Search Bloguru posts

Fukushima Daiichi Requiem

https://en.bloguru.com/fukushima-requiem

エネルギー基本計画の見直し議論が始まる

thread
日本の将来のエネルギーの在り方を決める「エネルギー基本計画」の見直しが始まった。
その中でも電力を供給する電源構成をどうするかが焦点となっている。

現在のエネルギー基本計画では、2030年の電源構成を火力56%、
再エネを22~24%、原発を20~24%にしていくとの記述がある。
だが、原発が急速に萎み、再エネが拡大する中、計画の見直しは必須となっている。

ちなみに、再エネに関して言えば、2012年は全体の1割程度だったが、
今年2020年は2割を超える事が予測されている。
2030年には単純計算で再エネ率が25%、一歩踏み込めば30%も十分可能な範囲にある。
最近の太陽光や風力発電の価格低下を考えれば40%越えすら視野に入る。

経済的観点で考えれば、燃料のかからない再エネを最優先させるのは自明の理である。
過去のしがらみや既得権益で将来を計るのではなく、
何が日本にとって将来必要なのかを考えて計画していかねばならない。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account