Search Bloguru posts

徒然なるままに日暮

https://en.bloguru.com/higurasi

MarkIII買った

thread
MarkIII買った
オリのE-M1を5年使ってきたが、2020年2月28日にMarkIIIが出たので予約ポチ。このブログでさんざん「MKII」に関してコメントしたが、結局MKIIは買わずに「1世代ジャンプ」なわけだ。
で、なんでIIIは買ったのかというと「MKIIに載ったらいいな」がほぼ載ったからだ。そもIIを「買うかなー、どないしよかなー」だったので、「どないしよかなー」が無くなったIIIは買うに決まってるざんしょ、ではあるのだ。世間的には「センサー変わってねーのか」とか「高感度ノイズダメじゃん」とか言う方々がいるが、それってすんごく高くてすんごく重くてすんごくデカい「フルサイズ」とかいうセンサーのカメラに対しての話じゃねーか。そら今やカメラはデジタルデバイスだから機能が高いに越したことはないが、誰が12kgのノートPCを買うんだ、というのが、オイラの感覚。そも「フルサイズ」って言ってる35mmは「ライカ判」じゃねーか。6X6の時代に35mmで可搬性が飛躍的に高まった「カメラ」の規格という事だから、現代では35mmは「大判」って事だろっと。

で、少しだけ使ってみてIIIに感じたことは「PROレンズの機能を使えるBody]であることは間違いないね。この辺、オリユーザーで無いとピンと来ないかもしれんが、オリは、ここ数年完全に光学系がデジタルデバイス系に勝っていてレンズの機能を引き出すBodyが無いという感覚が続いていた。
まぁ、IIIも2040万画素の像面位相差だから実質2000万画素有るか無いかなんだけど1600万の像面位相差から変えると単純に25%の画素向上だからね。1枚の写真で1/4以上に細かく写るってのは大きいよね。
まぁね、「なんだかなぁ」が残る処は有るよ。今回は「軽量」に拘ったから前の2モデルでは付けていた「縦位置グリップ」は見送った。結果、やはり、右の小指が余る。もう少しグリップ形状考えれば良いのに、とか。EVFも画素数少ないし、ISOも本音でいえば12800常用になってほしい。
でも、画素数は「手持ちハイレゾ」、高感度耐性&ボケ味は「明るいレンズ郡」、C-AFは「アルゴリズム改善」と正当に対応はしていると思う。
他にも正常進化した部分は多くて、ここからこのカメラをどう使っていくかって腕が相変わらず試されるわけだ。まぁ、そこは、のんびり行こうw。

People Who Wowed This Post

ロシアは広角だ

thread
ロシアは広角だ
昨年の6月に予定通りサンクトペテルブルク に旅した。
ここでX2テレコンが間に合えば良かったが、発売が
夏になったので150mmX1.4で換算420mmが
望遠端としての旅になった。
だが、彼の国は広角で撮るべき街と旅半ばに気付き
換算14mmから見つめる旅になった。お掛けで
オリのサイトで週間賞を久々にいただけた。

People Who Wowed This Post

派生の頂点 X

thread
オリンパスが発表したOMDシリーズの新作は、本格「プロ仕様機」なのだという。オリの「ブロ仕様機」はE-M1MkIIと言い続けて来たが、来年のオリンピックを睨んで「望遠端特化仕様」みたいな感じで出てきた。良く解釈すればニコキヤノの1桁機のバリエーションとも言える。

まぁ、同時に150-400のf4.5とx2テレコンも発表したので、MFTの特性を最大限に生かす、という覚悟とは言える。これがオリの言うMFTへの集中なのだろう。

とはいえ、この路線としての最大の寂しさは出てくる絵の向上が余り見られない事。エンジン2つでJPEG向上という話もあるが、「ブロ仕様機」がJPeg画質で勝負してどーする。手持ちハイレゾとか頑張っているのは分かるが、やはりMFTは、もう3段くらいのダイナミックレンジと高感度耐性が無いと厳しい。この技術進歩を信じてオイラはじっと待っている。
x2コンは買うけどね。ペテルブルクに間に合うと良いなぁ。

