Search Bloguru posts

進められて行ったコンサート音楽伝道

thread
錦の公園での子供集会 錦の公園での子供集会 新会堂前にて 新会堂前にて



日本で40年間以上宣教師として尊い御用をされたドロシー・ラバツウ先生の回想録です。

私が聖書学院を卒業したのが23歳の時。

卒業と同時に遣わされた最初の任命地が三重県大台町にある錦キリスト教会でした。

そこで一人で伝道されていらっしゃっるのが教団最高齢の73歳になっていらっしゃったドロシー先生でした。

教団最若輩だった私はそこで7年間働きましたので、ドロシー先生が80歳になるまで共に生活し伝道したことになります。

本の題名は「人生は80歳から始まる」。

確かに年齢を感じさせないバイタリティー溢れる体力と気力とに満ちておられた先生でした。

私との共同牧会伝道期間は助走期間に過ぎず、その後から先生の本格的な宣教師人生が始まったのですね。

今回初めてこの回想録を手にすることが出来て、ドロシー先生という稀有な宣教師を生み出したその背景を垣間見ることが出来たのは実に祝福となりました。

まるで宝物を探し当てたように興奮しながら原書のページをめくっています。

皆様にもその全てでは無いですが、ハイライトと思えるところを紹介します。


その第30回目は、音楽コンサートを繰り広げながら開拓伝道を推進していかれた様子です。








村の小さき教会



タワーを除いて、十日以内で建物自体は立て上げられました。
子供さんや青年たちはそれを見て、とっても喜んでくれました。
まさに私どもの教会堂とは、内も外も「村の小さき教会」です。

その献堂式礼拝では20人もの中学生男子が賛美歌の「村の小さき教会」を英語で歌ってくれました。その学校の中学教師は、バッハの曲からフルート演奏してくれました。

多くのお祝いの言葉や特別賛美があり、シェルホン先生はご自分の説教時間が残されているだろうか、と危ぶんだほどです。

資金が有り余ったことについては驚かないでください。
郵便物を整理する時間がなかったですので、後日になって机の引き出しの中に一枚の小切手が残されていたのに気付きました。

この建築に大反対していたあの理事は、後になってお出でくださり、この小さな村の教会のためにベンチを作ってくださいました。さらに現在の白い教会堂の為にも、またベンチを作るためにおいでくださいました。

空調設備については何ら費用は発生していません。
それはたいそうひどいものでした。

通常の空調とは真逆に働いて、夏には蒸し風呂ように暑く、冬には氷のように冷え切ってしまいます。早天祈祷会の前には凍てついた水道管から水を抜き取る作業をしなくてはなりません。
そこで私たちが主の前に出てくる時には、既に目もバッチリと開いて覚醒の状態となった次第です。

建築作業が進む間、柏崎近くにある製材会社の所有者と知り合う機会がありました。
その所有者の奥様は、「どうせなら錦と柏崎の間にある錦峠を越えたあたりに教会堂をお建てになったらどうでしょうか」と聞いて来られました。

そんなこともあって、やがて英語と聖書クラスを柏崎にある彼らのコテージで開くことになるのです。



柏崎伝道



錦だけでも私には充分で広い町ですが、そのさらなるチャレンジを受け入れました。
そこで大人のためのバイブルクラスを開くこととなったのです。

そのような準備がなされているときでした。その家のご主人が悲劇の事故に遭われたのです。
山中で木を伐採してるときにピンと張られたケーブルロープが突然緩んで弾け、彼の腹部を直撃したのでした。私はただ主に「どうしてです」かと聞く他ありませんでした。

私は本部に対して働きのための助手を求めたことはありませんが、充てがわれて拒んだこともありません。
錦に来られて、また去って行かれる伝道師の方々が幾人か続きました。

一方で、主は錦教会に新しく生まれるクリスチャンを起こして下さっていました。
そのような私たちの中からは、熱い心を持った賜物ある助け手たちが大家族のようになって共に働いたのです。

私たちは共に祈り、共に物事を決めて行き、そして共に働きました。








キリストが選び出された教会スタッフ



ある時、特別集会のポスター作りに五組ののクリスチャン家族が励んでくれた時がありました。彼らはそのデザインを描く作業にあまりに夢中となっていたため、ちびっこちゃんたちが畳の上に落書きをしているのに気がつかなかったのです。ちびっこちゃんたちもまた、彼らなりにデザインのお手伝いをしてくれていたのに違いはないのでしたが。

ドクター上野は優れたデザイナーでして、原案を発案してはポスターやチラシに素敵なデザインを描いてくれました。
印刷も自分たちでやりくりしますが、私もそのポスター作りには奮闘しました。

彼の奥様は熟達された音楽家でいらして、結成されたばかりの小さなコーラス隊を指導してくれました。私がオルガンを演奏し、だんだんとコーラス隊に人数が集まってくるとヘンデルのハレルヤコーラスを歌う練習をするまでになりました。

あるアメリカの教会からの厚意で、愛する方が天に召された記念として捧げられ贈られたハンドベル・セットは、私どもの音楽活動に弾みをつけてくれました。

伝道師が教会においでにならないときには、教会員が協力して週報作りに励みました 。
水曜日夜の祈祷会の時間までに、私がすべての原稿を用意しておきます。
すると、当番となった教会員は謄写版印刷のためのガリ切りに励んでくれるのです。
彼らは週ごとの当番制で順番に役割を担ってくれました。



協力を惜しまないクリスチャン家庭



ある年のクリスマスと新年の特別集会のためには、膨大な印刷物を必要としました。
私はある部分の印刷をプロの業者に依頼してはどうか、と聞いてみたのです。
しかし誰もがその意見に賛成せず、自分たちで作った方が良いものができる、と異口同音に言うのです。そこで私たちは皆、そのことに賛成し、ただひたすら働いて、また祈りました。

その集会直前となると、ほとんど徹夜で働いたこともあります。
そんな時、私どもの心までもがその印刷物と一緒に溶かされて行くような疲れを感じたこともありました。

その頃と比べると、現在私たちのすることと言ったら、コピー機の電源をオンにし、印刷枚数をセットし、後はスタートボタンを押すだけですよね。

協力について言えば、私は教会員に対して、決して依頼をした事はありません。
彼らが自主的に計画を立ててくれたのです。

私たちは皆でポスターを作り、それを町中に貼り出しに行き、そしてトラクトもまた共に配りました。今の時代は、私たちは何をするにもアピールから始めます。
協力作業のために、祈祷会出席のために、また礼拝出席のためのアピールをしなくてはなりません。
「もし毎週来ることができないのなら、少なくとも月に一度はおいで下さい」という感じですね。

私たちは自分から出て行くよりも、人を教会にかき集めることにより大きな意義を見出しているのではないでしょうか。
もし教会が霊的なお祭り(喜びと活発さ)の状態であれば、霊的に空腹な人達が祝福を求めて自らやってくるに違いない私は確信しています。

こんなことをある牧師に言ってみたところ、彼はこんなふうに答えてくれました。
「先生の好きなようにしても良いですが、成功はおぼつかないと思います」と。



時が良くても時が悪くても、引き続き植え続けて



もう一人の牧師は、特別集会のトラクト配布のために人員要請する段になって、こんな風にも言っておられました。結果については多くを期待あいてはならない、と。
「多分、新しい人が来ても二名か三名程のことでしょう」ですって。


"風を警戒している人は種を蒔かない。雨雲を見ている人は刈り入れをしない。"
(伝道者の書 11章4節)

"朝にあなたの種を蒔け。夕方にも手を休めてはいけない。あなたは、あれかこれかどちらが成功するのか、あるいは両方とも同じようにうまくいくのかを知らないのだから。"
(伝道者の書 11章6節)

皆さんは、アメリカンインディアンがコーンの種を蒔く時、常に三種類の種を蒔いているという話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

一つは、カラスのために。
もう一つは、野ネズミのために。
そして今一つが、えインディアン自身のために。



大コンサート


私どもが企画した最も大きなイベントの一つは、有名ミュージシャングループによるコンサートでした。20名ほどにもなるそのグループの中には、テレビに出演している有名人やラジオでのスターなどもいらっしゃいました。

監督の一人が私に電話をかけてきて下さり、私たちが彼らを招く興味があるのか聞いてこられました。もしそうなら、ステージのギャラ料金表を送るとのことでした。これは彼らが通常、コンサート・チケットの販売を開始する手法でした。

錦教会では、このような方法で物事を運ぼうとはしません。
私たちは神様の驚くべき恵みを値なしで頂戴したのですから、神様の恵みを他の全ての人々にも値なしでお届けしなくてはならない、と感じるからです。

もしそのミュージックグループが無料コンサートに同意をされるなら、私どもは喜んで全ての事をお世話する約束をしました。すなわち、あらゆる準備、宣伝広告、そして宿泊食事費用などを教会が責任を持って提供するというものです。

私たちは町にある最大収容人数の施設である老人福祉センターのホールをお借りしました。
当時の錦町にはおよそ三千人強の人口があるとされていましたが、その内の約800名の入場者が与えられ、500名ほどがゲストブックに記帳して下さいました。

夕食には全てのスタッフメンバーを教会堂にお招きして、ホームメイドの料理を振る舞いました。宿泊は幾人もの教会員のご自宅に分散して、それぞれ泊まってもらいました。
それぞれのご家庭へと分散して出掛ける直前まで、全てのメンバーは、教会堂に会して交友とデザートなどを心行くまで楽しんでいました。

彼らはそれぞれ異口同音に、こんな小さな田舎の教会が、これだけのコンサートイベントを運営できることに驚いた事を口にされていました。
それは私たちがしたことではなく、主ご自身が私たちを祝福されて、主の忠実な僕たちに豊かな報いをお与えてくださったがゆえに可能となった事なのですが。



延長されたプログラムと激怒の管理人



錦教会は、音楽の賜物のある方々で祝福をいただいていました。
クリスマスの喜びを、錦の町全体にお届けしようと、私どもは決意していました。
日本のチャーチオブゴッドから伊藤文枝先生をソリストとしてお招きして、クリスマスの特別音楽集会を計画しました。

そこで、最も収容人数の大きい老人福祉センターを再び使用する許可もいただきました。
私どものプログラムは予定時間よりもかなり超過してしまったところ、管理人はひどく怒りをあらわにするのです。

そこで全てのプログラムを終えないまま、とにかくその会場を追い出されるようにして退出せねばならなくなりました。それは実に、終了セレモニーを踏まないままの、打ち切りでした。

さらに、どんなに私どもがお詫びを重ねても、その管理人の怒りは静まりません。
怒号が飛び交う中、どうしたことか私は自分の車の鍵を見つけることができなかったのです。
そこで自分の車をそのセンターの駐車場に置き去りにしたまま、とにかく飛び出して帰宅しました。

翌日、私は大きな深呼吸をしなながら平和を祈りつつ、再びあの管理人とお会いしました。
彼の怒りはすでに収まっていて、私への気遣いを感じさせる程でしたので、落ち着いた会話ができました。その中で、かつて彼はキリスト教との接触を持ったことも知りました。

私は彼に、昨日の混乱にもめげずに将来もこの会場を使用したいこと、そして会場使用のルールについては事前に私どもに知らせて下さるようにとお願いしました。

どんな反対を受けようとも、私どもの喜び、生きる希望と確信ある生き方について、ぜひとも町の全ての人々にお伝えしたいと願っています。




増築された牧師館




チャーチオブゴッド本部としては、牧師とその家族とを新たに錦教会に送ろうと計画しました。
そこで私どもはこの小さな教会堂に接続する牧師館を建てることにしました。建築献金がすぐに始められました。ところがその後、その牧師は来ないことになったのです。

それでも建設資金はかなりの額が達成していましたので、計画通りに増築工事を始めることとなりました。まもなくフィンキーさんらが来られるし、子供夏季キャンプがありますが、果たしてその時まで工事は完成するでしょうか。時間は短く、予算は限られています。

私は地元の建築業者に急いで依頼せねばならない、と感じたのです。
私どもが自宅で食事をする時、私の座る席からその建築会社を見ることができます。その時いつも、性急に対処するように促されていると感じました。

共にいた日本人伝道師には何も告げないまま、私はその促しに従って建築業者のところに行きました。外国人としての私は、新たな事態に向き合う時、常に事前にスピーチを準備しておきます。
今でも私はその内容を、一字一句の全てを思い出すことができます。
私どもの予算は計画の半分ほどしかないし、時間は限られています、と彼に正直にお伝えしました。彼の話によると、彼には兄弟がいて現在関わっている建築作業がその日の夕刻までには終わるのだそうです。さらに彼らの会社には、他の建築プロジェクトからの余った資材があって、窓や扉等は廃墟となった建物から確保できるとのことでした。

