Search Bloguru posts

OBON Society Blog

https://en.bloguru.com/obonsociety

freespace

【Mainichi】Return of WWII Japanese soldier's good-luck flag an opportunity to think about peace

thread
【Mainichi】Retur...
OSAKA -- A ceremony was held at a shrine in this western Japan city to return a Japanese flag belonging to a former Imperial Japanese Army officer, killed in action in Burma (now Myanmar) at the end of the Pacific War, to his bereaved family.
 
 
The ceremony was held on July 14 at Osaka Gokoku shrine in Osaka's Suminoe Ward, and the flag was returned to the family of Tatsumi Okabe from Kyoto Prefecture who died in June 1945 aged 30.
 
Inscriptions on the flag include Japanese letters literally meaning "pray for long-lasting good fortune in battle" as well as the signatures of 167 individuals, believed to be related to a clothing store where Okabe worked before his deployment.
 
The nonprofit organization Obon Society in the United States received a request from the grandchild of a former signaler who had kept the flag in their home in the U.K. for a long time. With the cooperation of organizations including Nippon Izokukai (Japan War-Bereaved Families Association), they located Fusako Okabe, 86, the eldest daughter of Okabe residing in Osaka Prefecture.
 
The ceremony was attended by family members including Fusako and Okabe's third daughter Yoshiko, 79, and others involved in the matter. The flag was returned to the family by Nippon Izokukai chairman Saburo Okakura, who received it from Obon Society co-founder Keiko Ziak. Okakura greeted participants saying, "We hope this return ceremony will serve as an occasion to think about peace and spread the wishes for lasting peace."
 
According to Fusako and others, Okabe enjoyed billiards, coffee and Western music. Fusako fondly recalled, "I remember him taking me to a bathhouse before he left for the war. I think my late mother will be pleased if we place it (the returned flag) on the family Buddhist altar."
 
(Japanese original by Kana Takagi, Osaka City News Department)
 
#burma #england #flagreturn #japanesflag #japanflag #nonbiologicalhumanremains #obonsociety #obonソサエティ #oosaka #pacificwar #war #ww2 #yosegakihinomaru #大東亜戦争 #太平洋戦争 #寄せ書き日の丸 #日章旗返還

People Who Wowed This Post

【毎日新聞】平和考える機会に 寄せ書き入り日章旗、旧陸軍兵の遺族に返還/Returned a Japanese flag former army soldier as an opportunity to think about peace.

thread
【毎日新聞】平和考える機会に ...
太平洋戦争末期の1945年6月にビルマ(現ミャンマー)で30歳で戦死した京都府出身の旧日本陸軍兵、岡部辰美さんの遺品の日章旗が14日、遺族の元に戻った。大阪市住之江区の大阪護国神社で返還式が行われた。
 
 旗には「祈武運長久」の文字と、岡部さんが出征前に勤めていた洋服店の関係者とみられる167人分の名前が寄せ書きされている。
 
 

 米国のNPO(非営利組織)「OBONソサエティ」が、英国の自宅に長年保管していた元通信兵の孫から依頼を受け、日本遺族会などの協力を得て大阪府内に住む長女の岡部芙佐子さん(86)を探し当てた。
 
 返還式には、芙佐子さんと三女の上里蓉史子(よしこ)さん(79)ら遺族、関係者が参列した。OBONソサエティのジーク敬子共同代表から日章旗を受け取り、遺族に手渡した府遺族連合会の岡倉三郎会長は「返還式が平和を考える機会となり、恒久平和の願いが広がることを期待します」とあいさつした。
 
 
 芙佐子さんらによると、岡部さんはビリヤードやコーヒー、洋楽などを好んでいた。芙佐子さんは「出征前にお風呂屋さんに連れて行ってもらったことを覚えています。(返還された日章旗を)仏壇に供えたら、亡くなった母も喜ぶと思います」と笑顔で話した。【毎日新聞ー高木香奈】
 
 
#burma #england #flagreturn #japanesflag #japanflag #nonbiologicalhumanremains #obonsociety #obonソサエティ #oosaka #pacificwar #war #ww2 #yosegakihinomaru #大東亜戦争 #太平洋戦争 #寄せ書き日の丸 #日章旗返還

People Who Wowed This Post

【読売新聞】寄せ書き日章旗 遺族に…大阪護国神社 旧日本兵・岡部さん遺す/A flag with a message “Yosegaki flag” was returned to the bereaved family...Osaka Gokoku-jinja Shrine,

thread
【読売新聞】寄せ書き日章旗 遺... 【読売新聞】寄せ書き日章旗 遺...
第2次世界大戦中にビルマ(現ミャンマー)で戦死した京都府出身の旧日本兵・岡部辰美さんが 遺のこ した寄せ書き入りの日章旗が14日、大阪市住之江区の大阪護国神社で遺族に返還された。当時の英兵の孫が保管していたもので、遺族は79年の時を経て遺品が戻ったことを喜んだ。
 
