Search Bloguru posts

平時と有事 ②

thread
平時と有事は、明らかに状態が違います。

平時の時には何ら問題なく返済出来ていたものが、何らかの事情により返済出来なくなって来た時に有事となります。

本来、平時の時の行動における選択基準と有事の時の選択基準は、同じではありません。

例えば国であれば、平穏な時は特に行動を制限する必要はありません、しかしどこかの国から攻撃を受け有事になると、国を守るために法律を変える(行動に制限を付ける)ことになります。
それは、至極当然のことです。

そもそも、有事でなくてもその時の状況に応じて法律(選択基準)は常に変えています。

実際、国家に限らず、みなさん一人ひとりもその時の状況に応じて行動の仕方を変えています。
その様な柔軟性が大切だと言うことも広く言われていることです。

ところが、こと債務においては返済が困難な状況に陥っているにも関わらず、平時と同じ対応を取る人が実に多い事が分かっています。

何故なら、
それは、平時と同じ対応を取った人(会社)の多くが(自己)破産という道を辿り、事業を営んでいた人は再起不能にまで陥っているのです。

平時と同じ対応を取った結果が、(自己)破産ということになることにすら気づかずに金策に奔走し、そのまま負のスパイラルに落ち込んでいきます。

「ではどうすればいいのか?」
「借りた物は返すべきでは?」
「経営者は責任を取るべきだ!」
はい、もっともな話です。

私は、これまでのコンサルティングの中で、こうした「平時も有事も(区別など)ない!」という言葉を沢山聞いてきました。

それは当然かもしれません。
多くの人達(経営者)が、仕事(事業)における信用とは「そういうものだ」としか理解出来ていないのですから。

しかし、平時と有事とは、その状況が全く違うように、違った対応をしなければいけないのは、紛れもない事実です。

次回へつづく

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account