Search Bloguru posts

超自然への道④み言葉&ヨセフ

thread
超自然への道④み言葉&
2020年12月20日クリスマス礼拝バイリンガルメッセージ



クリスマスおめでとうございます。
今日はクリスマス礼拝です。今まで、クリスマスの話しにまつわる、超自然的な出来事と、何が私たちを超自然に導くのかということをシリーズでお伝えしてきました。
今日は、ヨセフの話しを通して、み言葉について見て行きたいと思います。

マタイMatt. 1:22
このすべての出来事は、主の預言者を通して言われた事が成就するためであった。All this took place to fulfill what the Lord had said through the prophet:

★預言の成就  
「預言者たちが語ったことが成就するためである」とあるように、クリスマスの全ての出来事、細かく分ければたくさんのことがいろいろな人に起こりましたが、それは全て、神様が昔に与えられた預言の通りになったというのです。
預言とは、神に預かった言葉という意味です。昔は、聖書もありませんでしたし、直接神との交わりもありませんでした。ごく限られた人に言葉が与えられたのでした。

特に、マタイは、ユダヤ人に向けてこの福音書を書いていたことからか、この出来事が預言の成就であったことを再三表記しています。さて、ヨセフの話しを見て行きましょう。

★ヨセフの行動と預言の成就 Joseph’s journey and fulfillment of prophecies
マタイMatt. 1:20 -23
彼がこのことを思い巡らしていたとき、主の使いが夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです。
21 マリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。」
22 このすべての出来事は、主の預言者を通して言われた事が成就するためであった。

これは、イザヤ書の預言の成就でした。
イザヤIsaiah7:14
それゆえ、主みずから、あなたがたに一つのしるしを与えられる。見よ。処女がみごもっている。そして男の子を産み、その名を『インマヌエル』と名づける。
Therefore the Lord himself shall give you a sign; Behold, a virgin shall conceive, and bear a son, and shall call his name Immanuel.

マタイMatt. 2:12 -15
それから、夢でヘロデのところへ戻るなという戒めを受けたので、別の道から自分の国へ帰って行った。13 彼らが帰って行ったとき、見よ、主の使いが夢でヨセフに現れて言った。「立って、幼子とその母を連れ、エジプトへ逃げなさい。そして、私が知らせるまで、そこにいなさい。ヘロデがこの幼子を捜し出して殺そうとしています。」
14 そこで、ヨセフは立って、夜のうちに幼子とその母を連れてエジプトに立ちのき、15 ヘロデが死ぬまでそこにいた。これは、主が預言者を通して、「わたしがエジプトから、わたしの子を呼び出した」と言われた事が成就するためであった。

エレミヤJeremiah31:15
主はこう仰せられる。「聞け。ラマで聞こえる。苦しみの嘆きと泣き声が。ラケルがその子らのために泣いている。慰められることを拒んで。子らがいなくなったので、その子らのために泣いている。」

マタイ2:13 は、ホセアと出エジプトより
ホセアHosea11:1
イスラエルが幼いころ、わたしは彼を愛し、わたしの子をエジプトから呼び出した。
“When Israel was a child, I loved him, and out of Egypt I called my son.

出エジEx. 4:22-23
そのとき、あなたはパロに言わなければならない。主はこう仰せられる。『イスラエルはわたしの子、わたしの初子である。23そこでわたしはあなたに言う。わたしの子を行かせて、わたしに仕えさせよ。もし、あなたが拒んで彼を行かせないなら、見よ、わたしはあなたの子、あなたの初子を殺す。』」Then say to Pharaoh, ‘This is what the Lord says: Israel is my firstborn son, 23 and I told you, “Let my son go, so he may worship me.” But you refused to let him go; so I will kill your firstborn son.’”

マタイMatt. 2:19 -23
ヘロデが死ぬと、見よ、主の使いが、夢でエジプトにいるヨセフに現れて、言った。
20 「立って、幼子とその母を連れて、イスラエルの地に行きなさい。幼子のいのちをつけねらっていた人たちは死にました。」21 そこで、彼は立って、幼子とその母を連れて、イスラエルの地に入った。22 しかし、アケラオが父ヘロデに代わってユダヤを治めていると聞いたので、そこに行ってとどまることを恐れた。そして、夢で戒めを受けたので、ガリラヤ地方に立ちのいた。23 そして、ナザレという町に行って住んだ。これは預言者たちを通して「この方はナザレ人と呼ばれる」と言われた事が成就するためであった。

こちらも、先ほどと同じ、ホセア11:1, 出エジ4:2, 23の成就であり、
マタイ2:22 は、イザヤ書より。
イザヤIsaiah11:1
エッサイの根株から新芽が生え、その根から若枝が出て実を結ぶ。
A shoot will come up from the stump of Jesse; from his roots a Branch will bear fruit.

