中国生産現場の現実

写真はLANケーブル(300m巻)を出荷する際に巻きつけるリールです。
真ん中で真っ二つに割れています、これは運送時に「投げる」からです。
現場を見ているので断言できますが、彼らの荷扱は実にひどい、投げる・落とす
これが普通です。
問題は、それを「仕方がない」と看過する事です。
この事故でLANケーブルはケースから引き出しが出来なくなります。
当然、不良返品ですが、それだけではありません。
工事の段取りが狂う、時間ロスが半端なく出ます。
LANケーブルを5本束ねて一気に長距離を引くことは普通にやります。
つまり、LANケーブルの長尺(300m)箱を5箱並べ、引き出します。

この時、途中で一箱でもSTOPがかかったら、最初からやり直しです。
引き戻したケーブルがどんな状態かわかりますか?
工事はこの段階で大騒ぎになります。

作業員が「投げた・落下した」その一箱でこの状態になります。
工事担当者は金輪際、このメーカーのケーブルを使わいし、この事を
工事仲間に情報として流します。
材料支給なら元請けに、あのケーブルはやめてくれと言います。

LANケーブルの不具合はとても大きく信用に関わるのです。

現場はこんな事は、おそらく想像していないでしょう。
ただ、クレームが度重なるので、それでは「リール」を止めようになります。
損傷していなければリールは引き出しには、とても良いのですが、そこまでは
考えません。クレーム対応だけを考えるのです。

ところが、リール方式でなければ、逆相巻での収納となりますが、これは細く
しなやかなケーブルが条件となります。
二番目の写真のように細いパイプでは引出が出来ません。

こんなおバカな事がいつまでも続くのが現実です・・・・


わかお かずまさ
VegaSystems


#LAN_PRO

#kuma

People Who Wowed This Post

×
  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account

話がちょっと違うかもですが・・・
アメリカのShippingもそんな感じです。
大学に通っているとき、FedExがたくさんの荷物を届けていました。
箱には大きく「割れ物注意」のステッカーが貼ってありましたが、荷台から地面に、
ぽーいっと出していました・・・
そんな感じなんだろうなーとは思ってはいましたが、さすがに目の当たりにすると、
いやいやステッカーの意味?!と呆れました。
SNSでもよくAmazon、FedEx、UPS、USPSなどの郵送会社の扱い方の違いみたいな投稿がたくさんあって、
興味深いなと思う反面、大迷惑している人が大勢いるんだろうな・・・と思います。
自分も「割れ物」をネットで注文する時は、壊れて届くだろうな。とたかをくくってます(ー_ー)
Posted at 2021-04-12 16:41

People Who Wowed This Post


そうなんですね・・・・ 重量物はその自重で周囲の物を破損しますね。
内部のクッションを増やせはその経費がかさむし・・・・
Posted at 2021-04-12 17:59

People Who Wowed This Post