Search Bloguru posts

Fukushima Daiichi Requiem

https://en.bloguru.com/fukushima-requiem

WTOが日本から韓国への禁輸措置継続許可の判断

thread
日本は福島第一原発事故の放射能漏れ影響により、
事故後世界50ヵ国以上から、北関東圏の食品の輸入禁止を言い渡された。

その後、食品の放射線検査の強化や除染地域の拡大で、
多くの国で徐々に禁輸措置が解除されていった。
それでも、今も23の国と地域で禁輸措置は継続されている。

その禁輸措置の続く国の中でも、韓国の禁輸措置は範囲が広く、
そこまでの禁輸措置は不当だと、日本は世界貿易機関(WTO)に提訴していた。
そのWTO判断が4月11日出され、韓国の禁輸措置継続を妥当と判断した。

WTOの1審判定では、日本の主張が受け入れられていたが、
2審では韓国の主張が受け入れられ、逆転敗訴の判断となった。

検査が強化され、放射能の影響がほぼ無くなった食品が多くなった中、
敗訴は残念な結果だが、それだけ見えない放射能への恐怖は強いのだろう。
日本は引き続きデータを開示し続け、粘り強く交渉していくしかない。

問題なのは、これ程放射能による世界の目が厳しい事が分かっているのに、
元凶となった原発が、電力逼迫感の無い日本で稼働し続けている事だ。

放射能の流出防止に力を入れても、発生防止が疎かでは信頼は得られない。
北関東圏の食品の輸出拡大を考えるなら、
放射能事故再発防止として、原発廃止も一緒に考えて行かねばならない。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account