★神の計画ありきThere was God’s plan
神の言葉が初めにあった。預言が昔にあったということは、神は全てを計画してくださったと言うことです。ある人は、あらかじめ決められていることに対して不快感を示します。自分で決められないのかと。。。しかし、み言葉はこういっています。
エペソEphesians 1:5
神は、ただみこころのままに、私たちをイエス・キリストによってご自分の子にしようと、愛をもってあらかじめ定めておられたのです。In love, He predestined us for adoption to sonship through Jesus Christ, in accordance with his pleasure and will—

もし、世の中に完全な愛があり、全て善意と愛により、私たちのために計画してくださる方があったら。。。。そんなにありがたいことはないのでしょうか。

神は、イエス・キリストを私たちに与えることを愛するが故に決めておられました。

★自由意志Free will
人は、その計画と自分の人生の出会いの接点を自分で持つことが許さている。神は私たちに自由意志を与えられているからです。

★ヨセフのユニークな体験 What did make Joseph’s story unique?
私達は後になって聖書を通してヨセフの人生を診ていますが、ヨセフにとっては、今、現在おきいてること自体が預言の成就だったのです。いつか起きるだろうではなく、今起きているという事態を体験している。
これ自体が大きなしるしです。神様からの確証であり、サインです。

★夢Dreams
夢見ることが昔の預言、神の計画と、今現実に起きていることをつなげていく窓口となっている。超自然のために無くてはならないものである。
旧約の時代では神からのお告げを受ける手段であった。預言者の人数も限られているし、神様と自由な交わりは無かった。
しかし、今の新約の時代は、イエス様によって、神との自由な交信、会話が開かれた。イエスの御名で祈れる。
ヨエル書 老若男女問わず夢を見ると、聖霊の注ぎがあるのが今
ヨエルJoel 2:28
その後、わたしは、わたしの霊をすべての人に注ぐ。あなたがたの息子や娘は預言し、年寄りは夢を見、若い男は幻を見る。

★まとめEncouragement

神は素晴らしい計画を人類とあなたの人生に持っておられる。なぜなら、神はあなたを愛しているからです。そして、イエス・キリストをあなたに贈られたからです。
超自然の神の愛の接点になったのは、夢、預言、すなわち神の言葉でありました。
私達がますます、神の言葉を蓄えるように、私達が、神の声を聞くことに日々心を傾けるように。
そして、もう一つは、神のご計画の流れにYesということ。
ヨハネも博士たちも、マリヤも、羊飼いたちもNoと言うことだってできました。しかし、彼らは、神の良い計画を信じてはい、といい、神のみ言葉を受け取ったのです。
そして、その通りにしてみたのです。

あなたの前に、神の愛とその計画があります。はい、と答えてみませんか。
それが、クリスマス、イエス・キリストの祝福です。
#クリスマス #礼拝

People Who Wowed This Post

超自然への道③羊飼い アドベント第三週 Supernatural③Shephard Advent 3rd week

thread
羊飼いは野で夜番中、天使が現れ... 羊飼いは野で夜番中、天使が現れて大切なお知らせを受けます
2020年12月13日日曜日礼拝


ルカ2:8-20
8 さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた。 9 すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が回りを照らしたので、彼らはひどく恐れた。10 御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。 11 きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。 12 あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。」13 すると、たちまち、その御使いといっしょに、多くの天の軍勢が現れて、神を賛美して言った。 14 「いと高き所に、栄光が、神にあるように。地の上に、平和が、御心にかなう人々にあるように。」 15 御使いたちが彼らを離れて天に帰ったとき、羊飼いたちは互いに話し合った。「さあ、ベツレヘムに行って、主が私たちに知らせてくださったこの出来事を見て来よう。」 16 そして急いで行って、マリヤとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみどりごとを捜し当てた。 17 それを見たとき、羊飼いたちは、この幼子について告げられたことを知らせた。18 それを聞いた人たちはみな、羊飼いの話したことに驚いた。19 しかしマリヤは、これらのことをすべて心に納めて、思いを巡らしていた。20 羊飼いたちは、見聞きしたことが、全部御使いの話のとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。

羊飼いのクリスマスの超自然的な体験とは何だったでしょうか。それは、キリストの誕生の知らせを受けたことでした。羊飼いたちは、どんな人たちだったのでしょうか。また、羊飼いは、この超自然的な出来事でどのように変わったのでしょうか?

