Search Bloguru posts

Fukushima Daiichi Requiem

https://en.bloguru.com/fukushima-requiem

使用済み核燃料はどうするのか

thread
原発稼働中の関電、九電、四国電の各社は、
テロ対策と言われる遠隔冷却設備工事遅れで原発が止まると憂える。
だが、解決しない使用済み核燃料の処遇は棚ざらしのまま。
工事が進めば稼働を継続できる、などというのは甘い考えだ。

工事遅れなど、原発の数ある問題の一つに過ぎない。
廃炉が決定しても、その屋上には核燃料を置きっぱなし。
使用済み核燃料を再処理すれば、消費できないプルトニウムが増加する。
だが最終処分地が見つからない核のゴミは増え続けている。

稼働中の原発も、使用済み核燃料保管施設はあと3年程度で満杯となる。
燃料の隙間を積めて再配置すれば、もう少し置けると言うが、
単なる問題の先送りに過ぎないのは言うまでもない。

もう原発を稼働し続ける理由は皆無となった。
無駄な工事に費用と工数をかけ続けるべきでは無い。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account