People Who Wowed This Post

香港無常

thread
香港無常
で、香港に行って来たんだが、何かイメージとは違った。
イギリス領の中国という、アジアの欧州という、アヘンとマフィアという、燃えよドラゴンな香港は元気にとって憧れの地でもあった。もちろん、幻想としてである。
ニューヨークで人種のるつぼを体験し、イスタンブールで文明の寄せ鍋を見てきた者にとって、香港は人類の肥溜め、みたいな魅力を発し続けていた憧れの土地だったのだ。

んが、行ってみたら、ただの中国の地方都市に堕していた。せめて、あと15年早く訪れていれば違っただろう。もう、香港に来ることはない、と感じながらスターフェリーに乗っていた。

People Who Wowed This Post

12-100mm F4.0 IS PRO

thread
12-100mm F4.0 IS PRO
日本カメラグランプリで「レンズ賞」を受賞し、オリの「3冠」の一翼を担ったレンズ。既に7-14/12-40/40-150の「大三元F2.8」を所有している身としては「こんなの買っても被るだけー」ってレンジの「2の線レンズ」..の筈なのだが、ところがどっこい、さすがに「レンズ賞」取るだけあって、『12-40より高解像』とか『デュアルISは異次元』とか、無茶苦茶高評価にいとまがない。

で、買うか買うまいか迷うレンズになって、「うーし、旅レンズだから海外に次に行く時に検討しよう」と棚上げしといたわけなのだが、香港・澳門に行くことになって、購入決定。まぁ、時間の問題とは、この事かw。

で、オリオンで貯まったポイントで12万チョイって価格だったが、決めたのが旅立ちの3日前と言う「場当たり的決定」だったので通販では郵送が間に合わないリスクが有る。ダメ元で、地元のヨドに行って在庫確認とオリオンの値段言ったらポイント込みではあるが、300円差まで引いてくれたので決定。
ヨドのポイントは、そのままプロテクトフィルターになるから現金値引きと変わらない。

このレンズは初代M-1でも、それなりに「ヂュアル」が動くと感謝祭で取材済みなのでオイラのM-1に付けてみたら...うひ、凄いね。ビタッと止まる。

で、換算24-200mmだから、こいつと7-14mmと30mmF1.4(夜の撮影が多いので明るい単焦点、と言う意味で)それと遊びで「香港ノスタルジー」を狙って25mmF1.4シネニッコールの4本持ち?で行ってきた。

結果、30mm/25mmは「一度も付けず」7-14mmは7mm固定って感じになって「もう、このレンズ一本で全部オッケー」状態だ。F4だが開放からバキバキ解像なのでF2.8を1段絞ったのと変わらん。それでいてISが「鬼」だからSS1/15でも安心して切れる。もちろん、SSの絶対速度は遅いから被写体ブレは当然起きるが、風景、室内を撮ってる分には「無問題」だ。

3日目の夜にTAXI降りる時にカメラごと「歩道に投げ出して」3回転位したが、別に光軸がずれる訳でもISが逝かれるわけでも無かった。流石はPROだ。(フードが犠牲になって斜めに食い込んで新宿に通院(10分治療)したが)

まぁ、これが有れば、まずまず「一本で済む」。マジだ。換算200mmだが、オリの超解像デジコン使えば400mmだし、この解像なら単焦点も要らない。

で、思ったのだが、これからはAmazonバッグにレンズ入れて、通常は、コイツを付けておくって運用になるなぁ。リュックタイプはレンズの出し入れに難点があるが、これだけオールラウンドなら、余程の事が無ければ「交換しない」=交換頻度が激減=出し入れの手間が気にならない、だ。

その意味では、12-100mmF4.0ISPROは「リュックパックレンズ」だね。

People Who Wowed This Post

解散総選挙

thread
加計・森友問題回避の臨時国会冒頭解散が「前原の乱心」で、いきなり政権選択選挙だ。久々に笑えるよなぁ。

小池出馬だ、希望の党の首班指名だ、何だかだと「決まってない」というが、それどころか民進党の政党助成金の行方すら決まってない。笑えるよなぁ。そら豊洲に決まらんわけだ。