① 仕事中であった During Work
羊飼いたちが野宿をして羊の番をしているとき、天使たちが夜中にやってきて

私は今週、羊飼いたちがどんな気持ちだっただろうって思いを巡らしてみました。羊飼いは野番をしていたとあります。羊飼いたちは昼夜ずっと羊を野で守る役割をしています。草を求めて野宿をするので、彼らはユダヤ人であったも、必ずしも宗教行事に参加したり、宗教教育をしっかり受けるようなチャンスもなかったようです。
ですから、社会の中でも低く見られ、軽蔑されていたようです。大切な、宮での子羊の捧げものを育ててる人たちなのに。。。
過酷な野原、旅の中で、空を見上げて神様を思っていたのか。
家や家族から離れて、家族はどうしているかと思ってたのか。。。空を見上げて、祈りながら、夜番をしていたのでしょう。
そんな時、天使が突然に現れたのです。

 ② 良い知らせが必要であった Needing a Good News
そんな羊飼いに、救い主の誕生という、最も素晴らしい知らせが最初に届けられたのです。
先ほども言いましたが、羊飼いは、卑しい身分とされていた。しかし、この良い知らせは、高い教育を受けている宗教学者たちでもなく、尊敬されてもいない羊飼いに真っ先にとどけられたのでした。
私達は、あまりにも宗教的になりすぎてしまう。定めに全て従い、全ての行事に参加して等々。もちろんそのような人たち、ゼカリヤや忠実なコルネリオ、旧約のヨブも神に信頼されていました。しかし、神は外側よりも心を見ます。

羊飼いの心、信仰は神様に認められていたのです。

人の考えでは、全世界のための素晴らしいお知らせ、今なら、人々の命を救うコロナのワクチンが完成した何てお知らせは、真っ先に大統領や、総理大臣に行くのです。
しかし、神というお方は、地位やすでに持っている影響力ではなく、一番良い知らせに共感できる人、一番その知らせが必要な人、一番神の働きができる人に届けられるのです。

あなたに教育が無くても、影響力が無くても、仕事が忙しくて毎週教会に行けなくても、関係ない、あなたの心が神を信じているかによるのです。。。
私達の中にも野にある羊飼い、過酷な状況の中でも、孤独ながらも神を信じ救い主を求めている人がいるのではないでしょうか。

不思議ではありせんか。
しかし、考えてみると聖書は、一貫して言っています。
1コリントCorinthians 1:28 また、この世の取るに足りない者や見下されている者を、神は選ばれました。すなわち、有るものをない者のようにするため、無に等しいものを選ばれたのです。and the base things of the world and the things which are despised God has chosen, and the things which are not, to bring to nothing the things that are,

●神による昇進 God’s Promotion
神の知らせに応答することと、神の奇跡を体験することは
人の独自性を変え、そして高く上げられるということがクリスマスの出来事に含まれていますね。エリザベツも、不妊の女から旧約最後の大予言者の母となり、ザカリヤもその知らせを受けるために、大切な祭司の一世一代のお役目に選ばれました。マリヤも、若い娘でしたが、その地位は、救い主を身ごもった産みの母とし圧倒的に神によって持ち上げられました。

★神のやり方-- 証人とする God’s way is to make His witness
羊飼いは地位が低く社会的信頼度が低かったので、法廷で証人として立つような資格はありませんでした。神は、そんな羊飼いを一番初めのキリストの証人にしたのです。
神にある影響力、地位というのは、自分で何か大きいもの、ミニストリーを立ち上げることではありません。若い時は、分かりませんでした。もっと大きなミニストリー、教会、もっと遠くの国に行く、もっと大勢の人を集める、有名な説教者になる、というようなことが神に大きく用いられていることかのように思っていました。しかし、このクリスマスの物語から学のはそうではないと言う事。
むしろ、神の働きを目撃することにあります。神の働きの証人となることが私たちの働きなのです。自分の御国を建てあげることではなく、神の働きを毎日どれだけ目撃しているか、というこです。