そんなことで、私どもの予算内で建築を請け負って下さると言って下さいました。
その新しい牧師館の献堂式には、シェルホン先生と美智子先生、またフィンキー(ベイデン教会宣教主事)ご夫妻の臨席も賜わりました。

夏季子供キャンプの最中、愛しい子供さんたちで教会堂はいっぱいになりましたが、新築の牧師館はフィンキーご夫妻のプライベートの部屋となり、その騒がしさから逃れてもらえたのでした。



ウイリアム・フィンキーと奥様のご訪問



ウィリアム・フィンキーさんと奥様のウィルマさんとは、二回にわたり私どもを訪問されました。
神様の時は完全であると、私たちは知りました。
神様の時は常に完全であり、神の供給もまた充分なものです。

二回目のフィンキーさんの訪問までに、主は意欲に溢れた若い青年たちのグループを私たちに与えて祝福してださっていました。
彼らは熱心に英語聖書を勉強し、クリスチャンコーラスを学び、また暗唱聖句にも励んだ人たちでした。

その時には美智子先生のお手伝いもあって、夕食はバラエティのある国際色豊かな夕食となりました。イングリッシュマフィン、アメリカンクリームチキン、メキシカンチリビーンズ、イタリアンピザ、そして日本の海苔巻きやフレンチアップルパイなどです。

夕食の後、その青年たちがそれぞれ歌や英語暗唱聖句を発表してくれました。
ビーンズは余ったのでフィンキーさんは翌日の朝食にも食べる事が出来ました。
彼らの家では許されていないビーンズだったのですが。





#ドロシー師

People Who Wowed This Post

ラザロと金持ち

thread
ラザロと金持ち




「アブラハムの懐で憩うラザロ」


ルカ16章19-31章


"ある金持ちがいた。紫の衣や柔らかい亜麻布を着て、毎日ぜいたくに遊び暮らしていた。
その金持ちの門前には、ラザロという、できものだらけの貧しい人が寝ていた。
彼は金持ちの食卓から落ちる物で、腹を満たしたいと思っていた。犬たちもやって来ては、彼のできものをなめていた。
しばらくして、この貧しい人は死に、御使いたちによってアブラハムの懐に連れて行かれた。金持ちもまた、死んで葬られた。
金持ちが、よみで苦しみながら目を上げると、遠くにアブラハムと、その懐にいるラザロが見えた。
金持ちは叫んで言った。『父アブラハムよ、私をあわれんでラザロをお送りください。ラザロが指先を水に浸して私の舌を冷やすようにしてください。私はこの炎の中で苦しくてたまりません。』
するとアブラハムは言った。『子よ、思い出しなさい。おまえは生きている間、良いものを受け、ラザロは生きている間、悪いものを受けた。しかし今は、彼はここで慰められ、おまえは苦しみもだえている。
そればかりか、私たちとおまえたちの間には大きな淵がある。ここからおまえたちのところへ渡ろうとしても渡れず、そこから私たちのところへ越えて来ることもできない。』
金持ちは言った。『父よ。それではお願いですから、ラザロを私の家族に送ってください。
私には兄弟が五人いますが、彼らまでこんな苦しい場所に来ることがないように、彼らに警告してください。』
しかし、アブラハムは言った。『彼らにはモーセと預言者がいる。その言うことを聞くがよい。』
金持ちは言った。『いいえ、父アブラハムよ。もし、死んだ者たちの中から、だれかが彼らのところに行けば、彼らは悔い改めるでしょう。』
アブラハムは彼に言った。『モーセと預言者たちに耳を傾けないのなら、たとえ、だれかが死人の中から生き返っても、彼らは聞き入れはしない。』」"



⑴与えられた機会


①金持ちは良いものを(25)
健康、友人、財産、さらにはユダヤ人として聖書を与えられていた

②ラザロは悪いものを
健康も財産もなく不運としか言えない境遇
両者ともにいくつかところは死である


⑵与えられた資産


①真の資産は継続するもの。死後それが明らかになった。
「アブラハムの懐」=「パラダイス」= 信者の行く憩の場
「ハデス」= 不信者の行く苦しみの場

② 2つの場の間には大きな淵があり行き来ができない。セカンドチャンスや煉獄の教理は聖書にそぐわない。意識や認知が保たれている場所。


⑶与えられたテスト


神のメッセージを聴くテスト(29-31)
「モーセと預言者」は聖書を意味している。
復活の奇跡と言う驚きは悔い改めに人を導かない。



金持ちは不信者ゆえに聖書の教えに従うことをしなかった(20-21)


(結論)
私たちに与えられている最大の資産は聖書であり祈りであり信じるチャンスである。
聖書の教えを実行するチャンスは今日も与えられている。目の前にいる必要としている方のためにアクションを。


#メッセージ

People Who Wowed This Post

三重県大紀町錦に教会開拓が着手

thread
錦小学校校庭 錦小学校校庭 三重県大紀町錦に教会開拓が着手 川の向こうに現教会堂が見えます... 川の向こうに現教会堂が見えます。
開拓の際の旧教会堂はこの奥川の最上流位置に建てられていました。


日本で40年間以上宣教師として尊い御用をされたドロシー・ラバツウ先生の回想録です。

私が聖書学院を卒業したのが23歳の時。

卒業と同時に遣わされた最初の任命地が三重県大台町にある錦キリスト教会でした。

そこで一人で伝道されていらっしゃっるのが教団最高齢の73歳になっていらっしゃったドロシー先生でした。

教団最若輩だった私はそこで7年間働きましたので、ドロシー先生が80歳になるまで共に生活し伝道したことになります。

本の題名は「人生は80歳から始まる」。

確かに年齢を感じさせないバイタリティー溢れる体力と気力とに満ちておられた先生でした。

私との共同牧会伝道期間は助走期間に過ぎず、その後から先生の本格的な宣教師人生が始まったのですね。

今回初めてこの回想録を手にすることが出来て、ドロシー先生という稀有な宣教師を生み出したその背景を垣間見ることが出来たのは実に祝福となりました。

まるで宝物を探し当てたように興奮しながら原書のページをめくっています。

皆様にもその全てでは無いですが、ハイライトと思えるところを紹介します。


その第29回目では、いよいよ三重県の大紀町錦で開拓伝道が着手されました。そこに至るには多くの困難があり、特に教団の理解を取り付けるのは難しかったようです。茨の出来事が続いたようですが、その中に美しい花が咲いていたと思い出すあたり、やはりドロシー先生は詩人であり、ロマンチストでした。













神様は成功を要求しておられないーただ従うことだけ



時に、まだコンウエイさんとはお話しする機会のないままでしたが、ベイデン教会の宣教主事の方に、私はこのように答えていました。

「成功するか失敗するかは問題では無いはずです」
たった一つの問うべきことは、「それは果たして、神様の御心かどうか」というものであるはずです。

聖書のどこにも、神様が私たちに成功を求めているところはありません。
神様はただ私たちに従うことを求めておられます。
コンウエイさんがその手紙の中で同じようなことをおっしゃっている事を知ったのは、ずっと後日になってからのことでした。

確かに、一つにまとめあげて下さるお方は、主なるお方のみです。
主は今も全てを統制しておられます。

私のファローは、新しい働き場に思いを巡らすことで喜びにあふれたものとなって行きました。すでに大江町に残されている私の荷物は、すべて荷造りが終わって新しい住所を待つのみとなっています。私は最後となる交友と歓送会のために、数日間大江町に戻りました。

今や足場が外される時です。それは外されてから捨て去られるのではなく、他の場所で再び組み立てられるのに用いられるのです。時々主は、私どもに二重の確信を与えてくだることがあります。

私は次の聖句を見つけて心が高鳴るようでした。
この箇所は、まさにその新しい任地を描き表しています。

"しかし、あなたがたが渡って行って所有しようとしている地は、山と谷の地であり、天からの雨で潤っている。
そこは、あなたの神、主が求められる地で、年の初めから年の終わりまで、あなたの神、主が絶えずその上に目をとどめておられる地である。"
(申命記 11章11~12節)

生活や働きの場所となるべき家は、錦の町の中に既に確保されていました。
家具や大きめの荷物は、電車での郵送にて後日届けられる手はずです。

形が不揃いの物等は、シェルホン先生の運転するパプリカ・バンに載せられ、私らと共に錦入りしました。

その車を降りた時、魅了される新しい生活の始まりです。
働きの内容など、その後の計画は全て主の御手の中にあります。

99曲がりもある険しい錦峠を降り立ったとき、シェルホン先生の言われた言葉を決して忘れることができません。

「もしこのことが神様の御心でなかったとしたら、貴女の人生の中で最大の過ちを犯していることになりますね」

最初の日曜日は、17名の日曜学校の子供さんたち、そして八名の礼拝での出発となりました。
錦の子供たちさん方に日曜学校のことをが伝えられると、それはまるで会場は押し寄せる洪水で水浸しになったかのようでした。

私はまるっきし、「多くの子供さん達の脱いだ靴の中で生活している、どうしたら良いのか何も分からないおばちゃん」のようなものでした。

そこでやむなく私たちは日曜学校を二つに分け、二つの時間帯で持つことにしました。
その後、大人の礼拝式、そして午後には若い方々がそのまま一日中教会に滞在されたのです。




マジックショーやビデオなどは必要なく




日曜日となると、朝食をとっている間も無くなりました。

子供たちは早朝からやって来ると、彼らのカバンを座席に置いて指定席を作り、それから日曜学校の始まる時間まで、外で遊び出すのです。

休日は子供たちのもので私のものではありません。
その休日に、どんな活動をしたかですかって?
マジックショーやビデオなんてものは、からっきし必要ではなかったのです。

日曜学校では、「子供のためのキリスト」と言う小さな本をテキストに使いました。
暗唱聖句のためには、私たちは小さな紙製の魚を作りました。
子供さん方は片面に色を塗りつけ、他の面に聖句を書きます。

あんなにバラエティに富んだ色の魚を、それまで私は見た事がありません。
しかしそんな魚が実際にいるか、いないかなんて問題ではないのでした。
彼らはそれをとっても気に入ってしまいました。

最初の年のクリスマスは、大したものとなりました。
天候には恵まれていましたので、私どもは野外のベランダをステージに使いました。
室内では85人の子供さん達であふれて、まさに寿司詰め状態となっていたものですから。

その準備は10月から始まっていました。
錦中学校の女生徒たちが良いアイデアを出し合ってくれました。

手作りの学芸会は見事なものでした。
女生徒に一人、芸術センスの富んだ子がいたのに感謝しています。

子供たちの合唱隊のためには額に結んだバンドを作り、ラクダと星を演じました。
人形劇は長い箸を使って作られました。
各色のセロファンでフラッシュカードを作り、あらかじめ録音されたクリスマス物語が語られて劇は進められて行きました。

おやつにはホームメイドのクッキーです。
こうして当初から自給での働きが進められて行きました。



改築された養鶏ハウス



一年も経ずに、私たちは借家を手放さねばならなくなりました。
時に、大きめの養鶏ハウスが隣の敷地に空いていました。

教団理事会からは、そのハウス内の枠組みに住まいとなるスペースの建築は許可するが、当分の間はチャペルなしで働きを続ける様にとのお達しがありました。

しかし、建築業者はその様には決断しなかったのです。
彼は地元の長野県からすべての建築材を運び入れて、錆びついた古い鉄骨の骨組みを全て取り去った上で、残されたセメント基礎の上に新しく建物を立ち上げたのです。

しかもその工法の方が資金も、時間も予定より少なくて済んだのでした。
しかしこのことが、川崎では嵐を巻き起こすことになってしまったようです。

特に理事の一人が強く反対しているとの事です。
シェルホン先生から電話が入り、この問題のために錦まで運転して来ると伝えて来られました。
私は、その最も反対している理事も一緒に連れてきてください、とお願いすると、彼はその計画であると言います。

私はその時、裏切られた気持ちになったのです。
その猛反対している若い青年とは、彼の神学校教育のために私がサポートしたことのある人物だったからです。
ほとんど一晩中、彼は私を叱りつけるようにして説教してくれました。

私が不従順行為の故に断罪される恐れがある、と再度告げられました。
それはまるで軍隊の中の世界のように私には聞こえるのです。

私は教団機関紙の「良き道」に今回の会堂建設の事について説明することは認められていましたが、どんな経済的支援も求めませんでした。

ある方々は、「経済的支援を求めないでどこから資金がやってくると言うのですか」と心配してくれました。しかし匿名で献金してくださった何人もの方々がいらっしゃいました。
今日まで私はそれが誰であるのかを知りませんので、その方々に感謝を申し上げようもありません。