リベラル系ってのも、なんか久々に取り上げられたよなぁ。立憲民主党でも何でもいいけど、一層の事「社会協会」って党名にしてくれれば、舗道の敷石剥がしてた団塊オーバーの高齢者票が取れたかもしれんぞ。何しろ、高齢者は「国難」らしいからな。笑えるなぁ。

で、オイラの誰よりも早い「首班予想」だ。

日本初の女性総理大臣 野田聖子 だな。 笑えるなぁ。

People Who Wowed This Post

2017 桜前線

thread

People Who Wowed This Post

鬼が大爆笑のE-M1Mk3予想

thread
どわっはっは。どこよりも誰よりも早い「オリンパス OMD E-M1Mk3」予想だ。

2016/9にケルンのフォトキナで開発発表されたE-M1Mk2(以降MK2)は、目出度く11/2よりオリンパスのプレミア会員向けに「優先予約」が始まった。価格は予想をはるかに超える244000円。市場には賛否両論が渦巻いている。このブログでスペック予想までしてきた元気としては、当然「優先予約」のバナーをポチッたことは言うまでもない。どひゃひゃ。

で、発売開始は12/28だ。おいおい、世間の会社の年内最終営業日だぞ。なんで、そんな日にってーと、これには訳が有る。それは2016年がオリンパスのカメラ事業の80周年の記念年だからだ。その年に「発売」しなきゃならんわけだ。

実際、このカメラは11月には発売と言われてきた。それがセンサーの製造元のSony阿蘇工場の被災でギリギリになったと踏んでいる。生産はベトナムのホーチミン市の郊外の工場だが、こういう理由なので初期ロットは、本当に少ないと予想している。

さて、Mk2は、この位にしてMk3予想だ(爆)。

ズバリ、発売年は2020年。それも前半期と見ている。言わずと知れた「五輪前」だ。
Mk2を12月28日に「発売」するから、2020年なら「4年後の投入」と言える。フラッグシップの投入サイクルとしては妥当だ。(無理くりだが)

そして、目玉は「有機薄膜CMOSセンサー」だ。パナソニックが開発している次世代センサーを乗せて来るとみた。

パナはオリとともにMFT規格の盟友でも有るし、Mk2も設計オリンパス製造Sonyのイメージセンサー版ASICみたいな事をしているので、MFTの「次世代センサー」として2020年に有機薄膜を乗せて来ると思う。

MFTのセンサーサイズは面積で言えば35mmの1/4程度だから、高感度耐性や、ダイナミックレンジで物理的な不利がある。この辺がMFTのデメリットだが、有機薄膜は、そのデメリットを根本からクリアする次世代センサーだ。その初号機(パナと同時?)にMk3はなるような気がする。

Mk2の開発途中に噂で「2つのセンサーモデルが存在」というのが流れたりしたが、これも穿ってみれば有機薄膜CMOSの搭載検討をしていたのではないか、なんて考えられる。

で、このセンサーを本当に乗せてきたらスペック的には常用ISO25600なんて事になるかもしれない。読み出し速度や、そもそものイメージセンサとしての素性は未知数だが、現在聞こえてきている素材としてのスペックでは「デジカメを根底から変える」可能性を秘めていると思う。

グローバルシャッターの完全実用化や深度合成の逆の「デジタルボケ」なんかも本体仕様として乗せてくる可能性がある。もちろん、C-AFの更なる進化と連写コマ数の上限も伸びるだろう。パナ機は6Kフォト切り出しが売りになるかもしれない。

最近、オリンパスのPROレンズの新作はIS(手振れ補正機能)をレンズに搭載して本体と合わせて「シンクロ補正」とかしてるが、ひょっとすると有機薄膜CMOSは、構造的にイメージセンサーを動かす「本体手振れ補正」に弱いのかもしれない...なんて思うのは深読み過ぎか。

