Search Bloguru posts

テナントスクリーニング(店子の審査)

thread
住宅を貸す場合、一番気をつけたいのはテナントの選択です。物件をきれいに使ってくれ、レントをきちんと払ってくれる方を入れたいものです。選択をする際に大家さんの多くがクレジットチェック、リファレンスチェックや雇用先の確認等を行います。その際、法律的に気をつけておきたい点は幾つかあります。まず、クレジットチェックや雇用先の確認を行う事への承諾をを申込者より書面でもらっておくことをお勧めします。雇用主によっては承諾の書面がなければプライバシーの問題から大家さんの質問に答えないというところもあります。又、クレジットチェックを行ってその結果が悪いということで賃貸を断った場合、申込者から申し出があれば大家はクレジットチェックの結果を申込者に知らせる義務があります。






上記は一般論で、個々の状態では必ずしも適応されるものではありません。個々の状態については専門家にご相談されることをお勧めします。


貴方のビジネス・財産・権利守ります。

無料電話相談(20分まで)受付けてます。お気軽にお電話下さい!
*
*
岩浪総合法律事務所  
ホームページ http://iwanamiusa.web.fc2.com/
電話番号 (619)551-4900  
メールアドレス kmiwa2013@gmail.com

#アメリカ #カリフォルニア #賃貸 #不動産 #住宅 #アパート #貸家 #テナント #店子 #Screening #審査 #調査 #クレジット #確認 #大家 #レント #リース #プライバシー

People Who Wowed This Post

リビングトラスト・ファンディング(Funding)

thread
リビングトラストは書面を作成するだけでは機能せず、ファンディングを行わないといけません。ファンディングとはリビングトラストを通して管理をしたい資産を個人(リビングトラストを作った、Trustorと呼ばれる)をリビングトラストに移行する手続きのことを指します。例えば、不動産や銀行口座などの名義変更です。きちんとファンディングをしないとリビングトラストは機能しません。
セルフヘルプやパラリーガルサービスのようなところでは、ファンディングまで手続きをしてくれるところはほぼありません。また、弁護士でもファンディングの必要性の説明もないところや「ファンディングが必要です」といいながらもファンディングの仕方の指示をくれないところもあります。ファンディングの仕方は色々あり、コストもまちまちです。専門家と相談しながら進めましょう。




上記は一般論で、個々の状態では必ずしも適応されるものではありません。個々の状態については専門家にご相談されることをお勧めします。


貴方のビジネス・財産・権利守ります。

無料電話相談(20分まで)受付けてます。お気軽にお電話下さい!
*
*
岩浪総合法律事務所  
ホームページ http://iwanamiusa.web.fc2.com/
電話番号 (619)551-4900  
メールアドレス kmiwa2013@gmail.com
#リビングトラスト #ファンディング #資産管理 #カリフォルニア #アメリカ #不動産 #譲渡 #エステートプラン #終活 #遺言書 #財産 #管理

People Who Wowed This Post

民事裁判を起こす際に。

thread
裁判を起す際、初めに必要なのは相手の名前です。個人の名前はあまり問題になりませんが、会社などの場合は事業名でなく法的に登録された正式名称が必要です。正式名称は各公共機関などで調べることができます。また、管轄の裁判所を見極めるためには相手の所在地も必要になってきます。ただ、この所在地ですが、取引をしていた時点のもので、「現住所」必ず必要なわけではありません。提訴の時に相手の居所がわからなくても裁判を起こす事は可能です。

但し、裁判を起した後(訴状を提出した後)訴状のコピーと出頭命令を被告に渡さなければなりません。このプロセスのことを「サービス」と呼びます。法的に有効な「サービス」の方法は幾つかありますが、基本的には事件に関係のない第三者から本人に直接の手渡しをすることになります。被告が「サービス」を避けている時や見つからない時などは他の方法で「サービス」をすることが認められています。その一つの方法は新聞での広告です。但し、自分で勝手に選んだ新聞に自分が思うように書いた広告をだすのではいけません。広告を出せる新聞、広告の書き方は法律で決まっています。又、この広告を載せる前に広告による「サービス」をして良いという許可を裁判所よりもらわなければいけません。





上記は一般論で、個々の状態では必ずしも適応されるものではありません。個々の状態については専門家にご相談されることをお勧めします。


貴方のビジネス・財産・権利守ります。

無料電話相談(20分まで)受付けてます。お気軽にお電話下さい!
*
*
岩浪総合法律事務所  
ホームページ http://iwanamiusa.web.fc2.com/
電話番号 (619)551-4900  
メールアドレス kmiwa2013@gmail.com
#アメリカ #カリフォルニア #民事 #裁判 #不在 #サービス #Service #Serve #新聞 #広告 #公示 #被告 #所在地 #会社名 #裁判所 #管轄 #訴状 #手渡し #郵便 #郵送

People Who Wowed This Post

事業形態

thread
カリフォルア州で事業をするのにはいろいろな法的形態があります。一般に大きく分けて、Sole Proprietorship, Partnership, Corporation, Limited Liability Companyといった形態があります。日本語で「会社」と言うとCorporation と Limited Liability Companyが当てはまります。どちらの形態をとるにしても、州に会社設立の旨を届け出なければなりません。それと同時に内部会社規定を作り、株主、役員、重役等を決め、それ記す書類を作り管理していかなければなりません。

会社を作っておけば事業の負債を個人的に被らなくて良いので会社を作りたいと仰る方がよくいらっしゃいますが、法的に中途半端な設立・運営ですと事業の負債を個人的に逃れるのは難くなってきます。会社が小さいうちや立上げの時はついつい見逃してしまいがちの法的手続ですが、事業内容を充実させるのと同じくらい大切なことです。同じ問題が発生しても、やらなければいけない法律手続きを行っていなかったが為に問題の深刻さが増し、問題解決まで時間、お金、労力を何十倍も使うことになりかねません。会社設立時からきちんと法的手続きを踏まえておかれることをお勧めします。


上記は一般論で、個々の状態では必ずしも適応されるものではありません。個々の状態については専門家にご相談されることをお勧めします。


貴方のビジネス・財産・権利守ります。

無料電話相談(20分まで)受付けてます。お気軽にお電話下さい!
*
*
岩浪総合法律事務所  
ホームページ http://iwanamiusa.web.fc2.com/
電話番号 (619)551-4900  
メールアドレス kmiwa2013@gmail.com

#カリフォルニア #アメリカ #事業 #会社 #LLC #ビジネス #起業手続き #免責 #会社設立

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account