Search Bloguru posts

債権者は債務者の嫌がることを行なってくる。

thread
☆債務問題で苦しんでいる多くの人の行動パターン
「問題が起きない様にしている」

☆債務問題が気にならなくなった人の行動パターン
「問題が起きても、問題にならない様にしている」

債務を作ってしまった事実を消すことは不可能です。
それによって何も起きない様にする唯一の方法は返済すること、でもそれが出来ないから苦しんでいる。

返済出来ない以上、「問題が起きない様にする」ことは無理です。何故ならそれは相手(債権者)が決めることであり、こちらでコントロール出来ない事だから。

問題は起きるのです。重要なのは「問題が起きても、問題にならない様にする」ことなのです。

債権者は、債務者の「嫌がること」を行なって来ます。
例えば、
 ・法を無視して電話や訪問を行なう。
 ・真赤な文字で”強制執行前の警告”といった脅しの文章を送ってくる。
 ・裁判を行なってくる。
 ・差押えをやってくる。
  等々。

これらのことが起きたとしても、被害に合わないようにしておけば良いだけです。

戦う場所が重要なのです。 戦う場所を誤ると、全てを失うことになります。
相手から攻め込まれても、被害に合わな(問題にならな)ければ、何の影響もありません。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account