★ 羊飼いはイエス様の誕生のお知らせを受けてどうしたのでしょうか。
What did Shephard do?
① すぐに信じた Believed
   --- その信仰が喜びをもたらした。彼らは喜びに満ちて、わくわくした
  羊飼いは素直でした。恐れましたが、それが神からのメッセージだとすぐに受け取りました。すると、まだ見てないうちから心がワクワクし、喜びました。
信仰は、希望その物です。信じる時、すでに喜びが与えられるのです。信じましょう。

② 早速、本当かどうか見に行こうと、急いで見に行った Went to see right away!
  信仰とは、すぐに行動を起こします。アブラハムも朝早く、イサクを捧げるために出かけました。それは、確信の大きさも示しているのです。心にはっきりしているから、今、行くのです。今、従うのです。あなたにははっきりした確信が心にありますか。 

③ 目で確かめたことを、人々に伝えた Spread the word
  彼は、出かけてみて、それが本当で会ったことを確認したのです。証人となりました。こんな嬉しい知らせの証人となったので、人に伝えずにはいられないのです。
みなさん、伝道は、自分から生み出すものではないのです。すばらしいから、話さずには入れない。すばらしいから、みんなにも知って欲しいのです。

④ 神をますます賛美し礼拝した Praised and Worshiped more
  彼らは、今までも神を賛美し、職場である野原で、昼も夜も忠実に働きながら神を礼拝していました。宮には行けませんでした。
そんな彼らは、証人となり、ますます神を賛美し、礼拝したのです。
これは、新約のイエス様がもたらした礼拝を表しているかのようです。
もう、礼拝する場所は関係なくなる。霊とまことにより、礼拝する人を父はさがしている、と。キリストの証人は消すことの出来ないよろこびと確信が心に生まれ、儀式によるのではなく、動物の捧げものによるのではなく、その場でいつでも礼拝者となるのです。

これらの四つのことは、クリスチャン生活を現すようです。

★まとめ Summary
さあ、あなたは、荒野にいるような気持ちですか、孤独ですか、人に下に見られていますか、なかなか教会に行けないことを後ろめたく思っていますか。。。
これはあなたへのメッセージです。
神はおられます。
神は良い知らせをあなたにもたらしています。
イエス・キリストという方があなたを救うことが出来る、ということです。
今日、その良い知らせを心に受け入れてみませんか。
恐れなくてもいいのです。

祈り

#クリスマス #礼拝

People Who Wowed This Post

超自然への道②マリア アドベント第二週

thread
マリアに天使が現れて、受胎告知... マリアに天使が現れて、受胎告知のシーン

2020年12月 6日日曜日バイリンガル礼拝メッセージ


人間界ではありえないことが、クリスマスのためにおきました。それは、一つではありません。先週は、イエス様の道ぞなえをしたバプテスマのヨハネの誕生秘話からお話ししました。今日は、イエス様を身ごもったマリヤを中心に見て行こうと思います。

ルカLuke 1:28-38
28 御使いは、入って来ると、マリヤに言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」29 しかし、マリヤはこのことばに、ひどくとまどって、これはいったい何のあいさつかと考え込んだ。30 すると御使いが言った。「こわがることはない。マリヤ。あなたは神から恵みを受けたのです。31 ご覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。名をイエスとつけなさい。32 その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます。また、神である主は彼にその父ダビデの王位をお与えになります。33 彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国は終わることがありません。」34 そこで、マリヤは御使いに言った。「どうしてそのようなことになりえましょう。私はまだ男の人を知りませんのに。」35 御使いは答えて言った。「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます。36 ご覧なさい。あなたの親類のエリサベツも、あの年になって男の子を宿しています。不妊の女といわれていた人なのに、今はもう六か月です。37 神にとって不可能なことは一つもありません。」38 マリヤは言った。「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」こうして御使いは彼女から去って行った。

私の周りにも、クリスチャンになろうか迷っている人の中に、どうしても処女降誕が信じられないと言う方々がおられます。
キリスト教の正しさを主張する時、異端ではないという証拠に、処女降誕を信じているという条件があるほどに、クリスチャンにとって処女降誕の意味は重大なものです。