私たちの主に対する支援要請には、実に効果がありました。
山形から一人の方が手伝いに来てくださったのです。

何もかも慌ただしく、準備する時間はほとんどありませんでした。
その年の一月の下旬になってから、急遽私たちは四月前までには今住んでいる場所を明け渡さねばならないことを告げられました。

建築業者は建設のための見積書を見せてくれています。
その建築業者が到着するまでに、全費用の半額が備えられるように、と私たちは祈りました。
私たちは真剣に、そのことが実現するようにと熱心に祈り続けました。

「どうして全額与えられるようにと祈らなかったんですか」なんてお尋ねにならないでください。その時は、ただ私たちは互いにそのように祈ったのであり、そしてその半額はついに満たされる事となったのです。

ある年老いたご婦人は、ご自分の毎月の貧弱な年金の中からサポートを送り続けてくださいました。そして錦に会堂が建てられるまでは、ご自身の命を支えてください、と熱心に主にお祈りされていたのです。

トゲの中には、美しいバラの花が咲いているのを私たちは喜ぶべきではないでしょうか。






#ドロシー師

People Who Wowed This Post

神の導きを求めて

thread
紀伊半島の伊勢湾側を南下して錦... 紀伊半島の伊勢湾側を南下して錦へと向かいます 紀伊長島と伊勢湾 紀伊長島と伊勢湾 錦町 錦町




日本で40年間以上宣教師として尊い御用をされたドロシー・ラバツウ先生の回想録です。

私が聖書学院を卒業したのが23歳の時。

卒業と同時に遣わされた最初の任命地が三重県大台町にある錦キリスト教会でした。

そこで一人で伝道されていらっしゃっるのが教団最高齢の73歳になっていらっしゃったドロシー先生でした。

教団最若輩だった私はそこで7年間働きましたので、ドロシー先生が80歳になるまで共に生活し伝道したことになります。

本の題名は「人生は80歳から始まる」。

確かに年齢を感じさせないバイタリティー溢れる体力と気力とに満ちておられた先生でした。

私との共同牧会伝道期間は助走期間に過ぎず、その後から先生の本格的な宣教師人生が始まったのですね。

今回初めてこの回想録を手にすることが出来て、ドロシー先生という稀有な宣教師を生み出したその背景を垣間見ることが出来たのは実に祝福となりました。

まるで宝物を探し当てたように興奮しながら原書のページをめくっています。

皆様にもその全てでは無いですが、ハイライトと思えるところを紹介します。


その第28回目は、山形からファロー(帰国報告)を区切りとして新しい任地へ導かれて行く第三部へと入ります。




第三部


山形県からファロー(帰国宣教報告)へ


いよいよ転任するための準備の時がやって来ました。

山形を去るにあたり、私の全ての義務を果たすためにあらゆる集会に参加し、ふさわしい証しを立て、約束を果たし、あらゆる委ねられた仕事はおろそかにはしませんでした。

そして福沢牧師ご夫妻には、私が米国ファローから帰って来て直後には転任することをお話ししました。 まだどこに行くか、はっきりとはわからなかったのですが、すべての持ち物を荷造りして引越しの準備を終えたのです。


“Missionary Barrel”の誕生


すべての混乱した最中にありながら、私はファローで使うための自伝を書くようにと要求されました。
「Missionary Barrel (宣教師の樽)」は、11年間ほどの日本宣教経験からの賜物です。

大著というものからは程遠いものではありましたが、それでもこれを完成するには多大な時間とエネルギー、感情と涙、それに笑いが伴ったものです。
セントルイスでこれを校正し出版するのにも、また努力と資金とを必要としました。



力強い宣教師のヘルパー 〜智子さん



ファローのために作戦を練ったり計画を立てているときに、宮宿の一人の女性を思い出しました。智子さんです。彼女は、「次に米国に帰るときには、私を連れてってください」と言っていました。私はその時、よく考えもしないまま同意していました。

それは厳密に約束と言えるほどのものではなかったのですが、そのことを思い出したものでしたから、彼女に話して見ました。彼女は大変喜んでくれました。

主は細かいところにまで働いてくださり、とにかく私たちは共に機内へと搭乗することができたのでした。ファローの6カ月間は実に忙しかったですが、喜びに溢れた期間でした。
彼女の創価学会からクリスチャンへと改心した証しは、私が話しをしたり、何かをしたりするどんなことにも勝って会衆には意味あるものと見えました。

短い家族等との滞在を終えてから、私たちはセントルイスへと向かいました。
そこからイリノイ州クインシーでの青年キャンプにも出かけました。

若い青年らは彼女のことが気に入り、彼女は英語が流暢と言うわけではなかったのですが、徐々にコミニケーションを取れるようになると、間もなく多くの友人を作るようになりました。

私は日本宣教の様子をお話して、若い方々にアピールしました。
彼女は日本文化について話をし、折り紙なども教えたりしたのです。

私たちはそのような教会での活動の間を縫うようにしてですが、地元の中学校へ招かれて算盤を教えたりもしました。

彼女にはまた、ベビーシッターとしての賜物もあったようです。
私の姪と最初の赤子であるCarolはアイオワ州住んでいました。
姪の夫は海軍にいて、その時は海外赴任中でした。

智子さんには霊的な養いが必要なようにも見えましたので、数日間のキャンプにもお連れしました。そんな時、智子さんは小さなCarolと一緒にいるのがお得意です。
彼女の話す日本語は、なんだかその赤子にはよく理解できているようなのです。彼ら二人はとても仲の良いコンビとなりました。

智子さんは図書の販売をしたり、またスライドやカバン等の荷物を良く管理してくれました。
彼女はどんな仕事にも間に合う女性です。

またお話も上手で、常に旅行の同伴者を楽しませてくれます。
日本へ帰った後、彼女は米国での経験を日本語の機関紙「よき道」にシリーズで執筆したりもしました。



明白な導き



ミシシッピー州でのキャンプミーティングの間、私は将来の働きについて明白な導きをいただいたように思いました。

"このように、ほかの人が据えた土台の上に建てないように、キリストの名がまだ語られていない場所に福音を宣べ伝えることを、私は切に求めているのです。
こう書かれているとおりです。「彼のことを告げられていなかった人々が見るようになり、聞いたことのなかった人々が悟るようになる。」"
(ローマ人への手紙 15章20~21節)

"しかし今は、もうこの地方に私が働くべき場所はありません。また、イスパニアに行く場合は、あなたがたのところに立ち寄ることを長年切望してきたので、"
(ローマ人への手紙 15章23節)

もちろんこれらの聖句の中には「錦」の言葉は見当たりませんが、私には明白でした。
私の心にある願いと、この聖句とを、教団の指導部にお知らせする事にしました。
そして祈りながら彼らからの返答を待ったのです。



「扉」は開かれているようでした。
私は繰り返して招かれました。それを一年間の祈りを経て主が与えて下さった「ゴー」サインと受け取ったのです。しかし、すべての指導部の方々には同じようには感じていない事も明らかとなりました。

確かに錦町は小さい漁師の町で、周りを山々に囲まれています。
交通機関は乏しく、高校はなく、野心ある若い方々のための働き場所もありません。

自給教会を育てるにはチャンスの乏しい条件が揃っています。
それでも私が手紙を発送した後、今や肯定的な返事が来るとばかり、勝手な期待をしていました。

ところが、現実はそうでないのでした。
シェルホン先生のご家族をオハイオ州に訪問している間、錦転任に関する指導部の率直なご意見が私に届けられて来きたのです。



#ドロシー師

People Who Wowed This Post

大江町で会堂建設が始まりました

thread
山形県大江町の街並みです 「日... 山形県大江町の街並みです
「日本一公園」と名付けられている見晴台から
大江町で会堂建設が始まりました 大江町で会堂建設が始まりました



日本で40年間以上宣教師として尊い御用をされたドロシー・ラバツウ先生の回想録です。

私が聖書学院を卒業したのが23歳の時。

卒業と同時に遣わされた最初の任命地が三重県大台町にある錦キリスト教会でした。

そこで一人で伝道されていらっしゃっるのが教団最高齢の73歳になっていらっしゃったドロシー先生でした。

教団最若輩だった私はそこで7年間働きましたので、ドロシー先生が80歳になるまで共に生活し伝道したことになります。

本の題名は「人生は80歳から始まる」。

確かに年齢を感じさせないバイタリティー溢れる体力と気力とに満ちておられた先生でした。

私との共同牧会伝道期間は助走期間に過ぎず、その後から先生の本格的な宣教師人生が始まったのですね。

今回初めてこの回想録を手にすることが出来て、ドロシー先生という稀有な宣教師を生み出したその背景を垣間見ることが出来たのは実に祝福となりました。

まるで宝物を探し当てたように興奮しながら原書のページをめくっています。

皆様にもその全てでは無いですが、ハイライトと思えるところを紹介します。


その第28回目は、長く借家住まいだった大江町での働きのために会堂建設が始まったことについてです。




会堂建設


ついに大いなる日がやって来ました。
それは1968年9月23日、定礎式において会堂の礎が据えられたのです。
その後は、建設工事が勢いよく始まりました。

クリスチャン会社である高田建設さんが、その家族と甥っ子さんまで動員して早朝から遅くまで働いてくれました。時に牧師夫人は妊娠されていらっしゃいましたので、ほとんどの家事や食事準備が私の責任となりました。

10人の家族と時にはそれ以上、一日に三回の食事をほとんど三カ月間、作りました。
それは忘れられない経験です。

会堂建設とは資金以上のものが要求されることも、新たに知りました。
私に出来ることがあれば、どんなことでもお手伝いしよう、と決意しました。
私があてがわれた仕事は、防腐剤のクレオソート油を床下の骨組みに塗布することでした。
そのきつい匂いは、私の皮膚や衣服にも染み込んできます。他には配管の対冬対策として、凍結から守るために断熱材をそれに巻きつけるという仕事もありました。

私はいつも不思議に思うのですが、どうして多くの大工さん達は気まぐれで起こりっぽいのでしょうか。私たちは誰もがプロではないわけなのに、一日に一回ほど作業手順の説明を頂くだけなのです。

大工さんの奥様は優しく忍耐深い方でして、傷ついた私の心を癒してくれました。
食事時間は 、外人のために用意された“仕事”セッションと成り果てます。
それはつまり、私の仕事ぶりを酷評してくださる時なのです。

彼らはこの国に希望と救いのメッセージを届けたのが外国人であることをすっかり忘れてしまったようです。私は偏見を持たれたまま、たいそう叩かれたり馬鹿にされましたので、もはやバイブルスタディや祈祷会を指導することは出来ないと思ったほどです。もう二度とできない!としばしば思いました。

会堂の献堂式は12月15日でした。私たちは新しい会堂でクリスマスを迎えたのです。
多くの喜びがあり、私たちは痛みを忘れました。
神様の道は私たちのそれよりも高く、神様のお考えとご計画は私たちのそれらよりも優れたものです。

私が山形に引っ越して来た時、死が訪れて来るまでここでいつまでも働いて生活したいと思いました。しかし神様は異なる計画をお持ちのようなのです。

シェルホン先生はこの頃、帰国報告を計画され準備されていらっしゃる時でもありました。
彼らが不在の間、私は毎月川崎へ行って宣教師の会計報告作業をし、また理事会にも出席することになりました。それは大変忙しい週末となります。

金曜の夜、夜行列車で夜を徹しながら川崎まで出かけます。
土曜日には松矢兄とともに会計報告書を作成します。
日曜の朝には川崎キリスト教会の礼拝に出席し、その午後は理事会に出席。
そしてその日曜夜には南部キリスト教会の伝道集会で寝落ちしないようにと激しく戦うのでした。

ある生徒さんが英語漬けの特別コースを求めてきたのですが、こんな時期にそれは相応しくないように感じました。彼から求められた時、今はできないことを説明しました。

しかし私の心には静まらない内なる声が聞こえて来るのです。
ついに彼の申し出を受けることにしました。



内なる声と開かれたドア



ある寒い朝、中世古さんとその息子さんが左沢にやってくるまで、私は彼ら家族についても三重県についても何も知りませんでした。神様が新しい働きの場を開いていて下さっているとは気がつかなかったのです。

息子の中世古陽四郎さんは、英語を熱心に勉強されるだけでなく、教会の様々な集会にも出席されました。彼の心にはすでに主からの語りかけがあり、三重県に帰る最後の日曜日となった晩、彼はその心を主に明け渡したのです。

彼は自分の郷里の町にも教会が建てられるのを望み、それが実現するようにと熱心に祈り始めました。その間、彼は松阪にあるバプテスト教会に出席していました。

「マケドニアに渡ってきて、私たちを助けてください」(使徒16章9節)との呼びかけと招きとが、私にも届けられていると感じ始めていました。

でもその段階では、私にはまだ神様が承諾してくださったと言う確信が必要でした。
約二年間ほど、私たちは祈り続けたのです。

日本に来る前、私はすでに年老いた父親と私の家族とを神様の御手にお委ねしてきました。
私よりも神様ご自身の方が、父のことをより良くケアしてくださる事は間違いありません。
物事が順調に進む時なら、そのように考えても、



愛のテスト



時に私の父の健康状態は保たれていました。
彼は左沢訪問を計画していましたので、私は本当に喜び、彼が来てくれるのを心待ちにしていたのです。

私どもの世界が崩れたのは突然の事でした。
土曜日の夜、遅くなった祈祷会にて、私の讃美歌集の上に一枚のメモが乗せられました。
それは電話局からの電報文でして、父が現在危篤状態で入院しているとの知らせだったのです。

イエス・キリストはかつてペテロにしたように、私にも語りかけられました。
「あなたはこの人たち以上に私を愛しますか」

父親以上に?
家族以上に?

