Search Bloguru posts

Fukushima Daiichi Requiem

https://en.bloguru.com/fukushima-requiem

敦賀原発2号機の資料書き換えで審査中止か

thread
日本原電は敦賀原発2号機の安全審査で過去の資料を書き換えて提出していたが、
この行為を重要視した原子力規制委は、審査自体を中止する検討を始めた。

安全審査は、電力会社から提出された資料を基に審査するが、
その資料の信憑性が低いのでは審査しても意味が無い。
原子力規制委が審査中止の検討を始めたのは、当然と言える。

問題と感じるのは、同じ日本原電が安全審査をパスしている東海第二原発でも、
同じように資料の書き換えをしているのではないかという疑念がある事だ。
安全性の根幹に関わる資料の書き換えを行う会社に、原発の運営は任せられない。
日本原電には、原発事業全てから撤退してもらいたい思いである。

People Who Wowed This Post

世界中で洪水が発生している

thread
世界各地で豪雨と洪水が発生している。
日本でも、中国でも、インドでも、ヨーロッパでも。

これほど多くの洪水が発生しているのは異常だ。
地球温暖化の影響が全てとは言わないが、
少なからず影響を及ぼしているのではないだろうか。

私達が思う以上に、対策する時間は少ないのかもしれない。

People Who Wowed This Post

第六次エネルギー基本計画の素案について

thread
21日、経産省・資源エネルギー庁の基本政策分科会で、
今年決定される第六次エネルギー基本計画の素案がWEBに載せられた。
総合資源エネルギー調査会 第46回会合
エネルギー基本計画(素案)
エネルギー基本計画(素案)の概要

資料では、2030年に向けて
「安全性を前提とし、安定供給と低コストエネルギー供給と環境への適合を図る」
としている。
その為に、再エネの主力電源化を徹底し、最優先課題で取り組むという。

ここまでは良いのだが、後の原子力への言及からおかしくなっている。
「原子力規制委の基準適合判断で合格した場合は、その判断を尊重し再稼働を進める」と言っている。
これでは何かあった時は、原子力規制委に責任があるかのように読める。
だが、原子力規制委も言っているが、彼らはあくまで原発自体の技術的な適合判断をしているのであり、
事故時の住民避難問題や、使用済み核燃料問題、廃炉後の放射廃棄物問題などには一切関知していない。
それなのに再稼働を進めるというには、最初に明言した「安全性を前提」という言葉に矛盾する。

今回の素案では、2030年のエネルギー比率は、再エネ36~38%と大きくなった。
だが、原子力比率は今も20~22%のまま。
110頁以上掛けて資料を作った挙げ句の結論がこれか、と思うと残念でならない。
政府も経産省も、もっと先を考えて考えて欲しい。

People Who Wowed This Post

東京電力が発表した、第四次総合特別事業計画

thread
東京電力ホールディングスは21日、経営再建の長期計画書である
「第四次総合特別事業計画」を発表した。
東電HD資料:第四次総合特別事業計画
  〃  :第四次総合特別事業計画の概要

基本方針では、原子力事業の不祥事で損ねた信頼を回復させると共に、
福島第一原発処理を進めるための資金を安定的に捻出すべく経営改革を断行するとしている。

再エネとカーボンニュートラルにも力を入れる。
2030年までに、新たに600~700万kW規模の洋上風力発電を開発する。
非効率な石炭火力発電所を廃止すると共に、石炭とアンモニアの混合火力の検証を進める。
また、2030年代に高効率ガス発電に水素燃料を混合させ、さらなる高効率化を目指すという。

で、原子力はと見ると、依然としてゼロエミッション電源として不可欠としているが、
そのトーンはだいぶ抑えられている。
以前の東電からは考えられないくらい静かな物言いとなっている。

柏崎刈羽原発の不祥事が続いた事もあるが、
ついに東電の経営計画も、原発よりも再エネが全面に押し出されるようになってきた。
この流れを途切れさせないよう、継続して再エネに取り組んで行って貰いたいと思う。

People Who Wowed This Post

過去から繰り返されてきた日本原電のデータ改ざん

thread
原子力規制委会合で、日本原子力発電はデータ改ざんを、2018年から繰り返していたと公表した。
書き変えを行っていたのは2012年の敦賀原発の地層データで、
2018年の会合で、規制委から過去のデータと違うと指摘されて判明した。
日本原電側は、過去のデータは最新データに書き換えても良いと考えていたようだ。

改ざんが指摘されたのは、規制委に提出した地層データだが、
データを書き換えても問題ないという考えが普通ならば、
他のあらゆるデータも書き換えを行ってきたと考えられる。