★なぜ、イエスの処女降誕がそんなに大切なのか。Why Virgin Birth so important?
●アダムとエバAdam & Eve
アダムは地のちりから作られた、またエバはアダムのあばら骨から。神ご自身が創造された。
彼らは、神の言葉に従わず、罪の性質が入った。この罪は、その子たちにカインとアベルに、そして子々孫々受け継がれた。

●罪の問題 Sin
罪が入って救いが必要になった。また、罪は子々孫々引き継がれていった。血の中に、遺伝するようになった。いかに人の性質というものは、血を通して次の世代に引き継がれることか。。子供たちは嘘をつくように教えられてないうちから、言葉を習う前から嘘をつくようになる。

●救いと旧約の礼拝はイエス様の型 Salvation and Old Testament’s worship is type of Jesus Christ
動物の生け贄
これは、やがて来る救い主イエス・キリストを指し示す型であった。
ですから、罪もない、シミもない方が来られ、その人が人々の罪の身代わりとなって死ぬときに、人々は悟らなければならないのです。

●人類への預言の成就であった The fulfillment of prophecy
「処女降誕」それはイエス様が生まれる前、BC700年に預言されていました。
イザヤIsaiah 7:14
それゆえ、主みずから、あなたがたに一つのしるしを与えられる。見よ。処女がみごもっている。そして男の子を産み、その名を『インマヌエル』と名づける。
Therefore the Lord himself will give you a sign: The virgin will conceive and give birth to a son, and will call him Immanuel.

●完全な人であり、完全な神であった100%God and 100% man
イエス様は罪の無い人間として生まれなければならなかった。
傷のない神の小羊だから。
マリヤには罪があった。しかし、イエス様は聖霊の働きによって、マリヤの胎に宿る。皆さん、胎盤は、誰のものですか。赤ちゃんのものです。胎の中の血と母の血は混じらない。胎児は、胎盤の母親の血液から栄養と酸素をもらう。しかし、胎児と母親の血液は混ざることはない。胎盤ではお母さんの血管と赤ちゃんの血管はつながっておらず、接しているだけなので、お母さんの血球と赤ちゃんの血球が移動することはありません。

イエス様は、完全な神であり、完全な人である、人類にとって待望の救い主をこの世に産まれさせる大変な奇跡の一端を担った。

●あなたをおおい Hovering over
ルカLuke1:35 あなたの上に臨み
御使いは答えて言った。「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、生れる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます。
The angel answered, “The Holy Spirit will come on you, and the power of the Most High will overshadow you. So the holy one to be born will be called the Son of God.

このovershadow おおうと言う言葉は、創世記一章の天地創造の際、神の霊が水の上を動いていた。という、hovering over という言葉と同じ言葉です。

創世記Genesis 1: 2
地は茫漠として何もなかった。やみが大水の上にあり、神の霊が水の上を動いていた。Now the earth was formless and empty, darkness was over the surface of the deep, and the Spirit of God was hovering over the waters.

すなわち、聖霊により創造の御業が行われていたということです。

★マリヤの超自然へのアクセス Mary’s access to the supernatural
メッセージを聞いた時
頭で、分からないながらも
お言葉通りになりますようにと受け入れた = Acceptance of God’s word as it is.

v38 マリヤは言った。「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」“I am the Lord’s servant,” Mary answered. “May your word to me be fulfilled.” Then the angel left her.

人は、頭で理解することにこだわります。分かってからでないと信じられないとよく言いますし、また頭で分かっていないことで、自分を十分でないと裁きます。そして、勝手に自分は神にとって十分な存在ではないと、思い込んでしまいます。
しかし、神の奇跡は人の思いをはるかに超えています。
もともと神のなさることを私たちが理解できるものではありません。

マリヤは、私たちに今日、自分の身に起きたことを証ししてくれています。また勧めをしてくれています。
今日、あなたに神様のご計画がなりますように。
あなたは、神の御働きの一部です。あなたには召しがあり、神からの賜物があります。
神様からのメッセージを聞くとき、
一体どのようにして?
と思いますが、そのどのように、を横に置いて
神様を信じましょう。
#クリスマス #礼拝

