Search Bloguru posts

はじめての日本のお風呂

thread
はじめての日本のお風呂 はじめての日本のお風呂





日本で40年間以上宣教師として尊い御用をされたドロシー・ラバツウ先生の回想録です。

私が聖書学院を卒業したのが23歳の時。

卒業と同時に遣わされた最初の任命地が三重県大台町にある錦キリスト教会でした。

そこで一人で伝道されていらっしゃっるのが教団最高齢の73歳になっていらっしゃったドロシー先生でした。

教団最若輩だった私はそこで7年間働きましたので、ドロシー先生が80歳になるまで共に生活し伝道したことになります。

本の題名は「人生は80歳から始まる」。

確かに年齢を感じさせないバイタリティー溢れる体力と気力とに満ちておられた先生でした。

私との共同牧会伝道期間は助走期間に過ぎず、その後から先生の本格的な宣教師人生が始まったのですね。

今回初めてこの回想録を手にすることが出来て、ドロシー先生という稀有な宣教師を生み出したその背景を垣間見ることが出来たのは実に祝福となりました。

まるで宝物を探し当てたように興奮しながら原書のページをめくっています。

皆様にもその全てでは無いですが、ハイライトと思えるところを紹介します。


その第17回目から本書の第二章に入ります。
川崎での住居を定めてから慣れない田舎伝道へと出かけられます。




第二章




日本到着から山形での働きと生活まで

"見よ。わたしは、使いをあなたの前に遣わし、道中あなたを守り、わたしが備えた場所にあなたを導く。"
出エジプト記 23章20節



田舎伝道



1959年9月23日、日本に無事に到着した日のことです。
既に賃貸の申請は終えていたのでしたがシェルホン先生ご夫妻が居住しているアパートメント建物にある一室は、まだ誰も入居できる状態ではありませんでした。

そこでシェルホンご夫妻は気前よくも彼らの小さなアパートメントに私を同居させてくれました。私は六畳の部屋に寝たのですが彼らは小さなキッチンに寝ました。あんな小さなスペースにどうやって二人が収まったのか、今日まで謎のままです。

神様は真実なお方で、ご自身の約束を確かに守られるお方です。
私は見えるところによらず、信仰によって歩むことを学びました。

日本に到着してから間もない頃、川崎キリスト教会のある若いご夫妻が私を彼らの田舎にある実家に招いてくれました。私は彼らの申し出を躊躇なく受け入れ、すっかり興奮に満たされました。

私の最初の伝道旅行が始まろうとしているのです。私は喜んで私のカバンに、読むこともできないまして説明することもできない日本語のトラクトを詰め込みました。

その頃にはシェルホンご夫妻のアパートメントの隣の部屋が使用可能となりました。
主が私のために場所を備えてくださったのですが、私はとても忙しくその田舎から帰ってくるまでは入居できませんでした。

私の旅は満員電車での夜行となりまして、そこには生の興行までありました(酔っ払いの騒がしい行状のことです)。そしてその旅の最終段階は山道をテクテクと歩くと言うものでした。



初めての”実際的”オリエンテーション



誰も私にどのような心構えで、どのように行動すれば良いかを教えてくれる人はいなかったのですから、私は最初から未経験のまま実際的なオリエンテーションに晒されたのでした。

時に収穫の季節でした。私はリンゴ摘みを手伝いました。私は水田の歩き方を知らなかったこともここに記録しておきます。私は泥の中に沈んでしまい、手を引いて助け出してもらわねばならなかったのです。このように私の助けとなってくださる方はその地に一人もいませんでした。

ただし、気前の良いホストファミリーによって私はまるで女王様のように扱われました。
お客様として私は一番風呂をいただいたのです。

私にはお風呂の入り方が分かりません。先ず石鹸をつけて体を洗い、そしてその石鹸を流し終えた後に熱いお湯の張ってある木製の風呂に首まで浸かるのが日本式です。私はこの二番目のステップを飛ばしてしまってお湯を台無しにしてしまいました。

おじいさんが火を焚いて全ての家族の方が使うはずのお風呂のお湯だったのですが、私一人で泡だらけとなったお湯はもはや誰も使うことはできませんでした。
私には持ってきた全てのトラクトを配るチャンスが与えられました。
それはその田舎の学校での運動会の時でした。

その地域の全ての人々はこの大行事に参加しているようでした。私はといえば、まるで空から突然降ってきたような存在でした。私はいきなり人々からの強烈な注目を集めました。多分町の多くの人々にとって最初に見る外国人だったのでしょう。

お昼になったとき、私のホストファミリーは食べ切れないほどの十分なお弁当を用意されたのですが、多くの人々は彼らの弁当を私に差し出しに来られました。後にも先にも見たことがないほどのとても巨大なおにぎりまでいただきました。

ですが伝道師として私ができた事は、ただトラクト配ることだけです。ある小さなご高齢のご婦人は話ができない私に、そのトラクトについて何やら聞いてきたのです。

川崎に帰る時、私は最低限日本語で証しができるぐらいまではしっかり日本語を学ばなくてはならないと固く決意しました。



People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
Commenting on this post has been disabled.