いずれにしろ、Sonyお家芸の「裏面照射型」を遥かに超えるイメージセンサーのエポックメーキングが、OMD E-M1Mk3の目玉と見た。そして、東京五輪では白黒バズーカが姿を隠し、オリパナを手持ちで撮るのが当たり前という、スポーツ報道カメラマンの新たな姿が見られる、かもしれない。

People Who Wowed This Post

7-14mm f2.8 PRO

thread
7-14mm f2.8 PRO
くぁー、やっぱりFotopassポイントは「オリオン」(オリンパス オンライン)で7-14mmf2.8PROになっちまった。OMD E-M1Mk2の販売が、万一来年に延びると「年末で失効」するポイントが28000点も有ったからだ。

そもそも、このポイントは「1年間」と有効期間が短い。C/Cなら普通3年、元気のメインカードは「永久不滅」だぞ。そもそも使い道がオリンパス主催の講習会の参加やダイレクトショップでの買い物に限定されてるから、年末近くになると毎年「何か買わなきゃ」って事になる。通常は上代の15%、セール期間中で20%までしか使えないポイントなので、失効する分を「フルに使う」となると、それなりに毎回大きな買い物になっちまうのだ。

まぁ、元気はオリンパスの「プレミア会員」でもあるので、オリンパス商品を買うならダイレクトショップでポイント使うのが一番安く買えるので、まだ救われてはいるのだが。

で、M1Mk2購買用に溜めてたポイントの「昨年獲得分」の期間が迫っていた訳だ。

そう、判っている、ここまで書いたことも、これから書く事も全てが「言い訳」だって事だ。でもさー、やっぱさー、なんつーかさー、そらさー、仕方ないじゃーん。

と、言う事で目出度くM4/3での「大三元」が成立した。バンザーイ。ぐひひひ。

カメラの世界では昔からf2.8通しの広角/標準/望遠レンズを揃える事を「大三元」という。ちなみにf4.0通しでは「小三元」という話もあるが、こっちは余り一般化していない。

要は、多群多枚数構成になるズームレンズでf2.8通し(焦点距離に関わらず開放f2.8)のレンズを作るって事はメーカーとしても技術の粋みたいな所が有って、ニコキャノ始めレンズメーカーがハイアマチュア向けに一番力を入れているところだって事だ。
(プロは全レンズの中から、撮影目的でセレクトするからね。アマチュアは、そこまでは無理だからズームレンズが主体になる。)

オリンパスでは標準が12-40、望遠が40-150、で広角が7-14で設計されている。M4/3だから135判換算では、おのおの24-80/80-300/14-28という画角だ。

元気としては7-14mmが「最後の大三元」パーツで、これで目出度く大和了。役満完成って訳だ。M4/3だから、大三元3本ひっさげても1676g。三脚座やテレコン合わせても2000gに欠けるって構成。カメラ加えてもDONKE F-2に全部突っ込んで3kgに満たない状況で持ち歩ける。これは大きいんだよね。

流石にオリンパスの「主力」レンズだけあって、お値段も、そこそこにはする。3本合わせれば「昔のスズキALTO」が買えちゃう。でも、ここでもM4/3のメリットは有って、例えばNIKONの大三元なら「昔のトヨタカローラ」が買えちゃったりする。ほぼ倍って感じ。

細かい事を書けばきりがないが、撮像素子が小さいってのはデメリットも多いがメリットもまた多いって事だ。元気がプロカメラマンなら迷わずニコンD5を買うか、生活の為にキヤノン1Dxや5Dを買う。(キヤノンの方が、お抱えカメラマン多いからね。就職口みたいなもんだ)

でも、アマチュアで、野鳥やスポーツ写真の専門って訳でもないから、持って歩いて回れる「どこでもカメラ」という要求が一番プライオリティが高いって事だ。

さて、そうして揃った大三元を引っ提げて「川越祭」に行ってきた。

ぐぬぬ、やはり広角レンズは難しいなぁ。換算14-28mmなんてのはフィルムの時代には「特殊」な撮影世界だったので、元気も28mmf3.5までしか使っていない。その頃は、28mmでも両端が少し吊り上る「歪曲収差」が出たものだが、今の技術では換算14mmでもキッチリ隅まできれいに映る。でも、それだけに難しい。テーマをしっかり持って、撮影前から画角を計算してフレーミングしておかないと、単に「寄れて無い詰まらん写真」を量産する事になる。奥様方が集合写真などで撮る「もう2歩くらいは寄らなきゃダメじゃーん」って写真ばかりって事だ。

