Search Bloguru posts

freespace

年越し蕎麦

thread
散歩納め〜!ということで、わざ... 散歩納め〜!ということで、わざわざ除雪されていないところを進む犬バカ母。
12/31/2020








New Year's Eve.
運転したくなかったけど、明日は元日なのでとりあえず買いものに行った。で、実は2日前にマイ車に<タイヤの圧が低くなってますサイン>が点灯して、夫が戻ってくるまでそのままにしておきたかったけどしょうがないので先にエアーを入れに行った。前もってネットでどれくらいの圧にするべきかを調べていったのに、行ったとこのエアーにはゲージが付いてなかった、、、ので、適当に40秒とか50秒とか数えて入れた。こんなんで良いのか???でも近いうちにメンテナンスに出すのでよしとした。タイヤ圧のアラートサインは圧が適量になった時点で消えるというものではなく、自分で設定箇所をいじって消す。「タイヤ全部にエアーを入れましたか?」というう箇所にyesのクリック。こんなんで良いのか???でも、近いうちにメンテナンスに出すのでよしとする(しつこい)。


・・・

さっき、びーちゃんと今年最後の散歩納めに行った。
今日は、朝、割と早い時間に長い散歩をして、その後、買い物(Bevoも同行)。銀行に寄って(ドライブスルー)入金した時、レシートは要りますかと訊かれて、いや要らないです、と答えたら、犬用のおやつはいかがですか?と訊かれ、え?そんなことしてくれるの?嬉しい〜もちろん、いただきます!!こんなことなら毎回この子を連れて来るわ〜と言うと、ぜひそうして下さい、と、今時あまり見ない爽やかな感じの青年がにっこり笑って、犬用おやつを「ギー・ガシャン、とロボットアームみたいなボックスに載せてくれた。しかもビスケットじゃなくて半生タイプの匂いプンプンするやつでびーちゃん逆に戸惑っていた。笑える。
それから家の掃除をして、チョコレートパウンドケーキを焼いて、昨日できなかったそり遊びをして(びーちゃん大騒ぎ、それを聞きつけて近所の犬たちが一斉に大騒ぎしたもんだから長くは遊べなかった、、、)、その後、昨日完成させきれなかった雪だるまの続きを作成、一旦、室内に戻って着替えて、最後の散歩へ行った。という、わたしの大晦日。

・・・

大晦日には年越し蕎麦、なんだよなぁ・・・と思いながら歩いた。昨日、筑前煮を作ったので、今夜もその残りを食すつもりでいたのだけど、なんとなく、年越し蕎麦のことを思い出して、じゃぁ素麺でも作るかなぁ・・・と思ったりした。温かいそうめん。結構、好きなのだ。


わたしの田舎では「年越し蕎麦を食べる」という習慣がない。
というか、幼少時にはお蕎麦自体、食べたことがなかった。生まれて初めてお蕎麦を食べたのは、確か小5の頃だった。兄嫁がお蕎麦やさんの出前を取ってくれたのだが、それが口に合わなくて食べきれなくて「せっかく取ってあげたのに」というようなことを言われた苦い思い出があるからだ。今では笑い話だけど、あの時、わたしだけではなく弟もまた、美味しくない、、、と言って食べることが出来なかった。一口で言うと、ホコリの味。笑!!
それ以来、長いこと、蕎麦を食すことはなかった。食べたいと思わなかったので、手を出さなかったのだ。


2回目にお蕎麦を食べたのは16歳?くらいだったと思う。
忘れもしない大晦日の日。わたしたちは四姉妹揃って姉1のアパートで大晦日〜お正月を過ごした。姉1が「東京ではね〜大晦日には年越し蕎麦を食べるんだよ、出前を頼もうか」と言い出した。わたしは蕎麦は嫌いだから要らない、と言ったが、なぜかその「年越し蕎麦」という響きに憧れのようなものを抱き、「うん、頼もう、頼もう!!」と、わたしたち姉妹は皆で浮かれた気分になってしまった。
電話帳でお蕎麦やさんを探し、何軒か電話して、やっと見つかった。どこもかしこも大忙しだったのだ。姉1が「頼んだからね」と言った時には、みんなで訳もなく盛り上がった。

さて、満を持してやって来たお蕎麦やさんは、午後7時頃だったろうか。え?年越しに食べるんじゃないの?と思ったが、いやそんな時間に出前はしないでしょう、という話に納得し、いいねいいね、今食べるでいいね!なんて言ってまたまた浮かれる四姉妹。

