JPGとWebPそしてPaint.netでの対応

Paint.netのADD-ON(形式はDLL)は、ここで入手する
※英文
ZIP形式を解凍すると、この5ファイルが現れる。
TXT以外は、全てPaint.net内のeffectフォルダーに、type.dllのみはTypeフォルダーにコピー。

Type.dllは何故か、Typeにも入れないと動作しなかった。
Paint.netの画面、ファイル種類にWebpが追加されている。
数年前に発表はあったが、Googleの画像保存形式WebP(ウェッピー)の採用が
今年から増えている。
Googleのオリジナル故に、普及は足踏みであったが、最近の写真の使用度合い
が増えるに従い、より軽量な形式が求められれ、普及にはずみがついて
いるようだ。
※FirefoxはVer65.0から対応

私がメインで使用しているPaint.netはMSGが開発の中心であるため、当然
ながらオリジナルでは対応していない、ADD-ONでの対応となる。

残念ながらBloguruでは現時点で.webp形式のファイルを扱えない。

Paint.netへの対応は本文と添付写真の説明を熟読されたい。

People Who Wowed This Post

×
  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
This user only allows bloguru members to make comments.
If you are a bloguru member, please login.
Login
If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
Request Account