私は、「神様、私があなたのことを最初にし、そして最も愛することができるように助けて下さい」と祈る他できなかったのです。
それは詳しい病状の知らせが届けられる一週間前の事でしたが、私には確信があり、神様のお言葉が私を支え続けました。私の心は平安を保つことができたのです。


シェルホン先生ご夫妻が米国に帰国報告中の現在、すべての仕事を放棄して米国に急ぐ帰るだなんていうことは考えも寄らない事でした。父には優秀な外科医が付いていて、適切なケアの下にいるはずです。

しかし関係者の中には、この時に帰宅しないことがどんなに残酷で冷たい仕打ちであるかと考える方々もいて、彼らは私の知らない間に私の帰国を企画した上、その予定をセントルイスの教会に書き送ったりしていたのです。

セントルイスの教会の責任者からは私に厳しいお叱りの文書が届いて、こんな風に言ってきました。
「お望みならば帰国して来なさい。しかしその時は、その帰国が最後の旅となり、あなたの宣教師としての働きは終了してもらわねばなりません」



完全に献身するということの意味



この試練の期間、私は一つの東北の教会を訪問しました。
その教会の牧師は、私の父の病についてはなんら知らなかったのですが、彼のメッセージは私のためのものでした。それは完全な献身についての説教でした。

さて、父の回復はとても早く、まもなく、翌年には日本に私を訪ねる事を計画できるまでになりました。

その頃は新しく教会も生み出されて様々な行事も多くなり、また牧師家庭も増えて行きました。
特別な伝道集会の時や多くの訪問客がある期間、私は主にキッチンでの仕事を言いつけられました。

私はそのことに大変疲れを感じるようになっていたのです。
新年の特別集会を直前に控えていた時、大変重たい仕事を充てがわれた私は悪い夢を見たものです。

その夢の中で、私は逃げ出してしまいました。
どこに逃げたのかは分かりません。
しかし感謝なことに、現実の世界で私にはたくさんの仕事があってそのことに精一杯だったため、実際には逃げずに乗り越えることができました。

私はオルガンを教えるようにとお願いされ、小さな幼児のお子さん達数名がやってきました。
私は正直にそのお母様方に、音楽教師としてのライセンスは持っていないことをお話ししました。

でもそれは必要ないと言うのです。そのグループは楽しいものとなりました。
そのお母様方のためにミニコンサートも開いたりしました。

私は福音のために英語も教えました。再度記しますが、私は英語教師としてのライセンスもまた持っていません。
神様がせよ、と命じられる。それだけで充分です。








足場を外す時



主は私たちに幾人かの素晴らしい若い人たちを与えてくださって、彼らは休日にやって来られては山間部でのトラクト配布に参加してくれることもありました。

教会の働きの様々な面で成長があり、変化もありました。

ハドソンテイラーはかつて、宣教師は足場であると教えています。
建物を建て上げるためにのみ必要とされる、という意味です。

それらの足場が解体された後は、再びどこででも使ってもらうのです。
大江町での“足場”は、時とともに徐々に必要とされなくなって行きました。

1971年にベイデン教会は、私が翌年5月か6月にはファローのために帰国せねばならないこと、そのための準備を始めるようにと伝えて来ました。

「神様はご自身の足を海の上に置き、嵐の波の上を進まれる」

その年の7月と8月は、まさにそのような試練の嵐が吹き荒れた月々でした。
それはおそらく新しい働き場へと私を準備させるためのものとなったようです。

10月には私にとって大変喜ばしいサプライズがありました。
陽四郎さんが来て下さったのです。
試験と特別トレーニングとを終了した彼は、1972年2月に米国に行くことになっていました。
私たちが米国で共に同行できると言う事は、単なる偶然でないことと感じました。

このことは、私がこの大江町の地を去っても良いとの促しようにも思えたのです。

私は大江町左沢を愛しています。
私にはそこに多くの親愛なる友人たちがいたのです。
そこを去ると考えただけでも、痛みとなりました。








#ドロシー師

People Who Wowed This Post

雪に閉ざされる冬季の山形

thread
山形の田園風景 山形の田園風景 大江町の町並み 大江町の町並み


日本で40年間以上宣教師として尊い御用をされたドロシー・ラバツウ先生の回想録です。

私が聖書学院を卒業したのが23歳の時。

卒業と同時に遣わされた最初の任命地が三重県大台町にある錦キリスト教会でした。

そこで一人で伝道されていらっしゃっるのが教団最高齢の73歳になっていらっしゃったドロシー先生でした。

教団最若輩だった私はそこで7年間働きましたので、ドロシー先生が80歳になるまで共に生活し伝道したことになります。

本の題名は「人生は80歳から始まる」。

確かに年齢を感じさせないバイタリティー溢れる体力と気力とに満ちておられた先生でした。

私との共同牧会伝道期間は助走期間に過ぎず、その後から先生の本格的な宣教師人生が始まったのですね。

今回初めてこの回想録を手にすることが出来て、ドロシー先生という稀有な宣教師を生み出したその背景を垣間見ることが出来たのは実に祝福となりました。

まるで宝物を探し当てたように興奮しながら原書のページをめくっています。

皆様にもその全てでは無いですが、ハイライトと思えるところを紹介します。


その第27回目は、小野寺先生とともに、山形での宣教に悪戦苦闘しながらも喜びの日々を過ごされていた様子です。







ライトバンのゴスペルワゴン車




神様は恵み深くも、私たちに田舎伝道のためにとライトバンを備えてくださいました。
この車は私たちの時間やエネルギー、それと出費まで節約してくれました。

村々はそれぞれが遠く離れていて、田舎の家々はあちこちに広がっています。
五月から冬の季節の始まる前まで、私たちにとり大変良い移動手段となりました。

冬季には、より安全な移動手段を選ばねばなりません。
あれは忘れられないある夜のこと、大変な積雪がありました。

山間部での夕方の集会の間にかなりの積雪となったのです。
その宮宿からの帰り道にある長い上り坂は、小野寺先生の熱心な祈りをもってしても登りきることはできませんでした。

やむなく私たちはふもとまで戻って、チェーンをタイヤに履かせたこともあります。

バスを利用した方が安全なのでは、とお考えになるなら、それは間違いです。
左沢に戻るある早朝の事でした。私は周囲の全てが白銀となった世界の美しさに見とれていたのですが、突然バスが道路を外れたのです。

止まったときにはバスのタイヤは側溝に落ち、車の他の箇所は田んぼのぬかるみに完全にはまっていました。私は傾いた側に座っていましたので大変な恐怖だったのですが、バスは転覆からは何とか免れていた状態でした。



コンウエイ牧師の訪問


コンウエイ牧師とそのご婦人とが日本においでくださったのは1966年の八月と九月でした。
彼らは左沢にも来て下さり、私たち皆にとってその数日間は特別な時となりました。

彼は私どもの様々な集会でお話をしてくださり、私が通訳をしました。
それでも彼のメッセージを充分には伝えられていないのではないか、と感じたのです。

そこで日曜午前の礼拝メッセージは、もう少し易しいものにしてくれるようにとお願いしました。彼は会衆に肉を食べてもらいたいと望んでいたのですが、私にできることはミルク程度のものを与えるだけだったのです。

しかしながら、それは忘れられないメッセージとなりました。
主はご自身の子供たちに十分な備えがあることを彼を通して語り、彼を証人として用いられたのです。その日曜朝の集会は、涙と喜びとで溢れました。
彼らの滞在は短かいものでしたが、私たちにとって大きな祝福と励ましになりました。

ところで、私はただ奇跡によって生かされている人間です。
コンウエイさんたちが私たちとともに滞在している間、急に寒くなったため、私の部屋を使っている彼らのためにガスストーブを急いで設置したのです。

11月までにそのストーブは元の場所から動かされていたのですが、少しも気づかれることなくコネクションが緩んで外れてしまっていたのです。
私は普段、ぐっすりと眠れる方なのですが、その日だけは何故か眠れずに起きていました。

その部屋はやがてガスが充満して行ったのです。
電灯をつけることなく、私はすべての窓を開け放ち、ガスの元栓を閉めました。

それでようやく眠りに落ちたのです。
起床してから、ホースがストーブから抜け落ちていたのを見つけました。

確かにその前の晩、私を起こしていたのは主ご自身だったのです。
主はまどろむことも眠ることもありません。
「私たちは自分たちの働きを終えるまで死ぬ事は無い」
と言う言葉の確かさを私に再度確信させてくれた事件でした。

詩編91篇の御言葉は、私にとってもはや現実です。
それは、主がご自身の御使いに命じて、私たちを守って下さっているという御言葉です。

小野寺先生は休暇を取って北海道にいるご家族を訪問しに行かれました。
彼女が帰って来ると、北国のあまりの美しい自然の様子を興奮しながらお話ししてくださるものですから、私たちは共にそこを見学しに行こうと決めました。これから二年後ぐらいになるでしょうねー、なんて話していました。

それから数年が過ぎて、私の弟とその奥さんが日本に来られた時、その私たちの北海道を観光する夢が、一緒になって実現しました。



クリスマス節季



"「主がわれわれに味方してくださるだろう。多くの人によっても、少しの人によっても、
主がお救いになるのを妨げるものは何もない。」"
(サムエル記 第一 14章6節」

主はヨナタンと彼の盾持ちを通して偉大なる勝利をもたらされました。
主はクリスマス節季の特別集会を目前にしている私たちにどんなことをしてくださるでしょうか。

私たちは、人としての働きの全てを否定するべきでしょうか。
全てを主にお任せして?
神様だけにご栄光を独り占めさせるような、怠惰な人間の働きに主は反対されるに違いありません。

クリスマスの当日、目が覚めるとそこは「ホワイトクリスマス」となっていました。
神様は私たちをがっかりさせなさいませんでした。私たちの小さな家は、礼拝のための人々で溢れ、午後のフェローシップも人でいっぱいとなりました。

午後2時30分から午後9時30分ごろまで証しと賛美とが続いて、私たちの家は喜びの若い人々の声が響き続けたのです。
この日の事は決して忘れられません。

その年は素晴らしい年となりました。
淵深い水や熱い炉のような試練があったことは確かです。

しかしその水が深すぎたり、炉が熱すぎたりではなかったのです。
重荷は祝福へと変えられました。キリストを通して私たちは勝利者以上の勝利者とされました。

寒河江市の公民館では、私は一年間ほど毎週月曜日の朝7時から9時まで英語を教えて来ました。それは私たちの生活の必要を満たすために祈った答えでもあったのです。
また主を証する機会でもあり、そこから導かれて信仰に至った方々もおられます。



「主のために労した働きは、無駄とはならない」


確かに私たちの人生には、自分たちが説明できないような暗くて悲しい出来事が起こるものです。

私の生徒の中の一人に、将来を嘱望された賜物豊かな若い男性がいました。
ある時、彼はとても確固とした信仰の告白をしました。彼のその証しには真実の響きがありました。

大学卒業間近となったとき、私を左沢まで訪ねに来てくれました。
外資系の貿易会社で働く内定も、その時既に得ていたのです。

流暢な英語力ゆえに、外人の要人をもてなすこともしばしば任されていました。
しかしながら、以前バイブルクラスに出席していた生徒の一人が、彼と同じ会社勤めの内定を得たと知った時、だいぶがっかりしたようなのです。

彼が行方不明になったとの電報を受けたときは、大変なショックでした。
それから二週間以上も経って、彼は私たちが以前、共にハイキングをした山の中で死体となって発見されました。それは6月5日、側には彼の遺書と空の睡眠薬のビンとが、ともに置かれていました。



