Search Bloguru posts
  • Hashtag "#カメラマン" returned 150 results.

freespace

~ご訪問くださった皆さまへ~
ウェディング写真、およびそれに関する情報は下のURLからご覧ください。
■ウェブサイト: https://www.shigie.com/home
■フォトグラファー紹介: https://www.shigie.com/about
■フォト作品: https://www.shigie.com/wedding-gallery
■LA旅情報: https://www.shigie.com/la-preparation
Based in COSTA MESA, CALIFORNIA 92627, USA

ダンサーを目指す日本人の撮影

thread
レッスンの後、希望者だけマンハ... レッスンの後、希望者だけマンハッタンが見えるハドソン川沿いで撮影してあげました。


ホントみんな、カッコいいんです... ホントみんな、カッコいいんですよ。
久しぶりのブログ更新です。
12月頭から約10日間、ニューヨーク出張に行ってきました。
ある日本のダンススクールが毎年ブロードウェイのダンススタジオで研修を行っているのですが、今回はその様子を撮影するのがお仕事でした。

レッスンは午前9時から正午まで。
その間生徒たちは有名ダンサーから直々にレッスンを受けます。
今回日本から来たのは総勢90名の若人たち。
みんな真剣なまなざしで授業を受けていました。

毎回こうした撮影の機会に恵まれると、彼らと同じ年頃だった自分を思い出します。
正直、彼らほど一生懸命に生きてはいませんでした。
夢に向かって突き進む彼らの姿を見るたびに、自分ももっとああしていればよかった、こうしていればよかったと思うのです。
ま、今となってはあとの祭りなのですが…。

私のことはさておき、意気揚々とレッスンを受ける彼らの姿に感動し、今後の輝かしい未来を願わずにはいられませんでした。
この中からブロードウェイで活躍するダンサーも生まれるかもしれませんしね。
楽しみです。

-----------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
-----------------------------------------------------------
#カメラマン #ロサンゼルス #カリフォルニア #オレンジカウンティー #フォトグラファー #旅行 #ニューヨーク #ダンサー #旅 #散歩 #マンハッタン

People Who Wowed This Post

イタリア人による本物イタリアン

thread
今回の取材の料理がこれ。 「最... 今回の取材の料理がこれ。
「最初から自分で作る豆ニョッキ」です。

イケメンのサーバーが神対応。 ... イケメンのサーバーが神対応。
落ち着いたムードのレストランでしたよ。
今日の取材はイタリア料理店。
レドンドビーチのリビエラビレッジにある「Bettolino Kitchen」です。

オープンして1年半。
イタリア北部の都市パルマ出身のシェフ、ファビオさんが厨房を守るAuthenticなイタリア料理店です。
ファビオさんは同店のオープンのために渡米したベテランシェフ。
材料や調味料の多くもパルマから直接取り寄せていいます。

さて、今回の料理「最初から自分で作る豆ニョッキ」は、その名の通り家庭でできるというから驚き。
レシピを教えてもらいましたので、興味のある方はぜひお試しください。

---------------------------------------------------

ニョッキ材料(4~5人分)
ジャガイモ………………………… 453g
エンドウ豆(実)… ………………… 453g
小麦粉……………………………… 340g
卵黄…………………………………4個分
粉パルメザンチーズ……………… 1700g
塩……………………………………… 28g

調理材料(1人前)
自作ニョッキ……………………… 140g
イタリアンソーセージ……………… 50g
エクストラバージンオリーブオイル… ……適量
プチトマト………………………… 140g
ドライトマト………………………… 85g
粉パルメザンチーズ………………… 28g
牛乳………………………………… 28ml
豆スプラウト(Pea Sprouts)……………28g