People Who Wowed This Post

超自然への入り口① アドベント第一週

thread
神の宮で奉仕中に天使から大切な... 神の宮で奉仕中に天使から大切な知らせを受けるザカリヤ

2020年 11月29日日曜日バイリンガル礼拝メッセージ



今日からアドベントです。クリスマスを思う時に、クリスマスとは奇跡に満ちているなぁ。ということです。私たちは、神の奇跡なしには生きて行けません。私の生まれたことも奇跡です。奇跡とは、神の手にかかってのみ起こることであり、超自然であります。超自然とは、人手によらず、人の知恵や科学などどんな学問によっても解明することが出来ないできごとであります。
アドベントで、この奇跡、超自然通ずる道について見て行きたいと思います。
今日は、ゼカリヤとエリザベツの話しです。

ルカLuke 1:5-17
ユダヤの王ヘロデの時に、アビヤの組の者でザカリヤという祭司がいた。彼の妻はアロンの子孫で、名をエリサベツといった。6 ふたりとも、神の御前に正しく、主のすべての戒めと定めを落度なく踏み行っていた。7 エリサベツは不妊の女だったので、彼らには子がなく、ふたりとももう年をとっていた。8 さて、ザカリヤは、自分の組が当番で、神の御前に祭司の務めをしていたが、9 祭司職の習慣によって、くじを引いたところ、主の神殿に入って香をたくことになった。10 彼が香をたく間、大ぜいの民はみな、外で祈っていた。11 ところが、主の使いが彼に現れて、香壇の右に立った。12 これを見たザカリヤは不安を覚え、恐怖に襲われた。13 御使いは彼に言った。「こわがることはない。ザカリヤ。あなたの願いが聞かれたのです。あなたの妻エリサベツは男の子を産みます。名をヨハネとつけなさい。14 その子はあなたにとって喜びとなり楽しみとなり、多くの人もその誕生を喜びます。15 彼は主の御前にすぐれた者となるからです。彼は、ぶどう酒も強い酒も飲まず、まだ母の胎内にあるときから聖霊にみたされ、16 そしてイスラエルの多くの子らを、彼らの神である主に立ち返らせます。17 彼こそ、エリヤの霊と力で主の前ぶれをし、父たちの心を子どもたちに向けさせ、逆らう者を義人の心に立ち戻らせ、こうして、整えられた民を主のために用意するのです。」

★祭司について Being a Priest
 ザカリヤは祭司でした。祭司とは、神様と人との間にあって、とりなし手としての職務が与えられていました。その職務は大きく二つあり、一つは、民を代表して、神様にいけにえをささげるということ。もう一つは、民に、神の契約や律法を教えるということです。
 ザカリヤの妻は、エリサベツとあります。彼女は、「アロンの子孫で」とありますように、祭司の家系でありました。すなわち、二人とも神に仕えるように生まれついたカップルということが出来ると思います。

★自分の意志で By their choice
私達は自分で生まれてくる家族は選べませんが、生き方は自分で選びます。この二人は、敬虔に生きることを選んだのでした。
 二人は、「ふたりとも、神の御前に正しく、主のすべての戒めと定めを落度なく踏み行なっていた。」Both of them were righteous in the sight of God, observing all the Lord’s commands and decrees blamelessly.(6節)とありますように、神様の前に、どうあるべきかを意識して、正しく生きていた夫婦でした。

★超自然の始まりは試練から Supernatural started with a difficulty
 ところが、そんな二人ではありましたが、子どもがいなかったのです。妻のエリザベツは不妊の女であり、しかも、二人はもう年をとっていたと言うのです。
 子どもがいないということは、現代においても辛い現実だと思います。子がいないということは、当時「恥」だったのです。さらに、祭司職は世襲制でありました ので、子がいないということは、家業が断絶するということを意味しました。また、ラビたちは神から放逐される例を七つ挙げ、その第一が、妻のないもの、または子どものいないものとされた。

 このように、彼らの置かれている現実は、まことに厳しいものでした。しかし、彼らは、愚痴や不平や不満を言うことなく、自分の置かれている境遇を嘆くこ となく、ただひたすら、神様の御前に正しく生きる事を求めました。また、求めるだけでなく、主のすべての戒めと定めを落度なく踏み行なっていました。6節 には、「ふたりとも」とあるように、ザカリヤだけではなく、エリサベツだけでもなく、「ふたりとも」であります。

★敬虔さと忍耐が超自然の入り口に Piety and Perseverance was the access to the supernatural
 このように、何の希望の見えない現実が続いていました。しかし、神様の側ではすばらしい計画が備えられていたのです。彼は、ラビとしての家系が途絶え、ラビ職を失っても仕方がない境遇でした。子供がいないのですから。しかし、神は、そんなカップルを選びました。

