Search Bloguru posts

freespace

~ご訪問くださった皆さまへ~
ウェディング写真、およびそれに関する情報は下のURLからご覧ください。
■ウェブサイト: https://www.shigie.com/home
■フォトグラファー紹介: https://www.shigie.com/about
■フォト作品: https://www.shigie.com/wedding-gallery
■LA旅情報: https://www.shigie.com/la-preparation
Based in COSTA MESA, CALIFORNIA 92627, USA

「友達の友達はみな友達」の関係

thread
挙式後、レセプションまでの空き... 挙式後、レセプションまでの空き時間に楽しく飲む新郎(上)とグルームズメン。ボクはグルームズメンと(新婦の)ブライズメイドが大好き。互いのこれまでの深い友情を感じるからです。日本にはこのシステムはありませんが、式からレセプションに至るまでこの日は彼らも新郎新婦と同じくらい重要に扱われ、それを見てボクは「あぁ、いいなぁ」と思っています。

フラワーガールの二人。フラワー... フラワーガールの二人。フラワーガールとは、花束を持ったり、かごに入った花びらをまきながら新婦の前を歩いたり、花を参列者に手渡したりするとても重要な女の子です。一日大役お疲れさまでした。

一人ずつに手書きの「Thank... 一人ずつに手書きの「Thank you!」。小さなお礼の品ですが、とても温かみがあります。

------------------------------


少し前、渡米当時一緒に住んでいたルームメイトの職場の友達の結婚式を撮影しました。
彼は当時何度かうちに来て、それで知り合いになった人。
「友達の友達はみな友達」の関係です。

日本に比べて、圧倒的に手作りの結婚式が多いアメリカ。
挙式は教会でするのが一般的ですが、ビーチやワイナリー、自宅などに神父さんを呼んで挙げるカップルもいます。
もちろん、その後のレセプションも全て手作り。
料理、ケーキ、出し物、飾りと全部自分たちで用意するカップルもいます。
今回はそんな感じのウェディングでした。

知り合いということもあって、仕事をしながらもかなり飲んで食って楽しんでしまったボク。
ごちそうさま。
そして、いつまでもお幸せに!


------------------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
------------------------------------------------------------------
#ロサンゼルス #結婚式 #ロサンゼルスのカメラマン #カリフォルニア #カメラマン #ウェディング #ウェディング写真

People Who Wowed This Post

牡蠣を食べにサンクレメンテへ

thread
サンクレメンテの海の上に、ふん... サンクレメンテの海の上に、ふんわりとした柔らかい雲が浮かんでいます
少し霞んでいたためか、濃淡の違いこそあれ海と空がほぼ同色でした

点々と浮かんで波を待つサーファ... 点々と浮かんで波を待つサーファーたち
昨日紹介したように、サンクレメンテは良質のサーフィンスポットなのです

ここが今日行ったレストランの「... ここが今日行ったレストランの「The Fishermans Restaurant & Bar」
ピアの入り口に店を構え、広大な太平洋を一望しながら食べます

海岸性に沿って走る中距離列車の... 海岸性に沿って走る中距離列車のSurf Liner
大きな汽笛の音が、いい感じに広大な太平洋に轟いていました

------------------------------


昨日に引き続き、今日もサンクレメンテのお話。
今日は妻も私も休みだったので、午後2時頃から二人でサンクレメンテに行きました。
目的は、ピアにあるシーフードレストランのハッピーアワーをねらって牡蠣を食べるため。
1つ1ドルで新鮮な牡蠣が食べられます。

ところで、日本の牡蠣通からは「ぬるい!」と言われそうですが、ボクは大振りでクリーミーかつ濃厚な日本の牡蠣が少々苦手。
小ぶりで淡白なアメリカの牡蠣がちょうどいいのです。
これなら1ダースは軽くいけます(写真は撮らなかったのですが…)。

さて、食べ始めた午後4時頃から曇り始めたものの、それまでは南カリフォルニアの典型的な快晴でした。
大学がそろそろ夏休みに入ったためか、平日にもかかわらずまずまずの人出。
それでも混雑するほどではなく二人でゆっくり散策できました。

ビール2杯とオイスターで結構満腹。
昼間のビールは回りが早く、午後5時半にはほろ酔いのいい気分でした。
今の時期は午後8時半くらいまで明るいので周囲を散策。
酔いをさまして帰途につきました。

The Fishermans Restaurant & Bar
http://www.thefishermansrestaurant.com/
611 Avenida Victoria, San Clemente, CA 92672
949-498-6390

------------------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
------------------------------------------------------------------
#サンクレメンテ #ロサンゼルス #カメラマン #カリフォルニア #フォトグラファー #オレンジカウンティー #散歩 #ビーチ #レストラン

