Search Bloguru posts

Tai: Diary

https://en.bloguru.com/tai

ライフスタイル / 生活様式

thread
先日、これまでに行ったことのない病院に行きました。駐車場がないので、徒歩で行きました。家から15分程度の場所です。駅前にあるので、周辺のことは知っているのですが、駅に行くこと自体が少なくなり、また、その病院が、普段通らない道沿いにあるのもあって、見慣れない景色に新鮮味がありました。新築の家や、個人事務所が建っていました。

家の近所も同じで、最近新築が増えています。普段車なので、数件先の家のことも知らず、景色が様変わりしているのを感じます。
#daily

People Who Wowed This Post

カーステレオ

thread
これまでに所持した車は、今のものを含めて2台で、いずれも当然のようにCDを聴いていました。先週、CDの取り出しボタンが機能しなくなり、CDが出てこなくなりました。よりによって、大して好きでもない2PacのCDを入れてしまった。エンドレスで聴くのはきつい。

(修理?保証期間は切れているに違いないし、買い換えた方が安くなりそう。でも、他の機能は正常で、音が悪い訳でもない。)

説明書を見直したところ、前から気になっていたUSBの機能について書かれてある。どうやらiPodなどでなくとも、MP3が入っているフラッシュメモリであれば、音楽が再生されるらしい。

試しにフラッシュメモリを使ってみたところ、MP3が再生され、これには驚きました。今までCDを焼いていたけれど、そんな労力やコストは不要でした。また、遥か昔に購入したフラッシュメモリが再利用できます。
#daily

People Who Wowed This Post

パスワードを忘れる

thread
毎日当たり前のように入力している、PCのログインのパスワードを、最近ふと思い出せなくなった事がありました。当たり前すぎて、どこかに記録しているのかどうかも定かでない状態でした。結局見つかったのですが、他の場所で同じパスワードを使用していたから分かっただけです。PCのログインのパスワードは、そのPCの中に記録していました。意味が無い。以前にも、思い出すのが怪しい時があったのですが、その時は頭の中が真っ白で焦りました。

その事件の少し前、誤入力の回数が10回に限られている預金口座のパスワードを、8回入力に失敗し、億単位の預金を失いつつある人のニュースを読みました。老いや交通事故などが原因で、記憶など、どのようにでもなると思います。
#security

People Who Wowed This Post

人志松本のゾッとする話 (2014)

thread

松本人志 (出演), 千原ジュニア (出演)

最近、多くの映像作品を観ています。TVをあまり観ない事もあり、この番組は知りませんでした。昨夜、一通り観ました。

怪談のまとめサイトがあります。そこに掲載されている話が先か、芸人さんの体験談が先か、分かりませんが、まったく同じ話が複数ありました。

面白かったですが、収録数の少ない番組だったようです。ネタが続かないのでしょうね。

#movie

People Who Wowed This Post

貞子VS伽椰子 (2016)

thread

山本美月 (出演), 玉城ティナ (出演), 白石晃士 (監督)

「エイリアンVS.プレデター」みたいな、企画モノです。しかし怖くて、楽しめました。映像も綺麗です。猛獣並みに強く、もはや幽霊ではないです。

#movie

People Who Wowed This Post

未来世紀ブラジル (1985)

thread

ジョナサン・プライス (出演), ロバート・デ・ニーロ (出演), テリー・ギリアム (監督)

ジャケットを見て、新しい映画だと思って買いましたが、古い映画でした。

何だこれ?という感じです。終始騒々しい。夢の中を彷徨っているか、または同じところを行ったり来たりしているか。結局どこにも到達出来ず、嫌な映画です。以前に書いた映画と同種かも知れません。時間をかけて、色々な展開を視聴者に見せたのに、何も解決していないのがムカつくのだと思います。早送りして観ましたが、それでも長過ぎました。

人気のあった「12モンキーズ」の監督ですね。観ていませんが、どうかな。他にも、この監督のDVDを購入検討していましたが、買わなくて正解のようです。

#movie

People Who Wowed This Post

回路 (2001)

thread

加藤晴彦 (出演), 麻生久美子 (出演), 黒沢清 (監督)

怖かったですが、結構長い映画で、その半分で良かったです。監督の指示か、俳優のせいか、分かりませんが、全体に演技が下手です。幽霊が実体を持ち、視聴者に向かってくる場面があります。演技なのは分かりますが、「やっと出番が来て、張り切って、足がもつれた」ように見えます。尚、監督は、1989年の「スウィートホーム」の監督ですね。スウィートホームは、子供の頃の怖い映画として、記憶に残っています。ファミコンのソフトが手元にあります。

#movie

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account