専門的にはパースペクティブを強調するとか、ローアングルから撮るとか、諸々のセオリーや作例は有るのだが、広範囲に「いろんな物が写っちゃう」上に、被写界深度が深くて「ハッキリ写っちゃう」から、大胆に省略するとか、極端にフレーミングするとか、兎に角「主題はコレ」と叩きつけないと、結果「何撮ったん?」って事になる。

うー、また一つ楽しみが増えた。ぐふふふ。 そうそう、女房には、まだ内緒。

People Who Wowed This Post

地方行政

thread
久々にちょっと毒を吐く。

富山市議会での議員調査費などの不正が後を絶たず、しかも組織ぐるみ丸出しで全く世間を呆れさせている。兵庫の「号泣」議員の比では無く、もう完全に「議員、議会、党運営ってのは、こうやってやる」という世界だから、恐らくは「富山市」だけの話ではあるまい。

全く、この国の地方行政なんてこんなもんだ。豊洲移転問題の東京都の状況も然りだ。議会とか議員なんてのは、まるっきり機能していない証明だ。世間では、こういうのを社会に寄生する「ダニ」と言うはずなのだが。

で、さいたま市では先日から「トリエンナーレ」なる芸術祭が始まった。これ、市民の誰が喜ぶのだ。誰が望んでいるのだ。「トリエンナーレ」って言う位だから3年ごとに催して定着させようって考えかもしれんが、文化ってのは、こういう物ではないだろう。甚だしく無駄使いである上に、正直恥ずかしいったらありゃしない。これが市税で行われている事には怒りすら感じる。

さて、世の中一般の話で毒を吐いたところで、漸く本題に入る。この話題は「世の中の誰も指摘しない」ようだから、元気がここに指摘しておく。

首都高速には「埼玉線」(計画時は大宮線)というのが有って、区間は戸田南からさいたま見沼までだ。将来的には上尾道路の第一区間の途中(圏央道までは繋げない)まで延伸する予定で、中央区円阿弥でJCTを形成して北進する予定である。

現在は、円阿弥でループし、さいたま新都心の地下を抜けて第二産業道路に直角に接続している。新都心の東からは「見沼田んぼ」と「芝川」を超える為に橋梁設計となっていて、新都心東から、この橋を渡るためにランプが置かれている。

この道路を「東北道 岩槻IC」まで延伸しろって話があるらしい。もっともな話だと思う。だが、元気としては、それ以前に「この橋を渡るだけの区間を何故無料にしない」と思っている。ここ渡るだけで300円はバカだろ。

で、結局、この区間だけを高速乗るのは役人か規制の緩い企業の車だけだから、多くの車は芝川沿いの住宅地の生活道路を通る事になる。非常に危険だし、環境的にも良くないのは明らかだ。

首都高のランプにはETCゲートが設置されている。ETCもすでに2.0だ。せめて「埼玉県内ナンバー」の車は「無課金」とするだけで、この橋の価値は飛躍的に高まる。勿論、県や市が整備を続けている新都心へのアクセス性も飛躍的に高まる。

この高規格の(首都高だからね)橋を新たに掛けたとすれば、相当な建設費となるだろうが、通過車両の、しかも埼玉登録(川口、大宮、熊谷、所沢など)に限定すれば、この橋の維持費よりも安く済むんじゃねーのか。

地域活性化とか地方自治の確立と言うなら、こういう部分で首都高と折り合い付けて県或いは市あるいは合同での無料化を実現する事が、地域経済の発展と住民利便性の提供だろうが。

トリエンナーレやクリテリウムやってる暇あったら、現実を見ろ。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account