#ドロシー師

People Who Wowed This Post

「伝道者ピリポ」

thread
横浜みなとみらいの夜景 横浜みなとみらいの夜景
ホサナキリスト教会日曜礼拝のメッセージアウトラインです。


「伝道者ピリポ」


使徒8章26-40節


"さて、主の使いがピリポに言った。「立って南へ行き、エルサレムからガザに下る道に出なさい。」そこは荒野である。
そこで、ピリポは立って出かけた。すると見よ。そこに、エチオピア人の女王カンダケの高官で、女王の全財産を管理していた宦官のエチオピア人がいた。彼は礼拝のためエルサレムに上り、
帰る途中であった。彼は馬車に乗って、預言者イザヤの書を読んでいた。
御霊がピリポに「近寄って、あの馬車と一緒に行きなさい」と言われた。
そこでピリポが走って行くと、預言者イザヤの書を読んでいるのが聞こえたので、「あなたは、読んでいることが分かりますか」と言った。
するとその人は、「導いてくれる人がいなければ、どうして分かるでしょうか」と答えた。そして、馬車に乗って一緒に座るよう、ピリポに頼んだ。
彼が読んでいた聖書の箇所には、こうあった。「屠り場に引かれて行く羊のように、毛を刈る者の前で黙っている子羊のように、彼は口を開かない。
彼は卑しめられ、さばきは行われなかった。彼の時代のことを、だれが語れるだろう。彼のいのちは地上から取り去られたのである。」
宦官はピリポに向かって言った。「お尋ねしますが、預言者はだれについてこう言っているのですか。自分についてですか。それとも、だれかほかの人についてですか。」
ピリポは口を開き、この聖書の箇所から始めて、イエスの福音を彼に伝えた。
道を進んで行くうちに、水のある場所に来たので、宦官は言った。「見てください。水があります。私がバプテスマを受けるのに、何か妨げがあるでしょうか。」"

"そして、馬車を止めるように命じた。ピリポと宦官は二人とも水の中に降りて行き、ピリポが宦官にバプテスマを授けた。
二人が水から上がって来たとき、主の霊がピリポを連れ去られた。宦官はもはやピリポを見ることはなかったが、喜びながら帰って行った。
それからピリポはアゾトに現れた。そして、すべての町を通って福音を宣べ伝え、カイサリアに行った。"


⑴聖霊との共同作業の出来る人


①耳を済まし心を覚まして小さな声を聴こう
「主の使いが、、、こう言った」(26)
「御霊、、、言われた」(29)

②サマリヤでの働きの最中
それは成功や喜びを放り出すこととなる
荒野のガザに下る道まで行って見なければ次の展開は開けてこない


⑵聖書に通暁した人


①「この聖句から始めて、、」(35)
どの聖句を取り上げても説明ができるだけの聖書全体の知識を持ち合わせていた

②「イエスのことを、、、」
旧約聖書を含めて聖書全巻は主イエスを中心とする理解と解釈とに至らなくてはならない。
主イエスが最後で最大の啓示者であるから(ヘブル1:1-2)


⑶謙遜な人


自らの役割を理解しそれに徹することができた人。
サマリアの町のリバイバルの導火線はピリポ自身の活躍に寄ったが、聖霊が降り教会が誕生するには使徒達がエルサレムから来るのを待たねばならなかった(16-17)。

任地や仕事形態に固執しなかった人。
サマリヤ、ガザ、アゾト、カイザリヤへと聖霊に導かれるままに、また自らの理性を用いて仕事を進めていった。


(結論)
神のために用いられる伝道者の資質は当時も今も変わりがない。聖書に通じ聖霊様の声に耳を傾ける人であり、その特徴として謙遜の実を結んでいる人である。
#メッセージ

People Who Wowed This Post

消費税は日本に必要ありません

thread
消費税は日本に必要ありません


「そんな菊池氏によれば、そもそも消費税による税収は私たち一般国民の生活のためになどほとんど使われてこなかったという」

高齢化社会を迎え社会保障費が嵩張っているんだから、消費増税はやむを得ないとか言うレトリックにごまかされてはなりません。
これまでの消費税収入分は法人税収入の減額で埋め合わせてきたのです。

社会保障費を充実させるためには消費税を撤廃して景気を回復し、歳入全体の底上げをすることです。

詳しくはこちらのリンクからどうぞ。
( Facebookアカウント保持者のみですが)

https://www.facebook.com/100002722005370/posts/1934275550006493?s=100002722005370&sfns=mo
#社会

People Who Wowed This Post

激流を克服して

thread
激流を克服して


ブラボー!
7年前の本日、東北にある渓流でのひとこま。
市に要請していたある検査が2度目の挑戦でパスしたと先ほど連絡を受けて、私は今こんな気分。
激流を乗り越えるスリルと達成したときの爽快感。

Bravo!
This photo was taken seven years ago today at a gorge in Tōhoku area Japan.
I’m feeling now exact same way with the thrilled and stress by an inspection of my local city, got heard now that was accepted after second trial. What a big relief.
#家庭

People Who Wowed This Post

病を押して帰国を決意

thread
旧会堂での元旦礼拝 旧会堂での元旦礼拝 着物までこうして見事に似合って... 着物までこうして見事に似合ってしまうんですから、やはり日本への宣教師として生まれついたのでしょう






日本で40年間以上宣教師として尊い御用をされたドロシー・ラバツウ先生の回想録です。

私が聖書学院を卒業したのが23歳の時。

卒業と同時に遣わされた最初の任命地が三重県大台町にある錦キリスト教会でした。

そこで一人で伝道されていらっしゃっるのが教団最高齢の73歳になっていらっしゃったドロシー先生でした。

教団最若輩だった私はそこで7年間働きましたので、ドロシー先生が80歳になるまで共に生活し伝道したことになります。

本の題名は「人生は80歳から始まる」。

確かに年齢を感じさせないバイタリティー溢れる体力と気力とに満ちておられた先生でした。

私との共同牧会伝道期間は助走期間に過ぎず、その後から先生の本格的な宣教師人生が始まったのですね。

今回初めてこの回想録を手にすることが出来て、ドロシー先生という稀有な宣教師を生み出したその背景を垣間見ることが出来たのは実に祝福となりました。

まるで宝物を探し当てたように興奮しながら原書のページをめくっています。

皆様にもその全てでは無いですが、ハイライトと思えるところを紹介します。


第26回目は、日本に帰ったならば55歳頃には車椅子生活になるとの宣告を受けながらも帰国を決意し、宣教師としての召しを全うしようとの決意に至った箇所です。まさに宣教師の鏡ですね。





不滅の働き


予定されていた私の12月の集会はキャンセルとなり、カルフォルニアに住む私の家族のもとに帰宅する準備をしました。

カリフォルニアまでの道すがら、私にはいくつか立ち寄るところがありました。
オクラホマにいる友人達とコロラドに住む親戚たちに日本での様子をお分かちしなくてはならないと考えました。

五年間の不在後、家族とともにクリスマスを過ごした今回は特別なものでした。
クリスマス休暇が終わってから、私はホロウェルさんのところへ訪ねに行きました。

彼女の信仰はしっかりしたものでして、最も困難と思える状況にあっても彼女は忠実な働きを何年間も続けていたのです。私は医師の診断を彼女に打ち明け 、それでも私が日本に帰国する決意は変わらないこと、またたといその期間は短くなったとしても最後の歳月は宣教地で過ごすことにしている事などを伝えました。

彼女はしっかりとした確信に満ちた姿勢で私に言ってくれました。
「主は病気の宣教師を必要とはなさいません。明日この件についてご一緒に主の御旨を訪ねてみることにしましょうよ」
そして忘れることのない月曜日の朝がやってきました。



「働きが終了するまでは私たちは不滅です」



朝日の光線が私の部屋に押し寄せてきたとき、この有名な言葉が私の心の中に入ってきました。

"ああ、神の知恵と知識の富は、なんと深いことでしょう。
神のさばきはなんと知り尽くしがたく、
神の道はなんと極めがたいことでしょう。"
(ローマ人への手紙 11章33節)


ホロウェルさんには熱心な祈りと神様の癒しに対する確信があり、ついには彼女は手を叩きながら、主への賛美と喜びを表してくれました。
私はその時、なんらセンセーショナルなものを感ることは無かったのでしたが、まもなく日に日に私の健康は回復していったのに気付くようになるのでした。



40年間の良い働き



私の不在の間、日本においては全てのことがかなり早く進んでいるように見えました。

石川県津幡には教会堂が建ち上りました。山形県酒田の四住居あるアパートメント建物は改築されてチャペルに、それだけではなく分級室そして牧師館にも生まれ変わり、その他にもいろいろな部屋がありました。

私が神様の私に対する御旨がどこにあるのかと考える機会の与えられる前に、すでに私の全ての荷物を酒田に送ろう、との話がなされていたのです。

ちょっと待ってください。
ただ部屋数が多いからと言うだけで、神様が私に備えた場所とは限らないでしょう。
確かに空気が綺麗な場所を、私の働き場として選ぶ必要はありました。

私は忙しくしていてほとんど休む間もなかったのですが、私の健康状態は回復しつつあり、驚い
たことに、ついにマーテンセン医師は私の体が完全であると宣言してくれたのでした。

これで日本に帰国後も、40年間は働くことが出来そうです。
完璧な健康診断書と神様への賛美に溢れながら、私にはたったひとつの願いがありました。

日本においては神様のためにだけ時間を過ごし、すべての時間を神様に使っていただきたい、との願いです。



日本に帰国して田舎伝道



しばしば苦い盃から甘い経験が出て来ること


小出先生は元気を失い、大江町での働きを続けられなくなりました。
代わって小野寺先生が、その働きを続けるために遣わされました。

この転任を私に知らせるお手紙をいただいてから、それにお答えする十分な時間はありませんでした。私は心の中では神様の御心が何であるかを確信しており、それはその地域で彼女と共に働くというものでした。

シェルホン先生は彼女のところまで行き、彼女のその気持ちを確かめられました。
彼女はこれに賛同してくれていると知った時、私の心は躍り上がるばかりでした。

その時、私はこの御言葉の意味を知ることが出来たのです。

"イエスは彼に答えられた。
「わたしがしていることは、今は分からなくても、後で分かるようになります。」"
(ヨハネの福音書 13章7節)

日本に帰国する以前から、私の心の願いは、誰も顧みないような場所、そんな田舎で働きたいというものだったのです。

後に小出先生は脳卒中で倒れられて、彼の献身的な奥様と子供たちによるケアが常時必要な障害を負ってしまうのでした。

ずっと後日となって現在の大江町教会が新会堂を完成させた時、彼は特別仕様の障害者用バンに乗って大江町にまで再び来ることとなりました。

それは2000年11月11日、麗しく完成された新しい教会堂の献堂式の時であり、大江町教会の開拓者として喜びを分かち合ってくださいました。小出先生はお体に障害をもたれたかもしれませんが、そのスピリットおいてはそうではありません。燃える心を持って福音を語ることに情熱を燃やされているのは、当時も今も変わりはありません。

同時にその日は奇しくも、私の85歳の誕生日と重なりました。
大江町教会は私のために特大のバースデーケーキを用意され、ハッピー・バースデイを皆で合唱してくれたサプライズなりました。

このような小さな者が大江町教会の開拓時に関わらせていただいた事だけで光栄ですのに、そのことを教会の皆さんが覚えていて下さったとは、なんと喜ばしいことでしょう。

かつて私どもの関係者である一女性によって思い起こされた事ですが、私たち皆で小さなアパートに住んでいた時、小野寺先生が私と共に働くことの可能性について話されたことがありました。

それは多分、本気で考えてのことではなかったでしょうが、まさに実現を見たのですから予言的なものであったと言えます。

大江町左沢に引っ越して後に、小野寺先生と私が立て続けに刈り取った実は、神様が小出先生のためにと備えられたものであったはずなのだ、としばしば感じました。

彼が据えた働きの場所を全て維持することは、生優しいものではありませんでした。
宮宿、谷地、そして寒河江市での家庭集会など多岐に渡っていたのです。

困難な働きの現実を前に、何人かの牧師たちは、神様は山形を忘れられたのだ、なんて言う人もいましたが、決してそんな事があるはずはありません。



神に選ばれし山形県人



谷地からは幾人も、その生涯を神様に捧げる働き人らが起こされました。
メキシコ宣教師となられた阿部和子先生、酒田キリスト教会牧師の高橋富三先生です。
そして宮宿からは、横浜港南キリスト教会牧師夫人の石川紀和子先生、そして左沢から松阪キリスト教会を開拓し、牧師の渡辺貞雄先生などです。(牧師任命の教会名は2000年当時のものです)