ところが、だ。

届けられたお蕎麦は・・・・お蕎麦は・・・・
いやもちろん、ちゃんとしたお蕎麦でしたよ。でもですね、なんとなんと、発泡スチロールで出来た丼に入っていたのだ。考えてみれば、年越し蕎麦って言って、東京に住んでいるたーくさんの人たちがお蕎麦やさんに出前を頼むのかもしれない(知らないけど)。実際、姉も何軒か電話をかけてやっと見つけたのだ(どこもかしこも「もう売り切れです」という答えだったらしい)。
しかし、だ。
しかし、こんな容器に入ってたら、ちゃんとしたお蕎麦やさんの出前には見えないでしょう。
わたしたち姉妹はなんだかガッカリして、姉3が「これじゃぁ緑のたぬきじゃ」と言ったのが忘れられない。
そして味は・・・・

緑のたぬきのほうが美味しい。かも。。。。というオチ。





あれから何十年も経って(笑)、姉1は毎年、手作りの年越し蕎麦を作っている。東京に住んでいた頃、何度か美味しくいただいたっけ。きっと蕎麦麺も美味しいものなのか、昔より美味しい製法になったのか?よくわからないが、日本に帰る時には少なくとも1度はお蕎麦を食べるようになった。


年越しそうめん、作るかなぁーと思って歩いていたら、夫から6時半には帰るというtextが届く。うーん。筑前煮、食べないだろうなぁ、、、どうすっかなぁ、、、、











#日記 #犬日記

People Who Wowed This Post

除雪作業にもの思ふ

thread
珈琲休憩中に撮影。Bevoは除... 珈琲休憩中に撮影。Bevoは除雪済みのところを点検中。手前左側にびぃ坊のpeepee跡が(笑)
12/30/2020








今朝、7時前から除雪作業。途中、珈琲休憩(5分)して、完了したのが8時半。腕と腰がマジ痛い。あと、腹筋。
昨日は朝に軽く除雪。これは前日の夕方に降った分で15分程度で済んだ。
が、午後1時くらいから雪が降り始め、これは予報通りの大雪。あれよあれよという間に積もってった。こういうとき、夫はいつも仕事で不在だ。
外の様子を見ながら3時頃に一度、その後6時くらいにもう一度除雪。どちらも1時間はみっちりかかった。除雪機は使わずショベルで。除雪機、わたしはいつも始動させるのに手間取る。アウトレットに繋いでボタン始動出来るタイプなのだが、chokeをどっち側にしておくのか毎回忘れてしまっている。その度に図解したものを貼っておこうと思うのだけどいつまでたっても学習しない。そういうわけで、昨日3回、今朝1回の手作業による除雪だった。


昨日、お隣のスーは仕事だったみたいで、帰りが遅かったようだ。いつもなら彼女が除雪作業を始めるのを機にわたしも取りかかるのだが、丸一日留守だったおかげで彼女の家のdrivewayはかなり積もっていた。とりあえず、スーのとこに繋がるsidewalk部分は除雪しておいた。
今朝もスーは除雪する様子がなく、garageも閉じられたままなのでいるのかいないのかもわからない。大丈夫かなーと、ちょっと気にはなったが、自分とこで精一杯。もうヘロヘロで今はもうそり遊びどころじゃない。


それからだいぶ経って、珈琲を飲みながらPC部屋から外を眺めていたらば・・・
高校生らしき男の子たちが4-5人、それぞれショベルを持ってスーの家の除雪を始めた。そのうちのひとりは除雪機と格闘中(雪が重くてうまくいかないようだ)。どうやらスーは除雪作業のために彼らを雇った模様。業者ではなく、近所の高校生だと思う。ここらではよくあることだ。中高生の良いバイト。夏には芝刈り、冬は除雪。
シングルマザーのスーは何年か前に早期定年退職を果たし、今は某ブティック(死語か?)でパートタイムで働いている。これまでと全く違う職種で、「新しくて楽しい!」と言っていた。

逞しくひとりで何でもこなすスーはわたしにとってもの凄く頼もしい存在で、マメナシの木倒壊事件、鳥の死骸事件、りすの遺体事件、その他もろもろ、どれだけお世話になったか知れない。極寒の除雪も、スーが黙々と作業する姿を見て、へなちょこな自分に自分で発破をかけたものだ。

