Search Bloguru posts

Fukushima Daiichi Requiem

https://en.bloguru.com/fukushima-requiem

IAEA総会で放射性汚染水の海洋放出、説明の日本、懸念の韓国

thread
オーストリアで開催していた国際原子力機関(IAEA)の総会で、
21日に日本の内閣府特命担当大臣である井上氏は、
トリチウムを含む放射性汚染水の海洋放出について現実的だと説明した。

これに対し韓国の科学技術情報通信部第一次官の鄭(チョン)氏は22日、
海洋放出に対し環境への懸念と国際社会の不安が高いと指摘。
日本が放出を決定する前に、国際社会と透明性のある会話が必要と述べた。

日本は充分に説明したと再反論しているが、本当にそうだろうか。
国内でも反対意見が多い中、国内外で一方的に大丈夫と言っているだけではないのか。

もし放射性トリチウム汚染水が本当に安全と言うのなら、
輸送も安全だし、東京湾や大阪湾内での放出も安全と言う事になる。
それを証明したいのなら、汚染水の一部でも良いから湾内に放出してみれば良いのだ。
都府民から猛反発を受け、説明すると言う事がどういう事かがその時分かるだろう。

海洋を害する放射性汚染水を日本だけの決定で海洋放出する事は慎まねばならない。
海は世界に繋がっており、国際協力無しに汚染水問題を解決する事はできない。
そんな当たり前の事を諸外国に言われねば分からない事こそが問題でる。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account