Search Bloguru posts
  • Hashtag "#民事裁判" returned 4 results.

未支払いの回収のための民事裁判

thread
民事裁判は裁判所にComplaint(告訴状)を提出し、裁判所よりSummons(召喚状)を発行してもらうことで始めることができます。ComplaintにはAllegationsと呼ばれる最小限の主張を記載しなければなりませんが、告訴状提出時には証人の証言等は普通必要とされません。支払いの滞りの場合、何時何を誰に収め、その価格がいくらで何時までに支払われるべきだったのか等を告訴状に記載します。

告訴状を提出し、召喚状を発行してもらったら、これらの書類を原告側に渡さなければなりません。この手続きをServiceとよび、誰がどの様に行えばService有効かというのは条例で決められています。普通の民事裁判では、被告人は有効なServiceを受けてから、通常30日以内にComplaintに対する何らかの返答をしなければなりません。この期間を過ぎるとDefaultといい、原告は被告人不在の裁判手続きを進めることが出来ます。


上記は一般論で、個々の状態では必ずしも適応されるものではありません。個々の状態については専門家にご相談されることをお勧めします。
貴方のビジネス・財産・権利守ります。
無料電話相談(20分まで)受付けてます。お気軽にお電話下さい!
*
*
岩浪総合法律事務所  
ホームページ http://iwanamiusa.web.fc2.com/
電話番号 (619)551-4900  
メールアドレス kmiwa2013@gmail.com

#支払い #未支払い #民事裁判 #アメリカ #カリフォルニア #告訴 #不在裁判 #契約

People Who Wowed This Post

不在裁判

thread
お金を貸した相手の居所がわからなくなってしまったという時にでも、民事裁判を起こすことが出来ます。どうしても被告の居所が分からない場合(又は被告が故意に居場所を隠している場合)、加州ではService by Publicationといって新聞で民事裁判の開始を告知することで有効なServiceを行うことが出来ます。(但し、告知を行う前に裁判所より告知でのServiceを有効と認めるという命令をもらわなくてはいけません。)新聞での告知が行われた後でも被告が出頭しない場合、Defaultとして被告不在裁判を進めることが出来ます。被告不在裁判では、原告から提出される証拠が全て真実として認められるので殆どの場合原告が要請する金額の賠償金支払いを命ずる判決を手にすることが出来ます。

然しながら、判決執行を行うのは被告の居場所が分からないと難しくなります。被告が不動産を持っていたり、被告の銀行口座(銀行名や口座番号)がわかっていれば執行手続きを進めることも可能ですが、その様な情報が全くないと執行手続きが出来ないことになり判決は下りたけれども執行できないという状況になりざるを得ません。

加州では、判決は10年間有効で、それに加え10年有効期間を延ばしてもらうことも出来ます。この20年間の間は判決を執行することが出来、その20年間のうちに被告の居所や財産の在りかを突き止めることが出来たら判決の執行、賠償金の回収が可能になります。


#民事裁判 #判決執行手続き

People Who Wowed This Post

民事事件で勝ったのに。

thread
民事裁判の判決はま「○○さん××さんに△△ドルしはらいなさい」という命令の形をとり、被告が「知らんぷり」を決め込むことも出来るのです。そういうときには判決執行を求める手続きを裁判所申請することになります。判決執行は数々の方法があり、被告の経済状態によってどの方法が一番適しているのかを判断しなければなりません。

例えば、被告が財産(不動産等)を持っている場合には強制的に財産を売らせて現金化させ判決支払いを行わせたり、被告の銀行口座が分かっていれば口座からの直接支払いを銀行に対して要請したり、被告が安定した職業を持っている場合には毎月の給料からある一定の金額を天引するなどです。
#民事裁判 #判決執行手続き

People Who Wowed This Post

訴えられたら

thread
アメリカは訴訟の国、運が悪かったとしか言えない状況で訴えられることも多々あります。民事裁判での返答期間は短く、書類を受け取った日から30日です。その時期を過ぎてしまうとDefaultといい、不在裁判をされ、相手方の言い分が100%とおり、こちらは主張さえさせてもらえないという結果になる事もあります。

裁判所からの知らせ、または裁判に関わる書類などを受け取った場合は迅速に行動することが大切です。然しながら、この頃は裁判所や公的機関から送られてきたように見える書類を送ってきて、知らない間にその会社のサービスを買わされてしまうという少々悪質な会社も出てきていて、どの書類が「裁判所」からの書類かを見極めるのは難しくなってきています。

その様な書類が届いたら、即専門家に相談することをお勧めします。(弁護士といっても、訴訟をしたことのない弁護士もいます。そういう弁護士は裁判書類の見極めをできない人が多いです。)
#民事裁判

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account