正確なデータの蓄積無しに安全は保証できない。
原発を預かる企業なら、なおの事データの重要性を知らなければならない。
その意味で、日本原電には原発を動かす資格は無いと言えるだろう。

People Who Wowed This Post

伊予灘で震度4の地震

thread
7月17日に四国と九州の間の伊予灘で震度4の地震が発生、
近くの伊方原発は震度3の揺れを観測した。
震度としてはそれほど大きく無いが、地震地帯である伊予灘だけに今後が気になる。

現在、伊方原発はテロ対策施設と呼ばれる安全施設建設遅れから停止中だが、
工事が進んだ事から、四国電力は今年10月に再稼働すると公表している。
だが、地震多発地帯付近にある伊方原発を稼働するのはリスクが大きい。
四国電力には伊方原発の在り方そのものを考え直して欲しいと思う。

People Who Wowed This Post

経産省の原発推進派の余命はあと10年足らず

thread
原発に対し、経産省の意見が割れ始めている。
原発推進派は、温暖化対策と称して老朽原発の延命を図っている。
再エネ推進派は、環境省等と組み、太陽光発電の倍増を計画する。

一見、互いの主張は続いていくかに見える。
が、この議論は数年で大きく傾く事になるだろう。
なぜなら原発推進派の人々が年を取り、退任していくからだ。

1980年から2010年の原発拡大に沸いていた頃に入省し、
国策を盾に民間企業を裏から操作する旨味を堪能した者達は、その味を忘れらずにいる。
だが、2011年から10年経った今、彼らもそのまま10年歳を取った。
そんな彼らは一人、また一人と省庁を去っていく。

20年経てば、再エネの重要性を良く知る若者が中堅となり、省庁を支える事になる。
その時、老朽原発を動かしたいと思うものはいなくなる。
原発推進の声も、10年後には消えていく事になる。

People Who Wowed This Post

EUは2035年にガソリン車全面廃止を検討

thread
EU行政府が、2035年にハイブリッド車を含むガソリン車の新車販売を、
全面的に禁止する方向で検討しているとの報道がされている。

今までハイブリッド車は電動車側に含まれる事が多かっただけに、大きな変化と言える。
だが、バッテリーだけでは電気切れで止まるリスクがある。
ハイブリッド車も禁止というのは変更される可能性が高いように思われる。

EUはいろいろな規制を打ち出して地球温暖化に対応しようとしている。
そのうち各国の再エネ比率によって輸出入に規制を加える事も考えるようになるだろう。
国際貿易で成り立つ日本は、そんなリスク回避のためにも、
国として環境対応を真剣に考えていかねばならない。

People Who Wowed This Post

2030年の太陽光発電量を大幅上乗せへ

thread
2030年に2013年度比で温室効果ガス排出量を46%削減する事を日本の公約として掲げている。
そのため環境省と経産省は、2030年に向けて再エネ比率大幅上乗せを検討している。
すぐに設置効果が見込まれるのは太陽光発電のため、
その太陽光をを大幅に積み増そうと検討中だ。

ただ再エネ発電量だけを増やしても、九州の例でもあるように、
送電線に乗せられずに捨てる電気が出てきてしまう。
広域連携できる送電線の拡充や、蓄電池の拡大も含めて検討して欲しいと思う。

People Who Wowed This Post

原発コスト優位無い事を、やっと経産省が認め始める

thread
各社の報道によると、経産省の試算で原発コストが年々上昇し続けるのに対し、
逆に太陽光発電は価格低下が見込まれる事で、
2030年には経産省の発電コスト試算でも、太陽光発電が原発より安価になるという。

机上の計算で、廃炉費用を格安に見積もった原発コストがそもそも違うだが、
その格安コスト試算でも太陽光発電にコストで負けると、やっと経産省も認めた。

コスト優位で原発推進をうたっていたが、今後はそれもできなくなる。
今回の原発コスト優位陥落の計算結果は、今後の電力動向に静かに効いてくるだろう。

People Who Wowed This Post

2021年6月末までのスイッチング件数

thread
2021年6月末までのスイッチ...
今月も電力広域的運営推進機関のスイッチングデータをグラフ化した。
・スイッチング支援システムの利用状況について(6月30日時点)

東電PGのスイッチング件数が、ついに一千万件を超えた。
首都圏の3割以上の人が、自分の使う電力会社について考え、変えている様子が分かる。
今後も多くの人が自分の使う電気について考えていくだろう。

政府は国際的な再エネ拡大の流れに押され、再エネ拡大に乗り出すと発表している。
再エネを拡大する新たな新電力が生まれ、そこに切り替えていく人も増えるだろう。

People Who Wowed This Post

玄海原発3・4号機の基準地震動の見直しが決定

thread
7日の原子力規制委で、玄海原発3・4号機の基準地震動について議論され、
今までの九電の耐震設計を見直す必要があるとの結論が出た。

今年4月の規制基準の改正で、地震の新しい評価基準が加えられた。
新たな基準でも、既に稼働する原発への適用がなされるバックフィット制度で、
稼働中の玄海原発も改正基準での再審査が必要となった。

