Search Bloguru posts

異物注射

thread
異物注射
この男は、一体「何者」に脅迫されているのか?
回数が大事なのか?

自然免疫の話はしないのか?
私の周囲には、一度も「接種」していない、健康な人が何人もいるぞ。

免疫強化につながる食生活、生活習慣。
そんなこと言わないよね、カネにならんから。

なぜ特効薬が出来ないの?
薬の開発なんて、する訳がないだろ。

健康な人間にも「予防」という名に打たせる、ワクチンの方がマーケットが巨大だからですよ。

罹患率、死者率。計算の出来ない愚民。他の病との数字の比較も出来ない。
テレビの映像を鵜呑みにして、何も考えず調べず接種に走る愚民。

この国は、どこへ行ってしまうのか。

People Who Wowed This Post

運転者 〜未来を変える過去からの使者

thread
運転者 〜未来を変える過去から...
数年前、断捨離の一環として、厳選した数十冊だけ残して、本を処分した。
以降、読みたいものは電子書籍か図書館で借りて読むことにしている。

最近は小説はほとんど読まなくなっていたが、たまたまkindleで目についた
喜多川泰の「運転者 〜未来を変える過去からの使者」に興味を持った。
偶然にも無料だったので詰まらなかったら止めて削除すれば良いと思った。

一日足らずで読み切った。私にとっては久しぶりのヒットだ。
いや、名作はたくさんあるのに、チェックしていないだけかも知れない。

ご縁もある。
天気の良い休日、外出したい気持ちだったが、数日前から謎のひざ痛で安静にしていようと決めた時に、何か読書でもとたまたま見つけたのだ。

たかだか小説なのに、自分の人生に投影して「ハッ」と省みたりする場面がいくつかあった。
なるほど、私と同じ年の作家なのか。

展開もとても楽しめた。
読了直後、とても清々しい気持ちになれた。
言葉のチカラって、改めて凄いなと感じた。

一気に他の作品も読んでみよう!という余力はありません。
眼が疲れやすくなりました。

#喜多川泰 #小説 #本 #読書 #運転手 #運転者

People Who Wowed This Post

11月の一枚

thread
11月の一枚
今年の秋去りぬ

People Who Wowed This Post

魑魅魍魎の2020年

thread
この暮れに、友人へ送ったメールコピペ。

ーーーーーーーーーーーーー

【冒頭略】

この暮れには、毎年のように多くの人がブログとかで振り返るものが多いですね。
仕方が無い天災などならともかくも、こんな茶番のコロナで感慨に浸っているブログなんて見ると、むかっ腹が立ちますわ。バカじゃねえのって(-_-)

バカなテレビ、バカな議員や知事の出鱈目な方針で、どんだけ多くの人が苦しめられたり亡くなって行ったことか。それなのに小池や西村は緊急事態宣言とか締め付けの法制化とか、まだそんなこと言っている。殺人罪でブチ込んだ方がいいのではないでしょうか?
ここ最近でも踏切やホームから電車に飛び込む事故の多いこと。こういうのはまだニュースになるから良いが、自宅で首つり自殺してもニュースにもならねえ。
嘘かホントか分かりもしないコロナ死の約10倍も亡くなっているのに。

何をしたいのかわからない。憤りしかない。

ホントみんな、ドMなんですね。
「いじめて~いじめてぇ~ああ~ん、もっといじめて~」見てえなクソ日本人ばかり( ´д`)

おかしいと思わないで、怯えて感染防止対策しているバカが多数いることが判った今年でしたが、これは詐欺師にしてみれば、笑いが止まらないでしょうね。こいつら、簡単に騙せるなと(^^)v

【中略】

今年は、コロナ騒ぎのおかげで、人間の醜い本性が露呈されました。綺麗事・言葉だけの嘘つき偽善者がどいつとどいつなのか、よくわかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

春先は、まだわからないことが多く、怯えるのも仕方なかった。

現状の数字、それを過去のウイルスや他の病気、自殺者や交通事故などの数字と比較してみると、こんなに大騒ぎして、失業者を増やし自殺者を増やすことまですることなのか?

恐怖を煽るメディアも、根拠もデータも示さず特定の業者を叩く策しか出来ない政治家も、国民を苦しめているだけということが解らないのか。

ウイルスの根絶は無理。
なぜ、権力者は集団免疫の話をしないのだろうか?

