Search Bloguru posts

@nachtmusik

https://en.bloguru.com/nachtmusik

一竜軒系列ラーメン店4軒に行ってきた(竜里・一光軒・一真軒・圭順)

thread
JR西唐津駅 - 竜里 - ラ... JR西唐津駅 - 竜里 - ラーメン 550円 JR岩屋駅 - 一光軒 - ラ... JR岩屋駅 - 一光軒 - ラーメン 550円 JR小倉駅〜西鉄バス山門町 -... JR小倉駅〜西鉄バス山門町 - 一真軒 - ラーメン 650円 JR門司駅 - 圭順 - ラー... JR門司駅 - 圭順 - ラーメン 500円
福岡県北九州市小倉北区(南小倉駅そば)と佐賀県唐津市で人気だったラーメン店「一竜軒」、2016年末に惜しくも閉店されてましたが、味を継いでるとされてるお店が4軒あります。青春18きっぷを使って4軒行ってきました。

本家一竜軒には南小倉時代に行っておりました。とはいえまだ子供だったので当時のことを正確に覚えているわけではありません。唐津にて再オープンしたという話を聞いたのは15,6年前。行こうと画策していたけど、行けぬまま閉店となっていました。
実際にお店で働かれてた方や出入りの業者さん、教えを受けた方が一竜軒の味を踏襲したお店をオープンされているというのを閉店後に知りました。
唐津市内に2軒、小倉・門司に1軒ずつあるということで、いつか全部食べに行きたいと思っていました。

---
●竜里(りゅうざと)
佐賀県唐津市菜畑4070-2, JR唐津線西唐津駅 徒歩14分
2017年3月開店
唐津一竜軒のあった場所
一竜軒に麺を卸していた製麺業者(小島製麺)の方が約1年間修行して開店

●一光軒(いっこうけん)
佐賀県唐津市相知町町切902-1, JR唐津線岩屋駅 徒歩10分
2017年4月開店
一竜軒で7年修行されたご夫婦がやっている

●一真軒(いっしんけん)
北九州市小倉北区大畠2丁目8-26, 西鉄バス山門町バス停 徒歩3分
2013年9月8日開店
一竜軒大将に教えを請う→東京神宮前で出店(2011年6月14日)→2013年8月18日閉店→小倉へ

●圭順(けいじゅん)
北九州市門司区黄金町10-25, JR鹿児島本線門司駅 徒歩10分
2005年1月開店
小倉時代の一竜軒大将に教えを請うたそう

---
味の感想の前に4軒の違いについてちょっとまとめてみました。

●ラーメンの見た目
スープの量に差はありますが、中細麺に豚骨スープ、海苔1枚とチャーシューは4軒とも変わりません。
圭順のみチャーシューがちょっと厚手のもので枚数が2枚でした。(残り3軒は3枚)
一真軒と圭順は丼の下に皿が敷かれていました。南小倉時代一竜軒では敷かれてなかったと記憶しています。

●スープの作り方
4軒ともちゃんと見れたわけではないですが、「丼に調味料→豚骨だし釜からスープを濾しながら投入→麺を湯切り→トッピング→提供」という流れは間違いないと思います。

●麺の湯切り
てぼ:
ラーメンやそばの湯切りに使われる 一玉ずつ入れるタイプ
麺のぬめりは取れにくいとされる
平ザル:
南小倉時代一竜軒使用タイプ(唐津時代は不明)
鍋から麺をすくい乗せて、リズムよく鍋フチに叩いて湯切りしていた
たっぷりの湯で茹でるのでぬめりは取れるが、麺の量をごまかすことが可能

竜里のみ「てぼ」使用で、残り3軒は平ザルでした。平ザルでも回数や鍋フチに当てるかどうかには差がありました。
一光軒: フチ当てあり 7回ほど
一真軒: フチ当てあり 9-13回
圭順: フチ当てなし 空中にて湯切り
一竜軒は南小倉時代しか知りませんが、結構当てていた記憶があります。

●紅生姜・唐豆
南小倉時代の一竜軒ではこの2つが、ざるそばを注文した時に出てくるつゆとネギ・わさび用カップ(!?)に入って配膳されていました。豆はラーメンが来るまでにつまむためのものです。
踏襲しているのは一真軒(画像参照 豆に少し手を付けてます)。
竜里はセルフサービスですが、両方が用意されてました。
一光軒は紅生姜のみ配膳。
圭順はテーブルに紅生姜のケースがあるのみでした。

●味の感想
麺に関しては、多分竜里のが一竜軒オリジナルに近いものと思われます。麺の太さは一真軒のみほんのちょっと細めに感じました。湯切りの違いはわずかに感じるかなー。
スープに関しては、圭順があとの3軒に比べてちょっと脂の多さを感じました。丼の中で麺の返しはやってくれてると思ってるので、基本かき回さずに食べ始めます。その上での感想です。
4軒とも一竜軒から教えを請うているのでスープの基本路線は変わらないと思います。豚骨ベースに鶏ガラも多分使われています。
チャーシューは、圭順だけ見た目が全然違います。厚みがあって満足感ありました。
総合的には、どこも美味しかったのですが、一真軒が一番自分に合う味と思いました。紅生姜と豆もポイント高いです。