この決定で、九電は直ちに玄海原発を止める必要はないとしているが、
改めて2024年4月までに規制委の再審査に合格する必要がある。
そして耐震設計が認められなかった場合、再びこの原発は止まる事になる。

People Who Wowed This Post

東電元社長の清水氏ら旧経営陣が原発事故責任を否定

thread
東電株主が起こしている原発事故の裁判が東京地裁で行われており、
6日に東電元社長の清水氏含む旧経営陣ら5人が被告として尋問を受けた。
その席でも、彼らは津波の危険性を認識していなかったとして事故責任を否定した。

だが、原発の安全工事にかかる費用の決済は経営陣が行う。
その費用の算定根拠である地震や津波の想定を知らない筈は無い。
彼らの会議資料としても巨大津波の資料が配布されている事が判明している。
多数の資料に埋もれて見ていなかったなどと言っているが、ありえない。

津波の危険性の認識が無いなどと、嘘で塗り固めた証言を繰り返している。
あれ程の事故を起こしてなお、自分の保身のみを考えている彼ら旧経営陣に、
憤りを感じるのは私だけでは無いだろう。

People Who Wowed This Post

大飯原発3号機が再稼働

thread
3日、関西電力の大飯原発3号機が再稼働した。
美浜原発3号機に続き、大飯原発3号機の稼働で、関西電力の稼働原発は5基となった。

原発が次々稼働している状況に憂いを覚える。
残念ながら、二度と繰り返してはならない原発事故の教訓は忘れ去られようとしている。

People Who Wowed This Post

美浜原発3号機で非常用ポンプ設備で異常発生

thread
6月23日に稼働したばかりの40年超え老朽原発、美浜原発3号機で異常が発生した。
場所は、主電源喪失時に蒸気発生器に水を送り続けるための非常用ポンプで、
送水圧が10分の1に減ったため、ポンプを止めて原因調査を始める。

だが、複数の非常用ポンプがあるため、美浜原発3号機自体は止めないという。
本来は、非常用送水ポンプは重要機器に当たるため、すぐに停止せねばならないのに。

原発の非常設備が複数あるのは、故障しても通常運転を続ける為ではない。
原発設計者が、確実な安全確保のため二重の安全対策を取るために設置したものだ。
そんな設計思想を無視し、原発を普通に運転させ続けるなど、あってはならない。

特に美浜原発3号機は老朽原発で、かつ運転したての不安定な状態にある。
安全を蔑ろにしてまで運転を続けて良い筈はない。

People Who Wowed This Post

北海道の泊原発直下の断層が活断層ではないとの判断に

thread
原子力規制委で2日、泊原発の安全審査会で地質及び地質構造についての議論があった。
その中で、原発直下の3本の断層が活断層なのかが争点としてあったが、
審査の結果、3本の断層全てが活断層ではないとの結論となった。

今まで泊原発の安全審査で大きなウエイトを占めていた断層問題が解決したため、
今後は地震・津波対策の審査が主となっていくようだ。

北海道では、国際的にやり玉に挙がっている石炭火力の比率が5割近いため、
他の電力方式の割合を上げて行かねばならないのは分かる。
だが、それを理由に原発に回帰しようとするのは間違っている。

北海道電力は、過去にいろいろな原発トラブルを発生させている。
一時的に全電源喪失の最悪事態になった事もある。
原発を任せられる会社とはとても言えない。

それに北海道は風力発電の適地が多い。
もっと再エネに力を入れれば、大幅な伸びも期待できる。
いつまでも原発稼働に固執する必要はない。
彼らにも、いつか必ずそれが分かる日が来る筈だ。

People Who Wowed This Post

7/1:環境配慮へ変わる世界と変わり始めた日本

thread
最近、世界の環境問題に配慮したニュースを聞く事が増えました。
環境の異変が私達の生活に及ぼす影響が大きくなってきている事もあるのでしょう。
これから、再エネや二酸化炭素排出削減などの話がもっと出てくると思います。

世界中の人々の意識は環境配慮に大きく動いています。
その影響を受け、日本もまた変わり始めています。
2030年の温室効果ガス46%の削減など、大きな目標も設定されています。
また、世界に押され、石炭火力の削減なども考える様になってきました。

とは言え、まだ地球の温暖化を押しとどめるまでには、大きな努力が必要です。
世界も日本も、さらに変わっていけるか。
これからの活動が重要となっていきます。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account