それは、聖書にわざわざ書かれているように。彼らが長年の間、試練にも関わらず、敬虔な生き方をしていたからでした。今あなたはどのような状況にいますか。こんなはずではなかったーという思いをしていますか。自分の理想とかけ離れたところにいますか、予期しない試練にいますか。それでもなお、神を信じ、敬虔に、忠実に生きることを選びますか。

〇聖書には長い間忠実に神と歩む人が出てくる。Many pious people in Bible
アンナも、夫を亡くして60年間ずっと忠実に宮で祈り、仕えていた。そんなアンナは赤ちゃんイエス様に出会うことが出来た。ヨブも何もかも失い、病で身体がぼろぼろとなり、長い間苦しんだが、信仰を捨てることはせず、最後には二倍に祝福された。

★超自然① Supernatural 1
そんなザカリヤがある日、くじによって大切な役目に抜擢されます。くじは、人が選んだのではなく、神によってえらばれるということの象徴です。
その日が、突然来たのです。祭司は二万人いましたから、一生涯なんの奉仕にも当たらずに死んでいく祭司もありました。祭司がみな当たるとは限らないこの役目にあたったのです。その突然がいつ来るのか私たちは分かりません。

神殿でささげる祭司の務めには、4つ、全焼 のいけにえをささげるという役、穀物のささげものをささげる役、至聖所の火を守る役、そして最後が、香をささげる役でありました。この4つの務めの中で も、香をたく務めは、最も栄誉ある務めとされており、一度香をささげた者は、二度と同じ務めを果たすことができないとされていました。

★超自然② Supernatural 2
 彼に対する神様の奇跡は、それだけではありませんでした。それは、妻エリサベツが男の子を産むということです。13節以降には、御使いによって語られ た、約束の言葉が記されています。「こわがることはない。ザカリヤ。あなたの願いが聞かれたのです。あなたの妻エリサベツは男の子を産みます。名をヨハネ とつけなさい。その子はあなたにとって喜びとなり楽しみとなり、多くの人もその誕生を喜びます。」But the angel said to him: “Do not be afraid, Zechariah; your prayer has been heard. Your wife Elizabeth will bear you a son, and you are to call him John. 14 He will be a joy and delight to you, and many will rejoice because of his birth,
とあります。このヨハネこそ、バプテスマのヨハネ。主イ エス・キリストの道備えをする人物です。

★超自然③ Supernatural 3
不思議なことが起きました。口が利けなくなのました。1:18-20ザカリヤは、信じられないと口にします。信じれないから口を利けなくすると言われました。
ルカLuke 1:18-20
18 そこで、ザカリヤは御使いに言った。「私は何によってそれを知ることができましょうか。私ももう年寄りですし、妻も年をとっております。」19 御使いは答えて言った。「私は神の御前に立つガブリエルです。あなたに話をし、この喜びのおとずれを伝えるように遣わされているのです。20 ですから、見なさい。これらのことが起こる日までは、あなたは、ものが言えず、話せなくなります。私のことばを信じなかったからです。私のことばは、その時が来れば実現します。」

ザカリヤは、神によって口がきけなくなり、これが、自分と妻との間の証しになるだけではなく、彼を知るすべての人への証しとなりました。彼は、もともと、長く神を信頼し、忠実に神に仕えてきたからこそ、その口がきけなくなるという最後のしるし、テストにも耐えることが出来ました。
彼は、子供ができないと悩んでいた時も忠実に、子供の約束があり、妻のお腹が大きくなるのを見ながらも、口がきけないと言う状態でも忠実にあることが出来ました。

★神は生きておられ、あなたを顧みられる God is alive and will reward you
みなさん、くじにあたり、誰もができないような祭司の働きをすることはとてもセンセーショナルに見えるかも知れません。しかし、特別だから選ばれたのではありません。特別だったとしたら、彼らは忠実にどんな時も神に信頼して、こつこつ毎日忠実に神に仕えていたことでした。

今日、もう一度このアドベントに神を待ち望みましょう。
神の前に忠実に。あなたの願いや思いがどこにあるにしろ、どんなに長い間待ってるかに関わらず、神の前に出ましょう。そして、神に従い続ける決心をしましょう。それが、超自然への道を開くのです。







#クリスマス #礼拝

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account