People Who Wowed This Post

日曜朝の散歩

thread
サンクレメンテには、海岸に沿っ... サンクレメンテには、海岸に沿ってアムトラック(長距離列車)が走っています
その踏切には遮断機がなく、何ともアメリカ的
散歩しながらのんびり海を眺める人もいます

このリス、まるでサーファーたち... このリス、まるでサーファーたちを見ているよう

------------------------------


週末は朝からサンクレメンテ(San Clemente)に出かけました。
ボクが住んでいるコスタメサから30マイル(約48キロ)。
道がすいていれば30分で到着できるオレンジカウンティー最南端の都市です。

起伏の激しい立地ですが、その分、海や丘、山など美しい自然の景色が広がっています。
街のスローガンが「Spanish Village by the Sea」というだけあって、町にはスペイン植民地時代の白亜の建築物が多く、真っ青な空と海に映えてとてもきれいです。

サンクレメンテは、カリフォルニアだけでなく世界中からサーファーが集まるサーフィンススポット。
ビーチ周辺には小さなホテルが建ち、のんびり過ごしたい観光客もたくさん訪れるちょっとしたリゾートビーチです。

今回行ったのは、ピアのあるメインのビーチではなくその近くの小さなビーチ。
名前は知りませんが、たまたま車を停められたのと人が少なかったので散歩してみました。
到着したのは午前8時半。
まだ朝の黄色い光が残っている静かな時間帯でした。

平日・休日関係なく気軽にビーチを散歩できるのは、海の近くに住んでいる特権。
こうやってたまに南カリフォルニアの真っ青な空と海を見ながらのんびりできる幸せに浸っています。


------------------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
------------------------------------------------------------------
#オレンジカウンティー #サンクレメンテ #カリフォルニア #ロサンゼルス #ビーチ #散歩 #カメラマン #フォトグラファー #旅行

People Who Wowed This Post

やはり面白いアメリカのウェディング

thread
女性はおそらくベリーズの民族衣... 女性はおそらくベリーズの民族衣装(?)
とてもユニークで美しく、ステキなウェディングでした

新郎新婦も美男美女 新郎新婦も美男美女
------------------------------


多民族国家・アメリカを表す言葉として、よく「人種のるつぼ」が使われます。
しかし実際は、各民族(人種)が融合するのではなくそれぞれの独自性を維持しながら個性を発揮する国。
互いの違いを認め合いながらアメリカ人として一つの器(国)にあるという意味から、「サラダボウル」とも表現されます。

個人的に、ボクはアメリカはサラダボウルだと思います。

渡米当時(2002年)、人種でかたまっている社会を見て思い描いていたアメリカ像とは違うことに違和感を覚えました。
当時仲良くなった白人に、「アメリカはもっと人種同士が融合していると思ってた」と言ったら、「何か共通のことをシェアし合える者同士の方が仲良くなりやすいんだよ」と答えてくれました。
それが文化であったり宗教であったりするのでしょう。

現在の東アジアでは、日本、中国、韓国の仲は最悪です。
しかし、こちらの大学にいるアジアの留学生(特に語学留学生)では、日・中・韓の生徒が最初に仲良くなります。
白人や黒人、ヒスパニックなどの人種に対して、アジア人という共通項があるからです。

前置きが長くなりましたが、今日の撮影はベリーズからの移民の結婚式でした。
恥ずかしながら、今日までベリーズという国を知りませんでした。
それはそれは美しい国だそう。
アメリカでは、こうした多文化国家ならではの撮影機会にめぐり会えるのです。

いつまでもお幸せに!

------------------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
------------------------------------------------------------------
#ロサンゼルス #結婚式 #ロサンゼルスのカメラマン #カリフォルニア #カメラマン #ウェディング #ウェディング写真

People Who Wowed This Post

アメリカっぽい風景

thread
アメリカっぽい風景

------------------------------


ダウンタウンを走っていていつもアメリカっぽいなぁと思う風景。
クルマを路肩に停め、サクッと撮ったスナップ写真がこれです。

高層ビルが建ち並び、その間を縫うようにフリーウェイが走る。
夕暮れの空に映えるビル群が何とも未来的です。

左奥にそびえたつ円柱っぽいビル(先の方だけ見えてるビルです)は「USバンクビル」。
1996年制作のアメリカ映画、「インデペンデンス・デイ」(Independence Day)の中で、エイリアンに最初に破壊されたのがこのビルでした。

それでは今日はこの辺で。


------------------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
------------------------------------------------------------------
#ロサンゼルス #カリフォルニア #ダウンタウン #ダウンタウンロサンゼルス #映画 #夕暮れ #トワイライト

