Search Bloguru posts

良くも悪くも

thread
最近のクルマって、簡単に手を入れられないっすな。
例えば、スパークプラグを外したくても、エンジンがダッシュボードに潜り込んでいて、様々なカバーやワイパーモータなどの補器類を取らないと手が入らない。エンジンオイル交換したくなっても、ドレンがアクセスしにくい場所であったり。こんな基本的なメンテでさえも。

思うに「素人は勝手に弄ってくれるなよ」ってな、メーカー側の静かな声が仕組まれた設計家思想なんすな。
ある程度、施設なり設備なり、工具や知識や技術といった基礎的関門をクリア出来ないようなら、サワルナ・・・・と。
ディーラーに囲い込む作戦にも見えなくはないが。

時代背景的にも、ある程度の機械モノは男が直せて当然、みたいな昔気質は・・・・本当に昔話になってしまったんだろうなぁ。
だけど、とはいえ、何かを取るために何かを取らないとダメな設計とか、一目で把握出来ないような設計とか、なんか間違ってる気がするっすよ。
レーシングカーじゃぁ無いんだから。

・・・・?
いやいや、レーシングカーなら尚更ダメだよっ!(笑)

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account