作り方
1 ジャガイモ、エンドウ豆をそれぞれ茹で、つぶしてマッシュして裏ごしする
2 ボウルにジャガイモ、粉パルメザンチーズ、塩を入れて混ぜ合わせる
3 ②に卵黄、エンドウ豆、小麦粉を入れ、全体をよく練り合わせる(生地の出来上がり)
4 ③を親指大に分け、フォークの背中でつぶす(線を入れる)
5 ④を熱湯で約2分茹でる
6 湯から上げ、氷水などでしめる(ニョッキの出来上がり)
7 鍋を中火にかけ、牛乳と粉パルメザンチーズを入れてかき混ぜながらソースを作る
8 ⑥をさっと茹でる(温める程度)
9 フライパンにオリーブオイルを引き、⑧、半分に切ったプチトマト、ほぐしたイタリアンソーセージ、ドライトマトを入れて炒める
10皿に⑦を注ぎ、その上に⑨を載せる
11最後に豆スプラウトを載せて出来上がり

---------------------------------------------------

同店の料理は、現地イタリアでも提供されている本場のメニューばかり。
特に、ファビオさんが毎朝作るパスタ各種は新鮮でおいしいと大好評です。

当日ファビオさんは厨房から出てこられなかったのですが、イケメンのサーバーが神対応。
最高に居心地の良いレストランでした。
ぜひ一度立ち寄ってみてください。
おいしいですよ~。

Bettolino Kitchen
211 Palos Verdes Blvd., Redondo Beach
☎310-375-0500
https://www.bettolinokitchen.com/
日~木11:00am-9:00pm、金土11:00am-10:00pm


-----------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
-----------------------------------------------------------
#フォトグラファー #オレンジカウンティー #カリフォルニア #ロサンゼルス #カメラマン #料理 #グルメ #イタリア料理 #ニョッキ #レシピ

People Who Wowed This Post

営業先で実った若人の恋

thread
素敵なカップルからエンゲージメ... 素敵なカップルからエンゲージメント撮影を承りました。
撮影は緑に囲まれたアーバインの公園。

夕暮れに近い時間のせいもあり、... 夕暮れに近い時間のせいもあり、柔らかい太陽の光が仲睦まじいふたりを温かく包んでいました。

そのあと、ラグナビーチに場所を... そのあと、ラグナビーチに場所を移して再び撮影。
今度はTシャツにジーンズと衣装もカジュアルにし、普段のふたりを撮りました。

砂浜に戻り、布を敷いてしばらく... 砂浜に戻り、布を敷いてしばらく休憩。
二人の脚には砂がいっぱい付いていました。

愛する彼女を抱きかかえる彼。 ... 愛する彼女を抱きかかえる彼。
アメリカではこういうシーンは珍しくありません。
もちろん恥ずかしがる人なんて誰もいません。
とても素敵な一瞬なのです。

男性は日系企業の営業マン。
女性は米系企業の社員。

彼は営業先で対応してくれた彼女にひとめぼれ。
それから何度かアタックしましたが、当然彼女が受け入れるはずはありません。
それでも彼の熱は冷めませんでした。
彼は強引に押すことをせず、嫌悪感を抱かせないよう彼女に接近。
すると彼女も徐々に彼の誠実さに気付き始め、交際がスタートしました。

彼は彼女をこよなく大事にし、彼女は彼を心から愛しました。

そして婚約。

撮影中ずっとキラキラしていたおふたり。
結婚式が楽しみです。

おめでとうございました。

-----------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
-----------------------------------------------------------
#フォトグラファー #オレンジカウンティー #カリフォルニア #ロサンゼルス #カメラマン #結婚式 #ウェディング #新郎新婦 #婚約 #エンゲージメント #婚約写真 #エンゲージメント撮影

People Who Wowed This Post

Adios Bobby and see you soon.

thread
Local cafe in Brenham and fill... Local cafe in Brenham and filled with vintage mood.

Middle of nowhere in TX. Had ... Middle of nowhere in TX.
Had lots of awesome experience.
親友ボビーの結婚式に参加するためテキサスにおりました(詳細は昨日のブログで)。
1週間仕事を休んで、嫁さんとバケーションを兼ねて行ってきました。

同じアメリカとは言え、カリフォルニアとはまったく文化が異なるテキサス。
結婚式はBrenhamという小さな田舎町で、こんなことがない限り絶対行かないような所でした。

ちょっと立ち寄ったカフェもかなりレトロ。
ローカルの人しかいません(1枚目の写真)。

都会のヒューストンや文化の香りがするオースティンにも行きました。
NASAを見学し、連日ステーキを食べ、知らない街を嫁さんと二人で散策しました。

しかし何よりも、久しぶりに親友のボビーに会い、久しぶりに一緒にバーに行き、久しぶりに語り合った2日間。
とても素敵な時間でした。

Adios Bobby and see you soon!