People Who Wowed This Post

LA、OCのイケメンたち_01

thread
今年4月号の雑誌「Fine」の... 今年4月号の雑誌「Fine」の表紙
すごい数のイケ男、イケ子が載っているのですが、そのうち40人撮影しました

マナー・アフガーニさん アウタ... マナー・アフガーニさん
アウター:Zara
シャツ:H&M
パンツ:Levi's
シューズ:Converse
時計:Rolex
リサイクル活動を心がけるベジタリアン

クリス・リンチさん DJの傍ら... クリス・リンチさん
DJの傍ら、トレーラーでアナログレコードを販売する店のマネージャー
Tシャツ:Star Wars/ Obey
シャツ:Heritage Flannel
パンツ:Ezekiel Jeans
シューズ:Stacy Adamis Boots
帽子:Castano Newsboy Cap
日々の生活で一番心地いい時間は、音楽・映画鑑賞と恋をしてる時だそう

アンソニー・マスロさん Ola... アンソニー・マスロさん
Olaplex社のシニアエデュケーター
トップス:American Apparel
パンツ:Naked & Famous Denim
シューズ:Dr. Martens

マット・トンプソンさん 広告の... マット・トンプソンさん
広告のコピーライター
アウター:Levi's Slimifit Trucker
シャツ:Urban Outfitters BDG Crew
パンツ:Levi's 50 Indigo
シューズ:New Balance
帽子:Yellow 108
自分の日々の活動がどれだけ地球にインパクトを考えながら生きているのだとか
------------------------------


日之出出版の人気雑誌「Fine」。
1978年9月創刊の息の長いファッション誌です。

数年前までは「チャラい系」のイメージがありましたが、2014年5月号から新装刊。
「オーシャン」「サーフィン」といった同誌の根幹を残しつつ、大人のオトコが目指すライフスタイル提案マガジンとなりました。
以前のイメージしか持っていない人が同誌を手にしたら、その激変ぶりに驚くでしょう。

さて、今年の4月号で「ロサンゼルスのスナップ特集」が大々的に組まれました。
その撮影を担当したのですが、ロサンゼルス、オレンジカウンティーで私が撮ったイケメン(数人のイケ子)たちをこのブログでも紹介することにします。

街ゆくイケメンたちに声をかけて撮らせてもらうというコンセプト。
作業的には大変でしたが、大体気軽に「Sure!」と受けてくれるのが何とも南カリフォルニア的でいい感じでした。

さて今回掲載するのは、オレンジカウンティーのコスタメサ市にあるオシャレな小型モール「The LAB | Antimall」で撮った人物スナップ。
ナショナルブランドの店が並ぶ大型ショッピングモールに異を唱えるモールで、「アンチモール」という名前からもその精神がうかがえます。
「LAB」も「Little American Business(アメリカの零細企業)」の頭文字をとったものだそう。
当然、ここに来るオシャレさんたちも独特のこだわりファッションを楽しむ人が多いのです。

皆さん、カジュアルながらも洗練された着こなし。
流行に惑わされることなく、自分スタイルに仕上げているのが何ともあっぱれです。
そして外見だけでなく中身も立派。
見習わなければなりません。

The LAB
2930 Bristol St., Costa Mesa
http://thelab.com


------------------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
------------------------------------------------------------------
#オレンジカウンティー #コスタメサ #ファッション #オシャレ #カメラマン #ロサンゼルス #イケメン

People Who Wowed This Post

ひまわり

thread
曲線を描く茎と、両手で何かを抱... 曲線を描く茎と、両手で何かを抱き込むかのような形状の葉がステキ

視点を変えると花と葉だけが写り... 視点を変えると花と葉だけが写り、何となく宙に浮いている感じ
花びらの色がまちまちで、その分本当に太陽の様に見えます

友人が作った陶器に入れて撮影 ... 友人が作った陶器に入れて撮影
ボケていますが敷物も友人の自作です

------------------------------


たまに花を撮りたくなります。
実は個人的に花に興味はありませんが、妻がとても花好きで、たまに彼女が花を生けた時に気の向くままに撮ります。
ですからそれほど考えて撮っていません。

今日の花はひまわり。
こぶし大の小ぶりなサイズです。
花びらの色が鮮やかすぎるほど鮮やか。
聞いたところによると、色付きの水を吸わせて鮮やかにするそう。
人工的ですが、これはこれでありでしょう。

鮮やかな色合いの花が多い印象を受けるアメリカの花屋さん。
日本のように淡い色の花はあまり見かけない気がします。

もう10年くらい前ですが、ちょうど桜の時期に日本に一時帰国したことがありました。
その時初めて、桜の花の色はほぼ白だってことに気付きました。
それまで毎年見ていたにもかかわらず、勝手にピンクのイメージを持っていました。
しかし、実はほとんど白。
曇り空の下で見ると同化するくらいでした。