 岡部さんは、大戦末期に多くの犠牲を出した「インパール作戦」に赴き、30歳だった1945年6月、ビルマで戦死した。日章旗は出征時に戦地へ持参したとみられ、「祈 武運長久 岡部辰美君」と書かれ、日の丸を囲むように167人分の名前が記されている。
 
 交戦した英兵がビルマから持ち帰り、保管していた。旧日本兵の大切なものだと知った孫が2020年8月、遺品の返還に取り組む米国の団体「OBON SOCIETY」に仲介を依頼。岡部さんの娘らが大阪にいることが分かり、この日、同神社で返還式が開かれた。
 
 日章旗を手にした長女の芙佐子さん(86)は岡部さんの記憶はほとんどなく、三女の蓉史子さん(79)は生まれたときには岡部さんは戦場にいた。2人は「亡くなった母が、父の思い出を楽しそうに話していた。仏壇に、この旗を供えたら、母も喜ぶと思う」と目を細めた。
#burma #england #flagreturn #japanesflag #japanflag #nonbiologicalhumanremains #obonsociety #obonソサエティ #oosaka #pacificwar #war #ww2 #yosegakihinomaru #大東亜戦争 #太平洋戦争 #寄せ書き日の丸 #日章旗返還

People Who Wowed This Post

【産経新聞】「遺品あってうれしい」旧日本兵の日章旗、遺族のもとに 英兵の孫がNPO通じ返還/Grandson of British soldier returns Japanese flag to bereaved family through NPO.

thread
【産経新聞】「遺品あってうれし... 【産経新聞】「遺品あってうれし...
昭和20年にビルマ(現ミャンマー)で戦死した京都府出身の旧日本陸軍兵、岡部辰美さん=当時(30)=が戦地で所持していた日章旗が14日、大阪市内の遺族に返還された。終戦から今年で79年。戦地から日章旗を持ち帰った元英国兵の孫が米国の団体を通じ持ち主を捜していた。遺族は「本当に感謝しています」と喜んだ。
 
 
ビルマで戦死した旧日本陸軍兵の岡部辰美さん
戦没者の遺品返還に取り組む米オレゴン州のNPO「OBONソサエティ」によると、辰美さんは旧陸軍歩兵60連隊の伍長で、20年6月にビルマで戦死。日章旗は縦73センチ、幅90センチで、「祈武運長久」の大きな文字に加え、167人分の名前が寄せ書きされていた。出征前に勤務していた洋服店や取引先の関係者の署名とみられるという。
 
現地から日章旗を持ち帰った元英国兵の孫、ルイーズ・フェンさん(50)が、英国で放送された戦後75年のドキュメンタリー番組を見て返還をNPOに相談。3年以上かけて大阪市内に住む長女、岡部芙佐子(ふさこ)さん(86)を捜し出した。
 
この日、同市住之江区の大阪護国神社で返還式が開かれ、芙佐子さんや三女、上里蓉史子(よしこ)さん(79)ら遺族に日章旗が手渡された。フェンさんから芙佐子さんらに向けた「心に区切りをつけられ、安らぎがもたらされますように願っています」とのメッセージも読み上げられた。
 
芙佐子さんによると、辰美さんの記憶はほとんどないが、出征前日に近くの銭湯へ連れて行ってくれたという。自宅には辰美さんが聴いていた洋楽のレコードが残され、平成13年に亡くなった母、あい子さん=享年(97)=からは「ビリヤードやコーヒーが好きだった」と聞いていたという。
 
辰美さんの遺骨や遺品は全くなかったといい、芙佐子さんは「帰ったら(日章旗を)仏壇に供えたい。母が喜ぶと思う」と話した。蓉史子さんも「遺品があっただけでもうれしい」と目を細めていた。https://www.sankei.com/article/20240714-CRNZJFWP6ZJRZARJCBPEIMPYCE/
#burma #closure #england #flagreturn #japanesflag #japanflag #nonbiologicalhumanremains #obonsociety #obonソサエティ #oosaka #pacificwar #peace #war #ww2 #yosegakihinomaru #大東亜戦争 #太平洋戦争 #寄せ書き日の丸 #日章旗返還