-----------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
-----------------------------------------------------------
#フォトグラファー #オレンジカウンティー #カリフォルニア #ロサンゼルス #カメラマン #旅行 #結婚式 #ウェディング

People Who Wowed This Post

感動!ベストフレンドの結婚式

thread
親友の結婚式に参列するためテキ... 親友の結婚式に参列するためテキサスに行ってきました。
向かって右からアリアン、ボク、トミー、そしてボビー。
みんな久しぶりに会うボクの渡米当初からの友だちです。

約10年前、ボビーとロッキー山... 約10年前、ボビーとロッキー山脈を越えてカリフォルニアからコロラド、ニューメキシコを車で旅した時のスナップです。
2002年、ボクは32歳で渡米しました。
もちろん日本での仕事を辞めてやって来ました。
ステータスは何の保証もない留学生。
留学が終わるのは34~35歳ですが、そのあとどうするのかも考えずやって来ました。
恐怖はありませんでした。

留学先は、オレンジカウンティーのコスタメサにあるローカルの2年制大学。
ボクは日本で学士号を取っていたので、アメリカでは学歴を付けるつもりはなく、修了書を取得するコースに進みました。
もちろん写真学科に入りました。

そこで知り合ったのがボビーでした。
当時彼は18歳。
高校を卒業したてで、僕とは実に14歳も歳の差がありました。

ある日ボクが学校でネガからプリントを作っていました。
当時はデジタルではなく、フィルムで撮って現像し、紙にプリントしていたんですね。

ボクの写真を覗き込んで、「Your photo looks awesome」と声をかけてきたのがボビーでした。
ボクは最初ぎこちない態度で彼に接していましたが、そのうちどんどん仲良くなり、いつの間にかボクを「My best friend」と紹介してくれるようになりました。

ボクはボビーといろんなところに写真を撮りに行きました。
クレイジーなバーやパーティーに行ったり、砂漠や山奥に行ったり。
とにかく彼のおかげでボクのアメリカ生活は有意義なものになりました。

ボビーは根っからのカウボーイ好きでした。
カリフォルニアにいながらカウボーイもあったもんではありませんが、大学ではテンガロンハットをかぶり、ジーンズにカウボーイブーツを履き、でかいバックルが付いたベルトをしていました。
聞く音楽はカントリーばかり。
サーフィンやスケボなどカリフォルニアの若者がするようなことは全くしませんでした。

ボビーはカレッジを出て、写真の専門大学に進学しました。
そして卒業と共にコロラドに引っ越しました。
それまで頻繁に会っていたボクたちは、彼の引っ越しを機にほとんど会えなくなりました。
おそらくそれが今から8年ほど前。

ボビーはコロラドでフォトグラファーをしながら牧場で働いていました。
たまに肉屋を手伝ったり、山に狩りに行ったりもしていました。
何が本業だったのかわかりませんが、カウボーイに近づきつつあったのは間違いありませんでした。

その頃ボビーはメーガンと出会い、交際をスタートさせました。

その後彼らはテキサスに引っ越しました。
そして農場付きの家を購入。
ボビーは名実ともにカウボーイ兼フォトグラファーになりました。

そんなボビーがこの度めでたくメーガンと結婚。
テキサスの田舎町で挙式しました。
ボビーはボクを式に招待してくれ、おまけにボクをGroomsmenにも選んでくれました。
4~5年ぶりに会うボビー。
今でもボクを「Best friend」と周囲に紹介してくれていました。

結婚式ではボビーから挨拶も頼まれました。
式には白人しかおらず、アジア人はボクとボクの奥さんだけ。
今でも英語があまりうまくないボクですが、光栄にも挨拶を頼まれたわけですから一生懸命スピーチしました。
場内からは暖かい拍手をいただきました。
自分でもとても感動しました。

久しぶりに会ったボビー。
彼のおかげでアメリカがさらに好きになったのは間違いありません。

2枚目の写真はつい最近のような気もするのですが、今の二人と比べると時が経ったんだなぁと思います。

ボビー、メーガン、結婚おめでとう!
また会おう!