ラーメン、1杯が1,000円近くなるのも珍しくない時代になってきておりますが、基本はやはり麺とスープなんですよね。そのことを再認識しました。これからも変わらぬ味を提供していってもらいたいものです。

---
最後に一竜軒も含めたタイムラインをまとめてみました。

●一竜軒関連ラーメン店タイムライン
1959年頃?一竜軒奥様 大牟田市光華園にて3ヶ月修行
1960年ここや一竜軒奥様 現在の福津市(旧福間町)にて開店
1965年結婚
1965年?一竜軒南小倉駅前に開店
1980年頃?一竜軒ビル建設
1989年一竜軒閉店 (奥様体調不良により)
1992年一竜軒大将の地元唐津にて開店
2005年1月圭順開店
2011年6月14日一真軒東京神宮前に開店
2013年8月18日一真軒閉店
2013年9月8日一真軒小倉北区大畠に移転
2016年12月29日一竜軒閉店
2017年3月竜里唐津一竜軒跡地に開店
2017年4月一光軒唐津市相知町に開店

#ラーメン #豚骨ラーメン

People Who Wowed This Post

NFLデトロイト・ライオンズがプレイオフに残る条件を考えてみた (2021 WEEK14 TNF終了時点)

thread
NFLデトロイト・ライオンズが...
NFLは第14週に突入しました。
レギュラーシーズンは1試合増えたので最終週18週までラストスパートです。そして、その後は各カンファレンス7チーム、計14チームによるプレイオフが始まります。

現時点でNFL内順位で最下位のデトロイト・ライオンズ(NFC北地区・1勝10敗1分け・DET)ですが、この成績でもまだプレイオフに行ける可能性が残っているそうです。すさまじく可能性は低いのですが、現実的なシナリオ(!?)を検討してみました。
上に掲載した画像はTwitterに流れてきた一例画像ですが、既に14週の上から2番目の試合が現地木曜に開催され、スティーラーズは勝てませんでした。この状態でもまだDETのチャンスは残っています。

---
DETはまず残り全勝して6勝10敗1分けになる必要がある。
現時点で地区1位のGBが残り全敗しても8敗にしかならず、地区内順位が2位でないと第7シードに潜り込むことができない。
CHIとMINを上回るためには彼らが11敗以上してもらう必要がある。
MINは今週のPIT戦勝利したので、残り4試合全敗で11敗。CHIはMIN戦が2試合残っているのでそれらは勝って残り全敗で11敗。これでDETのNFC北2位が決まる。
ちなみに、CHIとMINの1試合が引き分けで、最終的に6勝10敗1分けで並んだ場合、地区内成績でDETは2位に行けない。

問題はこの先。

NFC、現時点で6勝止まりなのは、WAS,PHI,SF,MIN。WASは第6シードの位置にいる。この4チームのうち3チームが全敗なおかつそれ以下のチームも6勝止まりにならないとDETの夢は潰える。
WASとPHIは直接対決が2試合残っているので、SFとMINは全敗が必須。MINの全敗は検討済みなので、SFを全敗にすると、現在5勝のATLが1勝することとなる。

現在5勝チームはNFC南のATL,CAR,NOのみ。それぞれの対戦が2試合ずつ残っている。
ATLはSF全敗条件で1勝し6勝に到達しているので、それ以外を全敗するとなるとCAR,NOが1勝上乗せされこれまた6勝に到達する。CARとNOには直接対決があるので、引き分けを考慮しないと7勝チームができてしまう。
NFC南のTB以外の直接対決で引き分けが発生し、どこかと6勝10敗1分けで並んだ場合、DETは(多分)カンファレンス成績で上回る。

現在4勝のチームが3勝以上するシナリオを考える。対象チームはCHI,SEA,NYG。CHIは前述の通り。
SEAは、DETとの直接対決に負け、CHIに勝ちという条件があり、それ以外の3試合で2敗が必須。
NYGは、CHIに勝ち、WASもしくはPHIが全敗という条件で2勝されているので、それ以外の3試合全敗が必須。
現在2勝,3勝のチームはない。

引き分けが増えると色々面倒なのでここで考察終了とします。
まとめると以下の通り。

現実的なDETのプレイオフ進出条件

DET: 残り全勝
CHI: MIN戦以外全敗
MIN: 残り全敗
WASもしくはPHI: 残り全敗
SF: 残り全敗
ATL,CAR,NO: 3チーム間の直接対決で引き分け1試合 and どのチームも2勝しない
SEA: DETに負け and CHIに勝ち and 残る3試合のうち2敗
NYG: CHIに勝ち and 残り試合 WASもしくはPHIに勝つ(両チームの全敗条件)以外は負け
#nfl

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account