People Who Wowed This Post

【共同通信】寄せ書き入り日章旗、遺族に返還 英国から、京都出身の旧日本兵/Returned to the bereaved family of a former Japanese soldier from Kyoto, Japan, from the U.K.

thread
【共同通信】寄せ書き入り日章旗...
京都府出身で1945年6月にビルマ(現ミャンマー)で戦死した、旧日本陸軍伍長の岡部辰美さん=当時(30)=の寄せ書き入りの日章旗が14日、遺族に返還された。
 
英国兵が持ち帰り保管していたもので、大阪市に住む長女の芙佐子さん(86)は返還式典で「亡くなった母も喜んでいると思う。墓前に供えたい」と笑顔で話した。
 
 寄せ書き入りの日章旗は出征者の無事を祈り、家族や知人らが名前を書き込んで贈った。返還された日章旗は縦約70センチ、横約95センチで、「祈武運長久」という文字と共に、白地部分を埋めるように167人分の名前が書き込まれていた。
 
#Burma #England #Oosaka #closure #flagreturn #japanesflag #japanflag #nonbiologicalhumanremains #obonsociety #obonソサエティ #pacificwar #peace #war #ww2 #yosegakihinomaru #大東亜戦争 #太平洋戦争 #寄せ書き日の丸 #日章旗返還

People Who Wowed This Post

神社庁網走支部で研修会/Workshop at the Abashiri Branch of the Jinja Agency

thread
神社庁網走支部で研修会/Wor... 神社庁網走支部で研修会/Wor... 神社庁網走支部で研修会/Wor...
捜索班の工藤です。先日の7月10日に「北海道神社庁網走支部神職研修会」にて講師を務めさせて頂きました。3時間にも及ぶ講演を熱心に聞いて下さいました神職の皆様大変ありがとうございました。
 
参加者からは「新しいトピックではあったが大変に貴重なお話でOBONソサエティの活動が重要であると理解できた」と感想を頂きました。また、研修会には講演を聞きに「網走市連合遺族会」の増永会長(北海道連合遺族会副会長)もお越しくだり、2022年にOBONが日章旗を返還した斜里町出身の戦没兵士「大口勝安」命の日章旗をご遺族の兵士妹「玉田光子」さんからお借り頂き、会場に展示くださいました。
 
久しぶりに聞く光子さんの近況に思わず涙してしまいました。網走支部の中島支部長からは「戦後80年を目前に神職皆がこの英霊顕彰に力を入れていきたい」と言葉を頂き、私もさら一層に日章旗返還に尽力致したいと決意をあらたにいたしました。
#Hokkaido #flagreturn #japanesflag #japanflag #nonbiologicalhumanremains #obonsociety #obonソサエティ #pacificwar #war #workshom #ww2 #yosegakihinomaru #大東亜戦争 #太平洋戦争 #寄せ書き日の丸 #日章旗返還 #神社

People Who Wowed This Post

Triad City Beat featured our effort: 「寄せ書き日の丸(遺霊品)」返還について取り上げて頂きました

thread
This yosegaki h... This yosegaki hinomaru, or “good luck flag” was found in the Greensboro History Museum’s attic in 2023. Flags like these were often sent off with young Japanese soldiers prior to being deployed during WWII. (photo by Sayaka Matsuoka)
Triad City Beat featured our effort: 「寄せ書き日の丸(遺霊品)」返還について取り上げて頂きました
 
Japanese WWII flags found by the GSO History Museum tell the story of loss, family trauma and reconciliation (BY SAYAKA MATSUOKA / JUNE 27TH, 2024)
 
Thank you so much for your kind support to make OBON SOCIETY's work possible!
Please click link below for your support / donation:
 
#closure #flagreturn #japanesflag #japanflag #nonbiologicalhumanremains #obonsociety #obonソサエティ #pacificwar #peace #veteran #ww2 #yosegakihinomaru #太平洋戦争 #寄せ書き日の丸 #日章旗返還

People Who Wowed This Post

A personal touch: Hand-Delivered Flags at the Maritime Museum

thread
Rex meets Peggy, whose father... Rex meets Peggy, whose father, a Navy medical doctor, obtained the flag during WWII. Keiko explains the Japanese wr... Keiko explains the Japanese writing seen on the flag. Karen, the Executive Director o... Karen, the Executive Director of the Northwest Nikkei Museum in Seattle,
drove down to personally hand over the flag in their collection.
Keiko explains the tradition of ... Keiko explains the tradition of the flags and their deep personal significance to Japanese families.
We had a delightful visit at Columbia River Maritime Museum on June 26th. Peggy and her friend drove down from Woodland, Washington to personally deliver her father's Yosegaki Hinomaru flag, which he acquired during World War II while serving in the Navy. Additionally, we had the pleasure of meeting Karen, the Executive Director of the Northwest Nikkei Museum in Seattle, who also traveled to Astoria to hand-deliver two flags. We truly enjoy meeting the dedicated individuals who make the journey to personally deliver these cherished items.
#closure #flagreturn #friendship #japanesflag #navy #nonbiologicalhumanremains #obonsociety #pacificwar #peace #veteran #war #ww2 #yosegakihinomaru