-----------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
-----------------------------------------------------------
#フォトグラファー #オレンジカウンティー #カリフォルニア #ロサンゼルス #カメラマン #旅行 #新郎新婦 #結婚式 #ウェディング #テキサス

People Who Wowed This Post

圧巻!330人の集合写真を撮影

thread
圧巻!330人の集合写真を撮影
先週の金・土曜日、ラスベガスに撮影出張に出かけました。
撮影内容は、ある在米日系企業の社員旅行での集合写真とレセプション撮影。
撮影は土曜日でしたが、前日からベガス入りし撮影場所や内容をチェックしました。

今回の撮影で最もドキドキしたのが330人の集合写真。
ロサンゼルスだけでなく、ニューヨークやハワイなどのオフィスからも従業員が集まり、さらにお得意様企業も加えた圧巻の大所帯でした。

集合写真の撮影場所は、あの有名なシルク・ドゥ・ソレイユ(Cirque du Soleil)の「O」シアター。
超ロングランであるにもかかわらず、未だ人気に衰えを見せない世界屈指のエンターテインメント集団のシアターです。
通常はパフォーマンス鑑賞以外で一般人が立ち入れる所ではありませんが、特別に会場をお借りして撮影することができました。

正直、私は330名の集合写真なんて撮ったことがありません。
かなり広範囲に広がった人たちをカバーするライトの加減も未知ですし、そもそもどのようにして光源を得るべきかいろいろ考える必要がありました。

前日の会場見学で自分なりに分析。
撮影のイメージを具体化させながら、いよいよ当日にのぞみました。

撮影は、私が舞台上から客席の社員を写すスタイル。
急斜面のシアターなので最前列と最後列ではかなりの高低差があり、私は舞台上で高い脚立に乗ってシャッタを切ったわけです。

ところで、「O」をご覧になったことがありますか?
舞台上に設置された大きなプールで繰り広げられる水を使った大迫力のパフォーマンス。

で・す・か・ら…、
私のすぐ後ろにはプールが広がっているのです。

それはさておき、午後3時頃から社員さんが集まり始め、全員整列できたのが午後3時10分頃。
シルクのリハーサルがあるため、3時20分には全員撤退しなければならないという緊張の中での撮影でした。

2灯のフラッシュライトを立てて全出力。
舞台照明も少し借りてライティングを均等にしました。

「OK, everybody, ready? One, two, three」

「カシャッ!」

はい、おかげさまで美しく撮影することができました!
撮影自体は実に2分程度。
前夜、睡眠中に何度も目を覚まし撮れるかどうか不安にかられたのですが、会場スタッフの協力もあり思っていたより順調に撮影できました。

あぁ、よかったぁ。

-----------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
-----------------------------------------------------------
#フォトグラファー #オレンジカウンティー #カリフォルニア #ロサンゼルス #カメラマン #旅行 #集合写真 #ラスベガス

People Who Wowed This Post

雨の中の幸せウェディング

thread

雨の中の幸せウェディング
ウェディング撮影のためアリゾナ州に行ってきました。
残念ながら雨だったのですが、写真的には素敵な仕上がり。
式の前夜から雨が降り始め、個人的に「残念だなぁ」と思っていたのですが、新郎新婦のお二人はいたって平気。

「雨は雨で楽しみましょう」

そんな発想のお二人でした。

式が終わった頃雨が上がったので、周辺の美しいロケーションで撮影。
強い光は一切なく、その分柔らかい雰囲気に仕上がりになりました。

晴れの日もあれば雨の日もあって当然。
そこをどう考えるか。
彼らのポジティブな姿勢に考えさせられたウェディングでもありました。

いつまでもお幸せに!