1965年10月に私は左沢に引っ越して来ました。
一週間はいっぱいいっぱいのスケジュールで、ときには日曜日だけでも五回もの集会があったものです。

一日中人々は出入りしていました。さらに定期集会を宮宿、谷地、寒河江市に設けていました。生徒さんたちのグループは人数も成長していました。日曜学校が特に伸びていたのですが、そこには双子のグループが二組も三組もいたりしました。

小野寺先生のご性格は私とはまるで違うものでした。
それはまるで昼と夜の違いです。私は早起きが得意な一方で彼女は夜型です。

彼女はどこかに出かける直前まで準備もしないままダラダラしているのですが、私は全て準備を終えてからゆっくりとしたいタイプなのです。

都会にあっては、バスでも電車でも数分後に次の便がありますが、左沢線の終着駅の町ではそのようにはいきません。

しかしながら主の働きにあたっては、私たちの心はまるで一つにされていました。
私たち二人にとって、生きるための目的はたった一つのものだからです。
私たち互いの性格の違いが、その働きの妨げとなるようなことはなかったのです。

ときに私たちは忙しい余り霊的な調子を崩してしまって、お互いにギスギスとすることもありました。そんな時こそ主が私たちを互いに向き合わせて、互いの心を溶かし繋げて下さったのでした。

異動に伴う私の立場は変わったものの、いくつかの私の義務には変更はありません。
ミッショナリーチャレンジャーの原稿や宣教師レポート、また会計報告の仕事などのため私はかなりの時間を川崎で過ごさねばなりませんでした。

米国から来られたパイプさんと言う方は、優れた説教者で、チャーチオブゴッド教会の間ではよく知られた伝道者でした。そればかりでなく、彼は自ら建設会社を所有する成功したビジネスマンでもありました。

彼は大変広い心をお持ちの人です。
彼は私どもの働きを経済的に支援したり、自らの手を使って直接会堂建設に携わってくれたりもしました。

その建設仕事のために1966年一月に川崎に到着されてから六カ月間も滞在されたのです。
会堂のあちこちが新しくなり、こちらの牧師たちも、建築修繕作業についての多くを実践作業から学び取ることとなりました。

当所一階建てだった川崎教会が二階建ての会堂に変身を遂げたのも、彼によるものです。

#ドロシー師

People Who Wowed This Post

山本太郎氏とれいわ新選組

thread
山本太郎氏とれいわ新選組 山本太郎氏とれいわ新選組



日本ではちょっとした、れいわ新選組ブームが起こっているようにお見受けしますが、ある牧師が山本太郎さんとその政党を支持する旨の投稿をFacebookにしました。すると仲良くされていらっしゃる別の友人牧師が太郎氏自身の資質、れいわ新選組の経済政策が日本を破壊するとんでもないものであることを指摘された上に、牧師がある1つの政党を支持表明するのは敵を作ることにつながるのでどんなものか、との問題提起をされました。

既に新選組と太郎さんを支持発信している私にとっても無関係では無いので、お二人の論戦に飛び入り参戦した次第です。
論戦といっても二人は互いの考えをリスペクトしながら議論を続けられていて、見事と感心しました。

許可を得ておりませんのでお二人の論戦自体は控えざるをえませんが、私が参戦した文言をここに紹介します。

これを見て私が必ずしも太郎氏が掲げている全ての政策にぞっこんではなく、「現段階での支持」に過ぎないことを深くご理解いただければと思いました。





(いかが参戦した文章)


N先生T先生、横から入り込んで失礼します。
お二人の対談はそれぞれが筋が通ってる上に冷静さを保ち、SNS上で議論をする際の模範となるものだといえます。

T先生がれいわ新選組をご懸念されている点は私も全く同様です。日本の地方によっては倍以上にもなる急激な最低賃金の引き上げが雇用流出につながり韓国のようにさらに経済の混乱をもたらすと思います。経済政策ばかりでなく私は外交・防衛政策にも大きな疑問を感じています。と言うより中国寄りのその姿勢は選択肢としてありえず、もし彼が政権を取ったならば大反対するでしょう。
私個人がれいわ新選組の提示した政策に賛同できるのは消費税廃止と大学奨学金の大幅な見直し、社会的な「とんでも法案」の改正くらいです。それではどうして賛同表明しているかと言うと、未だ政権担当能力がないからに他なりません。たとい候補者全員の10人が当選したとしても、まだ野党の一部弱小勢力にしか過ぎないので安心しているのです。
れいわの躍進を通じて、現政権の消費税増税に強烈なNOを国民の意思として突きつけることができます。
この点、N先生も同様のお考えで賛同されているものとお見受けしました。

(以下引用)

「安倍政権は経済をコントロールしようとして、国民生活を破綻させるような勢いで失敗してしまいました。それでも、選挙後も、彼らは国会の中に多数派で居続けるでしょう。
だから、山本太郎は、実際に政権を取るまでは政策を実現出来ません。けれども国のかたちと国民生活を壊し続ける現政権の歯止めとしては十分なインパクトがあります。」

(引用終わり)

20年間のデフレを脱却できずにさらに国民生活を貧困化させる消費税増税を反対するための緊急避難措置として私はれいわを応援しています。政治はそしてその勢力は常に流動化しています。現在の段階ではれいわを支持出来ても、次の段階ではもちろん異なると言うことです。
なおT先生が懸念されていた、牧師が1つの政党を支持表明することにより、本来は敵でなかった人を敵としてしまう恐れを心配されている点についてです。
そのような方には、政治と宗教とを自らの感情に引き寄せてごちゃまぜにするところから成長してしていただかなくてはならないと申し上げたい。N先生が書いておられる通りに、いかなる政治的異論を持ったとしても、主にあって1つであるとの信仰理解に至りたいものです。全て同じ考えの人たちだけで教会が形成されていたとしたら、そこにはカルトの匂いが漂います。

長文失礼しました。
この文章、勝手ながら自らのFacebookにも投稿します。
牧師の政治的意見を聞いてつまずく人に成長・成熟を促すためです。
#社会

People Who Wowed This Post

川崎での宣教活動に戻って

thread
「人生は80歳から始まる」 「人生は80歳から始まる」 山形の田園に落ちる夕日 山形の田園に落ちる夕日







日本で40年間以上宣教師として尊い御用をされたドロシー・ラバツウ先生の回想録です。

私が聖書学院を卒業したのが23歳の時。

卒業と同時に遣わされた最初の任命地が三重県大台町にある錦キリスト教会でした。

そこで一人で伝道されていらっしゃっるのが教団最高齢の73歳になっていらっしゃったドロシー先生でした。

教団最若輩だった私はそこで7年間働きましたので、ドロシー先生が80歳になるまで共に生活し伝道したことになります。

本の題名は「人生は80歳から始まる」。

確かに年齢を感じさせないバイタリティー溢れる体力と気力とに満ちておられた先生でした。

私との共同牧会伝道期間は助走期間に過ぎず、その後から先生の本格的な宣教師人生が始まったのですね。

今回初めてこの回想録を手にすることが出来て、ドロシー先生という稀有な宣教師を生み出したその背景を垣間見ることが出来たのは実に祝福となりました。

まるで宝物を探し当てたように興奮しながら原書のページをめくっています。

皆様にもその全てでは無いですが、ハイライトと思えるところを紹介します。


第24回目は、田舎での1時的な伝道活動を終えて川崎に戻り、学生への英語クラスを始め、本格的な宣教活動に従事するようになります。








本田川崎クルセード


その直後に 、川崎での本田クルセードの多忙な準備期間が待っていました。

私の家族が日本に滞在したことでもし私が働きから幾分かでも逃れてしまうことがあったとしたなら、私はその分を埋め合わせるだけの機会を確かに得たと言っていいと思っています。

私は奏楽者として、また食事係のマルタ役として、二人分のお仕事を仰せつかったのです。
ときにはこの二つの仕事が同時に来る事もあり、私は文字通り双子である必要がありました。

本田クルセードのためには、電車の中でも数千枚のトラクトが配られて行きました。
ある朝、バス停にいた時のことです。バス停から降りたある方が、その手にいっぱいのトラクトを私に渡してくれました。彼は後の日に与えられるであろう報酬を自ら放棄している事に気づいていないのでしょうか。

全市に広がったこの労務の結果は神様だけがご存知です。
神様がやがて与えて下さる報酬には正しいものしかありません。



ミッションフォーム



1962年の秋、主は私たちに祈っていたミッションホームを与えてくださいました。
主が経済的な必要を満たしてくださいましたが、私たちはその内装を自分たちでやり遂げました。

主は私たちが掃除をし、ペイントをし、修繕するエネルギーを与えてくださり、11月には開所式ができる所にまでこぎつけたのです。

私がそれまで住んでいた古くて小さなアパートメントが、ミッションホームに移った今、まるでニューヨークのグランド・セントラルステーションになったかのようで、常に若い方々で溢れるようになりました。同時に、彼らは続けてやって来てくれるだろうか、と訝しんだものです。けれども彼らは確かに継続して来会し、さらに多くの人たちが来られるようにもなりました。



川崎南部キリスト教会の誕生



ミッションホームは川崎南部キリスト教会の誕生につながり、限界のない可能性へと開かれて行きました。11月第一日曜となった開所式兼最初の礼拝は、私たちの期待以上に素晴らしいものとなりました。

その辺一帯にトラクトがまんべんなく配られ、私のアコーディオンも含んだマーチングバンドが行進して、スピーカーから大きな声でのアナウンスがなされました。多くの方々が心を砕いて証しをされ、また働きました。その教会は多くの人たちで満たされたのです。

人生とは挑戦の連続です。
私はその頃、放課後の時間帯を多摩高等学校や川崎高等学校での英語クラス担当をしたり、ミッションホームでの英語バイブルクラスもあり、さらには中学生のための英語クラスもしていました。

これらに加えて南部教会のすべての集会にも参加するよう求められていたのです。
その上、家庭集会や川崎教会での婦人会、ヤング婦人会、ベタニア女子会、さらにはひっきりなしに出入りして来る英語クラスの生徒さん達。

たとえ私たちが引越したとしても、彼らは必ずや私たちと行動を共にしてくれる人たちでした。



「ミッショナリー・チャレンジャー」の誕生



1963年の二月、私たちは日本で「ミッショナリー・チャレンジャー」を刊行するようにと求められました。それは私の日本での宣教活動を米国の教会のサポーターたちに紹介すると言う目的を持ったニュースレターです。

ところが、ニュース記事をタイプするというのは私にとって全くの新しい経験でした。
チャレンジャー自身にとり、大きなチャレンジとなったのでした。

そんな多忙な私たちにも、時には外出の時間が与えられたのは不思議なことです。
コンサート、美術館訪問、山へのハイキング、大学の文化祭や雪国での楽しさなどです。
これらは、私たちは大人が子供時代に帰ることが出来た大変貴重な機会でした。



コーラおばさん



多種多様な機会は、人生のスパイスであると言われています。
主は大変特別なことを、サプライズしてくださいました。

コーラおばさんのことです。
彼女は、主が日本に宣教師として召していると感じていました。そのことをすでに私には何度も伝えてくれていたのです。

しかし深夜に到着したときには、彼女を空港に迎えてくれる人は誰もいませんでした。
親切なタクシー・ドライバーが川崎の日本人牧師と連絡を取ってくれて、彼女をその教会まで送ってくれました。

その牧師はもっともな理由もあって、彼女を留め置くことができなかったものですから、ある日曜の早朝、彼女は私どものところにやって来てそのまま新しい家族の一人となりました。

この年配の黒人淑女は数ヶ月間、私たち皆と楽しく生活を共にしました。英語クラスにも参加してくれて新しい息吹を与えてくれたのです。
コーラおばさんは特別集会のためのポスター貼りやトラクト配布など、彼女にできることなら何でもお手伝いしてくれました。

彼女は日本語をお話しすることはできませんでしたが、彼女の笑顔はどんなハンデをも補って余りあるものでした。

時にいくつかの特別集会では私たちが期待したほどの結果は得られなかったのですが、コーラおばさんはいつもと変わらずに、明るい楽しさを分かち合ってくれました。

夏の修養会で彼女と同室できたことは私の喜びです。
静かで落ち着いた時が与えられました。

説教の間中は、私が話のポイントを彼女のために書いて差し上げました。
それによって彼女もまたいくらかの祝福を得ることができた様です。
また彼女は大したコックさんでもあり、そのレモン・パイは決して忘れることができません。


