Search Bloguru posts

月命日

thread
月命日
一ヶ月が経った。
バタバタしているだろうから、無礼は承知の上で、あえて挨拶にも用事にも寄り付かないようにしていた。

久しぶりに訪れてみると、会社は何も変わらないのに、居るべき人がやはり居ない。
電池替えたら、また動き出すような人だった。

昨年の最終戦に、表彰式へしんどい身体をおして現れたのを見て、あっしは恥ずかしくも泣き崩れてしまった。
それと同時に、ああ、これが本当の最後なのだ、二度と会う事は無いのだ。
と、腹をくくった。

ただただ現実が受け入れ難く、そこに居ない事が不思議なのだ。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account