リーダーの役割:心理的安全性の「土台をつくる」(第12回)

こんにちは!「働くあなたを元気にする」コーチです。

昨日に続き、ハーバードビジネススクールのエドモンドソン教授の著書、「恐れのない組織」を読み進めて行きます。今日は「リーダーのツールキット」の一つ、

「土台をつくる」

これは職場において、心理的安全性を確保するために「土台をつくる」という意味です。そして、これを実現させるためにリーダーがすることを、一言で表現すると

「仕事をリ・フレーミングする」

先ず「フレーム」という言葉ですが、これは思い込みや与えられた枠組み、という意味です。例えば仕事においては、これまでの経験や見聞きしたことに基づいて積み重ねられた理解や解釈、信念などを指します。

そして「リ・フレーム」とは、既に持っている、出来上がっているフレームを、見方を変えたり、新たな視点を加えることで、フレームを見直す・再度フレームを作り上げる、という意味です。

つい我々は毎日の目の前のルーチンワークに追われ、仕事を終えることに目が行きがちです。そんな時、敢えて

「この仕事をする意義は?」
「この業務をすることで得られることは?」

など、物事の「そもそも」に立ち返って、原点から仕事や業務を見つめる。

それをリーダーが自ら、口に出して先導してチームメンバーに働きかける。

具体的には、こんな発言や問い掛けでしょうか?

「今期の目標を達成することの意義は何だろうか?」
「このプロジェクトを完遂することで、メンバー個人個人は何が得られそうか?」
「我々は失敗のプロではなく『学習』のプロになろう!」
「出来ていないことではなく、先ずは出来ていることを確認しよう!」
「上司がいつも答えを持っている訳ではない。現場を見ている我々が答えの近くに居るかも知れない」
「そもそも、この仕事の目的は何だったのか?」

いかがでしょうか?

チームの勢いをひょっとしたら止めてしまうかも知れない、ドキッとする「そもそも」の問い掛け。

リーダーとしては忘れてならない、自分への問い掛けでもあると思います。

ではまた明日!
by 「働くあなたを元気にする」コーチ

People Who Wowed This Post

「心理的安全性」は、どうすれば実現できるのか?(第十一回)

土台
こんにちは!「働くあなたを元気にする」コーチです。

今日も、ハーバードビジネススクールのエドモンドソン教授の著書、「恐れのない組織」を読み進めて行きます。

今回くらいからエドモンドソン教授から、「リーダーのツールキット」という章立てで、少し具体的な実現方法・対応方法の助言が出てきます。

そして今日は、リーダーのツールキットを、ざっくりと項目だけ列挙します。

(1)土台をつくる
(2)参加を求める
(3)生産的に対応する

明日から少し内容を紐解いていきます。

乞うご期待!

ではまた明日!
by 「働くあなたを元気にする」コーチ

People Who Wowed This Post

×
  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account