Search Bloguru posts

言葉は元気です ☆ 齋藤純二

https://en.bloguru.com/shoboter99

freespace

⚪︎リンクㅤネット詩誌『MY DEAR』
http://www.poem-mydear.com/

⚪︎MY DEAR 詩の仲間たちツイッター
https://mobile.twitter.com/mydear2000s

“ # ” のついたタイトルはツイッター詩(140文字以内)

いわきだよ! 詩人集合!

thread
お久しぶりぶり
ぶりぶり齋藤です
みなさん
さんさんと元気でしたか

ほほっ
そうですかいろいろ
いらいらもあったのですね
ころっともあったのですね

まあまあみなさんと
こうしてまたまたこうしてまた
寄り添う福島を忘れずんずんと会え
ウレピーのであるるるるるん

はいはいぶりぶり齋藤
マンモス浮いてすいません
すみませんすんません
すぐに謝っちゃう日本人

ケロケログワッグワッ
今年はネクタイが
朗読用紙にはならないケロね
モーモーモーモーと
牛乳パックから
ネタが出ることもないないよね
はてはてはてはてなあ朗読2020

てなわけで
どんなわけでそんなわけ
いわき七夕まぼろし朗読会
リモートな感じで
もりもりもりっとてんこ盛り盛り

みなさんの短冊詩で心たいらけく
てんてこてんてんのてんてんと
声は思いは願いは
天にも届くでごじゃるでごじゃる

2020も2021も2022も
負けないでごじゃるるんと
いわき結束パワーでるるるるるん

さあ読めや泣けや踊れや笑えや
そっちのまぼろしじゃなくて
こっちのまぼろしでどどんどんどん
どどんと行ってみようか

#詩

People Who Wowed This Post

ホームに立ち

thread
小豆色の貨物列車
断続に叩く
ガタン ゴトン
足の裏から伝わって

八分音符の間にある
急かされる休符
鼓動はレールの上
私の旋律は響く

今までの私を
私が恨みながら
また私を許す連続

やがて通り過ぎ
ダ・カーポに息衝く

生活の口を持つ電車に
私は飲み込まれ
また連れ去られて行く

#詩

People Who Wowed This Post

#転がるカレー

thread
いきなりさ
カレーの鍋が転がり
にんじん じゃがいも 肉
玉ねぎの哀しさ

ルーをかき集める
虚しさ 苛立ち 放棄心

俺はもう一度
カレーを作る力はあるか

生きていく力はあるか

手についた
カレーの熱さに笑う

#詩

People Who Wowed This Post

#君の色に

thread
僕は雲が緑だという詩を書いた
でもその詩を読んだ君は
「白い雲について書いてあるね」
そういうんだ

旅立ってしまった言葉たちは
いつの間にか姿を変えて
面白いことになっているんだ

もう僕の思い通りにならない
だって君の心を自由に浮くんだから

#詩

People Who Wowed This Post

#貸し渋り詩

thread
友人だと思っていた彼に
大事なものを貸した
返って来ることはなかった

貸し渋りをしなかった純粋で
自分を慰めることができるか
すでにその心はなくなっていた

疑う心を持つと大人になり
自己防衛の壁が高く厚く積まれ
また孤独に帰ってゆく

#詩

People Who Wowed This Post

#塵っ端詩

thread
僕の一秒が
僕の一分になり
僕の一時間になり
僕の一日になり
僕の一年になり
僕の十年になり
僕の中で
僕が積もりながら
僕となり
僕という山を登る

#詩

People Who Wowed This Post

ホームに立つ

thread
通り過ぎてゆく
小豆色の貨物列車は続く
切れることのないガタンゴトン
足の裏から伝わって

断続的な休符にある
倒れては起き上がりまた倒され
疲れた身体の血流だけを感じ

仕分けもせずに捨てた時間たち
私は私を恨みまた私を許す
理想はあってない時間を揺らす

それでも
足から伝わる俺の生きている

貨物列車の終わる侘しさのち
目の前に生活という電車が来る
何処へと
問う行き先に慣れた扉を潜る

#詩

People Who Wowed This Post

#水筵詩(みなむしろ、水底の石)

thread
バカ野郎っ

と、僕は投げ飛ばされた石

今は空き缶
ビニール袋やペットボトルたちに
囲まれて暮らしている
彼らは死んだように言葉を発しない

君らも
バカ野郎って言われて投げ飛ばされたのかい?

……………

この孤独はここに積み重なっていく

#詩

People Who Wowed This Post

癒しのウクレレ

thread
ケースから取り出せば
ぷわっとハワイアンコアの匂い
波の眩しいイメージに音を合わせ
南国の砂浜で指が遊ぶ

ポロロンポロロン
ポロポロポロリンポロロン

ナイロン弦の優しさは
疲れた心に可愛く明るく響く
悩みイライラや憂鬱たちも
想像の光にすっと吸い込まれて

ポロロンポロロン
ポロポロポロリンポロロン

縦に横に波打つ模様の
小さなボディはまったりとさせる
抱っこしているつもりが
音色のゆったりに抱っこされて

ポロロンポロロン
ポロポロポロリンポロロン

#詩

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account