English日本語

Hashtag Search

Search results for "#日常の出来事"
  • もう10月も終わり

    posted 2017-10-31 01:18
    「窮々自適」の日々 by 毛六爺
    あっという間に冬がやって来た感じ。 我が家では朝晩はストーブに点火するようになってきた。寒い! 今年の10月は天気が悪く、全然「秋」を楽しめなかったナ~ ことわざコーナー:顰みに倣う(ひそみにならう )=善し悪しを考えず、むやみに人の真似をする...
  • 冬支度

    posted 2017-10-09 00:32
    「窮々自適」の日々 by 毛六爺
    晴天が続いたので湿気もとれただろうと、冬を迎える準備をした。 箪笥の夏服と冬服の入れ替え、外回りの葦簀と簾を取り込みそして暖房器具の入れ替え。 これで寒くなっても大丈夫、と思ったら今日は気温30度を超えた。暑じ~い! ことわざコーナー:老馬の智(ろうばのち)=経験の豊富な者は判断を誤らないこと、もの...
  • 呑み過ぎた

    posted 2017-10-05 18:46
    「窮々自適」の日々 by 毛六爺
    数年ぶりに友人A金さんがやって来た、いつものメンバーで「迎えうち飲み会」を開催。 予想通りの楽しい酒となり、今朝起きたら完璧な二日酔いの症状。 お開きのあとはところどころしか思い出せない????。 ことわざコーナー:尾生の信(びせいのしん)=約束を必ず守る、また融通が利かず生真面目過ぎること...
  • 「喫煙」休止継続中

    posted 2017-10-02 18:14
    「窮々自適」の日々 by 毛六爺
    「いつでも再開すればいいや」てなつもりで'09/10に喫煙を休止した。1時間延ばし、1日延ばししているうちに、今月で8年が経過する。 現在でも「たばこ」の匂いは嫌ではなく、「フッ」と鼻をかすめる時など「いい香りだな」とさえ。 しかし長時間さらされると衣服への「移り香」は頂けない、昔はこれに気付かなか...
  • どうでも良いこと

    posted 2017-09-29 18:47
    「窮々自適」の日々 by 毛六爺
    26年前海外出張の折、免税店で購入したブランデーの箱に同梱されていたサンプルのミニュチアVSOP。 当然本体は早々に消費してしまったが、くだんのミニュチアは本棚に放置してあった。 その後2度の引っ越しにもかかわらず(処分されず)、最近本棚の隅に残っているのを発見。 当時の量の1/3に減っているが、色...
  • くしゃみ&鼻水

    posted 2017-09-24 08:45
    「窮々自適」の日々 by 毛六爺
    昨日から、風邪をひいた気配もないのに、鼻の奥がイガイガして強烈なくしゃみが出始めた。 併せて「たら~り、たら~り」と水鼻が。 何だろう?これってもしかして「花粉症?」 春先に眼が「ごそごそ」していた時は「イネ科の花粉症」と言われ、軟膏を未だに塗布しているが・・・ 今の時期は「ブタ草」かもしれんな。 ...
  • 風呂場の闖入者

    posted 2017-09-23 00:55
    「窮々自適」の日々 by 毛六爺
    入浴中、ふと壁を見ると黒いものが付着? よく見ると「なめくじ」だ! 排水溝をよじ登って来たのだろうが可愛くないので、箸でつまんで窓から「ぽい」。 山あいの我が家は「やもり」「とかげ」「ムカデ」他いろいろやって来る。 そういえば、数週間前に何年か振りに「ゴキブリ」を見かけた。 ことわざコーナー:焼け石...
  • 「バベルの塔」展

    posted 2017-09-14 00:54
    「窮々自適」の日々 by 毛六爺
    ブリューゲル「バベルの塔」の真作を見ることができる、というので大阪・中之島まで出かけてきた。 同時展示の16世紀の絵画を鑑賞しながら進んでいくと、最後におよそ100人位の長蛇の列。 そこに本命の「バベルの塔」が展示されており鑑賞するが、少し長く見ていると係員に展示から離れるように促されることに。 自...
  • LINE始めました

    posted 2017-08-26 00:13
    「窮々自適」の日々 by 毛六爺
    ある人から誘われ、若者がやっている「LINE」を始めることになった。 ところが最初のとっかかりが旨くいかない。 設定の方法を調べても、自分の機種が説明の通り動いてくれなくて苦労。 さんざんやり直して、やっと開通したが・・・・ ことわざコーナー:同工異曲(どうこういきょく )=見かけは違っていても内容...
  • ペットの糞害

    posted 2017-08-14 21:12
    「窮々自適」の日々 by 毛六爺
    近所の公園に孫を遊ばせに連れて行った。 滑り台の前に何やら白いものが(写真左)、近寄ってみると紙に書いた小さな立て札の「警告版」(写真右)。 ペット愛好家へのマナー警告であったが、同時に公園利用者への「ここにうんちありますよー」の注意喚起になっている。 この札を作った人は①ウンチを見つけて、家に帰り...
  1. 3
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 7
  6. 8
  7. 9
  8. 10
  9. 11
  10. 12

Page 8/18