Search Bloguru posts

DUI・飲酒運転 Traffic Stop から 逮捕・釈放まで(2)

thread
これらのテストの評価の一つに警官の言った通りに行動することが出来るかという項目があります。 言葉が少しでもわからない時は、はっきりとその旨伝え、通訳を要求するとよいでしょう。(ただし、この時点では通訳をつけてもらう権利はないので、必ず通訳がつくとは限りませんが、 言葉がわからないことを正当化するのには役にたちます)Field Sobriety TestやBreathalyzerテストに引っかかると警察署に連行されることになります。 警察署につくと、呼気または尿検査(ところによっては血液検査)でアルコール濃度を測ることになります。この際、テストを拒むと、それを理由に一年かんの免停となります。 この検査でアルコール濃度が0.08を超えているとDUI逮捕となります。

逮捕後は家族などに連絡することが許され、保釈金を払ってもらうと釈放となります。
#刑法 #トラフィックチケット #DUI #飲酒運転

People Who Wowed This Post

DUI・飲酒運転 Traffic Stop から 逮捕・釈放まで(1)

thread
Traffic Stopを行った警官はまず、運転免許証、保険証明書、車の登録書(Registration)の提示を求めます。その時に、運転手が酒帯ているかをチェックします。(目が赤い、酒の臭いがするなど)そのような兆しが見られるときには車の外に出るように指示し、そこで、Field Sobriety Testと呼ばれる幾つかのテストを行います。 また、Breathalyzer(呼気アルコール分析計)に息を吹き込むように指示されることもルーチンです。これらの検査は任意ですが、拒んでも、テストで引っかかっても結局は警察署に連れていかれるのは変わらないので、 心証をよくするためにも指示に従ったほうがよいでしょう。

#刑法 #トラフィックチケット #DUI #飲酒運転

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account