日本人は、古来からそんな淡い色合いに美を見出していたんですね。
その繊細さにあらためて感動するとともに、先人の感覚を見習おうと心に誓ったのを覚えています。


------------------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
------------------------------------------------------------------
#花 #カメラマン #ロサンゼルス #カリフォルニア #植物 #ひまわり #ヒマワリ

People Who Wowed This Post

いきぬき写真:ハワイ_01

thread
ビーチを独り占め(ではなく二人... ビーチを独り占め(ではなく二人占め)

左前方の島はラビット・アイラン... 左前方の島はラビット・アイランドと呼ぶそう

パラダイスの名にふさわしいビー... パラダイスの名にふさわしいビーチ

------------------------------


今から2年前、知人の結婚式でハワイに行きました。
渡布は2回目。
1回めの印象が薄かったためか、この時の方がずっと心に残る旅でした。

行った先はオアフ島。
日本人観光客がわんさかいる所ですが、それでもローカルのビーチに行けば、それはそれは美しい楽園が点在していました。

ハワイが観光大国(大島?)なのがよくわかります。

南カリフォルニアも暖かく開放感あふれる所ですが、ハワイは別格。
とにかく美しく、楽しく、心が和むパラダイスでした。

その時に撮ったスナップ写真がたくさんあるので、時々「いきぬき写真」として掲載することにします。


------------------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
------------------------------------------------------------------
#ハワイ #旅行 #オアフ #カメラマン #フォトグラファー #ロサンゼルス #パラダイス #楽園

People Who Wowed This Post

クイーンメリー号でのウェディング

thread
新郎新婦のひだり後ろに見えるク... 新郎新婦のひだり後ろに見えるクイーンメリー号。
美しく夕日に映える船体をバックに撮影です。

セレモニーが終わり、レセプショ... セレモニーが終わり、レセプションも落ち着いた頃に撮ったスナップ写真。
グルームズメンもブライドメイドも大はしゃぎです。

------------------------------


クイーンメリー号は、ロングビーチという港町に停泊している退役の豪華客船。
1936年から67年まで活躍した北大西洋横断の定期船で、途中第二次世界大戦時には兵士の輸送船として軍に徴用されました。
67年の引退後、国立登録史跡に登録され同地で保存。
今ではホテルやレストラン、イベント会場などが入る商業施設となっています。

周囲は青い海と緑の公園が広がる美しいロケーション。
ここでよく結婚式が行われます。
というわけで、週末はクイーンメリー号でのウェディング撮影でした。

アメリカの結婚式は日本ほどかしこまっておらずとても和やか。
素敵な笑顔がいたるところにあふれています。

いつまでもお幸せに。

------------------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
------------------------------------------------------------------
#ロサンゼルス #結婚式 #ロサンゼルスのカメラマン #カリフォルニア #カメラマン #ウェディング #ウェディング写真 #ロングビーチ

People Who Wowed This Post

イタリア料理三昧

thread
爽やかな酸味が効いたベーシック... 爽やかな酸味が効いたベーシックなミートソースをフィットチーネに絡めて食べます

ボリューム満点のラザニア 中身... ボリューム満点のラザニア
中身がはみ出るくらいに詰まっていました

クリーム仕立てのとろーりスパゲ... クリーム仕立てのとろーりスパゲティ
アメリカではアルデンテはほとんどないのですが、彼は固めにゆがいていました
最高です

これと これと これは何だったか聞くのを忘れま... これは何だったか聞くのを忘れました
それでも、まぁとにかくおいしいこと

トマトのスライスにバジル、モッ... トマトのスライスにバジル、モッツアレラチーズをのせ、
オリーブオイルと塩・コショウであっさり食べるカプレーゼ
家でもよく食べる一品です

------------------------------


イタリア料理のオンパレード!
あるイタリアンレストランのイタリア人シェフが作ってくれました。

味はどれも見た目通りで素朴な感じ。
奇をてらわず本場の味を再現する姿勢に好感が持てます。

もしかしたら、日本料理の次くらいに好きかもしれないイタリア料理。
アメリカではなかなかおいしいイタリア料理に巡り会えませんが、今日は大満足です。
やはり、本場で味を知り本場で学んだシェフは違いますね。


------------------------------------------------------------------
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
竹部茂教 | ロサンゼルス | カメラマン | フォトグラファー
------------------------------------------------------------------
#料理 #ロサンゼルス #オレンジカウンティー #カメラマン #カリフォルニア #イタリア料理 #イタリアン #フード

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account