-----------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
-----------------------------------------------------------
#フォトグラファー #オレンジカウンティー #カリフォルニア #ロサンゼルス #カメラマン #ウェディング #結婚式 #新郎新婦 #結婚

People Who Wowed This Post

若い二人の楽しい門出を撮影

thread
しんみり調で始まったダンスはい... しんみり調で始まったダンスはいつしかテンポが加速し、周りを巻き込んでのノリノリダンスに。

アメリカでは一般的なブーケトス... アメリカでは一般的なブーケトス。
つかんだ女性に幸福が訪れます。

かわいいキャンディーやチョコレ... かわいいキャンディーやチョコレートをうまくディスプレイし、色んな写真を飾ってこれまでの二人の歩みを紹介しています。
こういうちょっとしたアイデアがとても素敵なのです。
先週末はアーバインでウェディング撮影。
30歳手前の元気で素敵なカップルでした。

型にはまらない楽しい式。
とても楽しかったです。

お二人ともお幸せに!

-----------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
-----------------------------------------------------------
#フォトグラファー #オレンジカウンティー #カリフォルニア #ロサンゼルス #カメラマン #ウェディング #結婚式 #新郎新婦 #結婚

People Who Wowed This Post

その頃は気付かなかった身近の美

thread
秋桜で小休止する明日香のバッタ... 秋桜で小休止する明日香のバッタも

青空の下で黄金に輝く見瀬丸山古... 青空の下で黄金に輝く見瀬丸山古墳の竹やぶも

一枚だけ残った橘寺の紅葉も... 一枚だけ残った橘寺の紅葉も

沈む寸前の太陽に照らされる石舞... 沈む寸前の太陽に照らされる石舞台古墳のススキも

肌寒い乾いた風に揺れる高松塚古... 肌寒い乾いた風に揺れる高松塚古墳の花も

暗い森に生きる明日香遊歩道の南... 暗い森に生きる明日香遊歩道の南天も

住んでいた頃にはその美しさに気付いていなかったであろうものばかりです。

-----------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
-----------------------------------------------------------
#フォトグラファー #オレンジカウンティー #カリフォルニア #ロサンゼルス #カメラマン #旅行 #秋 #散歩 #明日香 #奈良

People Who Wowed This Post

田園風景を彩る案山子たちに和む

thread
どこからかの帰りかな? 本当に... どこからかの帰りかな?
本当に楽しそうな母と娘です。

お祭りでしょうか?... お祭りでしょうか?

天狗さまがにらんでいます。... 天狗さまがにらんでいます。
ここ数回何度か書いていますが、ボクは奈良県橿原市出身。
周囲にはたくさんの古墳や寺社仏閣など、教科書に載っているような有名な史跡がたくさんあります。

実家があるのは橿原市の端っこ。
隣の明日香村との境界線まで歩いて1分のため、小さい頃から明日香へはよく行きました。
小学校の遠足、中学校のオリエンテーリングや部活でのランニングなど昔は必要に迫られて行っていましたが、大学進学で上京してからは歴史を知る意図で帰省時に明日香めぐりをするようになりました。
そして、大人になりアメリカに住むようになった今はのんびりと散歩をする。
成長に応じて目的が異なりますが、歳をとるごとにこういう地域に実家があることをありがたく思うのです。

さて、うちから車で5分ほど走ったところにかの有名な石舞台古墳があります。
その奥をさらに数分進むと、美しい棚田(段々畑)が広がる稲渕というところがあります。
ここは「日本の原風景」とも呼ばれ、「全国棚田百選」にも選ばれた場所です。

稲渕の農道沿いでは毎年手作りの案山子が並ぶ「案山子ロード」が開催され、11月中旬まで一般公募で出品された力作が展示されています。
テーマに沿って作られた案山子たち。
一般投票で各賞が決まります。

どの案山子もユニークで、思わず笑みがこぼれます。
モチーフは人間だけでなく、虫や爬虫類、哺乳類などの動物もいるなどさまざま。
ひとつひとつが丁寧に作られており、稲渕の美しい景観と驚くほど調和しています。

イベント期間中といえども、普段は人通りが少ない案山子ロード。
柔らかい陽を浴びながら、稲渕を一人でぶらぶら散歩する時間ほど贅沢なものはありません。

-----------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
-----------------------------------------------------------
#ロサンゼルス #カリフォルニア #オレンジカウンティー #フォトグラファー #カメラマン #旅行 #秋 #散歩 #明日香 #案山子 #奈良

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account