#ドロシー師

People Who Wowed This Post

日本一公園での祈り

thread
文中にある早朝の祈り会に行った... 文中にある早朝の祈り会に行った町全体を見下ろす公園からの眺めです。「日本一公園」と呼ばれています。 日本一公園での祈り 日本一公園での祈り 日本一公園での祈り 日本一公園での祈り



日本で40年間以上宣教師として尊い御用をされたドロシー・ラバツウ先生の回想録です。

私が聖書学院を卒業したのが23歳の時。

卒業と同時に遣わされた最初の任命地が三重県大台町にある錦キリスト教会でした。

そこで一人で伝道されていらっしゃっるのが教団最高齢の73歳になっていらっしゃったドロシー先生でした。

教団最若輩だった私はそこで7年間働きましたので、ドロシー先生が80歳になるまで共に生活し伝道したことになります。

本の題名は「人生は80歳から始まる」。

確かに年齢を感じさせないバイタリティー溢れる体力と気力とに満ちておられた先生でした。

私との共同牧会伝道期間は助走期間に過ぎず、その後から先生の本格的な宣教師人生が始まったのですね。

今回初めてこの回想録を手にすることが出来て、ドロシー先生という稀有な宣教師を生み出したその背景を垣間見ることが出来たのは実に祝福となりました。

まるで宝物を探し当てたように興奮しながら原書のページをめくっています。

皆様にもその全てでは無いですが、ハイライトと思えるところを紹介します。


第23回目は長野県や山形県へ伝道旅行を繰り返され、やがて田舎伝道が生涯の中心に据える働きとして確信するように至った経緯です。











繰り返されるクリスマス集会



クリスマスと新年期は、実に栄光に富んだ時期です。

私たちはクリスマス祝会を何度も多くこなしました。教会だけではなくて各日曜学校支部や家庭集会などです。

ホームシックにかかる暇なんてありません。もっとも聖書学院の神学生たちといった拡大家族も与えられている私が、どうしてそんなことを感じる余裕があるしょうか。
そこには七面鳥とそれに付随する米国流定番料理こそありませんでしたが、私たちには溢れるばかりのご馳走と多くの喜びとがありました。

お正月のご馳走には、一つを除いて何も問題はありません。
その一つとは、お餅のことです。私はその餅つきの現場にお招きいただいたことがあります。

ツキタテの熱くて柔らかいお餅は、醤油やきなこをまぶして食べると大変良く合います。
私は五つもお餅をいただいたのですが、一つの切り餅サイズがお茶碗いっぱい分のご飯量に相当するだなんてその時なまだ知らなかったのです。

お餅は体全体を温めてくれるし、その後は何食も要らないと感じるほど腹持ちが良いものです。


私は多くの男子生徒を多摩高等学校で教えました。
そして長い期間を経て、ついに英語を熱心に学ぼうとしているとても将来が楽しみな幾人かの女子学生にも会うことになりました。彼女らには英語を聖書から、そして音楽を賛美歌から教えました。

私はその頃、私と共に働いてくれる助手となるような女子生徒を探していました。でもそれは叶えられない高望みだったようです。それでも、私がこれらの若い生徒さん方と過ごした多くの時間は決して無駄とはならないことでしょう。

日本に来るずっと前から、私は田舎で働くことを望んでいました。
私の最初の“宣教旅行”は、ただ私が無能であることを思い知らされただけだったことは、先にお話しした通りです。
やがて将来のいつの日かに、主のために働くため再び長野県に帰ることは私には許されるのでしょうか?



福音を携えて九州へ



美智子先生のお母様を伴った九州への旅は、私にとって願ってもないことでした。
それは短い期間だったのですが、聖書物語を紹介したり、本やトラクトをお渡ししたりして、私は熱心に務めました。

そのような中でのある日曜日朝のことでした。子供さん方はなんと朝食前にやって来て、そしてお昼ごろまで帰らないのです。再び彼らは午後になって来ると、今度は夕方まで居座ります。

豆腐屋さんは、私が彼にたくさん渡したトラクトをその販売ルートで会うすべての人に配ってくれました。「ここには素晴らしいことが書いてあるよ」と、彼のお客さんたちに話して廻ったのです。

私はその場所に帰って、私の残りの人生をそこで過ごしたかった程でした。
しかしその願いが叶えられることはありませんでした。




福音を携えて山形へ


三人の若くて有能な献身した神学生たちが聖書学院を卒業して各地で働きを始めた時に、シェルホン先生の夢は実現したと言えましょう。

小出先生は、ご自身の故郷に帰ることが御旨であると示されました。そこが山形県左沢です。シェルホン先生はその可能性を探りに視察に行かれました。小出先生は開拓伝道に着手して、勇敢にも数々の困難に立ち向かっていったのです。

ある時の日曜学校では、多くの若い人々の出席を得て賑わいを見せました。何軒かの家々でも家庭集会が始まりました。彼はまた結核療養所にいる病の方々や、学校で問題を抱えている子供たちの為にも働く機会を得て行ったのでした。

そんな多忙の中にあっても、ある時の日曜礼拝にはだれも出席者がいない、と言う時もありました。
それでも勇敢な彼は、誰もいない座布団だけに向かって説教したのです。
働きは祝されて多くの実が結ばれるように見えましたが、やがてしばらくすると、誰もいない座布団状態に戻るのです。そんな時に彼ができた事は涙を流すことだけでした。

主は私たちの将来の働きのために、女性を備えて下さる時もありました。二名の献身した女性が聖書学院に入学して、その授業のない休日や長期休暇、また週末は私の助手として働いてくれました。

その一人であった小野寺美江(ヨシエ)先生と私は、大江町での初期の開拓伝道を担うこととなったのです。私たちはあらゆる準備を完了しました。

町にはポスターが至るところに貼られました。伝道伝道集会の直前には私どもは町中を練り歩きます。私がアコーディオンを弾いて、男性たちが集会のアナウンスをするのです。三つの小さな部屋しかなかったその家には、入り切れないほどの人たちで溢れました。

初日には82名の来会者です。日曜朝の早天祈祷会の時には、近くの山の頂まで行きました。そこからは広大な景色が開かれていて、美しい村の全体風景、実った稲が見渡されました。

美江先生と私は、このところで何年間かを共に過ごせないだろうか、と夢見たのです。この伝道旅行以前にも私たちは共に賛美し、神の言葉を分かち合い、共に祈り合う祝された時を持って来ました。私は続けてそのまま共に助け合いながら働くことを心から望むようになっていたのです。

次の夏も、私は大江町での夏季特別伝道集会をお手伝いすることが許されました。
今回の私の助け手は青木先生です。今回の旅を通じてもまた、私は田舎で働くことを強く願う結果となりました。

私の心は二つの願いで引き裂かれました。しばしば主のために二つの体が欲しいと思った程です。都会には大学受験を控え、熱心に勉強する高等学校の生徒さんたちがいます。

でも、感謝なことに私の道を選んでくださるのは、神様ご自身です。その結果についての責任も、その過去でも現在であっても、主がとってくださり私ではありません。

長い年月の葛藤や失望があり、遅いスタートの後でしたが(時に私は43歳)、私は神様の御心の真ん中にあることを確信できて、心満たされるのを真に体得出来たように思います。

私には故郷や家族を慕って失望するようなことはありませんでした。
同じ太陽がすべての私たちを照らしているわけですから、私はそんなにも遠いところにいるわけではないはずです。
#ドロシー師

People Who Wowed This Post

ケインズ経済学を日本は導入すべし

thread
ケインズ経済学を日本は導入すべ...

20年間のデフレが続いた国はどの国のどの歴史にも今だかつてなかったと言われていて、これは国会答弁で安倍首相も認めていることです。

ここで私の展開している財政政策はMMT理論を土台としているものでして(その全てを認めているわけではございませんが)、それは自由放任ではなく管理的な社会主義的経済政策です。

このような財政政策をとった例はいくつかあります。
代表的なのが1929年の世界大恐慌に対するルーズベルトのニューディール政策です。

それまでの主流派経済政策ではアダムスミスの著した「富国論」が正しいとなっておりまして、「神の見えざる手」が市場を動かしているのだから、その自由に任せ政府は介入しなくて良いと言う立場を取りました。

すると失業率はなんと25%、都心部では50%にも上ってしまった。このままでは国が壊滅してしまうとして、ルーズベルトが大規模公共事業を行い、大幅な財政出動、雇用確保に動き出して米国を持ち直したのです。


人種差別主義者であり日本に戦争をけしかけ、原爆投下の準備をした悪の大統領の行った唯一の良いところです。

彼はそれまでの方針からケインズの唱える統制経済へと舵を切ったのでした。その後、第二次世界大戦で膨大な需要が喚起され雇用は完全雇用、デフレは吹っ飛びました。戦争が終わった頃は空前の好景気です。


なおこの主流派経済学とケインズ経済学はあらゆる点で対極をなす考え方であり、常に論争をしているものです。時の国々やその時代によって変転しながら採用されてきたと言えると思います。
#社会

People Who Wowed This Post

「わたしに来る者を」

thread
「わたしに来る者を」



ホサナ・キリスト教会日曜礼拝のメッセージ・アウトラインです。



「わたしに来る者を」



ヨハネの福音書 6章34~44節



"そこで、彼らはイエスに言った。「主よ、そのパンをいつも私たちにお与えください。」
イエスは言われた。「わたしがいのちのパンです。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません。
しかし、あなたがたに言ったように、あなたがたはわたしを見たのに信じません。
父がわたしに与えてくださる者はみな、わたしのもとに来ます。そして、わたしのもとに来る者を、わたしは決して外に追い出したりはしません。
わたしが天から下って来たのは、自分の思いを行うためではなく、わたしを遣わされた方のみこころを行うためです。
わたしを遣わされた方のみこころは、わたしに与えてくださったすべての者を、わたしが一人も失うことなく、終わりの日によみがえらせることです。
わたしの父のみこころは、子を見て信じる者がみな永遠のいのちを持ち、わたしがその人を終わりの日によみがえらせることなのです。」
ユダヤ人たちは、イエスが「わたしは天から下って来たパンです」と言われたので、イエスについて小声で文句を言い始めた。
彼らは言った。「あれは、ヨセフの子イエスではないか。私たちは父親と母親を知っている。どうして今、『わたしは天から下って来た』と言ったりするのか。」
イエスは彼らに答えられた。「自分たちの間で小声で文句を言うのはやめなさい。
わたしを遣わされた父が引き寄せてくださらなければ、だれもわたしのもとに来ることはできません。わたしはその人を終わりの日によみがえらせます。"



⑴「来る」-その困難さ


①主がチャレンジされている中心点、キリスト教信仰の全てであると言っていい。
主のもとに来ることについて何度も語られている(35、37、44、45、65)。

②信仰の世界でこれほど難しいこともない。
群衆は小舟で湖を渡りイエスを探し出したが。
物理的な距離を縮めたとしてもそれは来たことにはならない。
24-26節。教会堂に来ても、牧師に相談できても、洗礼を受けたとしても、、、、



⑵「来る」-それは「信じる」「食べる」と同義語



①「信じる」ヘブル的並列表記法(35)
食糧経済問題解決のためのメシアを探していた人々にとって「しるし」を見ても見ていない(26)

②「食べる」ヘブル的物理比喩的表記法(50、53、56、57、58)
主の言葉は霊でありいのちである(63)。この言葉に信頼を置くのもには命を支える食物となる。


⑶「来る」-そのカラクリ

父なる神がイエスに与えられたものである
父が引き寄せ(44)、父から聞いて学んだもの(45)、父によらない限り誰もイエスのところには来れない(65)。


②来るものを決して捨てないとのイエスによる永久保存(39)
「ひとりも失うことなく」と強調され、蘇りの日までの保護が保証されている。



(結論)
「来る」とは、簡単でありながら最も難しい信仰の行為である。対面や格式にこだわる者には不可能である。自分自身に確信を置かない者だけ許される特権であり、謙遜な行為である。
#メッセージ

People Who Wowed This Post

消費税を10%に増税したらアカン

thread
消費税を10%に増税したらアカ... 消費税を10%に増税したらアカ...

