見切り千両

月曜日にわが町一宮を五輪聖火が通過していった。

56年前を思い出した。
当時は全国民が熱狂していた、学校も早引けで聖火
ランナーを見に行った記憶がある。

五輪はもう出来ない、関係者は全員そう思っているに
違いない。

でも、誰も言い出さない、悲しい事だ・・・
五輪参加予定のアスリートの活躍に、つい目が行きがち。
でも、不運は何時の時代もある。
就職氷河期の時代の方々は今も「不運」を背負い込んで
生きている、五輪の選手とどちらが不運であろう。

昔から「見切り千両」という。
早く五輪を「見切って」、再起復興を目指すのが
良いのではないか。

政府は決断すべきと思う。
ワクチン接種も遅延し、マイナンバーカードの普及もままならず。
行政の制度疲労の中で、瀬戸際でのの決断が求められる五輪開催など
とても出来ないはず。

聖火リレーはやればいいのです、五輪開催に関わらず一生の思い出に
「イベント」として。

わかお かずまさ
VegaSystems


#LAN_PRO

#kuma

People Who Wowed This Post

×
  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account

無理してやる意味はない。来年は来年でボイコットだし。それでもいいのでは。
Posted at 2021-04-06 17:11

People Who Wowed This Post


関係者は駄目だと自覚しています言わないだけです。
Posted at 2021-04-06 17:21

People Who Wowed This Post