これだけ数字が少ないのに、なぜワクチンが必要?要らないだろ。

こんなに大騒ぎをするように煽り続けていることの目的は何なのか。

考えられることは二つ。

●権力者たちが、ただのバカ。

●途轍もない陰謀が、筋書き通りに進められている。

少なくとも、今分かっていることは、権力者は国民のことなんて何も考えていないということ。

People Who Wowed This Post

川のある街

thread
川のある街に住んでいる。 その... 川のある街に住んでいる。

その川沿いをウォーキングした。
左は自衛隊の駐屯地。 右は、か... 左は自衛隊の駐屯地。
右は、かなり昔に商業高校と工業高校が一つになった総合高校。
誰かが飲みかけのレモンサワーを... 誰かが飲みかけのレモンサワーを置いていきやがった。
残りをいただいた(^-^)
ここは自衛隊の街。 日本で唯一... ここは自衛隊の街。

日本で唯一の防衛大学校もこの街にある。

夕方スーパーに買い物へ行くと、迷彩服を着たおっかさんが買い物している姿をよく見かける。

自衛隊がウロウロしている街を誇りに思う。
自衛隊員が、自転車で交通違反をしているのをよく見かけるが、そんなことは目を瞑ってやるよ。

自衛隊員さん、ご苦労様(^^)/

服部克久さんが逝ってしまった。

小林亜星との著作権・盗作事件から影が薄くなったような感じであったが、一人の人間の評価は、一部分だけ切り取って、それがすべての如く善悪を付けることはしたくない。

「音楽畑」シリーズが好きだった。
もちろん全部知っている訳ではないが、中でも「ル・ローヌ(河)」がお気に入り♪



「川」と「河」の違いは何だろう。
明確明瞭に即答できる人間はそうそういないと思う。

面倒なときは、「河川」と表現してしまえばいい(*^^*)

昔読んだ何かの本で、ノーベル賞を取るような突出した才能を開花させる人間には、いくつかの条件があるという。

その中の一つに「美しい自然のある街で育つこと」とあった。

わが街の川は、2級河川。

もう少し上流に行くと、昔は家庭排水垂れ流しで、ヘドロも交じり臭かったのなんのって(笑)。

そんな街で育った人間は、要らんところが突出しちゃったりして世間の役に立っていないか(^^ゞ

いやいや、大器晩成。

これからでございます。


People Who Wowed This Post

映画 タクシー運転手~約束は海を越えて~ を観た

thread
映画 タクシー運転手~約束は海...
またまた韓国映画。

光州事件を題材に、民主主義を改めて考え直しつつ、娯楽としても充分に楽しめる内容であった。

仕事でもプライベートでも、艱難辛苦を共にした仲間は、一生忘れられない存在となる。

いい映画でした♪

People Who Wowed This Post

映画 「弓」を観た。

thread
映画 「弓」を観た。 映画 「弓」を観た。 映画 「弓」を観た。 映画 「弓」を観た。

一言でいうと、病的(笑)。

しかし、男の深層心理に少なからずともあるものなのだと思った。

女性には、不快でしかないかも知れない。
そういうレビューもあった。

主人公の二人は、ほぼセリフが無い。
だから、仕草や表情任せの演技力が必要になったと思う。

言葉抜きで、視覚と音楽だけでとても心地良いシーンも多かった。

People Who Wowed This Post

もうすぐ満月

thread
もうすぐ満月
青水無月の満月。

ストロベリームーンなんて、少し前まで聞かなかった言葉だ。

誰だ仕掛けたのは。

満月でいいじゃないか。

横文字はやめろ。

ね、小池都知事(^-^)

People Who Wowed This Post

吾妻山公園

thread
吾妻山公園
神奈川県中郡二宮町にある公園。

今が満開の菜の花畑を観てきました。

天候にも恵まれ、暖かく登山中は汗をかいてしまう程。

絶景や広大な空間に身を置くと、心も身体も安らぎます。

People Who Wowed This Post

祝日の風景

thread
祝日の風景
お彼岸 中日

さわやかな秋晴れには、まだ少し暑い。

今月上旬に、踏切で大事故があった鉄道。
脱線し、先頭車両は大破した。

それでも先頭車両は人気だ。

電車の運転士。
休日を楽しむファミリー。
朝から酒を食らう失業中の中年。
天井をずっと見詰める入院患者。
ブログを書いているブロガー。

それぞれの祝日。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
    Page 1/71
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>