でも、そうだよなー、スーももう楽して良いんだよなー、、、、と、しみじみ思う。
さすがに高校生は若い。それに複数での作業だったこともあり、あっという間にスーのdrivewayはすっかり除雪され、高校生たちはそれぞれ帰っていった。あれでいくら払う契約になっているのやら。今度、スーに訊いてみよう♪


昨日、友人からクリスマスカードが届いた。
こうして、カードを送りあう友人も少なくなった。彼女とは長い付き合いだ。テキサスに住んでいた頃のことなので、もう15年、20年前か@@!驚きだ。

懐かしいあの頃の友人らのことが書かれていた。うち、ふたりは州外に引っ越していき、ひとりはまだ近くに住んでいるらしいが、連絡は途絶えてしまったとのことだった。わたしも、以前はメールをしたりカードを送ったりした。が、相手から返事がなくなり、いつしかこちらからも連絡をしにくくなってしまった。
以前は、相手から返事があろうとなかろうと、こちらの近況を伝えるだけでも・・と思ったりしたが、だんだん、そういうのってどうよ?と思うようになってしまった。返事しにくい事情があるのかもしれないし、単に面倒なだけかもしれない。無理に繋げようとするのはどうなのかな、と思ってしまった時点でアンバランスな感じがして、止めた。また縁があれば繋がるし、そうでなければそれだけのこと。

わたしも年取って環境が変わって色々と思うことも変わっているわけで、それは相手も同じだろうな、と。



そういえば、昨日、授業準備で読んだ文章に「結論を急がない」「まだわからないよね、と考える」ことが大切だということが書かれていた。これと同じようなことを、先のクリスマスカードの友人から教わった。もう随分前のことだ。彼女はいつも思慮深くて、優しくて、全然押し付けがましくなくて、わたしはいつも彼女のことをすごいなーと思って見ていた。わたしのほうが2つくらい年上だったと思うが、彼女にはいつも何かと教えてもらった気がする。いつの日かまた、会ってゆっくり話をしたい。でも、きっとわたしはぺらぺら喋って、彼女はわたしの軽薄な話題に耳を傾けてくれる。そしてそこに意味を見出そうとする。いやいや、意味なんてなーんもないのです。そう思いながら、しまった、わたしはちっとも変わってないじゃないか、と思う。ような気がする。堂々巡り。











#日記

People Who Wowed This Post

thread
12/29/2020








夫と東京郊外の家に住んでいる。
まだベッドが届いていない。とりあえず布団を使っている。

家の前には田んぼが拡がっていて、今は何も植えられていない。水も引かれていない。
田んぼの向こうのほうに街がうっすら見える。これくらいの田舎がちょうど良い。

夫がTVを消して寝る準備を始めたので、わたしもそろそろ・・と、寝る前にトイレへ行った。
この家のbathroomはかなり広く、どうも外国人仕様になっているようだ。
鏡の前で、歯磨きをしていたら、Deweyが後ろからやって来た。何?どした?と声をかけると、彼はなんと置いてあった椅子の上に飛び乗り、そのまま窓の外へ出て行こうとした。
デューちゃん、待って!
慌ててDeweyを後ろから抱きかかえると、彼は窓の向こうの塀に前脚が辛うじて届いている状態で、少しずつ下にずり落ちていくところだった。
わたしは夫の名前を叫びながらデューちゃんを必死で引っ張り上げたのだが、これがなかなか重くてうまく行かない。可愛そうに、彼のお腹は窓枠で擦られて赤くなってしまった。
夫がやって来たのはその後。Deweyはそのまま別の部屋へと駆けて行った。
窓、閉めとくね、、、と夫に言ったが、彼はもういなかった。



・・・


夜中に目が醒めて、この夢を反芻していた。デューちゃん、会いに来てくれたんだ・・・ありがとう。コジも連れてきて、お願い。そう思ったのだが、あれ?もしかしてあれはDeweyじゃなくてPookieか???とも思った。どっちだったんだろ?サイズ的にはDeweyだったのだけど、あの2頭はよく似ているからなぁ。。。


