとは、まさにこの事である。

原発事故の後始末もできない東電に、原発支援などさせてはならない。
小さな国家予算並みのお金が事故処理に消えているのに、
これ以上老朽原発にカネをつぎ込むなど、もっての外だ。

People Who Wowed This Post

原発から出る核のゴミ問題で国際会議

thread
原発は、ただ稼働するだけで年間数トンの使用済み核燃料が出る。
これは高レベル放射性廃棄物と呼ばれる危険な代物。
現代の技術では無害化する事ができない「核のゴミ」だ。

今までの日本の原発稼働で出された量は、1万6千トン以上。
溜まり続けたゴミは、もう保管場所すら確保できない状況である。

この核のゴミをどう処理していくかを話す国際会議が、
14日にパリで開催された。
原発保有の各国が連携を強化していくという。

だが、核のごみの処理問題は、どの国も解決方法を持っていない。
原発技術の先頭を走っていたと言われる日本で何も手が無いのに、
国際会議で処理方法を話合っても、解決する訳が無い。

今は、環境問題の高まりで、
廃棄物や解体処理ができない建造物は建設すらできない時代である。
ゴミ問題すら解決できない原発は、稼働してはならない筈なのだ。

People Who Wowed This Post

中小企業の再エネ支援の枠組み「再エネ100宣言 RE Action」

thread
10月9日、大企業だけでなく多くの団体が参加できる再エネ100%宣言の枠組みとして、
「再エネ100宣言 RE Action」(RE Action – Declaring 100% Renewable)が発足した。
再エネ100宣言 RE Action:公式HP
再エネ100宣言 RE Action:Press Release

この団体は、グリーン購入ネットワーク、イクレイジャパン、地球環境戦略研究機関、
日本気候変動リーダーズパートナーシップ、の4団体が共同で立ち上げた。
多くの中小企業や非営利団体に対し、2050年まで再エネ100%化を支援していく。
再エネ100%を目指す国際的な企業連合RE100のtwitterでも取り上げられた。
RE100:公式twitter

今まで、世界的大企業が主導して再エネ100%宣言を行い、実践してきたが、
これからは多くの中小団体も、容易に再エネ100%への活動に参加できるようになる。
多くの団体が再エネ100%を目指せば、日本はさらに飛躍して行く事ができるだろう。

People Who Wowed This Post

九州で10月も再エネの出力制御

thread
10月12日と13日の週末の2日間、九州は再エネの出力制御を実行した。
接続を切られた再エネは17~62万kWで、川内原発の半基程度の電力だった。
九州電力でんき予報、下段の「再生可能エネルギー出力制御見通し」の「九州本土」参照

九州電力は、今年1月から5月まで再エネ出力制御を行っていたが、
5月13日に玄海原発3号機が定期検査で停止し、その出力制御は止まった。
その後順次定期検査入りしていたが、
川内原発1号機が定期検査終了間際の調整運転を開始した途端に電力が余り出した。

10月末に、今度は川内原発2号機が定期検査入りするため、
運転原発は玄海原発3号機と川内原発1号機の2基となり、出力制御は止まる。
再エネが拡大したため、原発3基稼働では電力が余り過ぎてしまうようだ。

それにしても、原発のために再エネが良いように利用され過ぎていないか?
温暖化対策のため、再エネを広げていかねばならないというのに。

その川内原発は、テロ対策と呼ばれる特定重大事故等対処施設工事の遅れで、
来年3月と5月に順次停止し、再エネも制限されずに済むようになる。
九電は来年末にも工事を終えて原発を再稼働したいようだが、
電気余りが顕著となった今、もう二度と稼働させる必要は無い。

People Who Wowed This Post

激烈な災害を引き起こした台風19号

thread
12日午後7時頃に伊豆に上陸した台風19号は、13日午前に太平洋へ抜けた。
たった一つの台風で、日本全域に警戒警報が発令された。
そして、その台風が過ぎ去った後には、計り知れない傷跡が残った。

関東や東北で21もの河川が決壊。
見渡す限り広い範囲で住宅が浸水した。
被害の全貌は、未だ掴めていない。

来年以降も、こんな台風が続くのだろうか。
地球温暖化も、原因の一つになっているのだろう。
この災害の対処後は、改めて温暖化対策に日本を挙げて取り組まねばならない。

People Who Wowed This Post

関東・東海が厳戒態勢を取る台風19号、12日に上陸

thread
関東・東海が厳戒態勢を取る台風...
首都圏の鉄道の大幅運休が計画され、防災警報が流れている。
過去日本に上陸した最大級の記録を超える程の台風が接近している。

記録的な大雨と暴風が警戒される台風19号は、12日夜半に関東圏に上陸する予定だ。
最大限の災害への備えが必要とされる。

かつて無い程の頻度で、災害を及ぼす台風の上陸が続いている。
次々迫る異常気象は、私達に本気で温暖化対策に取り組まねばならない事を教えている。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account