People Who Wowed This Post

OBON staff received Yosegaki Hinomaru in person 日章旗を直接に受け取りました

thread
OBON Staff, Lloyd (center) an... OBON Staff, Lloyd (center) and Mr. & Mrs. Morris Lloyd examined ... Lloyd examined Yosegaki Hinomaru at Columbia River Maritime Museum ロイドが日章旗をコロンビア川海洋博物館で受け取り確認中 OBON staff rece...
OBONスタッフのロイドとエリックが「寄せ書き日の丸」返還を希望された米国人からColumbia River Maritime Museumで日章旗を受け取りました。当団体では日々「寄せ書き日の丸」に対する問い合わせや依頼に真摯に対応しています。旗の所有者の中には郵送ではなく、直接に手渡したいと希望される方も少なくありません。それぞれの家族に、それぞれの深い想いとストーリーがあります。その一人一人の気持ちに寄り添いながらOBONスタッフ一同、取り組んでおります。 
皆様のご理解とご支援に心から感謝申し上げます。

Today, OBON staff members Lloyd and Eric received a "Yosegaki Hinomaru" from an American who wished for its return at Columbia River Maritime Museum. Our organization diligently handles numerous inquiries and requests regarding "Yosegaki Hinomaru" flags every day. Many owners of these flags prefer to hand them over in person rather than sending them by mail. Each family has its own deep emotions and stories. The OBON staff is committed to understanding and respecting the feelings of each individual.
Thank you so much for your kind support to make our work possible!
#closure #flagreturn #japanesflag #japanflag #nonbiologicalhumanremains #obonsociety #obonソサエティ #pacificwar #peace #veteran #ww2 #yosegakihinomaru #大東亜戦争 #太平洋戦争 #寄せ書き日の丸 #日章旗返還

People Who Wowed This Post

Paul Boeger, WW2 Veteran Rest in Peace / 退役軍人ポールさん、安らかに

thread
Paul Boeger, WW... Paul Boeger, WW2 Veteran 退役軍人ポール・ボージャーさん Our friends, WW... Our friends, WW2 Veteran whom we visited Japan with for the 70th Anniversary of the end of WW2 in 2015/ 最後私たちと一緒に終戦70年目(2015年)の筋目に来日した退役軍人6名 Paul Boeger, WW... Last we met Pau... Last we met Paul with our friend, Mike dated on May 2023 / 私たちが最後にお目にかかった時のポールさんと友人のマイクさん(2023年5月撮影)
Paul Boeger, the last of our WW2 veteran friends whom we visited Japan with for the 70th Anniversary of the end of WW2 in 2015, passed away last night at the age of 98. Paul was a significant supporter of our efforts to return Yosegaki Hinomaru to Japanese families. We will miss him dearly, but he will always live on in our hearts. Thank you so much, Paul—we sincerely wish you rest in peace.
You will be able to find out our 70th Anniversary Trip to Japan with WW2 veterans click below link:
https://obonsociety.org/uploads/2019/12/14/obon_newsletter_1015%20(1).pdf
 
戦後70年の筋目に「平和・友好・和解」の声を日本へ届けるのを目的にアメリカから「寄せ書き日の丸」を持参し、一緒に来日してくださったポールさん(98歳)が2024年5月31日、永眠されました。ポールさんと最後にお目にかかれたのは去年の5月。ポールさん宅近所の公園で一緒にピクニックをしながら心温まる数々の思い出話をお聞きしたのが昨日のようです。
ポールさんは、心から日章旗返還活動に賛同し、私たちをいつも応援してくださっていました。今まで本当にありがとうございました!私たちは、ポールさんのお気持ちをしっかりと胸に刻んでこれからも精進してまいります!どうか、安らかにお眠りくださいますように。
戦後70年記念の来日については下記のニュースレター(日本語)でご覧いただけます。
#flagreturn #japanesflag #navy #obonsociety #obonソサエティ #pacificwar #peace #veteran #ww2 #yosegakihinomaru #大東亜戦争 #太平洋戦争 #寄せ書き日の丸 #日章旗返還

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
Happy
Sad
Surprise