・・・・



このところ、magic mouseの調子が悪いような気がして色々調べていたら、apple mouse pad, mouse pad for magic mouse というのがあることを知った。マジ今更。確かに、底の部分の黒いゴム?みたいなところにゴミみたいなのがよく付着して、それを時々取っていた。そのせいか???
というわけで、mouse padを購入した。ちょっとケチって3M製のやつ。
クリスマス前に届いたのだが、いや〜〜これ良いわ。なんで今まで気付かなかったんだろう?大昔はマウスパッドを使っていたんだけど。macになってからは買った時に一緒に付いてこなかったからパッド無しで良いものなんだとばかり思い込んでいた。


もうひとつ、買ってよかったもの。
長年、ずーっと欲しいと思っていた「そり」をとうとうCostcoでゲット。そして、クリスマス前に雪が降ってけっこう積もった時、ついに初搭乗!!
いや〜〜〜〜楽しい!!
我が家の庭の、ちょこっとだけ丘になっているところから滑っただけなんだけど、これが楽しくて可笑しくて大笑い。Bevoが狂ったようになって、それも可笑しかった。Cosmoをなくして、久しぶりに腹の底から笑ったのは、あのsled遊びが最初だった。Bevoも一緒に乗せてみたが、滑り始めると同時に飛び降りる。それを何度も繰り返しては大笑いだった。

写真撮影してくれる人がいないのが本当に残念よ。












#ユメモ #日記 #犬日記

People Who Wowed This Post

thread
12/28/2020








昨日、義両親宅より無事帰還。
義理ママが淋しそうにしていたので、なんだか帰りづらくなって一晩延泊の4泊5日。
ややや、、、、やっぱり4泊はちとキツかった。



あ〜〜〜今朝の珈琲の美味いことったら!!!
義理ママのところ、どの豆を使っているのか知らないが、お世辞にも美味しいとは言えないレベル。はっきり言って、不味い。かなり、不味い。いわゆるcrappy coffee.
最初の2日はそれでも飲んでいたけど、3日目の朝からはちょっと口にしただけ。一昨日、犬の散歩に町から離れたところにある湖に行ったのだが、その帰りに夫が珈琲店に寄ってくれて珈琲を買ってくれた。一口飲んだ後、ふたりして「あああああああ本物のコーヒーは美味いいいいいい」と騒いだ。


昨日の帰り道は、途中、雪が降ったりして、こわごわ運転してきた。家に到着してちょっと休んでからBevoと散歩へ。そのうち本格的に雪が降り出して、今朝は朝から除雪作業。で、明日もまた雪予報。でも今度の雪はかなり積もるっぽい。

そういうわけで、今日はお昼頃、天気の良い時間を見計らって買い物へ出かけた。まずはアジアンストアーへ行って、ぜんざいのための小豆と餅を〜と思ったら、なんと餅が売り切れていた。お店の人に訊いてみたら、あと2週間は来ないと思う、と。I know you guys are having this week but...と言われてしまった。わたしが日本人だとわかったのね、きっと。ちなみにお店の人は韓国の人?だと思う。お餅は置いてなかったけど、とりあえず小豆は購入。「紅豆」と書かれていたのだけれど、どう見ても「小豆」だったので買ってみた。後になって友人に訊いたら、彼女も以前にそれを買ったことがあったらしく「だいじょぶ、アズキだった!」とのこと。ほっ。
お餅は、いつもは行かない別のアジアンストアーに寄ったらあったのでゲット出来た。値段が貼ってなくていくらかわからないまま買ったら、結構なお値段でびっくり。でも正月気分を味わいたいし、良しとするか!










#日記

People Who Wowed This Post

blueberry cheesecake

thread
blueberry chees... blueberry cheesecakeを焼いて持ってった。思っていた以上に美味で大満足。
12/26/2020








義両親宅に滞在中。4日目。
天気が良いので今日のうちで帰ろうかと思って荷物をまとめたのだが、義理ママが淋しそうにしていて断念。あと1泊してから帰ることにする。


Texas Rangersが日本人選手を迎え入れるらしい、と夫が言う。「アリハラコウヘイ、って」と言われても、わたしは知らない。考えてみれば、野球選手どころか、関取も、歌手だのタレントだのも、良く知らない。だから、Yahooニュースの見出しを見ても誰のことかわからないことの方が多い。中身を読まないから尚のことだ。少し前に紅白歌合戦に初出場の歌手を紹介していたけれど、知らない人ばかりだった。あ、でもこれはわたしが海外に住んでいるからとかではなく、年だからなのかもしれない。