現行消費税8%の税収は約20兆円です。令和新選組は今回の選挙で8%全額を廃止する公約としていますが、一般国民にはあまりにも強力なカンフル剤となるかもしれません。私は5%減税でも大きな前進であると考えています。
減収の20兆円分をどうやって補填するかは、他からの税収を計るか新規国債発行となります。
この2つの方法はそれぞれ十分な財源となり得る方策であるとの十分な根拠があります。
他のあてにできる税収とは、所得税と法人税です。
現行の所得税法では金融資産からの収入と給与等からの一般収入とを分離して課税していますが、これを一つの所得に統合した総合課税方式にすれば良いのです。これにより高額の金融資産保持者・高所得者に対しての課税を強化することができます。株の配当等の金融資産からの収益に対する税率は、どれだけ儲けても一律の20%です。これを一般収入並みの最高税率45%、地方税率含めたら55%までの課税とすれば良いではないですか。
法人税については零細企業から大企業までの税率が現在はフラットです。これも税率一律の消費税と並んで金持ち優遇の不公平税制ではないですか!ここに累進性を導入するべきです。利益を大きく上げている企業にはそれだけ多くの負担をしていただく。当然のことです。それだけではありません。大企業に対してのみ適用される80を超える税の優遇措置(割引システム)があって大きな課税逃れとなっている現状も是正するべきでしょう。
これらの法人税と所得税を見直すだけで29兆円の税収を見込むことができると試算されています。
日本は20年間デフレが続き実質賃金が下がり続けている唯一の先進国です。このまま消費税を増税したならばもはや先進国とは言えなくなるほどの貧困化が進むのです。今や貧困ラインを超えている人が子供の7人に1人、高齢者の5人に1人、そして20歳から64歳までの女性の3人に1人の割合です。
これらの社会の底辺に住む人からではなく高額所得者からより多くの負担をしていただくのが公平な税制です。
2017年の統計ですが企業がため込んでいる内部留保は446兆円です。金融保険業を加えたベースとなると507兆円を超えて、それは日本の1年分のGDPに匹敵しています。6年間連続で前年度を超える内部留保となり、この年だけで10%の増額、すなわち約50兆円の儲けを企業が貯め込んでいるのです。50兆円とは日本の全税収の金額にも匹敵しています。20兆円の消費税分の代わりに、この50兆円を利用したら良いと言うことです。

それには呼び水が必要です。
国が新規国債を発行して教育や社会保障など、あらゆる伸びしろのある分野に積極的な財政投資を行うのです。それによってデフレが改善したならば企業はこの巨大な内部留保を設備投資や人材確保・開発に投資ようになるでしょう。

#社会

People Who Wowed This Post

神様にとって不治の病はない

thread
1992年、夏季実習伝道として... 1992年、夏季実習伝道として伊東献仁神学生がおいでになられました。松井宅での家庭集会です。 神様にとって不治の病はない



日本で40年間以上宣教師として尊い御用をされたドロシー・ラバツウ先生の回想録です。

私が聖書学院を卒業したのが23歳の時。

卒業と同時に遣わされた最初の任命地が三重県大台町にある錦キリスト教会でした。

そこで一人で伝道されていらっしゃっるのが教団最高齢の73歳になっていらっしゃったドロシー先生でした。

教団最若輩だった私はそこで7年間働きましたので、ドロシー先生が80歳になるまで共に生活し伝道したことになります。

本の題名は「人生は80歳から始まる」。

確かに年齢を感じさせないバイタリティー溢れる体力と気力とに満ちておられた先生でした。

私との共同牧会伝道期間は助走期間に過ぎず、その後から先生の本格的な宣教師人生が始まったのですね。

今回初めてこの回想録を手にすることが出来て、ドロシー先生という稀有な宣教師を生み出したその背景を垣間見ることが出来たのは実に祝福となりました。

まるで宝物を探し当てたように興奮しながら原書のページをめくっています。

皆様にもその全てでは無いですが、ハイライトと思えるところを紹介します。


第25回目は、川崎での多忙な伝道生活がドロシー先生の健康問題を引き起こしたことについてです。米国に帰国中、肺気腫との診断を受けたのです。当時の川崎の空は、酷い公害スモッグで覆われていました。









健康問題に直面して
〜暗い疑いと疑問〜




1963年頃までに私の健康はひどくなって行きました。
高熱と咳が続き、ときには呼吸さえ困難となったのです。

そして遂に働きをそれ以上続けることが困難となったのでした。
医者に診ていただいたのですが、それはただ私をがっかりさせるものとしかならなかったのです。レントゲン写真を撮った後で彼は、「どんな種類のタバコを吸っているのですか」と聞いてきたのです。

横浜の病院へ行った時には、喘息であるとの診断を受けました。そして三週間の安静治療を受けたなら肺は綺麗になると言われましたが、何の効き目もありませんでした。私の症状はさらに悪化していったのでした。

やがて私は、しばらく長期休暇を取るようにとの要請を受け入れざるを得ないところまで来ました。その知らせは米国へも送られたのですが、それが先方に届く前にベイデン教会からファローのために一時帰国するようにとの連絡が届けられました。そこでこれが神様の御旨であると確信したのです。

それでも私の内には多くの疑問が残っていました。

どうして? どうして? どうして?


私は当時三つの高等学校で英語を教えており、そこからの生徒さん達が川崎南部キリスト教会のバイブルクラスに出席してくれていました。ときにはそのクラスが20名以上にもなる時がありました。

そこにはインドやアメリカからもゲストが来られては、ともに楽しんでいたのです。ターバンを頭にかぶったインド人がクラスに来たときには、生徒さんたちは大変喜んでいました。働きが進められ成長しているのを見て、私の心は喜びで溢れていたのです。

どうして私は撤退しなくてはならないのですか?
主は私にその理由を示されませんでしたが、聖書のお言葉をくださいました。

「私のしていることはあなたには今は分からないが、後にはわかるようになる」

お別れとは、大変辛いものです。
しかし三回あったお別れ会の中で、主はそれぞれ異なった三人の人物を通して、この主ご自身のお言葉を私に与えて確信を下さいました。

ヤコブが最も暗黒の中にいた時に、主は彼にお語りになられました。

"「見よ。わたしはあなたとともにいて、あなたがどこへ行っても、あなたを守り、あなたをこの地に連れ帰る。わたしは、あなたに約束したことを成し遂げるまで、決してあなたを捨てない。」"(創世記 28章15節)

9月4日に出国する予約が取られました。もはや後悔したり心配したりする時間は残されていません。ミッショナリー・チャレンジャーの原稿をもう一本書かねばならないし、ファローのためのペーパーも準備しなくてはなりませんし、不在となる英語クラスのための備えもまた必要でした。

会計や荷造りもせねばなりませんでしたので、残された限られた時間の中でしなくてはならないことが無尽蔵にあるように感じました。

その夏の修養会は、一年間の帰国報告の仕事のためには心を備える特別な時間となりました。
多くの妨げが起こったし、まさに現在は逆風の吹く状態でしたが、神様の御心は誤りなく鮮明です。

五年間不在の後に家族と再会できたことは、言葉にならないほどの真の喜びとなりました。
子供たちの成長のなんと早いことでしょう。

日本へと旅立ったとき、彼らはまだよちよち歩きだったのです。その彼らが一度に私に話しかけて来るのです。私の父のトレーラーハウスに教会や親族たちが集まって盛大な宴会となりました。それはまさに親密な”コミューニオン(聖餐式)”となったのです。


カルチャーショック


突然、私は自国の米国にいながらカルチャーショックに直面しました。

銀行口座の開設方法がわからない。駅改札口での自動販売切符の取り扱いがわからないのです。
運転免許証を得るときには大変な緊張を強いられました。

そんな中で親切にも手助けをしてくれるたくさんの人々に接しました。毎回助けをいただく度に、私が言ったことの定型句はこんなものです。
「五年間も日本にいて最近戻ってきたばかりなんです。アメリカでのあらゆるノーハウについてはすっかり抜け落ちてしまった者ですから」

休んでいる時間はありませんでした。9月19日までのファロー(宣教報告)のスケジュールがきっちりと組まれていて、アメリカ中の西や東へ行ったり来たりすることになっているのです。

家族であるベイデン教会の方々は、セントルイスの駅でまだ眠気まなこだった私を迎えてくれました。そのユニオン・ステイションは今やセントルイスの観光名所となっていて、あらゆるお店やエンターテイメントの集積地となっています。それでも当時電車が通っていた事を忍ばせる面掛けは残されていますが。

ナザレン教団をリタイヤされたコンウエイ牧師とその奥様は、私を彼らの家に迎え入れてくださいました。その家は私の米国滞在期間、第二の実家となりました。
彼はまたキャシューナッツとブラックウオナッツアイスクリームの販売にも長けている才能の持ち主です。彼がどこに行くにしても販売を成功させてしまうのです。

コンウエイ夫人とおしゃべりした地下室に至る階段での時間を決して忘れることはないでしょう。
その対話は何回にも及び、そしてめったなことで邪魔が入らなかったのです。どうして地下室での階段ですかって?

彼女が洗濯の度に階段を降りてくると、私は何か理由を見つけては会いに行き、話に誘い込んだからです。

長い結婚生活の後になってからこの二人は深い相思相愛の仲となったようです。
セントルイス市内を運転するときにも彼らは手をつないでいるのです。言うまでもなくそれは危険な行為のはずですが、主はそれを認めて彼らをお守りくださいました。

チャーチオブゴッド教団はサイズとしては小さくなりつつあり、メンバーも少なくなっているようでしたが、暖かい雰囲気とスイートな交友は私がどこに行っても保たれていました。
激しい嵐に見舞われ去って行かれた方々の中には、私と親しくしていた幾人かもおられます。それにも関わらず残された彼らは忍耐を保持して教会を守り続けています。



神様にとって癒されない病はない



熱心なクリスチャンの友人らは、私が家にいても海外にいてもこの12月までに私が癒されるようにと熱心に祈り続けてくれたのですが、どうも私の体はこれ以上働きを続けられそうにはなかったのです。

セントルイスにあるバーネス病院での専門医との面接では、私がとても深刻な状態にあることが伝えられました。公害の煙や灰、その化学物質を吸い込んだことからくる肺のダメージが深く、おそらくそれが恒久的に残るとのことです。

もし日本に戻るとすると、長生きできたとしても55歳になる頃には車椅子生活を余儀なくされるとまで告げられました。私は当時、不治の病であった肺気腫であると診断されたのです。

当時はまだその病のためのどんな治療方法も薬もありませんでした。
その専門医は私に再び日本へは戻らないようにとアドバイスをしてくれた上で、肺に積もっているゴミを除去するための薬や、ひどい症状を和らげるためにと睡眠剤を処方してくれました。

やがてその全ての薬を完済した後、再びそれが投薬される事はありませんでした。
「なぜそんなものに頼っているのか」と私は考えたのです。

創世記28章15節の神のお約束がなかったならば、私は暗い失意の中に沈み込んでいたことでしょう。翌朝早く私は起き出して、その件について主に祈りを捧げました。

しかし神様にとって、思い出さねばならない事はないと示されたのです。
神様は私を忘れてしまっているわけではありません。

そのお約束のお言葉は私に働いて、今一度、私は自分自身を神に捧げ、たとい人生が短くなったとしても日本で仕える決心に至ったのでした。

"見よ。わたしはあなたとともにいて、あなたがどこへ行っても、あなたを守り、あなたをこの地に連れ帰る。わたしは、あなたに約束したことを成し遂げるまで、決してあなたを捨てない。」"
(創世記 28章15節)

#ドロシー師

People Who Wowed This Post

消費税を撤廃し法人税を上げるべき日本

thread
消費税を撤廃し法人税を上げるべ... 消費税を撤廃し法人税を上げるべ... 消費税を撤廃し法人税を上げるべ...


日本の消費税と法人税

消費税が1989年に導入されて以来、法人税は下がり続けています。

89年に法人税収入は19兆円でしたが、現在では10兆円ほどで、9兆円もダウンしています。
現在の法人税税率は23.2%ですが、これは名目に過ぎず実質はその半分ほどに抑えられています。なぜなら抜け道があるからです。
その抜け道は大企業ほどに有利で、なんと数%しか負担していない大企業もあるのです。例えば研究開発費とか、子会社への支払いとか言う項目があると税負担に圧倒的に有利となります。
このためトヨタでは2008年から5年間、法人税負担がゼロでした。

年ごとに実質の法人税率が下がっています。

13年の実質法人税率 14.4%
15年の実質法人税率 13.3%
17年の実質法人税率 12.5%

このように大企業に甘い税制となっているため、バブル期以上の空前の大儲けをしています。でもそれが人件費や設備投資に回らずに内部留保に勤しみ、今や年間50兆円の「どうしたら良いか分からずにとりあえずため込んでおく」金額。
消費税収入分の20兆円分はここからひねり出せるでしょう。

累進性のない一律税率の消費税は、お金持ちに優しく一般大衆には厳しいものです。お金持ちは買い物する際、3%だろうが10%だろうが消費税分は気になりません。我々一般庶民には大打撃です。
ある試算によると、消費税が10%となった場合、一般家庭の家計のまるまる1ヵ月分の収入がその消費税分として差し引かれることになるのです。

消費税を撤廃して日本を再生させよう。
#社会

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account