Search Bloguru posts

Fukushima Daiichi Requiem

https://en.bloguru.com/fukushima-requiem

経産省の原発推進派の余命はあと10年足らず

thread
原発に対し、経産省の意見が割れ始めている。
原発推進派は、温暖化対策と称して老朽原発の延命を図っている。
再エネ推進派は、環境省等と組み、太陽光発電の倍増を計画する。

一見、互いの主張は続いていくかに見える。
が、この議論は数年で大きく傾く事になるだろう。
なぜなら原発推進派の人々が年を取り、退任していくからだ。

1980年から2010年の原発拡大に沸いていた頃に入省し、
国策を盾に民間企業を裏から操作する旨味を堪能した者達は、その味を忘れらずにいる。
だが、2011年から10年経った今、彼らもそのまま10年歳を取った。
そんな彼らは一人、また一人と省庁を去っていく。

20年経てば、再エネの重要性を良く知る若者が中堅となり、省庁を支える事になる。
その時、老朽原発を動かしたいと思うものはいなくなる。
原発推進の声も、10年後には消えていく事になる。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account