そういえば姪っ子のるぅちゃんが今になってアイドルが好きになった、と言っていたが、どのグループのことなのか聞きそびれたままだ。ジャニーズだと言ってたような気がするけど、誰だろか?わたしの勝手な予想としては、夜叉姫もしくはブラック・クローバーのオープニングを歌う連中かなと。顔は見たことないけど。ジャニーズなのかどうかも知らないけど。














People Who Wowed This Post

the Star of Bethlehem

thread
12/23/2020








12月21日はwinter solstice, the first day of winter(冬至)だった。
その朝、夫が "Today is the shortest day of the year."と言って、あーそっかー!と、わけもなく喜んだわたし。特別な日に特別なことが起こるかも!そう思った。


その日、わたしたちはBevoを連れて某シェルターへ出向いた。そこで保護されている犬とBevoとのマッチングのためだった。
結果から言うと、その犬を引き取ることを諦めた。そこは車で4時間とちょっとかかる場所だった。2頭が慣れるまで、何度か面会させて、というのは現実的に不可能だった。悩みに悩んで、でもBevoのことを優先して考えた結果、迎え入れるのは無理だと判断した。こういうこともあるのだな、と思った。わたしたちにとっては初めて「断った」ケースで、正直、打ち負かされた気分になった。あの犬にとっても良くないことは明らかで、誰が悪いのでもない。理屈ではわかっていても、二人とも、少し感傷的になってしまった。願わくば、彼にとって、わたしたちよりももっともっとふさわしい誰かが現れますように、と、祈った。


帰り道、暮れゆく空を眺めながら、あぁそうだった、今日は夜が一番長くなる日だった・・と思い出す。そんな折、夫が西の空の低い位置に光る星を指差して言った。
「あれは星(star)じゃなくて惑星(planet)なんだけど、かの夜、あの光がイエスキリストの誕生を知らせる星だとしてベツレヘムに導いたのだと言われている、らしいよ。」
わたしは一瞬、この人はいったい何を言っているんだ???と思って、運転している夫の横顔をガン見してしまった。日本語では、夜空に光る点々を「星」と言う。惑星だろうと恒星だろうと区別しない「星」だ。でも英語ではわざわざ(?)starとplanetとされる。のは、知っている。でも、それって大昔のあの人たちも?ラテン語なのかヘブライ語なのか知らないけど、そうなのか???
でも、問題はそこではなかった。
夫からよくよく話を聞くと、あの明るい光は2つの惑星が(地球から見て)接近してのものだということ、それが今年は大接近らしいということだった。なんて惑星よ?と訊くと、それは思い出せない、と夫は言う。宵の明星っていつ見えるんだっけか?と思いつつ、金星かな?とわたしが言うと、そうかもしれない、もうひとつは木星だったと思う、と夫。金星と木星かぁ〜。確かによーく見ると2つの強い光だ。すごく近くて、ちょっと揺れているようにさえ見える。

わたしは夫に「じゃぁあなたは聖書に書かれていることを信じないの?」と訊いてみた。すると夫は「もちろん、ある部分に関しては信じない。信じる部分もある。」と答えた。わたしは、イエスキリストが生まれる前から馬小屋へ行くまでのことを羊飼いが詳しく話している部分を思い出しながら、明るく光る星をじーっと見た。あり得ることかもしれない、と思った。そして、その明るい光が、コズモ、デューイ、ブルース、ぷーきーが、わたしたちを導いてくれているように感じた。これで良かった。やっぱり今日は特別な日だった、と思った。



その後、調べてみたらば、あの夜は木星と土星(金星じゃなかった!笑)のgreat conjunctionだった。ということが判明した。夫はこれらのニュースを見て、知ったのだろう。わたしはちっとも知らなかった。
ここによると、1623年以来のgreat conjunctionらしい。しかもその前は1226年だったというから驚きだ。ちなみに次回は2080年3月15日ということだが、もちろんわたしはもうこの世にはいないだろう。うわー。

こんな記事も見つけた。これによると、木星・土星のconjunction(7 B.C.)以外にも木星・金星のconjunction(3 B.C.)も可能性として挙げられること、さらに、中国の占星術師による彗星("broom star, 5 B.C.)のことも紹介している。


わたしは、これまでベツレヘムの星についてそんな風に考えたことはなかった。そういう風に考えたことはなかった、という今までの自分を知ったことが新しい発見で、これもまた、面白い。やっぱり特別な日に特別なことが起こったのだ、と思う。







