電動歯ブラシで磨いているのに口臭がなくならない原因

電動歯ブラシを使っているのに口臭が消えない原因



普段から口臭が気になって、歯ブラシが原因かもということで普通の歯ブラシから電動歯ブラシに変えて歯磨きをしているのに、なぜか一向に口臭がなくならないということで困ってはいませんか。

実は歯磨きだけでは口の中の汚れが完全に落ちないということを知っていましたか

数値にしてみると歯磨きで落ちる口の中の汚れはたった25%。残り75%の汚れは口の中に残ったままなのです。

あなたが電動歯ブラシに変えて歯磨きをしているのに口臭がなくならない原因はこの口の中に残った汚れだったのです。

歯磨きはその文字の通り歯を磨くこと。つまり歯や歯茎についた汚れを磨いて落とすことです。

つまりそれ以外の口の中の汚れは落としていない。

具体的に言えば舌や口の中の粘膜についている汚れはそのまま残っているということになるのです。

これが口の中に残った汚れの75%ということなんですね。

ちなみに口臭の原因は口の中が原因であることが80%を占めていると言われています。ですから口臭予防のためにサプリメントを飲んだとしてもあまり効果がないということになります。

歯磨きではなくマウスウォッシュに変えても口臭が消えない



歯磨きがダメならマウスウォッシュで口の中を濯げば良いのではと思う人もいるでしょう。 確かにマウスウォッシュで口の中をすすぐと口の中はすっきりします。それは当然でそのようになるようにミントやその他の成分が入っているからです。

そして一時的にですがマウスウォッシュに含まれる香料のために口臭をごまかすことは可能です。しかし30分もすると口の中も元の状態に戻るため再び口臭が発生します。

あくまで一時的にごまかすだけで口臭の原因になる口の中の汚れはマウスウォッシュでは取り除くことは不可能なのです。

つまりマウスウォッシュで口臭は消えないんです。

結局、電動歯ブラシで磨いているのに口臭がなくならない、マウスウォッシュで口をすすいでも口臭がなくならない原因は口の中の汚れが落ちていないから。

ではどうすれば口臭の原因になる口の中の汚れを簡単に落とすことができるのでしょうか。
(ちなみに口臭の原因となる口の中の汚れとはタンパク質のことです。このタンパク質を口の中に住んでいる最近が食べることにより口臭が発生するということは研究でも証明済みです。)

電動歯ブラシやマウスウォッシュで消えない口臭を消す方法



あなたが電動歯ブラシやマウスウォッシュでも口臭が消えないと悩んでいるのなら口の中に残っているタンパク質汚れを疑ってみては?

そんな人に一度使ってほしいのが口の中に残っている口臭の原因であるタンパク質を、すすぐだけで簡単に落とせるように作られたゴッソトリノ。

ゴッソトリノはマウスウォッシュタイプの液体になっているので歯の隙間や口の中の奥の方までしっかりと浸透し、口臭の原因になるたんぱく質を徹底的に取り除いてくれます。

当然歯の部分だけではなく舌に残っているタンパク質もきちんと除去します。

意外と知らない人が多いようですが、舌に残っている汚れが口臭の原因になっていることは非常に多いです。

またゴッソトリノは口の中に残っているタンパク質などの汚れを落とすだけではなく含まれている有効成分であるシメン5オールが口の中の悪玉菌をしっかりと殺菌します。

つまりゴッソトリノなら口臭の原因になる口の中のタンパク質の汚れを除去し、口の中に残るタンパク質から悪臭を作り出す悪玉菌もしっかりと殺菌。

口臭の原因を徹底的に排除するのがゴッソトリノです。

今まで電動歯ブラシやマウスウォッシュを使っても口臭が消えないと困っているなら一度ゴッソトリノを使ってみれはいかかでしょうか。

あなたの口臭は意外と簡単になくなるかもしれませんよ。

ちなみにゴッソトリノは30日の完全返金保証付きなので、ゴッソトリノを試すことにあなたのリスクは一切ありませんのでご安心くださいね。

ゴッソトリノについて詳しくはこちら

#ゴッソトリノ #口臭 #口臭対策 #電動歯ブラシでも口臭が消えない #マウスウォッシュで口臭が消えない

People Who Wowed This Post

×
  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account