Search Bloguru posts

Forest Aesthetics 森林美学 朝の森

thread
               ...                                           © Daisuke Kawai





夏の朝早くに森に出かければ
そこには清澄な空気があり
幸せな気持ちになれるのだということを
もうさんざん経験してきて熟知しているくせに
それでも
なにかそこへ行かなければならない理由がなければ
街の中でいつまでも惰眠をむさぼっている
森がどうの自然がどうのと言ったり書いたりしているわりには
そういう自分がどうにもこうにも嘘くさいのは
そんなていたらくをやはり情けないと思っているからなのだろう
薄っぺらい似非ナチュラリストなどの発言に
芯のある人間がそうそう反応するわけがない
しかしそんな愚かな逡巡をよそに
夜明けの森は今朝もたおやかに美しくきらめいている











People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
* indicates required fields
  • none
  • center
  • left
  • right
If checked, your avatar will be displayed
Captcha