・追記・

実はこの日記、書いたものを「保存」したらブログルのトップページに切り替わって、全てが消えていた。確かに一気に書いたわけではなくて時間はかかった。でも、その間、ログアウトされますよ、というポップアップはなかった。なので普通に書き終えて、普通に保存ボタンを押しただけなのだけれど、まさかの全消去、、、<戻る>ページにしても全て消えてて、、、これは不具合なのかどうか?ちょっとわからないけれど。以前にもこういうことがあった。出来ることなら、自動的にドラフトになってて欲しいものだけど。











#日記 #犬日記

People Who Wowed This Post

1234

thread
12/22/2020










2週間くらい前、夜中に目が醒めたときに時計を見たら12:34となっていた。やった、、、!と思いながらそのまままた眠った。今朝は4:14に目が醒めて、あと少ししたら4:44になるから、、、と思いながらまた寝たら、次に起きたときにはその時間はもう過ぎていた。無意識なんだろうけど、そういう自分の姿を思い出したらあまりのバカバカしさにちょっと笑えた。


12月12日は土曜日で、補習校の日だった。
授業を始める前に生徒たちと「導入」の意味で少し雑談をするのだが、あの日、わたしは揚揚と生徒たちに訊いたのだった。
「今日はどんな特別な日かわかる?」
生徒たちは、は?という顔をして一様に「知らない〜」
そこでわたしは自慢げに言いました。
「今日は、12月12日!1,2,1,2!でも・・・・なんと、それだけではありません!」
生徒たち、きょとん顔。
「今は11時を過ぎたところだけど〜〜〜〜もう少ししたら〜〜〜〜12時12分が来ますね!!わかる?12月12日12時12分!1,2,1,2,1,2,1,2!という瞬間を、わたしたちはクラスのみんなで共有するの〜〜〜〜!!すごい〜〜〜〜!!!」
ここで目を輝かせて拍手する生徒たちが2人くらい(ちなみにうちのクラスは5人)出現し、それにつられてか、他の生徒たちもおーなるほど・・・!という顔つきになった。
「そういう特別な瞬間をみんなで迎えるので、はい!わたしはその瞬間を見逃さないよう、1分前にアラームをセットしました!」
イエーーーイ!!拍手喝采!
とはならなかったけれど、そうやって説明しておいて、その瞬間を、皆で共有しました。
なんてことない1,2,1,2,1,2,1,2だけど、なんとなく特別スペシャルでしょう。
授業中、最初に拍手してくれた生徒は、チャット機能を使って
「あと3分〜!」
「2分!」
と、カウントダウンしていた(授業後に気付いたのだが)。
これは講師の個人的な趣味(?)なので、暴挙と言っても良いくらいのことかもしれないけれど、楽しかったなぁ・・・・あの子たちと一緒になんでもない瞬間をお祝いして。




先週の授業が2学期最後だった。新年明けてからは3学期。
今年度はオンラインでの授業で時間は短縮されたが通常の授業に比べると労力的にも時間的にも負担アップでがっくし。なのに、授業で生徒たちと顔を合わせると、モニター上であるにも関わらず元気になる。子供のもつエネルギーって凄いわ、とつくづく思う。

コズモが緊急手術になった朝は土曜日で、慌てて授業を休講とさせてもらった。
翌週はコズモの看病疲れもあり、ヘトヘトだったけれど、いつものように授業をした。あの子たちに救われていたのだなぁと思う。子供と動物は似ている。というか、ほぼ同じかも。












#日記 #犬日記

People Who Wowed This Post

ドレミの歌

thread
12/21/2020









ドーナツの

レコードから

みんなの

ファンファーレ

空高く

ららら響けば

しあわせが

どこからか



どうしたの

白い世界

ランプの灯り

そっと揺れて

ファンタジー

見つめてる

ハレルヤ

どこまでも









知ってる人いるかな?

ドレミファソラシド、ドシラソファミレドのメロディーの歌





この時季になるといつも思い出しては歌っている




 ・・・


すっかりご無沙汰してしまった。長いこと、書けなかった。


コズモは星になってしまいました。
最期まで立派に闘って、そして潔く、清く、旅立ちました。
コジの大好きだったデューちゃんが迎えに来てくれたのだと思う。
あーーーーーーー淋しい、、、、
でも、いつまでもクヨクヨしてるわけにもいかんよね。

また、ぼちぼち始めます。














#日記 #犬日記

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account