Search Bloguru posts

Tai: Diary

https://en.bloguru.com/tai

DJ Spinbad: Underground Airplay (2001)

thread

今もあるかも知れませんが、主に90年代、メジャーデビューしていない人達の音楽が、デモ・テープなどの媒体で、レコードショップに陳列される、といったマーケットがあります。ヒップホップの場合、それはUnderground Hip Hopと呼ばれます。メジャーデビューしていないのだから、同じ国=アメリカでも知っている人は僅かで、日本となると、情報を得る手段がありません。

標題のアルバムは、アングラな曲を厳選したミックス集です。制作者であるDJ Spinbad自体、メジャーな人ではありません。私が知る限り、2つのCDしかリリースしておらず、これがその一つです。しかし一定数のファンはいるようで、Amazonには高評価が並びます。私もファンの一人で、両方のCDを持っています。

留学時、たまたまモールで目にし、無性に気になり購入したものです。当時はエミネムや50 Centの全盛期。一緒に住んでいたホストマザーの息子、またその友達が気に入ってしまい、半ば強制で持って行かれた結果、傷だらけになり、後半が聴き取れなくなってしまいました。この度の断捨離で、データのコピーを試みました。CDプレーヤーでは聴けなくなっていた部分も、無事にコピー出来たようです。

https://www.discogs.com/DJ-Spinbad-Underground-Airplay-Version-10/master/243876
#music

People Who Wowed This Post

断捨離

thread
意図せず、今年の抱負通りになっていますが、雑貨を処分しようとしています。

昨日は、2000年頃の雑誌を30冊処分しました。その半分はCasa BRUTUSという雑誌です。桂離宮や、中国・インドの特集でした。興味深いですが、この雑誌は、記事の大半が特集と無関係の広告で、あまり面白くなかったかも知れません。

本日はCDの整理をしていました。置き場所が無いので、すべて処分予定です。400枚ある内の100枚を処理しました。留学時に持って行った・購入した・日本へ持ち帰ったCDも多くあります。思い出深いですが、これぞ断捨離かと思います。
#concept

People Who Wowed This Post

試験の備忘録

thread
この4年程、毎年1回はAXELOS社の試験を受けており、その感想です。

  1. 複数の模擬試験を受けたが、模擬試験と同じ質問は、ほぼ無い。同様の質問があっても、選択肢が異なる。教科書通りの回答ではないように思われる。故に、消去法により回答していく。

  2. 教科書や模擬試験では見なかった、知らない英単語や専門用語が、少々出てくる。それらが選択肢に使われている場合、勉強中に見た事が無いのだから、その選択肢は間違いの可能性はある。

  3. 受験の度に「今回はダメかも」と思うが、十分に勉強した事もあるのか、結果的に合格している。また、時間に余裕がある。

  4. トラブルが発生しがち。今回は、以下のようなことがあった。

    • 毎度、身分証明にパスポートを使用するが、期限切れなのに気がついた。更新する時間的猶予がなく、そもそも旅行の予定も無い。名前の記載はアルファベットが必須のため、運転免許証や保険証は使えない。社員証での対処を考えたが、結果、期限切れのパスポートでOKだった。

    • WiFiのせいか、試験官の声が途切れ、聞き取れなかった。幸い、チャットで対処できた。

    • 祝日に、会社の部屋を借りて受験したのだが、後半、子連れの社員が出社したようで、その子供が泣き始めた。



#prince2agile

People Who Wowed This Post

テスラの思い出

thread
毎年かと思いますが、京都でTEDというイベントが催されています。何度か訪れたことがあり、2013年に、テスラが車を展示していました。まだ日本で話題になっていなかった頃で、Model 3は出ていませんでした。

車の部位名は分かりませんが、後ろが収納室なのは、普通の車と同じです。テスラは前も空っぽで、収納室になっていました。不格好というか、無駄だな、というのが第一印象でした。

今後、EVに変わっていくならば、従来の車の体を成している必要は無く、新しい車の形態が出てくるかもしれません。
#concept

People Who Wowed This Post

試験を通過しました

thread
試験を通過しました
私は既に、PRINCE2の資格を持っています。通過してから気付いたのですが、PRINCE2の資格があれば、今回のPRINCE2 Agileの初級試験を受けずとも、直接、その上級試験を受験できたようです。(もしくは、それを承知で勉強を始めたが、昔の事なので忘れていた。)

但し、上級試験ならば、現状の勉強量では不足しているかと思います。通過点と前向きに捉え、上級試験を目指そうと思います。
#prince2agile

People Who Wowed This Post

リーマン・ショック・コンフィデンシャル(下) 倒れゆくウォール街の巨人 (2010)

thread

アンドリュー・ロス・ソーキン (著), 加賀山卓朗 (翻訳)

分厚い本ですが、面白かったです。Bloombergなどで見かける、現役の人達が出てきます。登場人物がとても多いのが難点。巻末に登場人物リストがあり、それを参照しながら読む形になります。

https://en.bloguru.com/tai/399575/2010
#book

People Who Wowed This Post

オープンデザイン ―参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」 (2013)

thread

Bas Van Abel (著), Lucas Evers (著, 編集), Roel Klaassen (著, 編集)

大学の授業のような本です。オランダのDroog Designの話などが掲載されており、懐かしくもあります。

学問に留まり、収益化の方法が見えません。最近、この手の本または業界に、かなり疑念を持ちます。
#book

People Who Wowed This Post

サラリーマンの9割は税金を取り戻せる あらゆる領収書は経費で落とせる (2013)

thread

大村大次郎 (著)

何度か読んだのですが、雑多な税金還付の手段が書かれているだけで、実戦には使い難い印象を受けました。

https://en.bloguru.com/tai/394064/2017
https://en.bloguru.com/tai/366245/2015
https://en.bloguru.com/tai/390054/2009
#book

People Who Wowed This Post

このパンデミックで思った事

thread
程度の差はあれど、基本すべての人間は、自分が未経験の事は共感できない。

人によって、以下の程度が異なる。

  • 経験値、またはその種類
  • 気遣い (経験値に含まれる、または文化により異なる)
  • 生まれつきの、共感の度合い
#concept

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account